アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


正気を取り戻す

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


日本人が日本的文化を取り戻すためには、日本人があらためて「天皇の知らす国」であることを自覚し、個人の自由気ままよりも、集団性を重んじる社会体制を築いていかなければならないのではないかと思うのです。これこそが「日本に正気を取り戻す」ということなのではないかと思います。


20190714 ペルー訪問の眞子内親王殿下
20190714 ペルー訪問の眞子さま
画像出所=https://www.sankei.com/life/news/190711/lif1907110055-n1.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


世の中に正しいことを打ち立てよう、正しいことをしようと思うなら、自ら正しくなければならない。
これは、ひとむかし前までの日本人なら、誰もが持っていたあたりまえの心得であり常識です。
仮に何かの大事業をなした人であっても、
「あの人は今の地位を築くために、それまでさんざん悪事を重ねてきたのだ」
と後世の人に言われてしまっては、恥の上塗りです。

勝てば官軍という言葉も明治にはいってからの造語です。
こと道徳面においては、明治新政府は徳川幕府の足元にも及ばない。
だからそのように新聞に書き立てられたわけです。
それは恥というものです。

こうした文化は、シラス統治と集団主義によって形成されたものです。
個人主義のもとで形成されることはありません。

シラス統治というのは、天皇という権力者よりも上位にある国家最高権威によって、国民が「おほみたから」とされる統治のことをいいます。
その「おほみたから」を預かる人たちは、常に人々の模範となることが求められます。
つまり集団を保持するためには、集団の長、とりわけ人々の上に立つ人々は、それぞれがまっすぐに正道を歩むものでなければならないとされたのです。

シラス統治がなければ、権力者は社会の頂点ですから、何をやっても許されるという考え方になります。
大統領府がむしろ積極的に裏工作を行うなんていうことさえも、現実化するわけです。
要するに勝てば官軍です。
どんなに悪事を重ねようが、勝てば良いということになる。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



地域コミュの強化と罰則規定について

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


犯罪者を出したり、隠蔽したり、犯罪者を擁護するための資金提供をしたりなどするならば、当該コミュの幹部から資金提供者に至るまで、重罰を課すべきです。
何国人だからということではありません。
日本人でも外国人でも、日本国内で犯罪を犯したり、隠蔽したり、ならば、そのコミュに対してペナルティを課す。
これは当然のことです。


20190708 地域コミュニティ
画像出所=http://www.artbank.co.jp/stockillust/image_html/gototatsushi/1-B-TAG296.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


先日の倭塾のあとの懇親会で、海外経験の長いSさんが、
「日本人は自分たちのコミュニティから
 犯罪者を絶対に出さないように必死でやってきた。
 KoreanやChineseは、海外で自分たちが
 日本人に比べて差別されていると言うけれど、
 だったらどうして自分たちで、
 自分たちのコミュニティから
 犯罪者を出さないように努力しないのか。
 彼らにそのように言うと、
 ようやくわかってもらえます」
とおっしゃっていました。

なるほど!と膝を打ちました。
日本国内においても、悪いことをするような人を出さないように、彼らが必死の努力を続け、そうすることで彼らのコミュニティから犯罪者が明治以降、ひとりも出ていないなら、日本人の彼らに対する信頼は抜群のものになったであろうと思います。
けれど実際は、むしろ彼らは日本人以上に犯罪者を多く出し、しかも戦後は逮捕されたそうした犯罪者を冤罪だと称してかばったり、あるいは刑期を驚くほど短縮させたり、彼らのコミニュティから出た犯罪者を、差別だと騒ぎ立てたり等々、まったく逆のことが繰り返されてきました。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



魂の記憶・DNAの記憶

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


すべてのものには、それぞれの祖先からの記憶や意思や判断が内在していて、それは我々が意識することができる表層意識よりも、ずっと深いところに膨大な知識として埋まっているのだそうです。
仏教では、これを阿頼耶識(あらやしき)、阿摩耶識(あまやしき)などと呼ぶし、神道では神々の知恵と呼びますが、それらが万物すべてに宿っているのだとしたら、これはたいへんなことです。
私達のご祖先が、すべての生きとし生けるもののみならず、道具類にまで神が宿ると考えて感謝の心をもって接してきたのは、もしかすると、そういうことを経験則的に「知っていた」のかもしれません。


20190708 阿頼耶識
画像出所=https://www.slideshare.net/youichiromiyake/ss-80086146
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


つい先日のことです。
車を走らせたら、運転席のドアのところのガラスの真ん中にクモが降りてきました。
大きさは2センチくらいかな。降りてきたのは外側です。
自動車は宅地内から街道に出ようとしています。
まだまだゆっくり走行中なのですが、クモさん、風に飛ばされてはまずいと思ったのでしょうか。
窓の真ん中に、蜘蛛の糸を出して必死の様子で張り付きました。

目の高さのすぐ横にクモが張り付いているわけです。
運転する者にしてみれば、あまり気持ちの良いものではありません。
そこで空いている県道に出たときに、加速して風圧で飛ばしてしまおうとしました。
するとクモさん、そこに巣でも作るかのように糸をたくさん出して飛ばされまいと、風圧でブルンブルン揺れながら窓に張り付き続けました。

車は高速に入りました。
今度は時速100キロほどです。
ついに耐えきれなくなって風で飛ばされたのですが、それでも窓と糸一本でつながっています。
そのまま飛ばされるかと思ったら、手足をバタバタさせながら、ふとした拍子に車のウインドウの外枠の下に取り付きました。
そこは窓とすこし段差がありますし、窓とちがってゴムですから取り付きやすい。
クモは、そこに糸をたくさん吐いて、飛ばされないように上手に取り付くと、まるで人間が安心して「ハアハア、ゼイゼイ」とするかのような態度をとりました。

高速を降りて一般道にはいりました。
車の速度が落ちて、風圧が下がり、信号待ちで車が停まりました。
クモさん、安心したのか、人間で言ったら、まるで伸びをするかのように、手足を伸ばしました。
その様子は「飛ばされなかったぜぃ!、良かったぁ〜〜」と、まるで声が聞こえてきそうな感じでした。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH


ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ・・・

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


最近、よく思うのですが、たいせつなことは、ほんの身近なところにあります。
それが古い歴史を持つ日本人の知恵だったのです。


20190627 ひふみ祝詞
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


我が国では1〜10までの数字を数えるとき、
昔ながらの「ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ、いつ、むぅ、なな、や、ここ、とぉ」
という言い方と、
「いち、にぃ、さん、しぃ、ご、ろく、なな、はち、くぅ、じゅう」という言い方があります。
これを数詞(すうし)といいます。

江戸時代でもそろばんなどでも明らかなように、算術に使うときは「いち、にぃ、さん、し・・・」の方を用います。
昔も今も「1+2」を、「ひぃたすみぃ」とは言いません。
「いちたすに」です。

にもかかわらず、ほんの少し前までの日本では、小学校にあがる前の子どもたちに数を教えるときは「ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ・・」という数え方を教えました。
算術では「いちたすに」なのに、どうして「ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ・・」という言い方を教えたのかというと、そこに実に深い意味があります。

このことは、以前にも一度当ブログに書いているのですが、あらためて考察してみようと思います。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH







あんぱんのお話

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


苦しいときこそ、めげずくじけず、明るく清く、せいいっぱい働き、未来を信じて生きる、それが日本人です。


山岡鉄舟の筆による木村屋の看板
山岡鉄舟は木村親子の成長が嬉しくこの看板を書いた。
20190625 木村屋
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


「あんぱん」は、菓子パンの定番である。
この「あんぱん」、実は正真正銘日本生まれの日本育ち。
パンもあんも日本流なら、帝国陸軍とは深い因縁で結ばれている。

西洋式パンは、ビールと同じホップを用いたパン酵母を使って作られるが、あんぱんは、日本酒酵母の麹を使って作られている。
これはパン作りに和菓子の饅頭の皮の製法を取りいれたものである。
そのためパン自体がアンコの味によく合い、おいしくなる。

「あんぱん」が日本で最初に発売されたのは、明治七年のことである。
発明したのは、木村安兵衛(きむらやすべえ)という茨城県牛久生まれの武士である。
藩が幕府側だったことから明治維新後、すぐに藩が解体され、家は碌を失ってしまう。
このときす安兵衛はすでに五十五歳であった。
当時としては結婚の遅かった安兵衛は、この時点でまだ子供も幼い。
生活に困った安兵衛は、本家筋を頼って江戸に出た。

そしてようやく決まった職業が「東京府職業授産所」の職員であった。
名称は「授産所」だが、女性が子を産むお産ではなく、当時巷にあふれていた失業した元武士たちに職を世話したり、手に職をつけさせるための職業訓練をしたりするところである。
安兵衛はそこで事務職を勤め、ここでたまたま、長崎でオランダ人宅のコックを務めたという梅吉という人物と出会う。
そして「パン」というものの存在を知る。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



千年後の歴史教科書

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


500年後、1000年後の世界の歴史教科書には、20世紀に関する記述として、間違いなく「植民地時代の終焉」という語句(ごく)が入(はい)ると思います。
これこそ20世紀最大のエポックであり、人類史に残る偉業といえることだからです。
そしこれを成し遂げたのは、まぎれもなく、私たちと血のつながった若き日の私たちの父祖たちだったし、それを引き起こしたのは間違いなく日本でした。
そういうことを私たちは、しっかりと知っておく必要があると思います。


20190625 あじさい
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


▼20世紀における最大の出来事

仮にいまから千年後の子供たちが、世界史の授業で20世紀という時代を習うとします。
そのとき、20世紀を代表する最も大きな出来事は、いったい何だと教わるでしょうか。
みなさんは、何だと思われますか?

世界史──つまり人類史において、20世紀を代表する最大の出来事とは・・・?
私は間違いなく、「植民地支配の終焉」を挙げることになるだろうと思います。

人が人を差別する時代、しかもそれを国家ぐるみ、民族ぐるみで人種差別し収奪した時代、これがはじまっ
たのは、16世紀の大航海時代から以降のことです。
どれいもちろん古代においても奴隷支配という植民地の原型はありましたが、
◯対等に戦い、勝負した結果、支配する者と支配される者に別れ、歴史においてその地位が度々逆転した中世以前の戦勝国による支配と、
◯大航海時代以降の国家ぐるみ、民族ぐるみで人種そのものを差別し搾取した「植民地支配」とでは、
その規模も内容もまるで異なっています。

16世紀以降、アジアやアフリカの有色人種諸国は白人が入植する植民地となり、現地の人々は収奪され、家畜のように扱われ、そして愚民化政策によってただ隷属するだけの民族に仕立て上げられていきました。
当時の白人たちにとって、被植民者である現地のカラード(有色人種)は、人間ではありませんでした。
これは誤解されている方もいらっしゃるのですが、人間として扱わなかったのではなく、そもそも白人たちは有色人種を人類とは別の種類の生き物──つまり獣(けもの)であると認識していたのです。

有名な話ですが、植民地においては、白人の娘さんが部屋で着替えているところに、有色人種の男性(奴隷)が用事で入ってきても、娘さんは平気だったそうです。
要するに室内に犬や猫が入ってきたのと、まるで同じだったのです。
もちろん白人女性が着替えているところに、白人男性が入ってきたら、それはもう大騒ぎになります。

こうした欧米列強による有色人種への植民地支配は、約五百年続いたのです。
その間、何度かカラード(有色人種)による大規模な反乱なども起こっています。
インドで1857年に起こったセポイの乱などもその一例です。
暴動は白人たちの圧倒的火力の前に鎮圧(ちんあつ)され、首謀者(しゅぼうしゃ)たちは大砲の前に縛(しば)り付けられた状態で、大砲を発射され、五体をバラバラに飛ばされて処刑されました。
なぜそのような残虐(ざんぎゃく)な方法で処刑できたのかといえば、有色人種は人間とみなされなかったからです。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!



玉砕(ぎょくさい)前の結婚式

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


遠く離れた異国の地で、最後まで死力を尽くした男たちがいました。女たちがいました。
過酷な戦場に咲いた一輪の花のような恋もありました。
こうした一つ一つの小さな物語の中に、決して忘れてはいけない私たち日本人の心があり、それこそが伝えていくべき日本の歴史なのだと思うのです。


紫蘭(シラン)
花言葉:あなたを忘れない、変わらぬ愛
紫蘭
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


このお話は『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」の第二巻で紹介したお話です。

******

▼五十倍の敵に包囲された拉孟(らもう)守備隊

昭和19(1944)年6月から9月にかけて、ビルマ(現、ミャンマー)と中国の国境付近で壮絶な戦いがありました。
拉孟(らもう)の戦いと呼ばれています。
この地を守る日本軍は最後の一兵まで戦い抜き、120日間という長期戦の末に玉砕しました。

守備隊1280名のうち、三百名はほとんど体の動かない傷病兵でした。
そのなかには、15名の女性もいました。襲いかかった敵は5万の大軍です。
是が非でも援蔣ルートを確保したい蔣介石は、国民党最強といわれる雲南(うんなん)遠征軍を拉孟(らもう)に差し向けたのです。
それはアメリカのジョセフ・スティルウェル陸軍大将が直接訓練を施した、最新鋭装備の軍でした。

戦いの末期に、偵察機(ていさつき)3機で拉孟守備隊に弾薬を届けた小林中尉の手記があります。
「松山陣地から兵隊が飛び出してきた。
 上半身裸体の皮膚は赤土色。
 T型布板を敷くため一生懸命に動いている。
 スコールのあとでもあり、
 ベタベタになって布板の設置に懸命の姿を見て、
 私は手を合わせ拝みたい気持にかられた。

 ・・・印象に深く残ったものにモンペ姿の
 女性がまじって白い布地を張っていた姿であった。
 思うに慰安婦としてともに従軍していった者であろうか。
 やりきれない哀しさが胸を塞いだ」


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク