アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


三重県津市での講演の開催日変更の件


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

10月12日(土)に予定しておりました三重県津市での講演ですが、台風のため日延になりました。
新しい日程は、
10月26日(土)の開催です。

演題は「神話から読み取れる日本の形」です。

00020191009 津講演1

ねずラジの開始について

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


20191006 ねずラジ
画像出所=https://www.ishikikaikaku.jp/nezuraji/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


神谷さんと「ねずラジ」を開始します。
以下はそのHPからの抜粋です。
https://www.ishikikaikaku.jp/nezuraji/

 ***
あなたはどれだけ日本のことを知っていますか?

国際化が進み多くの日本人が海外に出て行くようになりましたが、
日本の歴史や伝統、文化や精神性などを、胸を張って
外国の方に説明できる日本人はそれほど多くありません。

それもそのはず、そういったことを学校などで教わる機会が
ほとんどないのが今の日本の現状だからです。

教わる機会がないのであれば、
自分で勉強するしかありません。
しかし、現代人は多忙です。

仕事はもちろん、家事や子育てに追われ、

「学びたいのは山々なのですが、
ゆっくり机に座って勉強する時間が
中々確保できません…」

という声をたくさん聞いてきました。

そこで考えたのが
「ねずラジ」です。
ねずさんこと小名木善行(おなぎぜんこう)さんが
12年にわたって書き綴ってきたブログの記事
4000本の中から、選りすぐりの記事をベースに
対談形式でお届けするラジオ番組です。

もちろん、ただ過去記事を読み上げるだけでなく、
小名木さん自身がその都度補足しながら
より理解が深まるように話してくれます。

ラジオ形式なので、いつでもどこでも、
「ながら聞き」ができます。

ねずラジは

1シーズン約30話
を目安にお届けしていきます。

 ***

ご視聴は↓こちら↓から。
https://www.ishikikaikaku.jp/nezuraji/



お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

第10回 戦史検定のお誘い

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

戦史検定は、申込の締切が10月14日です。
教科書に載っていない歴史×慰霊の心=戦史検定です。


201907031 戦史検定
画像出所=http://www.senshikentei.org
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


戦史検定には、故・中條 高德先生が、お言葉を寄せられていますので、これをご紹介します。

*****
現在の日本の政治は、日本開闢以来の危機と言っても過言ではない。
民主党の内閣は「A級戦犯の祀られている靖国神社参拝は一切しない」という法律違反を広言して憚らない。
法は法自体「正義」と「秩序」を求める。
昭和二十八年にサンフランシスコ条約十一条に基づき、関係十一ヶ国に了解を取り、わが国会で殆んど満票で名誉回復し、刑死した人は「法務死」と称し、遺族年金が払われている。
立法府にあり、行政府の長や外務大臣が軽々しく「A級戦犯」と称するのは法の本質からして重大犯罪である。
これを徹底してつかない野党や国会議員たちには立法の資格がない。
此の度、そういった事態に対応してくれる素晴らしい検定事業が始まった事を知って快哉を叫びたい所である。
さらに、戦史検定ではその収益金を在外慰霊碑の保全にもあてていきたいとの志もいい。
若い実行委員会メンバーの果敢なる挑戦に心からのエールを送りたい。

******

■日程  令和元年11月17日(日)

■会場  東京:読売理工医療福祉専門学校
       (東京都港区芝5-26-16)
     大阪:堺市産業振興センター
       (大阪府堺市北区長曽根町183-5)
   ※両会場とも、昨年とは違いますのでご注意ください。

■試検時間(東京・大阪 両会場とも)
  ・初級 (11:45~12:45)
  ・中上級(14:30~16:00・併願含む)

■出題範囲
 支那事変(日中戦争)、
 ノモンハン事件、
 大東亜戦争を通じた昭和の戦争を主題とし、
 その伏線を理解する上での
 帝国陸海軍建軍以降の近現代史と、
 当時の社会情勢、世相、常識を副題にする範囲から。
■受検資格
(初 級)どなたでも受検出来ます。 ※初級合格者の再受検可
(中上級)初めて受検される方は初級との併願受検をお奨めします。
■試検方法: マークシートによる五者択一方式
■出題数: (初級)50 問、(中上級)100 問
■受 検 料: (初 級)3,800 円、
      (中上級)5,500 円
      (併 願)8,000円

■受付期間:令和元年8 月1 日~ 10 月14 日
   ※webからのお申し込みになります。
  http://www.senshikentei.org/examination
■当日受験:先着30名様まで受付けます
  (受検料は当日会場にお持ちください)

■受検対策セミナー
(初級のみ) 希望者先着100名まで
      (大阪は45名まで)
   東京、大阪とも 同日、同会場にて
   9:45~
  (受講料:1,000円 当日会場にて受付)

詳細はHPを御覧ください。
  http://www.senshikentei.org/

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

第41回百人一首塾開催の件


人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20191002 秋の風景
画像出所=https://japan-web-magazine.com/view/boatman-punting-the-boat-at-river-arashiyama-in-autumn-season-along-the-river-in-kyoto-japan
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


古事記も百人一首も、日本の核心を学ぶために書かれた古典です。
この一点を忘れて、ただ古文や和歌をもてあそぶだけなら、それは学問の名に値しないただの虚学です。
この塾では、百人一首を通じて、「誰もが豊かに安心して安全に暮らせる日本を築く」ための本質や根幹を学ぶ取り組みです。

どなたでもお気軽に参加いただくことができます。
服装は自由です。
今回の開催は、東京江東区の「富岡八幡宮」です。
場所は境内の婚儀殿の1Fになります。

前々回より、万葉集の歌のご紹介も講義に加えています。
今回は季節柄、持統天皇の御製をご紹介します。

・燃ゆる火も取りて包みて袋には入ると言はずや面智男雲(万2-160)
・北山にたなびく雲の青雲の星離(さか)り行き月も離りて(万2-161)


百人一首の方は、41番〜45番までの5首です。

・41番 壬生忠見
恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか
こひすてふわかなはまたきたちにけり ひとしれすこそおもひそめしか
・42番 清原元輔
契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山波越さじとは
ちきりきなかたみにそてをしほりつつ すゑのまつやまなみこさしとは
・43番 権中納言敦忠
逢ひ見てののちの心にくらぶれば 昔はものを思はざりけり
あひみてののちのこころにくらふれは むかしはものをおもはさりけり
・44番 中納言朝忠
逢ふことの絶えてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし
あふことのたえてしなくはなかなかに ひとをもみをもうらみさらまし
・45番 謙徳公
あはれともいふべき人は思ほえで 身のいたずらになりぬべきかな
あはれともいふへきひとはおもほえて みのいたつらになりぬへきかな



・日時 令和元年10月5日(土)18:00~19:40

・場所 富岡八幡宮 婚儀殿1階 菊の間
 〒135-0047 東京都江東区富岡1丁目20−3
 門前仲町駅から徒歩で4分
 (東京メトロ東西線 都営大江戸線)

・講義 持統天皇と百人一首(41番〜45番)
・講師 小名木善行
・タイムスケジュール
 開場 17:30
 開始 18:00
 終了 19:40
・参加費 お一人様2000円
 ご夫婦でお越しの場合はお二人で2000円
 未成年者無料です。
・参加方法
 会場に直接お越しください。
 お飲み物などをご用意してお待ちします。
 できるだけ↓のページから参加ボタンをクリックください。
 https://www.facebook.com/events/712281652570731/

・懇親会はありません。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

三重県津市での講演のお知らせ


人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20190926 津市講演
画像出所=http://www.jimin-mie.jp/201910121316/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


この講演は、台風の影響により延期となり、
10月26日(土)の開催となりました。


00020191009 津講演1


第四回『三重政治大学院』で講義を行います。
メールでお申し込みです。
お席に限りがあります。
すでに既存枠が埋まっていて、
先着順で残席10名様まで受けていただけるそうです。


1 日時 2019年10月12日(土)15:00~
2 場所 自民党三重県連 二階大会議室
  〒514-0003 三重県津市桜橋2丁目118番地
3 講義 神話から読み取れる日本の型
4 講師 小名木善行
5 一般参加費/3000円(事前申込みが必要です)

6 参加方法
  (1) ご参加を希望される方は↓のページから、
    所定のメールアドレスに、
    所定事項を記入してお申し込みください。
     ↓↓↓↓↓↓↓↓
    http://www.jimin-mie.jp/daigakuin/contact/
  (2) メールでお申し込みいただくと、
    折返しお振込先等の案内メールが来ます。

7 募集人員 先着10名様限り
  お席に限りがあります。
  すでに既存枠が埋まっていて、
  先着順で残席10名様まで受けていただけるそうです。

ホームページ/http://www.jimin-mie.jp/daigakuin/
三重政治大学院/http://www.jimin-mie.jp/daigakuin/

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

即位礼正殿の儀はなぜ10月22日なのか


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20190923 即位礼正殿の儀
画像出所=https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201903/1.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


10月22日に「即位礼正殿の儀」が執り行われます。
これは天皇が自らの即位を国の内外に宣明する儀式です。
そしてこの日は、今年限定の祝日となります。

あるお世話になっている方から、
「即位礼正殿の儀がなぜ10月22日なのか」
というご質問をいただきました。

宮内庁のHPを見ても、理由についての発表はありませんし、政府広報にも理由は書かれていません。
大方の推測も11月には大嘗祭があるので、どうしてもその前に、というくらいです。
しかし、その説明も日にちを特定するものではありません。
あるいは警備の都合上という話もありますが、これもまた22日という日を特定するものではありません。

ひとついえることは、10月22日は平安京遷都の日であるということです。
旧暦の延暦13年10月22日に平安京への遷都が行われました。
そしてこの日は、京都で時代祭が行われる日です。

つまり10月22日は、千年の古都が開かれた日であり、日本の形を確固たるものにしたのが京の都であり、その京の都に遷都が行われた日というのであれば、たいへんに意義のある日ということができます。
また平安京遷都は延暦13年ですが、延暦年間は25年続き、明治以前の元号としては最も長く続いた元号です。そのあたりにも、令和が末永く続くようにという願いが込められているのかもしれません。

ちなみに東京は奠都(てんと)ですので、いまもわが国の都は、京と東京の二箇所のままです。
現在東京の皇居の周囲は、政府および東京都の無策から、皇居を囲んで高層ビルが立ち並んでいます。
一度丸の内の某高層ホテルの一室にお邪魔させていただいたことがありますが、そこからは皇居内をすべて見下ろすことができました。
あまりにも危険なことに、逆におそろしさを感じたものです。

幸いなことに、京都御所は、周囲に高層ビルはなく、天皇の安全は保たれます。
もしかするとですが、そのあたりに何か深いお考えがあってのことかも知れません。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



日心会10周年記念感謝祭 開催のお知らせ

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


20190915 アリス アクアガーデン
画像出所=http://www.r-alice.jp/marunouchi/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


日本の心をつたえる会は、おかげさまで設立10周年を迎えることができました。
これを記念して感謝祭を開催することになりました。
場所は東京・丸の内のアリスガーデンです。
軽食付き飲み放題カラオケ付きで参加費はお一人様5000円です。
勧誘のようなものは一切ありません(笑)
初めての方でも歓迎です。
お席に限りがあります。お申し込みは先着順70名様までです。

1 日時 令和元年10月20日(日)14:00〜17:00

2 場所 アリス アクアガーデン・東京 丸の内
     東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル B1F
     東京駅 丸の内中央口、丸の内南口 徒歩5分~6分
     https://maps.app.goo.gl/J1mE6KarTYFa88uQ9

3 会費 5,000円(飲み放題込み)

4 参加 申込先着70名様まで。
  申し込みページ
  https://www.facebook.com/events/1345677085590621/





人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク