アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


赤穂浪士と山鹿流

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

赤穂浪士


以下は、ねずブロメルマガで昨日配信させていただいた記事です。
今回は少し短めですが、毎号、けっこう長編で配信させていただいています。

===========

12月もこの時期になると、以前は、テレビ番組などでも赤穂浪士が放映されたものです。

今年の大石内蔵助の役者は、こうだった。去年の役者の方がよかった等々、お茶の間の話題をそれなりに誘ったのが、時は元禄十四年十二月十四日の赤穂藩四十七士の討入です。

ところが、最近の若い人は、この赤穂浪士の物語さえ、ご存知ない方が結構いらっしゃるようです。
そういえば、最近はテレビでも赤穂浪士はまったくといっていいくらいやらなくなった。

テレビ局に巣食う反日の連中からしたら、日本人のDNAを目覚めさせる赤穂浪士の物語は、放映してほしくない番組なのかもしれません。

ところでその赤穂浪士、戦後生まれの私たちの世代は、物語の冒頭にある、吉良上野介と主浅野内匠頭の確執について、「厭味な爺の若者いじめ」と思っている人が多いようです。
けれど史実を調べてみると、吉良上野介というのは、実に立派な人物だったことがわかる。
そもそも、性格に問題のあるヒヒジジイなら、大切な勅使下向の接待役など仰せつからない。
吉良上野介は、複数回にわたって、その接待役をしているのです。

けれど、吉良上野介が立派な人なら、浅野内匠頭から刃傷沙汰を受ける理由がなくなってしまう。
だから、元々塩田開発の件で、うらみつらみがあったのだとか、いろんな俗説が生まれるのだけれど、どの説も、どうもしっくりきません。

実は、江戸時代、赤穂浪士は芝居や講談で大人気を博した物語なのですが、この江戸芸能というのは、「二度美味しい」というのが特徴なのだそうです。

芝居や講談は、聞いている間、おもしろい。楽しい。
けれど、一番肝心なことが、なぜか伏せられている。
その「肝心なこと」を、帰りの蕎麦屋で、連れて行ってくれた親父から、子が教わる。
これがまた、とってもためになって面白いから、「二度美味しい」。

江戸時代というのは、いわば建前をとっても大切にした社会ですから、本音の部分が芝居や講談で語れなかったりするわけです。
その語れない部分を、親から子へ、成長したその子から、そのまた子へ、と伝承される。

赤穂浪士の物語は、吉良上野介と浅野内匠頭が、勅使下向の接待役を命ぜられ、内匠頭が切腹を仰せつかり、最後に「主君の遺恨」を晴らすために、大石内蔵助が討ち入りを果たす、という物語です。

けれど、主君の遺恨の中味が、「いじめられましたぁ」では、シャレにもなりません。

実は、内匠頭と上野介の確執の背景には、実は、山鹿流という皇室尊崇を説いた学問を学んだ内匠頭と、直参旗本として幕府将軍家こそ大事とする吉良上野介との思想の対立だと、ボクは思っています。
ウチでは代々そう教わって来たし、戦前はむしろその説が一般的だった。

背景に、将軍家第一か、皇室第一かという思想上の対立があったからこそ、幕府の安定を第一とする新井白石は、浅野内匠頭の殿中松の廊下の刃傷沙汰のあと、あの、何事にも意思決定に時間のかかる徳川幕府をして、その日のうちに切腹という素早い対応をさせたわけだし、大石内蔵助が討入の際に、敢えて山鹿流陣太鼓を打ち鳴らした理由も、そこにある。

山鹿流というのは、江戸中期にあらわれた山鹿素行が著した学問です。
その本質は、皇室尊崇にある。

もともと学者だった山鹿素行は、四十七歳(ここでもなぜか47です)のとき、「中朝事実(ちゅうちょうじじつ)」という本を書きました。

山鹿素行が、この「中朝事実」を確信したとき、彼は「五十年の夢、いっときに覚(さ)め申し候」と述べています。それほどまでに彼にとっても、その天啓は衝撃的だった。

どういうことかというと、孔子の教えはありがたい。けれどそのありがたい教えを実現しているのは、なんのことはない、日本ではないか!、ということです。

~~~~~~~~~~~~
天地の至誠、天地の天地たるゆゑにして、
生々無息、造物者の無尽蔵、
悠久にして無彊の道也。
聖人これに法りて天下万世の皇極を立て、
人民をして是れによらしむるゆゑん也
~~~~~~~~~~~~

たびたび政権が交代し、虐殺非道が行われるChinaは、とてもじゃないが「中華」などと言えたシロモノとはいえません。

君民一体となって理想の国家を築き上げてきた日本こそ、「中つ朝」であり、すなわち「中華」そのものである。
これこそが、「中朝」の「事実」である。

我が国は、天皇が、皇祖、天照大神(あまてらすおおみかみ)の昔より、至誠の道を歩み、人民もまた、自らを戒め、徳に向って生きてきたではないか。
これぞ、万民すべて安らかで、天下万国すべてが平穏で無事な状態である。

そしてこのことが「天壌無窮の神勅」の意味であるし、そもそも日本の古名は、「葦原の中国(あしはらのなかつくに)」ではないか!

山鹿素行は、自らの発見に感動します。
そして、江戸に私塾を開いて子弟教育をした。
「我が国は、ご皇室を中心としてまとまっている、まさに中つ国である」と。

ところがこれに「待った」がかかります。
かけたのは、幕府です。

当時、実質的に日本の統治をしていたのは徳川幕府です。
ところが、天皇こそが日本の長であると説く山鹿流は、幕府にとって都合が悪い。
幕府こそが日本随一の「政権」でなければ、統治がおかしなことになる。
なるほど将軍は、天皇によって位階を授かる征夷大将軍の地位であるけれど、日本の統治が、頭二つになることは、世に混乱を招きかねない。
ということは、山鹿流は幕府の統治に混乱を招き、国内の安寧を脅かす原因となる。

これを敏感に察知したのが、当時、当代第一の学者だった新井白石です。
やはり白石はただものじゃありません。

で、どうなったかというと、山鹿素行は江戸を所払いになった。
要は、政治犯として、江戸を追い出されてしまったわけです。

幕府に眼をつけられて追い出された男なら、普通なら士官など、まず無理です。
ところが、この山鹿素行を、高禄を持って(なんと家老待遇です)迎え入れたお殿様がいた。
それが、播州赤穂藩の浅野内匠頭の祖父で初代藩主の浅野長直です。

長直は、侠気が強く、独立心の旺盛な人物でした。人気もあり、幕府もうかつには手を出せないだけの人脈もあった。
しかも赤穂藩で塩田を起こして全国の塩の7%のシェアをとるまでに成長させ、また寛文元(1661)年には、京都内裏が炎上した際に、新内裏造営を命じられるなど、社会的信用もあった。
幕府から見て、浅野長直が、危険人物の山鹿素行を召し抱えるというのは、決して歓迎できることではなかったけれど、相手が浅野長直では、文句も言えないし、そもそも江戸で人気学者だった山鹿素行を、ただ追い出しただけというのでは、幕府としても外聞が悪い。

てなわけで、山鹿素行は、播州赤穂藩に、なんと千石取りの大身でお召し抱えになり、浅野長直の子である浅野内匠頭や、大石内蔵助のような、藩の重臣たちの子の教育係となります。

つまり、浅野内匠頭も、大石内蔵助も、子供の頃から皇室尊崇の山鹿流を骨身血肉として育ったわけです。

そして成人した浅野内匠頭は、赤穂藩三代当主となり、ある日、幕府の勅使下向の接待役を命ぜられた。
江戸時代というのは、いまでは考えられないほど、身分の上下がやかましかった時代です。
そうしたときに、天皇の勅使をどうみるか。。。。

勅使は天皇の名代です。
そして将軍は、天皇に任命された征夷代将軍です。
では、勅使の席次は、将軍の上か下か。。。。

なるほど、勅語を賜るときは、天皇の代行をするわけですから、もちろん将軍より上座となります。
けれど、勅語を賜るという儀式以外の席、つまり、食事などの接待の席では、どうなるか。

あくまで天皇の名代であり、将軍より上座と考えるべきか。
官位からえいば、もちろん勅使の官位は将軍より下ですから、将軍の下座に席を作るべきか。

吉良上野介は幕閣です。将軍家が上座となるのは、彼にとっては「あたりまえ」のことです。
ところが浅野内匠頭は山鹿流です。勅使は天皇の名代である以上、儀式の席以外でも、勅使が上座で当然でだと考える。

こうなると勅使接待の際の、他の者の席次から料理を出す順序、お部屋の位置にいたるまで、ことごとく二人の考えは違ってくる。
両者は激しく対立します。

けれど、勅使接待役の総責任者は、吉良上野介です。
意見が対立したら、内匠頭の案は退けられます。

いまでもそうだけど、この手の対立というのは、抜き差しならないところまで高まりがちです。昨今の保守同士の理論の対立、たとえば、親米か反米か、女系天皇容認か非容認かなど、同じ保守同士でも、極端な対立が生まれる。

そしてこういう思想上の対立は、互いに相手を「絶対に許せぬ!」なんてところまで発展させてしまいます。
非常に感情的になる。

こらえにこらえていた内匠頭が、ついに怒りを爆発させた。
それが殿中松の廊下です。
彼は吉良上野介の額に一太刀あびせてしまう。

そして止めにはいった梶川殿に、「御止め下さるな梶川殿。五万三千石、所領も捨て、家来も捨てての刃傷にござる。武士の情けをご存知あらば、いま一太刀、討たせて下され、梶川殿」と、まぁ、こういう名セリフが実際にあったかなかったかは別として、彼は刃傷事件を起こしてしまった。

ただ、この台詞で肝心なことは、所領も家来も捨ててでも守らなければならないと考える動機が、浅野内匠頭には、まちがいなく「あった」ということです。
すくなくともそれは、ヒヒジジイの若者イジメのような、低次元のものではない。

内匠頭は、切腹となり、赤穂藩はおとりつぶしとなりました。
けれど、主君の守ろうとしたもの、かけがえのないもの、それを押し通すのは、家臣の役目だし、同じ山鹿流を信じる志士の心でもあります。
だから、内蔵助たちは、吉良上野介の家に押し入り、山鹿流陣太鼓を打ち鳴らして、主君の遺恨を晴らした、というのが、赤穂浪士の筋書きとなる。

後年、歌舞伎や文楽、講談といった江戸の町芸能で、赤穂浪士は盛んに上演されますが、吉良と内匠頭の確執(じいさんの若者イジメ)が、実は山鹿流という思想上の対立に根差したものという「説明」は、まるでされません。
そういうことは、幕府のお膝元の江戸での興行で、いちいち語ることができない。
語れば、芝居小屋そのものがお取り潰しにあいかねない。

だから、そのあたりの説明は、いっさいなく赤穂浪士は上演され、最後に内蔵助の討入の際に、吉良邸の隣りの上杉のお殿様に、「うぬ。山鹿流陣太鼓の音、内蔵助め、やりおったなっ!」という名セリフで、印象付ける。

このセリフが出たところで、観客は、「ああなるほど、冒頭の爺様の若者イジメは、実は山鹿流が背景にあったのか」と知るわけです。

こういうハナシは、芝居では説明されず、芝居小屋の帰り道に、お父さんが子供に言い聞かせる。

それで子供たちは、なるほどと納得する。
「江戸の芸能は、芝居の途中と帰り道に、二度楽しめる」と言われるゆえんです。

ちなみに、明治天皇が崩御された際に、当時まだ11歳3か月だった昭和天皇のお守役だった乃木希典は、昭和天皇のもとを訪れ、涙を累々と流しながらこの山鹿流の講義をしています。

昭和天皇が、そんな乃木の姿を見て、「爺は、どこか遠くにでかけられるのか?」と可愛い声で質問なされた。

乃木は何も答えず、滂沱の涙を流し、その足で自宅に帰ると、妻とともに割腹し殉死しています。

乃木は幕末の長州藩士であり、吉田松陰の松下村熟生です。

その松下村塾は、そもそもが山鹿流兵学師範所です。
塾頭の吉田松陰は、11歳で毛利公の御前で「山鹿流」の講義をし、藩主から過分ともいえるお褒めをいただいた人でもあります。

そして幕末、山鹿流は「尊王攘夷」の言葉を生み、倒幕を実現し、明治国家を建設しています。

いいかえれば、明治という国家の中枢をなした思想が、山鹿流だったし、だからこそ戦前は、赤穂浪士といえば、多くの人は、吉良と内匠頭の確執は、思想上の対立であったと理解していたわけです。

ところでその山鹿素行の山鹿流ですが、戦前まであれほどの影響力をもった思想でありながら、戦後、山鹿素行を解説した本は、ただの一冊も出版されていません。
また、全国に数ある大学で、山鹿素行、あるいは山鹿流を研究している大学のゼミは、ただのひとつもない。

これが、左傾化したいまの教育の実態です。

私たちがいま必要なことは、まさに山鹿流の復活にあるのではないかとボクは思うのですがみなさんは、いかがでしょうか。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング



【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

関連記事

コメント
下記は中央義士会さんからの転載です。
http://www.chuushingura.net/chuushinguranojoushiki.html
             ↓ ↓

◎吉良上野介は名門ではあるが、名君ではない

   吉良上野介は足利将軍家の血筋でもあり、室町時代はたいへんな権勢を有していた。さらに上杉家当主の実父でもあり、上杉家当主の正室は紀州徳川家の姫君でもある。その姻戚関係を見ると大変な名門で、また茶もよくするなど文化人でもあった。

しかし、借金だらけで全て上杉家に負んぶに抱っこ、大名家に行ってはそこの宝物を持ってきてしまう人物が名君といえようか。(岡本元朝日記 秋田県公文書館)

土手や塩田を作って名君ならば、日本国中の殿様は全員が名君になる。名君とは上杉鷹山のような方を指すのである。

名君説を称える方々は、自分の思いばかりでなく、論証を出すべきである。地元が名君といっているのは単なる伝承である。

吉良町の歴史家が、黄金堤等は吉良上野介の事跡ではないことを証明し、吉良上野介のやったといわれている治水工事は、単なる伝承であることを書いている。(歴史と旅 1999年2月号)
        
◎松之廊下事件の原因は、吉良上野介の陰湿ないじめである

   元禄赤穂事件について書かれた多くの本では、浅野内匠頭の刃傷の原因は不明であるとしている。その理由として、原因が書かれた史料がなく証拠がないというものである。

証拠がないと主張する方々は、現代の学校でのいじめで証拠がないと主張する方々と同じである。よく調べもせずに思い込みだけで、自分の学校にはいじめはない、と言っているのである。よく学んで勉強し直すことである。

「堀部弥兵衛金丸私記(赤穂義士史料 中央義士会)」「系図附録(大石家系図正纂 新人物往来社)」「赤穂義人録(近世武家思想 岩波書店)」「沾徳随筆」「岡本元朝日記」「陽和院書状(広島大学所蔵猪熊文書 福武書店)」を読み直すべき。これらの江戸時代に書かれた史料には、はっきりと吉良上野介の大名いじめ、性格の悪さ、浅野内匠頭がいじめられたことが書かれている。

◎陣太鼓について中央義士会の見解
       ↓
なお、討入りの際に山鹿流陣太鼓を敲いていたというのは間違いで、裏門を掛矢で打ち破った時の音であると考えられている。

       ~~~~~~~~~~~~~~~

>ところでその赤穂浪士、戦後生まれの私たちの世代は、物語の冒頭にある、吉良上野介と主浅野内匠頭の確執について、「厭味な爺の若者いじめ」と思っている人が多いようです。
けれど史実を調べてみると、吉良上野介というのは、実に立派な人物だったことがわかる。
そもそも、性格に問題のあるヒヒジジイなら、大切な勅使下向の接待役など仰せつからない。


吉良町の方の検証とずいぶん違いますね。管理人さまの、「史実を調べてみると、吉良上野介というのは、実に立派な人物だったことがわかる。」は具体的に何を指しているのか、教えていただけませんでしょうか。
2013/08/21(水) 18:09 | URL | 翡翠 #-[ 編集]
もっとこの話が知れると良いですねえ。
2011/12/20(火) 22:13 | URL | ALPS #-[ 編集]
No title
★★★★★★コピペ緊急拡散!★★★★★★

≪民主党の言論弾圧!決定的証拠動画!逮捕者有!≫

2011.12.19 新橋駅前民主党街宣
http://www.youtube.com/watch?v=3X2r29iAgto
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16469460

日本の中国北朝鮮化!
民主党の恐怖政治の実態!

それぞれのやり方で民主主義を守ろう!
事実を広めよう!
声をあげよう!

【動画と違うよ】
野田首相の演説会場で揉み合いに 機動隊員をプラカードで叩く 自称会社役員の男逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111219/crm11121914590007-n1.htm

★★★★★★コピペ緊急拡散!★★★★★★

2011/12/20(火) 04:59 | URL | コピペ緊急拡散! #-[ 編集]
re:外国人の「通称名」が、住民基本台帳で認められようとしています
ps:
李明博「慰安婦問題解決なければ日本にとって負担」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4488.html

2011/12/18(日) 14:41 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
全く同感です!
管理人様。
初めてコメントいたします。
「松の廊下事件」から四十七士討ち入りまでの管理人様の見解には全く同感です。勤皇と佐幕、この両者の代理戦争だったんですね。
つい最近、「天皇の四十七士」という本を読んだんです。10数年前の本でしたが、なかなか面白かったです。

日本のこと好きです。これからも頑張ってください!
2011/12/17(土) 22:45 | URL | 花山 #-[ 編集]
共通番号カード、27年利用開始へ
共通番号カード、27年利用開始へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111216/plc11121621200019-n1.htm

【関連情報】
【国政に対する要請書】2011/12/17 15:27 高村 公毅氏
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi
爆弾発言!韓国大統領「北朝鮮の復興は日本に金を出させる」と YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=XDBQTtO0gYk

 日本国民有権者を騙した売国民主党政権には日本国民の信頼が無い、にも関わらず、国民の
財と生命に関わる、又日本人社会の壊滅的破壊に繋がる、斯くも重大な法案を提出する資格はない
ので1億2000万日本民族の総力を挙げてこの売国法案を阻止しなければ成らない。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
2011/12/17(土) 17:53 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
【緊急】法務省が人権救済機関設置法案の概要を発表
いよいよキタ!やること3つ!
「人権委員会」設置法案概要発表、法務省


ひめのブログ
http://000hime.blog74.fc2.com/
2011/12/17(土) 05:41 | URL | #-[ 編集]
No title
今晩は、ねずきちさん。、

やはり橋下徹は似非保守の売国奴でした。

↓で橋下の府知事辞任直前の答弁が見れます。



http://www.gikai-web.jp/dvl-osakahu/

花谷充愉(自民)の

委員会での質疑11分57秒から




橋下は

府議会で、



朝鮮初級・中級学校は、

補助金支給の条件である

◆日本の学習指導要領に準拠じた教育をする

◆学校の財務内容の公開

◆朝鮮総連との関係の清算

◆金ショウニチの肖像画の撤去

をクリアしたとして

補助金の支給に踏み切りました。

産経新聞が大々的に報じ、

救う会、拉致被害者家族会

複数の維新の会の府議が

反対の声を上げたため

松井一郎は一校だけに

支給を決めたようです。
2011/12/16(金) 21:28 | URL | 土佐守 #ISiDh/bs[ 編集]
刃傷沙汰は
両成敗だった筈。
それが何故に浅野家のみのお咎めか?
そこんところも、単純に幕府にたてつき
天皇を将軍の上に、の事からなの?
2011/12/16(金) 15:13 | URL | じじい #oh4NkpYI[ 編集]
赤穂浪士の仇討
赤穂浪士の仇討がそこまで深いものだとは知りませんでした。大変勉強になりました。

この国の成り立ちを考えると、山鹿流は至って当たり前なのかもしれません。
徳川家康が尊敬したと言われる源頼朝より幕府政治は行われておりますが、それまで天皇家を補佐しようとした忠臣が少なかったことも事実だと思います。

この国の存在理由(国是など)を再度学ばなければ、山鹿流の真の意味も、当時何故山鹿流が起こり何故それが戦前まで伝わったのかわからないのかもしれません。

勉強会は非常に大切なことと思いました。
2011/12/16(金) 10:15 | URL | 心の学問塾「誠心館」 #9mq/OwDM[ 編集]
re:香港株6日続落-欧州情勢や中国製造業PMIを嫌気
ps:
神話になった慰安婦伝説と反日カルト国家・韓国

http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2011/12/post-8939.html
2011/12/15(木) 21:28 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
香港株6日続落-欧州情勢や中国製造業PMIを嫌気
香港株6日続落-欧州情勢や中国製造業PMIを嫌気
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LW8MID1A74E901.html

 忍び寄る世界経済危機に手仕舞いを急ぐ投資家、山高ければ、谷深し。
ユーロ買いの野田政権では日本は沈没か、これも反日売国民主党の日本人社会破壊の手口。
【株式ニュース】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi
【株式ニュース】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。
2011/12/15(木) 21:17 | URL | 愛信 #EBUSheBA[ 編集]
No title
★ 今日の内容は「目から鱗」でした。
 実は、赤穂浪士についてはずっと疑問を持っていたのです。

 名君の誉れ高い吉良上野介が
 普段から「キレやすい」と評判のバカ殿・浅野内匠頭に
 (ここまでは歴史書で明らかです)
 決して刀を抜いてはならない城の中で斬られ
 その罰として切腹・お家断絶という極めて「当然な」罰に処せられ、
 こともあろうに、大石内蔵助一味が逆恨みから復讐した・・・
 なぜ、こんな理不尽な復讐劇が日本人に愛されるのか?

 今日の話で少し納得できました。
 私は、赤穂の博物館で質問したのですが、その時は
 これといって納得できる説明はありませんでした。

 ありがとうございました!
2011/12/15(木) 14:39 | URL | 谷 豊 #wpmRH4EQ[ 編集]
是非、勉強会を!
ねずきちさま、「山鹿素行『中朝事実』を読む会」を是非開催してください。

前回の日本の神話を学ぶ会もとても楽しく、また大変勉強になりました。そして来年は古事記編纂1300年という記念すべき年です。今、山鹿素行の思想を学ぶときだともかんがえます。
よろしくお願いします。
2011/12/15(木) 08:00 | URL | sakurako #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク