アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


加藤清正と朝鮮征伐

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。



https://www.facebook.com/events/1345677085590621/


20191006 ねずラジ
ご登録は↑のバナーをクリック↑



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

「秀吉の朝鮮征伐」という言葉は、正確には「秀吉の明国征伐」であって、その戦いの場が半島であったという認識が、正しい歴史認識といえるものです。


20191011 加藤清正
画像出所=https://shirobito.jp/article/495
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


尋常小学修身書巻五から、加藤清正(かとう きよまさ)のお話をご紹介したいと思います。
いくつか、たいせつなポイントがあります。
これについては末尾に記載します。

 ***
「信義」

加藤清正は、豊臣秀吉と同じく尾張の人であります。
三歳のとき、父を失い、母の手で育てられていましたが、母が秀吉の母といとこの間柄でしたから、後ろには秀吉の家に引き取られて育てられました。
15歳のとき、一人前の武士として秀吉に仕え、たびたび軍功をたてて、次第に立派な武将となり、後には肥後(ひご)を領して秀吉の片腕となりました。

秀吉は、その頃乱れていた国内をしずめ、さらに明国を討つために、兵を朝鮮へ出しました。
清正は、一方の大将となって彼の地へ渡りました。

清正の親しい友だちに、浅野長政という人がありましたが、その子の幸長(よしなが)も、朝鮮に渡って勇ましく戦っていました。
ところがあるとき、幸長が蔚山(うるさん)の城を守っていたところへ明国の大兵(たいへい)が攻め寄せてきました。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



442部隊と市民とは何かについて

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

20191006 ねずラジ
ご登録は↑のバナーをクリック↑



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

他国の憲法を遵守し日本の法と秩序に従わず、その他国の徴兵にすら応じないような者は、少なくとも日本の国民ではないし、また彼らの祖国の国籍を持ちながら徴兵にさえ応じないなら、彼の国の国民ともいえません。いかにお金持ちになろうと、そういう人々は、世界中どこに行っても、単に卑怯で小ずるい、日本社会への寄生虫でしかない。


20191009 442部隊
画像出所=https://twitter.com/hashtag/442%E9%83%A8%E9%9A%8A
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


第二次世界大戦中の米国陸軍に日系アメリカ人のみで編成された部隊がありました。
通称「442部隊」、正式名称は「第442連隊戦闘団(英:442nd Regimental Combat Team)」といいます。
ヨーロッパ戦線に投入されて勇戦敢闘し、のべ死傷者数9486人という激闘を果たし、獲得した名誉勲章は21です。

名誉勲章は、米軍における最高の栄誉で、21という数は米国史上、最多の叙勲です。
他にも、陸軍殊勲十字章が52、銀星章が560、勲功章22、陸軍軍人章15、銅星章4000、樫葉賞が1200、名誉戦傷章9486、大統領部隊感状7枚の褒章を受けています。これまた圧倒的な数です。

なかでも第442連隊として7枚目の「大統領部隊感状」は、トルーマン大統領が、自らの手で連隊旗に括り付けました。
これまた米国陸軍において初めての出来事です。
また、ひとつの連隊で7枚という数字も合衆国陸軍で過去最多受賞です。

部隊の編成は昭和18年です。
大東亜戦争のさなかのことです。
この年の2月に、日系人による連隊規模の部隊の編制が発表されたとき、米国在住の約1万人の日系人が応募に殺到しました。
募集定員は、1500名です。

いくら定員だからといっても、殺到した日本人たちは、どうしても部隊に参加させろと言って聞かない。
日ごろ従順な日系人にしては、めずらしいことです。
米軍の警備兵が、いくら殴ろうが叩こうが怒鳴ろうが、選んでくれるまで帰らないというのです。

やむなく米軍は定員を1000人増やし、2500名とするのだけれど、それでも収拾がつかない。
こうして442部隊は、応募者全員の中から、屈強な若者3800名の連隊として発足したのです。

そうして編成された連隊は、敵国である日本人の兵隊ですから、最激戦地に派遣されました。
このため戦死が相次ぎ、追加募集が行われた結果、当初応募した全員が戦地に派遣されています。
つまり、1500名の枠に応募した1万人が、最終的にほぼ全員、戦地に赴いたのです。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



朝鮮通信使と日本

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

20191006 ねずラジ
ご登録は↑のバナーをクリック↑



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

江戸時代に描かれた朝鮮通信使一行の図は、まことに豪勢な行列です。なぜ豪勢なのかといえば、朝鮮通信使が立派だったからではありません。幕府が彼らのために、莫大な予算を計上して通信使たちの行列を荘厳したからです。
これまた世界ではありえないことです。普通は、訪問者の側が派手なパフォーマンスをして国威を示すものだからです。


20191008 朝鮮通信使
画像出所=https://www.lmaga.jp/news/2017/11/30972/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


室町時代から江戸時代にかけて、朝鮮からの特使(朝鮮通信使)が、都合十二回、来日しました。
最終回の十二回目は、対馬に差し止めとなり、日本本土には来ていませんが、初回が正長2年(1429)で、最終回が江戸後期の文化八(1811)年です。

当初の三回は、国交回復や捕虜返還交渉のためとされています。
以降の9回は、いずれも新将軍就任の祝賀のための来日です。

ちなみにこの朝鮮通信使について、最近の韓国の歴史教科書では、家康の開いた江戸幕府が超貧乏であったため李氏朝鮮の知恵と文化を欲しがり、日本から使節の派遣を申し出たと書かれているそうです。
歴史ファンタジーもここまでくるともうお笑い草です。

さて、宝暦十四(1764)年の朝鮮通信使の記録が、いまに残っています。
このときの朝鮮通信使は、徳川家治が第11代将軍に就任したことへの祝賀のための来日です。

その通信使の一行の中に、金仁謙という者がいて、来日したときの模様を「日東壮遊歌」という本にして詳細に書き遺しています。
希少本で、いまでは古本がすごい高値になっていますが、この本の中に、当時の朝鮮人官僚が見た率直な日本への感想が書かれています。
そこには次のように書かれています。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



「柳川一件」という武家社会の教訓

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

20191006 ねずラジ
ご登録は↑のバナーをクリック↑



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

この事件は、政治とは、人材とはを考えるうえで、とても深い内容を持つ事件で、幕府の旗本内において、重い教訓とされたものです。


20191008 対馬
画像出所=https://tei1937.blog.fc2.com/blog-entry-609.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


江戸時代の初め頃のことです。
半島と国境を接する対馬藩は、島の田畑に限りがあるため、基本的に海洋からの漁労収入と、日本本土および朝鮮との交易が藩の財政と民政の柱になっていました。
いまも対馬は韓国からの旅行者にたいへんな苦労をしていますが、昔はそれに武力行使が重なった分、より一層の気遣いがあったわけです。

その対馬藩に李氏朝鮮は、「新しくできた徳川幕府に、秀吉の朝鮮征伐のときの捕虜を返還させよ」と言ってきました。
対馬藩は李朝の主張を、江戸の幕府に伝えました。
なぜならもし李朝が対馬に攻め込んできたら、刀伊の入寇や元寇の再来となるからです。
島民は皆殺しにされ、女達は強姦され、裸にして軍船に吊るされ、食べ物にされてしまいます。

ところが幕府は、この申し出をまったく相手にしません。
そもそも幕府は、当時の半島を明国の一部と認識していたからです。
国対国の交渉というのなら、明国と日本が交渉をするべきであって、李氏朝鮮はこの場合、関係ないのです。
このことは、たとえば日本政府が米国と交渉するのに、カリフォルニア州と直接交渉などありえないということと同じです。

カリフォルニアの知事が、日本の領土に危害を加えると言ってきたのなら、文句を言う先は合衆国政府であって、カリフォルニア州ではない。
さりとて合衆国政府が、そのようなカリフォルニア州知事の言うことを聞くはずもない。
これと同じで、幕府は李朝の主張に対して、相手にしようもなかったのです。

そもそも李朝の要求自体が変わっています。
日本という国家の謝罪を、日本の政府機関である幕府に対して行うのではなく、いち対馬藩に要求しているのです。
論理の矛盾した身勝手な要求にほかなりません。
そもそも自分たちの謝罪要求が、論理矛盾していることにさえ気付いていないのか、気付いていて、いい加減な交渉を要求しているのか。

幕府がこれに対して明国に、李朝への制止をよびかけたとしても、明国も相手にすることはありません。
そうであれば幕府は、当面放置して様子見するしかないわけです。

しかしそうはいっても対馬藩にとっては、相手がそういう手合いだからこそ困るのです。
そこでやむなく対馬藩主の宗義成(そう よしなり)は、朝鮮出兵とは無関係の藩内の罪人たちの喉(のど)を、水銀で潰して声を出せないようにしたうえで、「朝鮮人捕虜」として李氏朝鮮に差し出しました。
ひどい話のようですが、これも国を守るためです。

李氏朝鮮側も、いい加減なもので、形式が整っていれば「日本が捕虜を帰した」と公式には発表できるため、事実を知りながらこれを黙認して捕虜(実は罪人)たちを受け取ります。
李朝の要求に従ったわけですから、これでひと安心、となるはずでした。

ところが李朝は、ひとたび謝罪を受けると、要求をエスカレートさせてきました。
今度は対馬藩に、
「日本の徳川幕府に、国書をもって朝鮮征伐行為を謝罪させよ」
と言いだしたのです。
ひとつ要求が通ると、ますます増長して要求をエスカレートする。
本当にいつの時代も同じなのです。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



万年の単位で日本列島を俯瞰する

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

20191006 ねずラジ

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

どこぞの学者さんとNHKがタッグを組んで、縄文人が台湾あたりから船に乗ってやってきたことを再現しようというプロジェクトが行われました。別に海を渡らなくても、そもそも、もともとは陸続きなのですから、歩いてやってくることができたわけです。当該プロジェクトは「3万年前に海を渡ってやってきた日本人のルーツを探る」などと言い方を変えましたが、3万年まえであっても、陸続きであったことに変わりはありません。


20191002 脳の進化
画像出所=http://www.seibutsushi.net/blog/2013/06/001395.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


現生人類が誕生してからおよそ4万年、ネアンデルタール人などの旧人が誕生してからおよそ20万年といわれています。
これについては、下の図のようなもっともらしい図が流布しているのですが、日本ではなぜかおよそ11万~12万年前の石器(島根県出雲市の砂原遺跡)が発見されています(2013年6月7日発表)。

考古学上の発見というのは、それまでの学説や論考を一夜にしてひっくりかえすインパクトを持ちます。
逆に言えば、それまでの論考はただの想像上の産物でしかなかったということです。

ミトコンドリア・イブの解析によって、人類の始祖はおよそ20万年前〜15万年前あたりに中央アフリカのあたりで発祥し、およそ6万年〜4万年前あたりにそれがイラクのあたりに移動し、そこからヨーロッパや亜細亜方面に広がったのだと、まことしやかに言われていますが、そもそも人は動く(移動する)生き物です。
数万年もの間、ずっと一箇所にとどまっていたと考えるほうが、むしろ不自然です。

20191002 2万年前の日本



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



和気広虫(わけのひろむし)のお話

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

20191006 ねずラジ

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

和気広虫は、光仁天皇が
「人の短を言わず、
 己の長を誇らざるは
 広虫ひとりなり」
と褒められた女性です。


20191004 和気広虫
画像出所=https://matome.naver.jp/odai/2134726464996516101/2134727176597471903
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


和気広虫(わけのひろむし)は、備前国の藤野郡の生まれで、後に京の都を開いた和気清麻呂(わけのきよまろ)の姉です。
長じて従五位下の葛井戸主(ふじのへぬし)に嫁ぎました。
広く漢学や仏教に通じて、貞淑のほまれたかい婦人です。

孝謙天皇は、深く広虫を信愛され、正六位下に叙せられました。
その孝謙天皇が落飾(らくしょく・髪をおとして仏門にはいること)されたとき、広虫もまた剃髪(ていはつ)して法弟子となり、このとき上皇から法均(ほうきん)という名を賜り、進守太夫(しんしゅたゆう)の尼位(にゐ)を授けられています。

天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)9月、藤原仲麻呂の乱があり、数百人が反徒として捕らえられて斬に処せられようとしたとき、法均尼が彼らの命乞いを天皇に上奏し、これによって375人が死を減ぜられて流刑に処せらました。
その後、法均尼は、凶事が続いたことによって生じた孤児たち80余人を自宅に収容し、自らこれを一手に救養し、ことごとく養子を称してねんごろに撫育(ぶいく)しました。
天皇は、深くその徳行を嘉(よみ)とされ、姓を葛木首(かつらぎのおびと)と賜われ、神護景雲2年(768)には、従四位の封戸(ふこ)と、位禄、位田を賜りました。

さてこの頃、僧道教(どうきょう)は、君寵(くんちょう)を恃(たの)んで、出入りに警蹕(けいひつ・天皇の出入に際して、先払いが掛け声を掛けること)して、天皇と同じ輿(こし)を真似し、法王を自称してついに天皇の位を伺おうとしていました。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



実は現代より進んでいた日本の古代の政治の仕組み

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


日本は3万年前の磨製石器の時代から神語りを語り継ぎ、1万4千年の縄文文化を築き、3千年の弥生時代を築き、およそ二千年の古代以降の政治体制を保持してきた国です。それだけの長期間生き延びた体制というのは、それなりに尊重され、学び直されても良いものであるように思います。民主主義や共産主義などは、世界に広がったとはいえ、まだたった300年にも満たないものです。


20180913 律令体制


議論は左右の対決によって深まるとされています。
ですから国会には与野党があるし、米国などはそのために二大政党制を敷いています。
また日本の議会には衆参両院があり、米国には上院下院があります。
要するに多様な意見を、最終的に賛成と反対、実行するしないなどのように2つの意見に集約し、これを取りまとめて最後に採決をして、意思決定するというのが議会制民主主義のあり方です。

こうした現在の様子から、過去の日本を連想し、日本の社会のすべてをChina譲りの陰陽の二択社会だと定義されている先生方もおいでになります。
この影響は戦前の古事記の解釈などにも及んでいて、古事記には最初の創生の神々として、
・天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
・高御産巣日神(たかみむすひのかみ)
・神産巣日神 (かみむすひのかみ)
という三柱の神様が登場するのですが、「もともとはChinaの陰陽道が元になって高御産巣日神と神産巣日神の二神だったものを、あとからChinaの道鏡の影響から天之御中主神が挿入されて造化三神(ぞうけさんしん)とされたのだ」という解釈を述べている本もあります。

しかしその解釈は間違っていると思います。
日本は古来、二者の対立闘争ではなく、じゃんけんぽんと同じ三者関係で対立や闘争がないような社会を営んできたし、そのような関係を大切にしてきたのです。
つまり三者関係です。

なんでもかんでも文明文化はChinaから渡ってきたものだという文明渡来説のようなものにかぶれると、物事が二者対立しかないように思えてしまうのかもしれません。
しかしどんな関係式でも、どのような人間関係でも、どのようや組織などの社会システムでも、必ずどこかに至らないところがあるものです。

じゃんけんと同じです。
グーとパーだけなら、勝った負けたの議論にしかならないのです。
しかしそこにチョキが加わることで、補完関係が生まれます。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク