アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


阿片戦争と中共の嘘

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

阿片戦争、広東湾の戦い
阿片戦争


最近、タバコが日本政府によって規制されるようになりました。
公共施設などでは全館禁煙となるのみならず、喫煙場所は狭い喫煙所なる狭い空間に制限されています。
このことがいいとか悪いとかの議論は、いまここでするつもりはありません。
タバコを吸わない人にとっては、タバコの煙は嫌なものなのでしょうし、タバコ飲みにとっては、場所が制限されようが、いかにも汚らしくて狭い喫煙所だろうが、吸いたいときは吸いたい。

ボクもいまだにタバコを吸います。
不思議なもので、保守の方の喫煙率がものすごく高い。
保守系の会合やセミナーに行くと、休憩時間など喫煙所はなぜか黒山の人だかりとなる(笑)

さて、この喫煙所を見て、「似ているな」と思うことがあります。
何と似ているか、というと、「阿片窟(あへんくつ)」です。


阿片窟というのは、19世紀初頭、Chinaにあったとされる阿片の吸引所で、映画や漫画では、よくその阿片窟で、阿片を詰めたキセルで煙をくすらせ、ガリガリに痩せ細った人達が、眼をトロンとさせ、男女とも半裸の姿でときにえっちに励む姿などが描かれています。

けれど実はそんなものは「なかった」と言ったら、皆様は「ええっ?!」と驚かれるかもしれません。
が、実は、そうなのです。

阿片(アヘン)といえば、私たちは麻薬の一種と認識しています。
実際その通りで、阿片は、ケシ(芥子)の実から生産されます。

芥子という植物は、芥子の花を咲かせますが、この花が散ると、花があった根元に丸いふくらみが残ります。
これが芥子坊主(けしぼうず)と呼ばれるもので、この芥子坊主にナイフで切り込みを入れると、中から乳液状の液体が出てきます。
ボクは見たことはありませんが、これを乾燥させて、黒い粘土状にしたものが阿片なのだそうです。

そして阿片をさらに精製してそのアルカロイドを抽出したものが、「モルヒネ」。
さらにこの純度を高めたものがヘロインです。
ヘロインまでくると、依存性が格段に高くなり、幻覚症状などがひどくなる。

ちなみにアルカロイド(天然由来の有機化合物)の抽出方法が確立されたのは、阿片が土台となっています。
日本で言ったら江戸時代中期の文化元(1804)年、ドイツの薬剤師ゼルチュネルが、阿片からモルヒネを分離抽出した。
いまではカフェインをはじめ、様々な医薬品に、このアルカロイド抽出の技法が役立てられています。

そもそも阿片と人類の歴史は古く、いまから5400年前のメソポタミアでは、すでに芥子の栽培がされていたし、5000年前のイランの石版には、古代シュメール人が芥子からどうやって乳液を採取したかについてが書かれています。
4000年前には、すでにヨーロッパや、中東、中央アフリカで広く芥子は栽培されていたし、3500年前のエジプトでは、阿片が製造されていた事がパピルスの文書に記されています。
阿片は鎮痛剤や、睡眠導入剤として、広く普及していたのです。

Chinaにはシルクロードを経由して、やはり医薬品として持ち込まれ、三国志に登場する医師、華佗の用いた麻酔薬は、阿片だったといわれています。

日本では、阿片は室町時代にChinaからもたらされました。
阿片は日本では阿芙蓉(あふよう)と呼ばれ、鎮痛薬として、ほんの少量が流通するにとどまっています。

よく時代劇などでは、長崎奉行がよく悪徳商人と結託し、阿片を密輸して遊女などに吸わせて中毒にさせてものにしたり、密貿易で大儲けをしたりなどという筋書きが描かれますが、これは大嘘で、実際には江戸中期までは、あくまで阿片は沈痛、解熱、麻酔、睡眠薬として、医師の専管物でしかなかったし、阿片の麻薬性自体が、まったく世に知られていなかったというのが実際のところです。

ところが幕末になってすこし様相が変ってきます。
浪士たちが斬り合いをして、大怪我をする。
その鎮痛剤として、阿片が大量に国内に出回るようになったのです。

江戸中期に、すでに国内での芥子栽培や、阿片抽出技法が確立されていた日本では、万一怪我をしたときの用心で、全国的に広く普及したのでしょう。
ところが、ここに問題が起きます。

それが、天保11(1840)年から、約2年間続いた、Chinaの清国と英国の間で行われた「阿片戦争」です。

「阿片戦争」と聞くと、大概の方は、英国がChineseを麻薬漬けにするために阿片を大量にChinaに持ち込み、そのためにChinaのあちこちに阿片窟なる阿片の吸引所ができ、そこにたくさんの廃人が集まり、清国内で大問題になり、戦争に至った、と理解している方が多いのではないかと思います。
まあ、実際、教科書にもそう書いてある。

ところが実際には、だいぶ様子が違います。
この時代、阿片を含めて、いま言われるところのいわゆる「麻薬」の販売、所持、吸引などは、まったく規制外だったのです。
有名なシャーロック・ホームズは有名なコカイン常習者だし、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」は、麻薬で酩酊状態になったときの世界観を表現したものだったとされています。
なかでも阿片は、沈痛、咳止め、睡眠導入効果のある嗜好品として、ガムやあめ玉と一緒に、普通にそこらで売られていたのです。

加えて、精製がさほどよくもなかったから、日常生活に異常をきたすような重度の中毒者もいず、ましてや阿片窟なんてものも、存在しなかった。
このことは、タバコを例にとるとわかりやすいかもしれません。
ニコチンは、精製したものは、少量でも即死に至る劇薬です。
けれどタバコを吸ったからといって、ショック死する人はいない。これと同じです。

こうして鎮痛効果もある、吸えば気持ちいいという阿片は、1830年代には、世界貿易のまさに主役となります。
とりわけインドを統治する大英帝国の東インド会社が精製するインド・ベンガル産の阿片は、とびきりの高品質で、高級品として世界中に輸出されていた。

これで東インド会社が大儲けし、世界中で商品がひっぱりだこになっているという状況になると、だいたいそれを真似して、粗悪品を「安かろう、悪かろう」で輸出品としはじめるのが今も昔も変わらないChineseの特徴です。

実際、東インド会社産の阿片に対し、China産の阿片は価格は半分。
それで粗悪品を世界に流通させようとした。

問題は、その商業のやり方です。
英国は、今も昔も、民間会社が公正な法のもとに貿易をし、その法が守られるよう、英国軍が商人たちを保護するというスタイルの国です。
これに対し、Chinaは、儲かる商売は官営とし、官憲が賄賂をとって私服を肥やすという国です。

当時、英国は陶磁器や茶などをChinaから大量に買い付けており、一方で良質な阿片をChinaに販売していた。
繰り返しますが、この時代、阿片は禁制品とも麻薬としての危険物とも、どこの国も認識していません。
極端に見えるかもしれませんが、砂糖や塩の売買と同じように、普通の健全な流通品だった。

ところが、東インド会社の対China貿易では、良質な阿片の販売をする英国に対し、China産は粗悪品。
人々の人気は、どうしても英国産に偏ります。
結果、阿片を買うために、貿易通貨としてのChinaの銀が大量にChinaから流出した。

このことに青くなった清国は、阿片の輸入を規制し、銀の流出を阻止しようと目論見ます。
そして英国から輸入する阿片については、頭ごなしに規制をします。

もともとは、英国と清国の貿易収支は、英国側が大量の茶葉と陶器を買付けていたので、清国が大儲けしていたのです。
ところが、阿片の流通で、この貿易収支が反転した。
英国の貿易収支が黒字になり、清側が赤字になって銀が流出しはじめたのです。

この事態を重く見た清朝政府は、英国東インド会社からの阿片の輸入を規制しようとした。
ところが、そこがChinaです。
中央政府が規制しても、現場ベースでは、官僚たちが規制を盾に多額の賄賂をとって大儲けした。

結局、官僚たちの賄賂の分だけ、阿片が高値になっただけで、阿片の清国内流通はまるで止まらず、当然、清国内の銀の流出も止まらない。
こうなるといきなり過激になるのも、Chinaの特徴です。
なんと天保9(1838)年、阿片を吸引した者は死刑にすると決めてしまう。

これでは英国の東インド会社は、商売になりません。
抗議はするけれど、清国側は強硬で、「今後一切阿片を清国に持ち込まないと誓約書を差し出せ」ときた。

Chineseにとっては、誓約書というのは、一時しのぎのための建前のための紙でしかない、というのが常識です。
ところが、西欧的近代化精神をもった英国にしてみれば、誓約書を差し出すことは、契約を交わすことであり、破れば法外な損害賠償を請求されるというペナルティのある、今後の商売そのものの根幹にかかわるものです。
当然、英国は拒否をする。

ところが、民間貿易というのは複雑です。
同じ英国企業でも、トマス・カウツという商船は、阿片以外の商材を扱っていたから、ハイハイと、気軽に誓約書を出してしまった。

これに怒ったのが英国の観察官のチャールズ・エリオット卿です。
他の商船まで、トマス号に便乗して誓約書を出そうとしたから、これを軍艦を出して引き止め、再度、清国に対して、阿片貿易禁止解除の要望書を出した。

丁寧に文書で要望書を書いたのです。
当然、国際関係に置いては、清国は文書でこれに答えなければならない。
ところが、清国の特命大臣の林則徐は、これに対して、口頭で貿易拒否とやった。

これは失礼千万です。
いままでさんざん法外な賄賂をとっておいて、こんどは丁寧な文書での要望に対して口頭でけんもほろろに回答する。
いったい何様のつもりだ、となる。
そもそも、当時の(今もそうですが)国際関係交易というのは、法がありません。
だから、約束を守らないなら、武力をもってお答えする、という軍事力が背景となって国際貿易の安全性が担保されていた、というのが、19世紀の国際交易です。

チャールズ卿は、事態の趨勢を英国議会に報告し、英国議会は賛成多数で清国との戦争を承認。
その結果、天保9(1838)年11月3日に、勃発したのが、阿片戦争です。

英国海軍はその日のうちに、清国海軍を壊滅させます。
そして艦隊をいきなり清国首都の北京近郊の天津に出現させ、清国政府に圧力をかけた。

当時の清国というのは、人口が3億5000万人です。
動員できる軍事力は、20万人程度。
これは国際関係においては、弱小の部類にはいります。
要するに、戦えば必ず負けるという状況にあった。
よく、当時の清国を称して、「眠れる獅子」だったなどという教科書や教師がいるけれど、全然そうではない。
獅子どころか、軍事弱国とみなされていたというのが正解です。

そういう状況のところに、北京のすぐそばに、英国艦隊が現れた。
これは日本で言ったら、江戸湾に黒船が現れたというのとまったく同様の大事件です。
清朝政府は上を下への大騒ぎになる。

そしていとも簡単に、阿片の取り締まりのための特命大臣だった林則徐を解任し、阿片交易についても態度を軟化させます。
けれど、ここまで来たら、英国もただで引き下がるわけにはいきません。
軍事展開をしたのです。
当然巨費がかかっている。
その賠償金を清国政府から取らなければならない。

そのために英国は、賠償金として香港の割譲を要求します。
ところが自尊大国の清国は、これを拒否する。阿片の輸入を認めてやったんだから、それでいいだろう、というわけです。
国際的非常識と言うほかない。

天保12(1841)年1月7日、香港割譲を拒否した清国に対し、英国は再び艦隊攻撃を開始します。
圧倒的な力の差です。
清国軍は瞬く間に粉砕された。

そして2月には黄档・永安・靖遠・鎮遠・威遠・鞏固の諸砲台を砲撃のうえ陥落させ、3月には黄埔を占領、
清国側はほとんど一方的な損害を被り、捕虜だけで数千人、戦死者は数万の規模に達します。
清国の完敗です。
エリオット卿は、ここで広東市内への進入を停止させ、外交交渉への移行を提案し、戦闘を休止させます。
一番喜んだのは英国人たちです。
一方的な勝利で、戦争も終わったのです。

ところが、この終わったと見せかけたのが、Chineseの腹黒いところです。
清国側は、5月まで広州付近に陸兵を集結させる。
そして5月21日の深夜、陸兵を小舟に乗せ、広州湾に浮かぶ英国艦船を奇襲攻撃しようとします。
タキギを満載した船を夜陰にまぎれて英国艦隊に近づけ、砲火し、火勢に乗って英国人たちを皆殺しにしようとしたのです。

考えが甘いとしか言いようがありません。
相手は清国軍船ではなく、世界最強の大英帝国海軍の鋼鉄の船なのです。
深夜とはいえ、近づこうとしたChineseたちの船は、英国軍艦の歩哨に、事前に発見されてしまう。
そして、百隻以上のChineseの兵船は、瞬く間に英国軍艦の重砲火によって、撃沈された。

それどころか、火船を壊滅させられたChina軍に対し、英国海軍の陸戦隊2万4000が、広東に上陸し、広東市街の砲台を占領。
China兵たちは、慌てて広東城内に逃げ込みます。

エリオット卿は、あまりのChina軍のだらしなさに、これ以上の進撃はもはやなぶり殺しになると判断、広東城に立てこもる奕山、祁貢という二人の将軍に対し、賠償金として600万ドルの支払いと、China兵の退去をすれば、占領した砲台はすべてChinaに返してあげようともちかけます。

二人のChinaの将軍は、これを受け入れ、China兵を退去させ、賠償金を支払らい、英国も兵を引き上げた。

ところが、です。
この二人の将軍、清国皇帝の道光帝に対しては、まるで虚偽の報告をする。
この戦いを「英兵は、溺死者、死傷者が多く、清国側の損害は軽微であり、戦いはChina側の大勝利に終わった」と報告しているのです。
とにかくデタラメです。
ともあれ、二人のChineseの将軍は、広東城内で、金目のものをかき集め(どうやってかき集めたかはご想像におまかせします。大変なことがそこで起こったことは容易に想像できますが)、賠償金を支払った。

そんなこんなで、5月30日、英国軍は、賠償金も得て、約束通り広東を退去します。
このとき、「平英団」を名乗る集団が三元里に現れ、小競り合いが起こっています。
英国側はインド兵1名が死亡しただけで、民間の自警団の「平英団」は壊滅し、算を乱して逃げ出している。

この三元里での「平英団」事件のことが、ウイキペディアに乗っていました。
おもしろいので、いかに紹介します。

~~~~~~~~~~~
【三元里事件】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%85%83%E9%87%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6

1841年5月、イギリス軍は広州城において靖逆将軍愛新覚羅奕山ら清の首脳部と停戦協定を締結していたが、一部のイギリス軍は郊外の三元里で略奪や暴行事件を起こし民衆の怒りを買っていた。
このため三元里並びに周辺郷村の民衆1万余が決起して水勇統領林福祥らの指揮の元「平英団」を名乗り、ヒュー・ゴフ少将が率いるイギリス軍を包囲して攻撃した。

このとき民衆が手にしていたのは大刀や長矛などの伝統的な武器であり、本来であれば銃砲を有するイギリス軍に敵うべくもない戦力ではあったが、
民衆は地の利を得ていて巧みに遮蔽物に隠れながら戦うことができたこと、
大雨によりイギリス軍の火砲が使用不能に陥ったことなどの条件に恵まれ、
数で優位に立つ平英団は徐々にイギリス軍を包囲、殲滅の危機に陥れた。

このため英軍は清朝の広州知府であった余保純に停戦協定違反を抗議し、併せて戦後の報復を示唆して平英団を解散させ、包囲を解くように求めた。
このため清当局によって平英団は解散させられ、戦闘は終結した。
~~~~~~~~~~~

もっともらしく書かれていますが、大嘘です。

だいたいもし、英国軍が包囲殲滅されるという事件が起こっていなら、このあと徹底的な報復戦が行われている。
実際に起こったのは、先に述べた通り、インド人兵1名が死亡しただけでしかない。
こうやって歴史をねつ造するのは、Chinaの伝統的お家芸だということです。

こうして天保13(1842)年8月29日、清国と英国の両国は、南京条約を調印し、阿片戦争が終結します。

この条約で、清は多額の賠償金と香港の割譲、広東、厦門、福州、寧波、上海の開港を認め、また、翌年の虎門寨追加条約では治外法権、関税自主権放棄、最恵国待遇条項承認などを認めることになった。

その結果、英国の勝利に便乗した米国、フランスなどが、それぞれ望厦条約、黄埔条約を締結し、清国は国力をさらに低下させることになった。

これが、阿片戦争のおおまかな顛末です。

いまどきの日本人は、喫煙者が、狭い喫煙場所に閉じ込められてタバコを吸っている姿を見て、阿片戦争時代の阿片窟を想像するけれど、おそらく当時のChineseや英国人たちがいまの日本の喫煙所を見たら、これを異様な「煙草窟」とみるのではないかなあ、などと思ったりします。

異常なのは、戦後の日本です。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

阿片戦争


関連記事

コメント
タバコはスケープゴート
>95歳以上まで長生きした人は短 命な人と同じくらい、たばこも吸うし不健康な食べ物も口にする。
>長寿の秘訣は生活習慣にあるのではなく、遺伝子次第であることが 研究で示された。

100歳まで生きるかは遺伝子次第、たばこや食習慣ではない-研究
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2011-08-03/LPCXEE1A1I4H01

実際先進国でも、喫煙率が最も高かったと言われてた日本が最長寿国だし、
喫煙率の男女の推移を見ても、男女の肺癌死亡率との相似は全く認められない。
あえて嫌煙厨と書くが、少しは冷静に考えてみてはどうだろう。
2016/09/14(水) 19:22 | URL | とと #-[ 編集]
No title
タバコに害があるからと言って
喫煙者の人格まで否定していいものなんですか?
僕もアレルギーを持っていて、
煙を吸うととても辛いし、好きではないけど、
たばこに害があるとメディアが言い出した途端に
喫煙者に対して罵声を浴びせ続ける事が肯定されるとは
とんでもない差別社会だと思います。
2011/08/01(月) 23:43 | URL | #XtDHfxHE[ 編集]
No title
「医中誌」ですかw
日本人は「医学誌」とか「医学学会誌」と言うんですよ。
少しは勉強になったかな?馬鹿中国人“あほ男爵”さんwww
2011/07/30(土) 18:14 | URL | #-[ 編集]
No title
あほ男爵さんへ

話の主題は阿片戦争及びシナ人についてのこと。煙草の話は本筋ではない枝葉末節。言葉尻を捉え上げ足をとっているのと同じなのでは?ストーリーのメインストリームが読めてなく、枝葉末節事項に対し自分の主義主張を爆発させてしまった結果、このような展開になってしまってるのでは?間違ったことはおっしゃってなせんが、持論の展開は何もここでしなくてもよいのではないでしょうか?
過激になっているあなたの方が中韓に洗脳されて騒いでいる左翼の人みたいです。
2011/07/30(土) 01:40 | URL | 男爵イモ #-[ 編集]
No title
喫煙して40年、自分は無害だから大丈夫
精神が落ち着くから良いのだ
ブログ主は削除していない
とか、自分の経験だけでものいうバカ。
(ついでにネットの常識ってなに?2チャンネルじゃあるまいし。
それじゃぁ議論にもならんでしょ)
団塊前後に多い人物像だよな。

英語がわからなけりゃ、医中誌でしらべりゃ良いのに。
インターネット出来るんだろ、あんたら。
ソース出せって言って、全部、他人任せ。
俺が書いた喫煙の影響は、全て医学的な事実。
わかり易いように纏めただけだよ。

それが、
自分の都合で否定できちゃうんだから凄いよな、
あんたら。
ロクに調べもせずに、他人の意見に批判するだけ。
今の日本人の姿だよ。
権利意識だけが大きくなり、自助が出来ない。

で、嫌だったら来るなって?
臭いものには蓋をしろってか?

そんな姿勢で日本をまともに出来るのかね?
年齢にして現在50後半~70前半までの
団塊・バブル経験者さん達。
このいい加減な連中が、
この社会を出鱈目がまかり通る、
おかしな社会にしているんだろが。
自覚しているのか?

若い連中も、
ただ年上の言うことを鵜呑みにするだけではなく、
本当に正しいのか疑問に思わないのかな?
自分で調べて、自分で考え、自分で解決する。
そんな姿勢を身につけようとしないのかな?

で、俺が左翼かよ。
所謂、”荒らし”ですか?
本当に笑わせるよな、あんた等。
自分に都合が悪ければ左翼、荒らしで誤魔化す。
それで現実に対処した気になって、自己満足する愚者。
と言っても、あんた達みたいな馬鹿がいるから、
楽が出来るのも確かだし。
どうぞこのままで~、というのもあるなぁ。
こんな簡単な連中がいるから、
民主も躍進するよなぁ。
2011/07/29(金) 15:22 | URL | あほ男爵 #-[ 編集]
タバコ吸い=悪者という安直な考えはどうでしょう・・・
タバコって添加物が身体に害なんですよね。
勿論、肺喫煙も身体には良くないですが。
しかしマナーをどんなに守っても喫煙者だからと差別するのは愚かしいです。
因みに当方、非喫煙者ですが。
2011/07/28(木) 04:36 | URL | #-[ 編集]
厄介な人間ですね
アホ男爵さん・・・・・・本当にアホなのですね・・・・・。
2011/07/27(水) 22:52 | URL | アホ公爵 #FVwNVV2Y[ 編集]
タバコ好き=保守と言うのはおかしな話です 私は友達や家族や職場の人を見て思想と言うより世代間の問題が大きいと思います
2011/07/27(水) 19:55 | URL | #-[ 編集]
No title
参考にされた書籍などありましたら、示して頂けますと、今後の勉強材料としたいのですが。
2011/07/26(火) 22:30 | URL | Kyow #-[ 編集]
あほ男爵さんへ
いつも貴方のコメントを見て感じますが、どうしてそんなに嫌味なのですか?
気に入らないブログなら見なければいいだけです。
反対意見があるのなら、真摯にコメントしてくださればいいのです。

貴方のコメントは、保守の方のようには思えません。
保守のイメージを悪くするようなことは、辞めていただきたいです。
よろしくお願いいたしますm(__)m
2011/07/26(火) 21:15 | URL | 読者 #-[ 編集]
No title
左翼の人達が喫煙ネタでねずきちさんを叩いているのでは?
2011/07/26(火) 20:58 | URL | ほしゅ #X9YUbZcw[ 編集]
騒ぎすぎ
喫煙の話になると、すぐに煙草の害悪がどうだとか煙が迷惑だとかで大騒ぎするのが日本の嫌煙家のみなさんです。
ちなみに私は吸う人間ではありませんが、煙草はそんなに悪いものだとは思いません。
煙草には害だけではなく効能もちゃんとあります。特に精神集中には非常に効果があり、ここぞという時に一服すると頑張りが利きます。これは事実ですよ。
今までの社会経験から推測させていただくと、日本の産業を支える「縁の下の力持ち」的な立場にいる人達の喫煙率を量ってみればおそらく高いはずです。
あと、人体に悪いと声高に言われますが、実際問題として騒がれているほど体には悪くないです。
これはお酒と比較すれば一目瞭然です。
煙草はいくらチェーンスモーキングしても、翌日の生活に影響は全くと言っていいほど出ませんが、お酒は深酒をすれば翌日は体が使い物になりません。人体への害という点で見れば比較にならないほどお酒の方が悪いのです。
こういう事実に留意すれば、やはり今の喫煙者の叩かれ方というのは度を越していると思います。騒ぎすぎだと思いますよ。


2011/07/26(火) 20:54 | URL | 米 #HSayWfsU[ 編集]
メインは煙草?阿片?
何やら、阿片そっちのけで煙草がどうのと、、、
其れに其処に絡めて、ねずきち様を非難する言葉。
ちょっと違うのではないかと(-_-;)
「自分は煙草が嫌い」
それだけで十分なのでは?
2011/07/26(火) 20:36 | URL | めぇ #-[ 編集]
そしてバカが湧く
たばこ肯定派が多いのにはビックリだ。

専門知識も無い者が、しっかり調べもせずに言いたいことを言う。
これが今の日本。
おかしくしたのは、それを修正しなかった、今の指導者層の世代。

タバコは血管を傷害させる作用がある。
即ち、動脈硬化を引き起こしやすくなると考えられる。
脳梗塞で言えば、喫煙者はそうでないものの2~3倍生じやすくなる、
とは久山町スタディの結果だ。
また、吸った直後も血管は収縮し、血行は不良となる。
10年ほど前に、喫煙者はアルツハイマー型認知症の率が減る、という研究結果が出たことがある。
しかし、現在では否定的である。
神経細胞の再生を傷害することが、明らかとなっている。

肯定的な研究結果など、どんどん少なくなっているのに、
タバコ、タバコと、ニコチン中毒者が肯定する。

自分が吸いたいものは良いものだ。
自分の欲望を否定する社会はおかしい。
こんな論調が通るのだろうか。

ねずきちサン
最近、あなた本当に見てられないよ。
2011/07/26(火) 19:20 | URL | あほ男爵 #-[ 編集]
No title
今回のエントリーはかなり有意義かと思います。
「眠れる獅子」の代名詞がでたらめだった可能性があるとは、今まで考えもしませんでした。

脳味噌のカサブタがべリッと剥がれ落ちるような感覚です。
固定観念が変わるってこういう事ですね。
2011/07/26(火) 19:04 | URL | たきすけ #-[ 編集]
日本政府「生涯累積100ミリシーベルト以上で癌になる」
内閣府の食品安全委員会は、放射性物質が健康に悪影響を及ぼす放射線量について「成人1人あたり生涯で累積100ミリシーベルト以上」とする見解を取りまとめました。

 食品安全委員会がまとめた評価案によりますと、生涯の累積放射線量が成人1人あたり100ミリシーベルトを超えると、発がんなど健康上の影響が出る可能性が高まるということです。これは、飲食などによる内部被ばくと外部被ばくを合わせた放射線量で、自然界から通常浴びている線量は含まれていません。また、子どもについては「より影響を受けやすい可能性がある」として、注意を促しています。厚生労働省などは今後、この評価案をもとに肉や野菜など食品ごとに新たな規制値を設定することになりますが、内部、外部の被ばく線量の振り分けなどもあり、作業は難航する見通しです。

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210726036.html
2011/07/26(火) 18:43 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
No title
現在、覚醒剤の代名詞にもなっているヒロポンは、1950年代の初め頃までは合法で普通に売られていたそうですね。「ヒロポン」という名前は薬品としての商品名で、薬局で眠気覚まし・強壮剤として当たり前のように販売されていました。

たまに日本軍悪玉論者の人々が「神風特攻隊のパイロットは覚醒剤を打たれていた!」などと日本軍を罵っているようですが、その薬物はこのヒロポンのことです。当時は副作用については知られていなかったため、上記のように軍隊内でも強壮剤として普通に使われていました。

歴史を語るときはそういった時代背景のことまできちんと考えてから語ってほしいものですね。
2011/07/26(火) 18:05 | URL | ねこ #FF3H9HIM[ 編集]
つまり
保守が全員原発肯定派とは思っていませんが、煙草を吸う層と原発肯定派の層は重なる部分が大きい、ということなんでしょうか。
煙や放射能を空中に拡散するので、アルコールやパチンコと簡単に同一視は出来ません。
2011/07/26(火) 16:30 | URL | 甘木 #AIlHpmOk[ 編集]
私を無知から救ってくださり感謝です
いつも拝読しております。
そのたびに、私が日教組教育の元で教わってきたまったくデタラメ嘘八百の歴史に背筋が寒くなります。
これも嘘なのか!と呆れるのを通り越して笑ってしまいます。日本の学者というのはレベルがいかに低いかよくわかりました。
2011/07/26(火) 15:57 | URL | システム #JalddpaA[ 編集]
No title
都合の悪いコメントは消すなとか言ってるやつは
自分のブログなど批判コメントは
もちろん消したりしないだろうな!!
自分のやってることを棚にあげんなよ
2011/07/26(火) 14:52 | URL | ききちゃん #-[ 編集]
「ヤクザ」を制裁対象に 米大統領、国際的組織犯罪への戦略発表
「ヤクザ」を制裁対象に 米大統領、国際的組織犯罪への戦略発表
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110726/amr11072610080002-n1.htm

【関連情報】
【東日本関東大震災の真相は!の掲示板】創価学会の麻薬ビジネス
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi

内閣委員会審議中継を見ています
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=1018&mode=LIBRARY&un=57f0ebc86e0cde19e3ba8d9d95272dfb&ch=n&pars=0.7841850387495194
アメリカの鎖国政策の開始、アメリカから排除される
闇組織、凶悪団体が世界各地へ拡散する。
今日の日本では日本人社会の破壊を企む売国系政党
や反日売国民主党から地域の安全安心を守る為に
自衛隊や警察署(売国系団体を排除)、消防署(売国系
団体を排除)と連携した自警団の組織化を急ぐ必要
がある。

【その他の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt.cgi
【その他のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
2011/07/26(火) 14:20 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
昔も今も、まともに相手にする国では無いですね。

シナの高速鉄道事故処理の様子に、愕然としたのですが、批判が大きくなったので、昨日埋めた車両を今日は掘り起こした?
やってる事がまるで幼い子供。

世界が何でこんなアホな国を常任理事国にしているのか?
国際社会もアホに思えます。
2011/07/26(火) 14:20 | URL | #-[ 編集]
No title
>兎に角、あなたには論を言するに足る基礎が、
>決定的に不足しております。

どんだけ偉いん?

2011/07/26(火) 12:25 | URL | 兵藤一馬 #-[ 編集]
朝からビックリ!!
ねずきちさん
今日も朝から、ビックリしました
阿片戦争が、捏造だったのですか?
南京大虐殺、日本による侵略戦争、植民地政策が嘘だったと同じレベルの衝撃です!!
西洋から蔑まれ、人種差別された仲間としての中国というふうに、この阿片戦争は私の心の奥底にありました。
これは、保守としての共通認識なのでしょうか?

最近、原発推進、反対でコメント欄が荒れていますね。

同じ保守なら、歩みよってお互い認めあい、進歩のために協力していくべきです。
このままでは、さらにバラバラになり弱体化し、知らないうちに左翼思想の方々に利用されてしまうのではないか…と危惧しております。

私は、被爆はやっぱり怖いです。内部被爆しないようにできる範囲で頑張ってます!!
原発推進なら、完璧に近い安全性の追究と情報の透明性を求めます。
反原発なら、弱者が生き残れるような経済政策と大替エネルギーを恐怖を武器にしないで教えて欲しいです。

お互い嫌味のある言葉は、慎んでいただけたら有難いです。

おきに障るコメントでしたら申し訳ありません。
2011/07/26(火) 11:36 | URL | みー #-[ 編集]
No title
また面白い話をありがとうございました。
本当に日本の教科書はだめですね。子供の時から違和感を感じていましたが、結局私自身その内容を知識としてしまっている部分があることをここで認識させてもらっています。

タバコについては嗜好品なのでいろいろ意見があるとは思いますが、私は嫌煙です。といっても流行の嫌煙ブームの言う健康についての話は本当にどうでも良くて、ただただくさいから嫌いです。少しでも煙に触れると匂いが服や髪の毛について一日不快な気持ちになります。 
食事の味も分かりづらくなります。特に和食など繊細な香りを楽しむ時などは憤りをすら覚えます。

もちろん愛煙家の喫煙したい気持ちを否定するつもりは無いですし、タバコ=悪と言うつもりもありません。
ですが、世の中には確実にタバコの煙が嫌いで大変迷惑している人間が結構数いるということを認識して欲しいとは思います。
細い道で吸いながら歩いたり、ベランダを開け放つ時期に
外で喫煙したり。大量の煙をまといながら電車に乗ってきたり。。本当に迷惑です。気づきづらいところでは、私のマンションでは階下の煙が押入れを伝って昇ってきます。。
喫煙は結構ですが、こういうところで迷惑を蒙っている人間がいるということを認識しつつ吸って欲しいといつも思っております。

最後に。。
「不思議なもので、保守の方の喫煙率がものすごく高い。」
という一言に深い意味は無いと思いますが、若干寂しさを覚えます。
“真性保守たるもの喫煙すべき”というようなスタンス(というほどはっきりしたものでないでしょうが)を垣間見てしまった気がしてしまいますね。
2011/07/26(火) 11:23 | URL | 米好き #ftAfw9lE[ 編集]
疫学的には害がある
病的な嫌煙運動はどうかと思いますが、タバコには害が有ります。
タバコの害について、病理学的に決定的な証明はされてはいません。
しかし疫学的な統計データからは、有意差が認められるレベルで証明されています。
それでも日本人の10%ぐらいはタバコに対する抗体遺伝子を持っているそうで、そういう人は毎日何十本もタバコを吸い続けても90歳以上生きるそうです。
http://yobou.skrg.net/tabaco.html
2011/07/26(火) 11:12 | URL | 八目山人 #4lXsiBFM[ 編集]
削除ガイドラインを明確に
反原発系のコメントを削除するのはやめましょう。
ご自分の意に反する意見を削除するのは、まるで貴方が忌み嫌う中共の言論統制に似ていますよ。
正論が怖いのですか?
2011/07/26(火) 10:54 | URL | 通行人 #-[ 編集]
喫煙
タバコや酒が体に悪いから云々…というのはどうでも良い。自分の身体、健康については各々が自己管理すれば良い。ただし、喫煙しない者にとってタバコは「臭い」「煙い」というところが極めて迷惑で不快なのです。

ワシもかつては喫煙者だったが、タバコが「軽さ」を売り文句にし出したころから、味が不味くなりタバコの香りが無くなって、ただ臭い煙を出すだけのものになってしまったのでタバコを止めました。かつてのフィルター無しのピースや富士は良い香りでしたが。今や、自分が吸っているときでも臭いと感じるくらいだから、非喫煙者にとってタバコの煙や喫煙者の身体が発する嫌な匂いは場合によっては拷問のようなものです。

ブログ主様が喫煙者とは、本当はどうでも良いことと思いつつも少しがっかりです。それに保守系の集まりに喫煙者が多いというなら、会の趣旨に賛同していても参加したくありません。集団で吸うあの煙の臭さは酷いですから。

今回のテーマについては興味深く読ませてもらいました。
2011/07/26(火) 10:12 | URL | 猫のひげ #U4LHYre2[ 編集]
No title
意外に、
自分に都合の悪い書き込みは、
事実でも削除するのですね。

もっと公平な人かと思っておりましたが。

失望です。
こんな人が日本の将来を憂いて活動しているとは。
私はあなたより遥かに若くて、
将来の日本を背負う立場としての意見です。

先人として物事を、
きちんと整然と、それこそ”洞察”して、
後人に渡そうとはしないのでしょうね。

今のあなたの活動は、自己満足の範疇を出ません。
古来の日本の良さを、
皆に伝えるという役割は現代日本においては貴重ですが、
それも時折、思い込みからの間違いが散見されます。
兎に角、あなたには論を言するに足る基礎が、
決定的に不足しております。

どうか、間違った論を流布することだけは止めて戴きたい。

いや、もう修正も効かない、凝り固まった人間なのでしょうが。
言っても無駄なのでしょうね。
2011/07/26(火) 09:51 | URL | あほ男爵 #-[ 編集]
私もです
はじめまして、いつも楽しく読ませていただいています。
内容も面白いですし、ねずきちさんの文章が中立で
人に思想を強要するところが無い。

最後まで読み納得したり、発見させられたりしています。

>まあさん
私もタバコ規制で報道に疑問を持った一人です。
タバコはあれだけ叩かれて、お酒は、パチンコは、
宝くじはCMが増えている。

タバコの副流煙だけが悪者で、ほかギャンブルは国が
推奨しているように見えます。
タバコの害に隠れて、じつは、もっと隠したい事実があるのかとも思えます。

体に悪いと言うなら、タバコもアルコールも、ギャンブルも全部撤廃すべきではないのでしょうか。
2011/07/26(火) 09:10 | URL | Aja #-[ 編集]
No title
ねずきち殿
 自分も ちひろ さんと同じように、アヘン戦争についてイギリスの印象は悪いでした。しかし、本日のブログにてああ、なるほどと納得がいきました。 シナの定理、と言うものを確証出来ました。ありがとうございます。
 喫煙については、その害毒についてなにも確証されていないとも聞きます。
2011/07/26(火) 09:08 | URL | サラリーマン #sSHoJftA[ 編集]
シナはいつの時代もシナだったのか!
ねずきちさん、
アヘン戦争はイギリスがシナ人を騙して中毒にさせたために起こったと思っていました。南京事変が日本軍の起こした非道な南京大虐殺として流布してしまっているのと同じだったんですね。ありがとうございました。
2011/07/26(火) 08:32 | URL | ちひろ #-[ 編集]
タバコを肯定する方が、保守陣営の大御所であること、非常に悲しいです。
私が報道を疑うようになったのは、タバコがきっかけです。
タバコ産業が莫大な裏金を使って、タバコの害を過小評価させようとしてきた歴史は、まさに死の商人に相応しいものです。
実際、日本人男性の死因の原因別トップは、タバコです。
不妊症の最大の原因でもあります。
母が妊娠中に喫煙すると、子供の成人時の知能指数も下がる。
本人だけの問題ではなく、子々孫々に伝わる害があるのです。
毒餃子事件の後ものらりくらりと営業を続けられるのは、JTがそういう物を売っている企業だからです。
そういう、タバコ産業にやすやすと騙されている人に、真実の歴史を語られても、どこか信じきれません。
私は医療職ですが、職場では「彼は喫煙者だから信用できない」という会話が日常会話として成立します。
事の良し悪しは別にして、専門職の間では、既に上のような会話が成り立つのをご理解の上、ご発言下さればと思います。
2011/07/26(火) 07:38 | URL | まぁ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク