アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


北朝鮮と民主党

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

テポドン
テポドン


ついに鳩山氏が内閣総理大臣に指名されました。

これだけメディアに大絶賛され、多くの庶民から毛嫌いされている総理というものは、おそらく我が国憲政史上、初の出来事なのではないでしょうか。

その鳩山氏、横田さんから送られたはずのブルーリボンが胸になかった。
薄汚いネクタイと、おしゃれのつもりのポケットチーフだけです。

これに対して、官邸を笑顔で去る麻生さんの胸には、いつものようにブルーリボンが。

ねずきちには、このことがなにかを象徴しているように見えました。

ところで、鳩山氏にしても、結局は小沢氏の傀儡です。

その小沢氏について、せくれとさんから、日本の心をつたえる会に興味深い投稿があったのでもご紹介します。(文章は、ブログ用にねずきちがすこしアレンジしています)。

----------------------------------

北朝鮮は「150日戦闘」というスローガンの下で、国家総動員態勢で土木工事を中心とした経済再建策を実施しています。
現在は「100日戦闘」というものに変わっていますが、単なる延長です。

その中に、8000ドル以上の投資を行って、テドン川流域に“タイル工場”を建設するというプランがあります。

どうやらこの資金源が、日本人拉致問題の解決のための代価を当てにしているらしい。
2009年上半期に日本当局と接触して、10億ドルを支援するように要請したという噂もあります。

この要請したという日本側の相手ですが、具体的な名前及び名称は一切出てきていません。

しかし、今年上半期といえば、日本ではいつ衆議院選挙がスタートしてもおかしくない情勢。加えてメキシコで新型インフルエンザが発生して厳戒態勢がとられたり、タボス会議で金融不安の打開策を検討したりと、日本政府は大忙しだった。
悪いけど、当時の日本政府に、北朝鮮ごときに構っていられる時間などなかった。

加えて当の北朝鮮がミサイルを発射したり、2度目の核実験を強行したりと、とても拉致問題について議論する場を作れたとは思えません。

日本が代価を払う必要などさらさらなく、当時の自民党政権が北の経済支援の相手などする必要性も時間もまるでありえない。

では、北朝鮮が要請した日本側の相手は、誰だったのか?

ここで当時民主党代表だった小沢前党首の発言があります。

それは3月2日付、産経新聞朝刊1面の記事になった内容です。

小沢氏は2月上旬、都内で民主党議員と支持者に会って、こう述べたとあります。

「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。
カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」

後日、民主党はこの報道を否定し、産経新聞に対し記事の訂正と謝罪を求めました。

これに対し産経新聞側は3月4日に、
「正当な取材で得られたもので、裏づけもある」と回答した。

その後、何故か民主党はこの記事に対する攻勢をかけていません。

おかしいですね、事実ではないなら徹底的にやりあうんじゃないですか?

この記事と上術の北朝鮮の思惑、見事なまでに一致します。

さらに小沢氏の西松建設疑惑が問題になったのが3月4日。

北朝鮮がミサイル発射警告を出したのが3月11日と妙にタイミングが良すぎる。

もしかしてこれは、北朝鮮が民主党に送った「金くれないと暴れるぞ」のサインだったのではないか?

5月11日に小沢氏が代表辞任して危ういと思ったのか、5月25日には2度目の核実験を強行。
ここでも北からの脅しが入ったように見えます。

<2009年上半期の民主党他と北朝鮮の動き>

1月下旬~2月上旬 小沢氏と北朝鮮側で拉致問題の金銭解決合意
2月上旬 小沢氏、支持者と称する第三者と会合(これが産経新聞に漏洩して記事になる)
3月03日 小沢氏秘書逮捕。
3月04日 小沢氏の西松建設疑惑が問題になる。
3月11日 北朝鮮、ミサイル発射を警告(小沢氏擁護のため?、日本への恫喝?)
3月27日 民主党、小沢代表の続投を了承。
4月05日 北朝鮮、ミサイル発射。
4月20日 北朝鮮、日本側の様子を伺いつつ150日戦闘開始。
4月28日 民主党、企業・団体献金全面禁止を表明。
5月11日 小沢氏、代表を辞任。
5月25日 北朝鮮、さらに核実験を強行し、国内外に存在感を持たせる
7月21日 衆議院解散
8月30日 民主党、衆議院総選挙にて圧勝。

選挙では、

・マスコミを使った偏見放送
・都合の悪そうなマニフェストの隠蔽
・保守勢力の切り崩しのための幸福実現党の立ち上げ 等々

色々疑惑のある民主党です。

鳩は鳩でもコールタール漬けしたような驚きの黒さを誇る次期総理大臣筆頭候補。

それよりもっと黒くて隠れているのが見え見えな代表代行。

さらに少子化対策・消費者問題・食品安全・男女共同参画担当相という名が最も相応しくない帰化朝鮮人。

さて、明日から日本はどこへ行くのでしょうか・・・。
----------------------------------

こんかいの選挙は日本における無血革命だったと胸を張る民主党。

しかし、その革命というものが、日本を守り、散って行かれた英霊たちに恥じない内容のものといえるのか。

ねずきちは、疑問に思えてならないのです。

日本を守れ!と思う方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

土井たか子、小沢一郎などの公人は「出自を明らかにせよ!」


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪

*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク