アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


今、自衛隊を考える

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

三島由紀夫


日心会のMLからの転載です。

~~~~~~~~~~
【今、自衛隊を考える】

途方もない災難が日本を襲いました。
いえ、災難は今もなお牙を剥き出しにして襲いかかろうとしています。

この度の災害に際し、これは我が国の在りように対する神のお怒りである、とお感じになった会員の方も多いのではないかと思います。

わたしもスピリチュアルな人間ではありませんが、それでもこのような未曾有の天災を目の当たりにすると、これはやはり、八百萬の神々からのわたしたちに対する警告であるに違いないと考えてしまいます。


自衛隊と我が同盟国であるアメリカが必死になって救援活動を展開させている、まさにその上空で、この機に乗ずるかのように露助やシナが偵察機を飛ばしています。

わたしは、災害救助は大変に有難いことではあるけれども、さらなる国難に備え、自衛隊は速やかに本来の国防業務に立ち戻るべきと考えます。

米軍が空母を近海に展開しているのは、単に災害救助のためでないことは確かです。
油断も隙もない国家がすぐ隣に存在しているのです。

今回の災害により、自衛隊は図らずもその存在意義を世に明らかにしました。
しかし、今回は天災でしたが、次が侵略の脅威でないとは言えません。
国力が弱ったときこそ、敵にとっては侵略の機会となります。

想像してください。
凶暴なシナの革命軍が疲弊した我が国に侵入し蹂躙の限りを尽くすのを。
今こそ、自衛隊について真剣になって考えるときではないでしょうか。

ここに、自衛隊を心から愛し、その将来を憂えて死んだ国士の檄文があります。
自衛隊とは何か、如何にあるべきかを考える一つの資料となれば幸いです。

~~~~~~~~~
【激】

われわれ楯の会は、自衛隊によって育てられ、いわば自衛隊はわれわれの父でもあり、兄でもある。
その恩義に報いるに、このような忘恩的行為に出たのは何故であるか。

かえりみれば、私は四年、学生は三年、隊内で準自衛官としての待遇を受け、一片の打算もない教育を受け、又われわれも心から自衛隊を愛し、もはや隊の柵外の日本にはない「真の日本」をここに夢み、ここでこそ終戦後ついに知らなかった男の涙を知った。

ここで流したわれわれの汗は純一であり、憂国の精神を相共にする同志として共に富士の原野を馳駆した。
このことには一点の疑いもない。

われわれにとって自衛隊は故郷であり、生ぬるい現代日本で凛冽の気を呼吸できる唯一の場所であった。
教官、助教諸氏から受けた愛情は測り知れない。

しかもなお、敢えてこの挙に出たのは何故であるか。
たとえ強弁と云われようとも、自衛隊を愛するが故であると私は断言する。

われわれは戦後の日本が、経済的繁栄にうつつを抜かし、国の大本を忘れ、国民精神を失い、本を正さずして末に走り、その場しのぎと偽善に陥り、自ら魂の空白状態へ落ち込んでゆくのを見た。

政治は矛盾の糊塗、自己の保身、権力欲、偽善にのみ捧げられ、国家百年の大計は外国に委ね、敗戦の汚辱は払拭されずにただごまかされ、日本人自ら日本の歴史と伝統を涜してゆくのを、歯噛みをしながら見ていなければならなかった。 

われわれは今や自衛隊にのみ、真の日本、真の日本人、真の武士の魂が残されているのを夢みた。

しかも法理論的には、自衛隊は違憲であることは明白であり、国の根本問題である防衛が、御都合主義の法的解釈によってごまかされ、軍の名を用いない軍として、日本人の魂の腐敗、道義の頽廃の根本原因を、なしてきているのを見た。

もっとも名誉を重んずべき軍が、もっとも悪質の欺瞞の下に放置されて来たのである。

自衛隊は敗戦後の国家の不名誉な十字架を負いつづけて来た。
自衛隊は国軍たりえず、建軍の本義を与えられず、警察の物理的に巨大なものとしての地位しか与えられず、その忠誠の対象も明確にされなかった。

われわれは戦後のあまりに永い日本の眠りに憤った。
自衛隊が目ざめる時こそ、日本が目ざめる時だと信じた。

自衛隊が自ら目ざめることなしに、この眠れる日本が目ざめることはないのを信じた。

憲法改正によって、自衛隊が建軍の本義に立ち、真の国軍となる日のために、国民として微力の限りを尽すこと以上に大いなる責務はない、と信じた。

四年前、私はひとり志を抱いて自衛隊に入り、その翌年には楯の会を結成した。
楯の会の根本理念は、ひとえに自衛隊が目ざめる時、自衛隊を国軍、名誉ある国軍とするために、命を捨てようという決心にあつた。

憲法改正がもはや議会制度下ではむずかしければ、治安出動こそその唯一の好機であり、われわれは治安出動の前衛となって命を捨て、国軍の礎石たらんとした。

国体を守るのは軍隊であり、政体を守るのは警察である。政体を警察力を以て守りきれない段階に来て、はじめて軍隊の出動によって国体が明らかになり、軍は建軍の本義を回復するであろう。

日本の軍隊の建軍の本義とは、「天皇を中心とする日本の歴史・文化・伝統を守る」ことにしか存在しないのである。

国のねじ曲った大本を正すという使命のため、われわれは少数乍ら訓練を受け、挺身しようとしていたのである。

しかるに昨昭和四十四年十月二十一日に何が起ったか。
総理訪米前の大詰ともいうべきこのデモは、圧倒的な警察力の下に不発に終った。
その状況を新宿で見て、私は、「これで憲法は変らない」と痛恨した。
その日に何が起ったか。

政府は極左勢力の限界を見極め、戒厳令にも等しい警察の規制に対する一般民衆の反応を見極め、敢えて「憲法改正」という火中の栗を拾はずとも、事態を収拾しうる自信を得たのである。

治安出動は不用になった。
政府は政体維持のためには、何ら憲法と抵触しない警察力だけで乗り切る自信を得、国の根本問題に対して頬かぶりをつづける自信を得た。

これで、左派勢力には憲法護持の飴玉をしやぶらせつづけ、名を捨てて実をとる方策を固め、自ら、護憲を標榜することの利点を得たのである。

名を捨てて、実をとる!
政治家たちにとってはそれでよかろう。

しかし自衛隊にとっては、致命傷であることに、政治家は気づかない筈はない。
そこでふたたび、前にもまさる偽善と隠蔽、うれしがらせとごまかしがはじまった。

銘記せよ! 
実はこの昭和四十四年十月二十一日という日は、自衛隊にとっては悲劇の日だった。

創立以来二十年に亘って、憲法改正を待ちこがれてきた自衛隊にとって、決定的にその希望が裏切られ、憲法改正は政治的プログラムから除外され、相共に議会主義政党を主張する自民党と共産党が、非議会主義的方法の可能性を晴れ晴れと払拭した日だった。

論理的に正に、この日を境にして、それまで憲法の私生児であつた自衛隊は、「護憲の軍隊」として認知されたのである。
これ以上のパラドックスがあろうか。

われわれはこの日以後の自衛隊に一刻一刻注視した。われわれが夢みていたように、もし自衛隊に武士の魂が残っているならば、どうしてこの事態を黙視しえよう。
自らを否定するものを守るとは、何たる論理的矛盾であろう。
男であれば、男の衿がどうしてこれを容認しえよう。

我慢に我慢を重ねても、守るべき最後の一線をこえれば、決然起ち上るのが男であり武士である。

われわれはひたすら耳をすました。
しかし自衛隊のどこからも、「自らを否定する憲法を守れ」という屈辱的な命令に対する、男子の声はきこえては来なかった。

かくなる上は、自らの力を自覚して、国の論理の歪みを正すほかに道はないことがわかっているのに、自衛隊は声を奪われたカナリヤのように黙ったままだった。

われわれは悲しみ、怒り、ついには憤激した。
諸官は任務を与えられなければ何もできぬという。
しかし諸官に与えられる任務は、悲しいかな、最終的には日本からは来ないのだ。
シヴィリアン・コントロールが民主的軍隊の本姿である、という。
しかし英米のシヴィリアン・コントロールは、軍政に関する財政上のコントロールである。

日本のように人事権まで奪はれて去勢され、変節常なき政治家に操られ、党利党略に利用されることではない。

この上、政治家のうれしがらせに乗り、より深い自己欺瞞と自己冒涜の道を歩もうとする自衛隊は魂が腐ったのか。
武士の魂はどこへ行ったのだ。

魂の死んだ巨大な武器庫になって、どこかへ行こうとするのか。
繊維交渉に当っては自民党を売国奴呼ばはりした繊維業者もあったのに、国家百年の大計にかかわる核停条約は、あたかもかつての五・五・三の不平等条約の再現であることが明らかであるにもかかわらず、抗議して腹を切るジエネラル一人、自衛隊からは出なかった。

沖縄返還とは何か?
本土の防衛責任とは何か?
アメリカは真の日本の自主的軍隊が日本の国土を守ることを喜ばないのは自明である。

あと二年の内に自主性を回復せねば、左派のいう如く、自衛隊は永遠にアメリカの傭兵として終るであらう。

われわれは四年待った。
最後の一年は熱烈に待った。
もう待てぬ。
自ら冒涜する者を待つわけには行かぬ。

しかしあと三十分、最後の三十分待とう。
共に起って義のために共に死ぬのだ。
日本を日本の真姿に戻して、そこで死ぬのだ。

生命尊重のみで、魂は死んでもよいのか。

生命以上の価値なくして何の軍隊だ。
今こそわれわれは生命尊重以上の価値の所在を諸君の目に見せてやる。

それは自由でも民主主義でもない。
日本だ。
われわれの愛する歴史と伝統の国、日本だ。

これを骨抜きにしてしまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はいないのか。
もしいれば、今からでも共に起ち、共に死のう。

われわれは至純の魂を持つ諸君が、一個の男子、真の武士として蘇えることを熱望するあまり、この挙に出たのである。

三島由紀夫

~~~~~~~~~

今回の災害に対する出動で自衛隊を見る人々の目が変わったと思います。

けれども、本来の自衛隊の存在価値は自然による災害よりもはるかに恐ろしい、侵略に対する自衛力、国防力なのです。

そのことを忘れないために、三島由紀夫烈士の激を挙げさせていただきました。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

1970年11月25日 三島由紀夫 @ 東京 市市谷 陸上自衛隊駐屯地


日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
暫くは災害救助の方へ力を割かせて欲しいと思います…。
『日本国民の生命と財産』を守る自衛隊に声援を!!
2011/04/17(日) 10:47 | URL | 税理士 #aIcUnOeo[ 編集]
三島由紀夫
彼は怒って切腹したわけではありません。市谷に入る前から、死ぬことは決めていたようです。

ドナルドキーンが出版した、三島由紀夫の書簡集の最後の書簡を見ると、三島由紀夫が自分が死んだ後でアメリカの出版社が彼の作品の翻訳物の出版を取りやめたりして翻訳者であるキーンに迷惑がかかる事が心配だ、と言っています。つまりそれを書いた時点で死ぬことは決めていたのです。
2011/04/14(木) 15:09 | URL | 垂逸 #AIlHpmOk[ 編集]
昨日の“選挙”ミンス党 大敗に“ほくそ笑む”
“大連立/救国内閣”とするなら、今や 救い難き“ミンス/カン内閣”は総辞職が不可欠である。

批難/叱責 覚悟の上ですが 現時点に於ける趨勢として
政界の“大連立”等々の 多くの不可解な“奇声”即ち 形を変えた
形態での“ミンス/カン政権”擁護論に対する ささやかな反論を
提示させて戴きます。

今回の大地震 & 大津波に依る冷徹無比なる被害を被った
“県”ですが 前回の“衆議院選挙”の結果は 下記と成って居ります。

岩手県第1区 階猛     民主党
岩手県第2区 畑浩治     民主党
岩手県第3区 黄川田徹   民主党
岩手県第4区 小沢一郎   民主党

宮城県第1区 郡和子    民主党
宮城県第2区 斎藤恭紀   民主党
宮城県第3区 橋本清仁   民主党
宮城県第4区 石山敬貴   民主党
宮城県第5区 安住淳     民主党
宮城県第6区 小野寺五典  自由民主党

福島県第1区 石原洋三郎  民主党
福島県第2区 太田和美   民主党
福島県第3区 玄葉光一郎  民主党
福島県第4区 渡部恒三   民主党
福島県第5区 吉田泉    民主党

一目瞭然ですが 圧倒的 多数を“ミンス党”が独占して居ります。
正に 背筋に悪寒が走る程の 異様さを感ずるのは 我のみ成りや?
某 知事 曰く 是は“天罰”では ....なる言は 罹る事実を
示唆していたのでは?

日本国民/有権者 各位は 当該 諸事象を如何に思考するや?
因みに 故“淀川長治”氏 の言を拝借し
“選挙”は“たいせつですね たいせつですね たいせつですね”
2011/04/11(月) 18:55 | URL | BLACK HOLE #-[ 編集]
No title
三島は自衛隊員から相手にされず嘲笑され
怒って腹切った変な奴。
2011/04/11(月) 15:42 | URL | ん #VefHeiZQ[ 編集]
No title
テレビで放送されない放射能の実態

中国のホウレンソウから放射性物質、地元紙報道[04/07]
ttp://blog.goo.ne.jp/yakata_2009/e/758661ba4f43b2b59b8a797985598b06

中国核実験、32年間で46回→
毎年中国から黄砂→日本死亡率№1はガン
以上から何が言いたいか解りますね?
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000014-scn-kr

日本のテレビは「日中記者交換協定」
によって中国の悪い情報を流せない現実!↓
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/163.html

検査するとセシウムが検出されますが、日中友好議員の多い民主の圧力により検査されずそのまま流通
検出されても媚中派の多いマスコミが報道すらしませんので自己責任

中国人「横浜の放射線量がいまだにウチの国よりマシな件について」
ttp://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51757678.html
2011/04/09(土) 17:01 | URL | #RqWBMyRA[ 編集]
ていうか、ブログ主さんといい…
回りくどい能書きはやめます!

自衛隊を日本軍にする!
これは日本列島及び日本国民を守る最低必需品ではないでしょうか!
2011/04/07(木) 23:10 | URL | ソラニン #-[ 編集]
No title
初めてコメントさせていただきます。
さて、下の佐藤守さんのブログにある僧侶の凛々しい姿を見ていただきたいと思います。本当の宗教家の姿だと思います。この僧侶や自衛隊の方々を見ておりますと、日本人はすばらしいと感じます。
http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/
2011/04/07(木) 23:08 | URL | 読者より #-[ 編集]
悲願憲法改正!
あの時三島に同意する自衛隊員はいなかった。 もう40年たつのか、10年ひと昔の様な気がしてならない。 ぬるま湯につかった国民には結構インパクトがあった。 ただ進駐軍が作った憲法では国は守れない。やはり自国憲法は必要です。 やはり、現在の特徴アなど日本周辺諸国の動向をみているとシナは軍備増強でGDPも日本は追い越されてしまい、露助は北方領土侵略から戦後70年に渡りすっとぼけて日本からなにかと金を引っ張り出しています。シナチョンもたかり国家だ。姦国に至っては30兆円も借りておいて反日行動ばかり、姦国は30兆円早く返せ!! やはり国防あっての国家維持だし。日本の八百万の神々が日本人を奮起させようと今回の大震災が起きた様な気がしてなりません。ただこの余震がまだ続いており、余談を許さない状態が続いています。3月11日にあり数日後に中越、長野、静岡で震度が6強の揺れが起こり油断大敵です。至る所で強力な地震が起きると手がつけらんない!日本壊滅的な予言も多数過去からあります。八百万の神々は日本人を覚醒させようとしているのかも知れません。いよいよ2011~2012はマヤの予言と符合してきました。世界情勢より日本の事が心配でなりません。
2011/04/07(木) 06:20 | URL | う #uszzu23E[ 編集]
平和憲法について
〉そもそも平和憲法そのものは、世界的にみてそれほど珍しいものではありません。アンゴラやモンゴルの憲法には、自国内に外国の軍事基地を設置しない、という決まりがありますし、日本と同じように「国際紛争解決の手段としての戦争を放棄する」としている国は、イタリア、エクアドル、ハンガリー、フィリピン等々、数え上げればきりがありません。しかし、これらの国々で憲法の解釈を巡って外交や防衛、あるいは安全保障政策が混乱している国なんて一つもありません。つまり、残念ながら我が国が抱えている真の問題とは憲法ではなく、憲法を守っていればこの世は平和になると信じているクルクルパーや、左翼マスコミや日教組、その他の売国奴や国賊どもが非難も隔離もされず、堂々と大手をふって歩いていて、そのことに誰も何の疑問も感じていないということこそが問題なのです。
2011/04/06(水) 22:31 | URL | ありがとう #-[ 編集]
No title
国を守るのが自衛隊の責任であるのならば、その、自衛隊を守るのが、我々国民の責任ではないのでしょうか。

動きやすいように、彼らのために道を整えて、彼らを迎え入れることこそが国民に科せられた義務ではないのですか?

今、被災地で戦っている自衛隊に対して決起を促すのではなく、我々が我々自身の手で道を整えなければならない。

そういうことを考えてみる必要があると思います。

彼らを動かすのではなく、私達が動くということを、そろそろ考えるべきではないのですか?
2011/04/05(火) 22:19 | URL | #LkZag.iM[ 編集]
「吉田ドクトリン」は死んだ!
草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN(2011年04月05日より)
”「吉田ドクトリン」は死んだ”
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/

戦後初めて、天皇陛下の震災勅語が発令され、日米同盟が発動しました。
これが新憲法樹立の一歩となることを願います!

2011/04/05(火) 16:34 | URL | koukenz #6o.wO9ZU[ 編集]
No title
これって石原都知事の天罰発言を思い浮かべます。
やはり日本人は、覚醒し尊厳を取り戻さなければ。
2011/04/05(火) 16:25 | URL | 卓ちゃん #-[ 編集]
靖国神社にお参りしたい。
全然関係のないお話で申し訳ないのですが、此処10年以上桜の季節になると上野公園を歩きます。

ある時ふと、感じたのですが桜見に来ている方たちの垢抜けない服装と全体の感じでもしかしたら在日かなと、そうするとかなりの在日が上野公園で花見を楽しんでいるんだと。

靖国に行くまでの間の橋から見る桜はやさしく、訪れている方たちは日本人だと感じました。全体にかもし出す雰囲気が違うからです。でも、何か気になるのは境内のお土産売り店、または、館外のおでんとかの軽食店です、なんとなく日本人の経営ではないのじゃないかと感じるからです。二回しか訪問してないのですが二回ともそう感じました。

駅前のパチンコやしかり、浅草観音しかりそこに店があるだけで笑いが止まらないくらいの収入は保証されています。そしてそういう場所は必ず、在日が占領しています。

毎年この時期になると桜見物の旅をするのですが、今回は震災のためキャンセルです。それで桜が恋しいのと、靖国に在日の店は許せないぞと、いう思いが湧いて書いてしまいました。
2011/04/05(火) 16:04 | URL | さくら #-[ 編集]
もう、これで憲法改正のチャンスはない!
三島先生は、このように「絶叫」されました。
まさしく、今日の世を40年も前に予言されていました。
そして、日本はそのやうな「国家」になりました。
自衛隊のクーデターは期待できない。
結局、三島先生が「さういふ人とは話もしたくない」世の中になってしまったのです。
2011/04/05(火) 15:19 | URL | 歩三の安藤大尉 #-[ 編集]
No title
売国民主党からの御報告で御座います・・・

近頃、大連立の話が新聞紙上を踊っているようで御座います。
与党民主党に野党自民党から復興特別大臣を招き入れ、その後、連立するという2段階の構想ということで御座います。
私たち売国民主党では話にならないので、野党の力を借りたいという話ではという方々も居れば、これほどの大災害であるので、ここは与党野党の垣根を取っ払い、オール日本で災害復興に当たるという度量の大きさを売国与党民主党は示したのだという殆ど病的な、あるいは詐欺的なコメントも見受けられます。
私たち売国民主党と致しましては、もちろん後者の意見を尊重させて頂きます。と同時に、もしこの大災害が仮に自民党政権で起こったものであったら、果たしてどうだったかということを考えないわけにはいかないということで御座います。
おそらく、自民党は持てる力を最大限動員し、災害救助、災害復興を野党陣営の入閣などなしに進めていると思われることで御座います。
ですので、今回、野党から入閣、それも災害復興大臣を受け入れるということは、私たち売国民主党ではその能力に欠ける、あるいは、いままでの不手際とこれからの復興政策においてその責任を自民党に負わす狙いがあるという卑怯な下心があることぐらい中学生でも分かるというもので御座いますが、そのへんは深くお考えなさいませんようにお願い致したいと思うわけで御座います。
岡田が「大災害では政権与党を替えるというのは考えられぬ」などと言っています通り、
災害救助、復刻政策において著しい不作為を演じて、国民の信頼を裏切り続けている私たち売国民主党では御座いますが、決して政権与党の座から簡単に離れたりはしませんのでどうぞ御安心下さい。
本来なれば、駄目な者に任せておいては一向に埒が明かないというのが道理というもので御座います。一刻も早く政権交代を実施し、新しい愛国政権でこの復興作業をしたほうが、「急がば回れ」というもので御座いますが、自民党の中にも隠れ売国民主党議員は居りますので救民主党に動いたわけで御座います。
どうぞ、自民党ファンの方々も、隠れ民主自民党議員のように売国民主党の傘下に籠絡されますことを願い、報告を終わらせて頂きます。あわれ

売国民主党宣伝部兼シナ国日本侵略推進部

2011/04/05(火) 14:57 | URL | #-[ 編集]
No title
ねずきち様、いつも拝読いたしております。
万感差し迫るお話にいつも深く感銘しております。
私もまた、戦後、極左売国奴の日教組教員に教育されてきた世代です。
今改めて、正しい日本の歴史認識というものがどれほど大切な事かを心底より憂慮しています。
日本は良い国であると主張した自衛官トップが更迭され、暴力国家の侵略攻撃に対しての
証拠ビデオを国民に隠蔽するなどの国体に憤懣やるかたない思いであります。
私は、警察組織で30年を勤め上げ退職した身でありますが、 警察官、自衛官というものは、その大多数の者が日本国を愛し、日本人を誇りとしています。
いざとなれば、その使命感だけで命を捨てる覚悟もあるのです。
良い格好で言うのではありません。警察官、自衛官というものは組織の中でそのように教育されてきています。私も30年の間に幾度かはそういう事態に遭遇しました。
不思議と怖いとかという恐怖心は沸かないのです。しかし一件無事落着したあとに顧みると、「あっ、たまたま怪我もなく運よく解決したな」と反省し、その時に恐怖を憶える事はありました。しかし、いざ目の前で身を犠牲にしても立ち向かわなければならない状況に遭遇したなら、そのときは使命感が恐怖心に勝るのです。それは日本人だれもが持つDNAだと思います。私の周りにも殉職していった諸先輩方々がいます。だからそう考えると、たまたま私は30年間を無事に勤め上げられただけだと思うのです。
今回の大震災に際しても、多くの警察官、消防隊員、自衛官が殉職されています。
これらの方々に深く哀悼の意を表します。

取調べ室の全面可視化、死刑執行に反対の法務大臣、外国人の参政権等々……
現職の刑事達が嘆いています。治安はまちがいなく悪化するでしょう。そして、このままでは間違いなく日本は沈没し、暴力国家シナの自治区になりさがるでしょう。
国民は平和ボケから目覚めなければなりません。ねずきちさんが言うように、この国家的危機に乗じて狙いを付けている隣国があるのです。
その隣国は日本内部からも崩壊させようと目論んでいるのです。日本国内に多くの土地を買い占め、領事館を建て日本国内に現に治外法権である領有地を増やしつづけています。

まさに三島由紀夫国士が憂いていたことは真実なのです。一刻も早く売国政権を解体し、左傾化したマスゴミを糾弾し、真の保守正当、保守真道の政権樹立をめざすため、国民が立上がり、先人方々が命と引き換えに守ってくれたこの国土と良き伝統、文化、歴史のこの日本を守っていきましょう。
そのために声を上げ続け、訴え続けていくことが大きな声になるものと信じます。
何分初投稿の由、乱筆乱文のほどご容赦を    日の丸万歳
2011/04/05(火) 13:59 | URL | 日の丸万歳 #nfuTGBzs[ 編集]
自衛隊員の「服務の宣誓」
佐藤議員の言葉から、日本の自衛隊を改めて心から誇りに感じる事が出来ます。

★「自己完結性」
★「〝撃たれない、撃たない〟環境をいかに作るか」
★「直線、直角、3センチ以内」
★「日本人らしさを出しなさい」

今回の被災地救援活動で、米軍を「本気」にさせたのは、現地の自衛隊員の行動だと聞きます。

また、ご長男が自衛官でいらっしゃる和田さんのコメントを読み、自衛隊の皆さんがどんな気持ちで職務を遂行されていることかと・・。本当に頭がさがる思いです。

そして・・、申し訳ないですが、私には、三島由紀夫の言葉があまり響いてきません・・。


★自衛隊法 第三十九条 【服務の宣誓】★
私は、我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、日本国憲法 及び法令を遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身を鍛え、技能を磨き、政治的活動に関与せず、強い責任感をもつて専心職務の遂行に当たり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め、もつて国民の負託にこたえることを誓います。


自衛隊の皆さんに心から感謝申し上げます。

佐藤議員は日本国を託せる国会議員です。

2011/04/05(火) 13:37 | URL | 共通一次世代 #HfMzn2gY[ 編集]
自衛隊員として現場を経験、指揮した佐藤議員の言葉から「自衛隊」を考えていただければ・・・。
【佐藤正久 インタビュー掲載誌のご紹介】(佐藤正久オフィシャルページより)
http://east.tegelog.jp/?blogid=24?catid=164&itemid=8896

上記、佐藤正久議員のHPで月刊アームズマガジン5月号(ホビージャパン)の佐藤議員へのインタビュー記事が紹介されています。
※「アームズマガジン」はトイガン及びミリタリー関係の月刊専門雑誌。

インタビューの内容が出ている「ぴくせる☆まりたん」ホームページのリンク先も出ていましたのでご紹介します。↓

==================

<ヒゲの隊長インタビュー!第1回~第4回>(取材は3月8日に行われたそうです。)

■はじめまして、佐藤隊長!
http://pixel-maritan.net/maritan_diary/?m=20110325

(Q:なぜ日本の自衛隊が海外に派遣されるのか?)

近年、海外での人道支援・民生支援に自衛隊が派遣されることが増えていますが、これはもともと自衛隊の仕事ではなかったのです。医療や、学校・道路の補修や建築など、日本国内であればこれらは民間の仕事ですよね。
 
しかし、海外では治安が非常に悪かったり、食事の確保や生活の維持が困難な地域があります。このような場所では、自分の安全を自分で守ることができて、自分で自分の生活の面倒をみることができる組織でないと仕事ができません。

このような能力を「自己完結性」と言い、自衛隊は「自己完結性」を持つ組織として、自衛隊にしか行けない場所、できない任務の場合に派遣されているのです。


■自衛隊の〝一発の重み〟とは…
http://pixel-maritan.net/maritan_diary/?m=20110326

多くの政治家の方が理解されていないのは「海上保安庁の一発」と「海上自衛隊の一発」では重みが全く違うということです。

海上保安庁は海の警察ですよね。警察が治安維持のために一発撃つのと、国防組織が一発撃つのとでは意味合いが違います。自衛隊が撃つということは「国の防衛のため」「国の主権を守るため」撃つということですから、外交的な問題であり、一歩間違えれば戦争状態を意味することにもなってしまう。それだけ重いものとして自衛隊の中では考えられているのです。


イラクでも、一発を撃つという判断はとても重く、最も緊張が高まったときでも、弾倉を取り付け、薬室に初弾を装填したところまででした。これまで陸上自衛隊は訓練以外では海外で一発も撃ったことはないんです。それだけ自衛隊の一発は重い。

もちろん必要があれば射撃を命じますが、それよりも撃たない環境を作ることが大切だと考えていました。一発を撃ってしまうことで今まで築き上げた信頼関係を失ってしまう可能性があります。一番望ましいのは〝撃たれない、撃たない〟環境をいかに作るかということ。環境構築こそ作戦の成功のカギだと考えました。



■イラク復興支援任務、成功の理由とは!?
http://pixel-maritan.net/maritan_diary/?m=20110327

イラクでの任務は民生支援なので、住民の真ん中で仕事をしなければいけません。病院や学校、住宅街の中などですね。ですから住民との信頼関係がカギになってくる。住民との信頼関係が無ければ仕事になりません。

あれだけ武器が氾濫している世界ですから、誰か一人でも「自衛隊このやろう!」と思ったら、我々は簡単にやられてしまう。住民との距離も近いので逃げようがありません。そんな状況ですから、信頼関係を作ることがなにより重要なんです。

一方で、私たち自身が精強でなければいけないとも考えました。イラクでの合言葉に「直線、直角、3センチ以内」というものがありました。例えば、工事現場などに行ったとき、自衛隊の車輌はビシーッと、バンパーが一直線になるように駐車するんです。また資材も全て一直線、直角に並べる。誤差は3センチ以内です。見るだけで規律の正しさ、精強さが伝わりますよね。


(Q:イラクではどのようにして現地の方々の信頼を得たのか?)

向こうのリーダーたちと人間関係を築かないと情報も入ってきませんし、いざというときに無理なお願いも聞いてもらえません。知らないよりは知っている仲のほうが良い。たんなる知り合いよりはお茶をした仲のほうが良いし、お茶をした仲よりは食事をした仲のほうがさらに良いわけです。向こうの社会と付き合うためには、リーダー同士で信頼関係をつくることが非常に大事で、そこは日本の社会と同じですね。

また、隊員たちには「日本人らしさを出しなさい」と言いました。信頼関係を作ると言っても、口だけで作れるものではありません。だから、自分たちが日本人の良いと思うところを出して現地の方と接しなさいと言ったのです。

正直さ、優しさ、一生懸命さ――日本人は、そういったものを持っていると思うんです。よく海外で働く日本企業の方が言われているように、日本人にはそういった精神性があるんです。だから、イラクの人たちからも「やっぱり日本人は違うな」と思われるように、自分の日本人らしさを出しなさいと言いました。そうすることで現地の方々の自衛隊に対する感情が変わり、良い流れがどんどん出来て、信頼関係を深めることができるわけです。

隊員たちは仕事についてはプロなのですから、そこは心配がいりません。これに精神的なものが加われば、もっともっと支援任務が上手くいくのです。

====================
2011/04/05(火) 13:31 | URL | 共通一次世代 #HfMzn2gY[ 編集]
No title
これからの日本は戦後の体制を続けると、長い混迷に入る。大災害からの復興は金や掛け声だけでは実現しないからだ。
まず心は油断から常時警戒へ切り替える。もう平和運動は止めだ。戦争は津波と同じだ。問答無用で襲ってくる。そこで我々は、世界の常識であるローマの諺「平和が欲しければ戦争の準備をせよ」をかみしめる。心の防潮堤を高めることである。
 
国家の友好は相手国を見てだ。猛獣相手に無差別友好すれば子供が食われてしまう。そこで地政学の確認だ。すなわち「隣国は敵、敵の敵は味方」の大原則だ。警戒心が身に付いたら、日本社会における反日利敵言動の取り締まりだ。震災前のノーテンキの価値観を正す。
 
中学の歴史教科書検定の価値観は、震災前の「ヘーワ」主義だ。歴史観は敗戦直後の敵の傀儡歴史観だ。津波のゴミと同じで使い物にならない。
 
政治は、行き詰まったので大連立と言うが、事態はあまりにも巨大で自民と民主が集まっても解決はできない。問題は国民の不満のはけ口がなくなることだ。その場合どうなるか。火山の水蒸気爆発のように大変動が起こる。それが自衛隊の臨時政権につながるのかもしれない。
政治は常に国民の心の受け皿が必要なのだ。民主党は失敗した以上民意に従わなければならない。小手先の延命として、自民党を引きずり込むこともあるだろう。しかし解決できない以上責任のなすり合いで両方消滅する。もっとも両方戦後日本を食い物にしてきた腐敗した政党であるから良いかもしれない。

新しい政党が必要だ。それは愛国自由主義政党だ。天皇崇敬、靖国護持、国民皆兵、家制度回復が基本綱領だ。
今後の復興には長期的に人材がいる。しかし日本は少子化傾向だ。優れた人は減ってゆく。この対策は家制度の回復だ。日本の伝統的な人材供給制度は家制度なのだ。

いま日本の混迷に乗じて中共や韓国は海外の日本の市場を奪うと言われている。この大災害は占領政策に盲従して先祖の教えを忘れるという、戦後の日本の大失敗をさらけ出した。国家の回復には価値観、社会制度の本格回復が必要なのだ。もちろんその最初は日本軍の再建であり徴兵制度の再開だ。

「がんばれ産経新聞」より転載
2011/04/05(火) 13:25 | URL | nanasi #-[ 編集]
No title
汚染水の海放出:他に方法がないから仕方がない。農業だけでなく漁業にも影響が出てきた。築地で魚の価格が低落しているという。風評で魚料理を食べないという。風評退治が重要だがこれはデータが一番だ。また他人が食べると連想で心配が払拭される。著名人の野菜、魚食いパフォーマンスが期待される。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大災害指揮系統の国家的一元化:東電の対応を見ると後手々である。これでは素人だ。考えてみると東電はただの電力会社であり、広域の災害復旧では素人集団だ。非難しても始まらない。東電に大災害の指揮を任せる方が間違いだ。そこで自衛隊に本部をおいて電力会社はその下で動くのがよい。大災害は軍隊しか対応できない。これも菅首相の被害を拡大している大失敗だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
産経抄:ソフトバンクの孫社長が百億円寄付したという。驚くべきだ。しかし貧者の一灯というように、金額ではなく被害者を思いやる心が尊い。それぞれに支援するのがよい。なお関東大震災では著名な実業家安田善次郎が匿名で莫大な寄付をしているという。昔の日本人には陰徳を積むのをよしとするしっかりした発想があったのだろう。それにしても政治家の寄付のニュースがない。鳩山、小沢、菅、だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主張:連立の閣僚増員:自民党は民主に対抗するから意味がある。合体するのなら意味はない。別に対抗する政党が必要になる。良く見ると自民の連立主義者は評判の良くない反日分子である。隠れ民主党員である。すなわち中共朝鮮の手先ということだ。民主党政権の危機で表に出てきたのだ。民主合流議員は党籍を移すべきである。あるいは愛国政党が分離すべきである。
玉石混交の今の自民を嫌っている人が多いのだから仕分けの良い機会だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主張:長引く屋内退避:退避住民の自己判断にまかせるしかない。菅政府には到底この大災害の危機管理は出来ない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前のめり自民党:莫大な復旧財源をみて、自民党の反日ハイエナ議員が民主党にすり寄っている。醜い。金が全てと言う正体を暴露したというべきだ。自民と民主の合同で、日本の議会制度は混乱する。国民の政府批判を代表する政党がなくなるからだ。そうなると愛国的な新政党が現れざるをえない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
韓国、竹島に海洋基地:韓国が日本の混乱に乗じて竹島に基地を作っている。火事泥だ。これが冷酷な世界だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
放射能基準値:これはいろいろあるようだ。放射線の種類別の単なる強度や1年間浴びた場合の換算値などである。簡単に安全、危険はいえない。自然にも人間は宇宙から放射線を浴びているのだから。

http://pub.ne.jp/surugasankei/



2011/04/05(火) 13:15 | URL | #-[ 編集]
東京電力が60年ぶり安値更新、賠償費用拡大を懸念
東京電力が60年ぶり安値更新、賠償費用拡大を懸念

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0405&f=business_0405_055.shtml

東京電力(9501) が急落。
1951年の上場来安値393円を一気に割り込んだ。 
福島原発で低レベル放射性物質を含む汚染水の放出
を始めており、賠償費用拡大を懸念した売りがかさんで
いる。

放出される死の灰で汚れた放射能汚水で増大する損害賠償金額

【株式ニュース】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi
【株式ニュース】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。
2011/04/05(火) 12:56 | URL | aixin #EBUSheBA[ 編集]
No title
服喪自粛からの切り替え

大災害で日本人全体の活動が委縮しているという。身の回りでも花見を止めようという声がある。しかしこれではいけない。災害に負けることになるからだ。
そこで切り替えであるが、これには理屈で説法するのではなく、一定の儀式が必要だと思う。たとえば現地で大合同慰霊祭を行い、最出発のけじめとするのだ。現地が行えば、他の地域も自粛を止める。これは被災地でしかできない。すでに現地では就職活動が始まっている。遺体はまだ見つかっていないし捜索は続くが、悲しみを胸に秘めて、再建に乗り出すのだ。それが大人の対応である。
先日ラジオを聞いていたら、NHKのアナウンサーが、被災者に我慢せずに嘆いたらよいと説教していた。ムカっときた。コノヤロー、被災者の悲しみがどれほどのものか、全く分かっていない。親を失い、子供を失い、全てを失った人に慰めなどあるわけがない。
終生、癒されることはないのだ。
戦後人間は、人間観があまりにもお手軽である。苦しんでいる人々は黙って聞いているが、説教されれば被害を受けなかった他人に分かってたまるか、と思うだろう。それほど深い傷を負っているのだ。この救いは本人だけの問題である。それを何に求めるか。結局宗教しかないだろう。それが人間なのだ。

http://pub.ne.jp/surugasankei/


2011/04/05(火) 12:18 | URL | #-[ 編集]
外交防衛委員会審議中継を見ています
第177回国会審議中継
4月5日09:30~
外交防衛委員会審議中継を見ています

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40875&live=yes&media_type=wb

『ちょっと待て、その無所属は民主かも?』
【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi

2011/04/05(火) 11:24 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
安否連絡のタイトル一覧】最新版
安否連絡のタイトル一覧】最新版
大熊町住民、会津若松などへ2次避難 4月4日_23時44分03秒
【安否情報】吉田洋一さん 4月4日_23時39分58秒
【安否情報】池田登さん、裕美子さん(福島・いわき市) 4月4日_23時19分43秒
【安否情報】三浦和枝さん 4月4日_20時00分41秒
【安否情報】阿部こうがさん 阿部順子さん 4月4日_19時50分57秒
安否情報】菊田ちひろさん 菊田ひろかさん 4月4日_19時48分00秒
【安否情報】槙富夫さん(南相馬市) 新潟・長岡市 新産センター 4月4日_18時37分39秒
【安否情報】今井功さん(南相馬市) 新潟県 長岡市 新産センター 4月4日_18時34分56秒
【安否情報】菅野秀一さん(南相馬市) 新潟県 長岡市 新産センター 4月4日_18時31分52秒
【安否情報】萩原喜光さん(南相馬市) 新潟・長岡市 新産センター 4月4日_18時28分41秒
【安否情報】野村亨平さん 4月4日_18時22分16秒
【安否情報】武藤豊彦さん 4月4日_18時18分28秒
【安否情報】村上年雄さん・キヨエさん 4月4日_18時14分50秒
【安否情報】宮嶋清一さん、好子さん 4月4日_18時10分29秒
【安否情報】宮城秀一さん 4月4日_18時07分04秒
【安否連絡の掲示板第5巻】開設のお知らせ 3月14日_11時29分43秒
【安否情報】佐藤一好さん 福島県農業総合センター 4月4日_18時04分03秒
【安否情報】オクダトミコさん 4月4日_18時00分04秒
【安否情報】柴田宏一さん 4月4日_15時59分05秒
【安否情報】サトウトキミさん 4月4日_15時55分27秒
【安否情報】コマツさん 4月4日_15時51分30秒
【安否情報】ミウラヒデコさん 4月4日_15時48分41秒
【安否情報】根本重光さん 4月4日_15時45分52秒
【安否情報】津田進さん・菅原紀枝子さん 4月4日_15時43分12秒
【安否情報】金野真治さん 4月4日_15時38分55秒
【安否情報】畠山麗子さん 4月4日_15時32分20秒
【安否情報】フミコさん 4月4日_15時27分39秒
【安否情報】気仙沼中学校の被災者 4月4日_15時19分55秒
【安否情報】大井川繁光さん(福島・双葉町)さいたまスーパーアリーナ 4月4日_14時55分31秒
【安否情報】鈴木静男さん夫妻(福島・双葉町) 4月4日_14時51分28秒
安否情報】吉崎良吉さん(福島・双葉町) さいたまスーパーアリーナ 4月4日_14時47分37秒
【安否情報】西内重夫さん(福島・双葉町) さいたまスーパーアリーナ 4月4日_14時43分45秒
【安否情報】佐山ロサリオさん(福島・双葉町) 4月4日_14時40分25秒
【安否情報】 勝又四海さん(郡山市・虎丸町)さいたまスーパーアリーナ 4月4日_14時31分25秒
【安否情報】福岡祐さん 4月4日_14時26分28秒
【安否情報】宮城・気仙沼市 本吉町 佐藤やちよさん 4月4日_14時12分09秒
【安否情報】宮城・気仙沼市 本吉町 4月4日_14時07分36秒
【安否情報】佐々木成美さん 4月3日_17時40分22秒
【安否情報】林清さん 4月3日_17時33分10秒
【安否情報】小林広明さん 宮城・東松島市 鳴瀬第一中学校 4月3日_17時26分59秒
【安否情報】諒太さん 宮城・東松島市 宮戸小学校 4月3日_17時25分01秒
【安否情報】鈴木恵理さん 尾形真理子さん 宮城・東松島市 宮戸小 4月3日_17時22分41秒
【安否情報】斉藤ひろ子さん 宮城・東松島市 鳴瀬第一中学校 4月3日_17時20分21秒
【安否情報】桜井たか子さん 宮城・東松島市 宮戸小 4月3日_17時18分27秒
【安否情報】斎田一恵さん 宮城・東松島市 鳴瀬第一中学校 4月3日_17時16分24秒
【安否情報】 かとうみゆさん 宮城・東松島市 矢本東小学校 4月3日_17時13分36秒
【安否情報】佐々木重郎さん 4月3日_15時39分41秒
【安否情報】サトウヒロミさん・ヨシコさん 4月3日_15時31分23秒
【安否連絡の掲示板第4巻】開設のお知らせ 3月31日_01時17分26秒

【避難所からの要請の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axths/kfn/kfn.cgi
にも情報があります。

【安否連絡の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axths/tabi/anpi.cgi
【安否連絡の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

2011/04/05(火) 10:26 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
肥えた豚
「豚は肥やしてから食べろ」こんな諺が有ったと思う、景気低迷とは言いながらこの国が抱え込んでいる問題の多くは過剰な輸入資源依存による「肥満体質」的疾患が多い様に見える、自衛隊だけ軍隊にしてみた処で国民に自給的自立心が無いとすれば何物かが「太らせて食べる」のに都合の良い口実を与えるだけではないのだろうか、自分達が選挙で選んだ今の政権で誰を大将にすれば良いのか。

農業を弱体化させ、自給率を落としゲリラ戦すら出来ない程骨の抜かれた今の文明的暮しを、輸入品で作った軍隊で守る事が出来るのだろうか、アメリカが日本人を恐れたのは「竹槍で命がけで向かってくる敵」である、圧倒的な物量で戦ったベトナム戦争がその例だと思う。

アメリカの息のかかった兵器はパスワード一つで無力化出来とすれば最新兵器による武装がアメリカのビジネスに組み込まれているのは明確、国産と言ってもアメリカの技術とライセンスが有りブラックボックスが組み込まれている、自分が売りつけた武器が都合の悪い使われ方をしない様に保険をかけるのはビジネスとして当たり前の事だ、今使っているインターネットもGPSもアメリカ次第、マスコミも手のひらの上、日本潰すに鉄砲はいらない、伊達に世界の半分の軍事費を使ってる訳ではないはず。

八百万の神々がいるとすれば、この警告から何を学ぶべきなのか、確かにこの災害の規模は微妙である、もう少し被害が大きかったら日本はパニックになっていたかもしれない、しかし復旧にはそれなりの時間がかかる、夏の停電に可能性や放射能問題もあり学ぶべきことは多いようだ。
2011/04/05(火) 10:02 | URL | 飼育係 #MQiLeHcs[ 編集]
おはようございます。
私の長男は武山の少年工科学校を卒業して現在は陸上自衛官として奉職しておりますが、長男が少年工科学校を受験したいと言った時に亡き妻は反対しましたが長男の真剣な態度に打たれた私は妻を押し切って受験させて、長男は見事に合格を勝ち取りました。
確かに日本国自衛隊の第一義的任務は外敵の侵略に立ち向かう事ではありますが、現在の被災地各県(長男は福島県にて活動中です)の人達を思えば撤収などは出来ません…。
これは個人的意見なのですが阪神淡路大震災を期に日本国民の自衛隊に対する理解は深まり、今回の東日本大震災でも在日米軍と力を合わせて救出・救援・捜索活動に励んでおります。 この件は来るべき『時』(来なければよいのですが…)に備えて大きな『財産』となります…。 
ねずきちさんのBlogをご覧の皆さんはほとんどが自衛隊を応援して下さる方とは思いますが、暫くは災害救助の方へ力を割かせて欲しいと思います…。
『日本国民の生命と財産』を守る自衛隊に声援を!!長くなり失礼致しました。
2011/04/05(火) 08:17 | URL | 和田 #CofySn7Q[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク