アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


7月29日は通州事件のあった日

人気ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

森0726


忘れてはならない事件があります。
そうです。通州事件です。

75年前の今日、7月29日に、実際にあった出来事です。
場所は北京から東に十八キロほど下った通州という街です。

通州は、明朝時代に城壁が築かれた街で、天津からの集荷の拠点として栄えた運河の街です。
ここは当時のChinaにあっては、たいへん治安の良い街でした。
なぜならその小さな街に、日本軍が駐屯していたからです。

規律正しく公正な日本軍は、当時のChinaにあって、どこの街でも庶民から歓迎されていたのです。
ところが、治安の良いはずのその通州で、昭和十一(1936)年頃から不穏な空気が漂いはじめたのです。

最初に騒ぎはじめたのがKoreanたちでした。
なぜかさかんに日本の悪口や、日本人の悪口を言いふらすようになったのです。

彼らKoreanはしきりに「日本は悪い国だ、朝鮮を自分の領土にしてKoreanを奴隷にしている」、そして「今度はChinaを領土にしてChineseを奴隷にしようとしている」などと根拠のないデタラメを半ば公然と吹聴しはじめました。

悪口はだんだんにエスカレートしました。
昭和十二年頃になると「日本軍と日本人を追い出さなければならない。いや日本人は皆殺しにしなければなない」などと言い出すようにまでなってきたのです。

そうした情報はもちろん現地に駐屯していた日本軍にの耳にも入りました。
けれど、現地の日本軍は「そのような根も葉もない噂など相手にする必要はない」と、まるで問題にしませんでした。

日本人は物事を客観的に捕らえようとします。
これは日本人にとっては、ごく「あたりまえ」のことです。
けれどそれは、日本人の良い面であると同時に、極端に悪い面といえるかもしれません。

どういうことかというと、無教養で粗暴なKoreanたちにとっては、「事実はまるで関係ない」からです。
逆に根も葉もないデタラメだから、余計に興奮し感情的になる。
それが昔から変わらぬKoreanの性質です。

実際には、そうした噂話を広めたのは、Chineseの工作員だったと言われています。
そして根も葉もないことで簡単に興奮し熱くなり、燃え上がり、舞い上がるのは、古来変わらぬ不逞Koreanの特徴です。
Chinaの工作員にとっては、これほど利用しやすい馬鹿民族はいない。

事件は昭和12年7月29日の午前3時に起こりました。

とつぜん通州にいた冀東防共自治政府の保安隊(「張慶餘」が率いる第一総隊と「張硯田」が率いる第二教導総隊)合わせて三千人が、通州にいた日本軍を襲撃したのです。

このとき、通州にいた日本人は僅か380名です。
このうち軍関係者(男)は110名。
残りは全員が婦女子です。

不意をつかれた日本兵は、それでも獅子奮迅の防戦をしました。
けれど3000名対110名では勝負になりません。
襲撃開始と同時に日本兵30名が死亡してしまいます。

そして日本の兵隊さんたちが、必死で防戦をしている間に、Chineseの学生やKoreanの若者たちが、日本人の居留区を襲撃したのです。
そして日本人居留民260名を、一夜のうちに極めて残虐な方法で殺害しました。

虐殺現場を目撃した萱島高氏が東京裁判で行なった証言です。
〜〜〜〜〜〜〜〜
旭軒(飲食店)では40から17~8歳までの女7、8名が皆強姦され、裸体で陰部を露出したまま射殺されており、その中の4、5名は陰部を銃剣で刺殺されていた。
商館や役所に残された日本人男子の死体はほとんどすべてが首に縄をつけて引き回した跡があり、血潮は壁に散布し、言語に絶したものだった。
〜〜〜〜〜〜〜〜

通州救援の第2連隊歩兵隊長代理を務めた桂鎮雄証人の供述です。
〜〜〜〜〜〜〜〜
近水楼入口で女将らしき人の死体を見た。
足を入口に向け、顔だけに新聞紙がかけてあった。
本人は相当に抵抗したらしく、着物は寝た上で剥(は)がされたらしく、上半身も下半身も暴露し、四つ五つ銃剣で突き刺した跡があったと記憶する。
陰部は刃物でえぐられたらしく、血痕が散乱していた。
帳場や配膳室は足の踏み場もない程散乱し、略奪の跡をまざまざと示していた。
女中部屋に女中らしき日本婦人の四つの死体があり、全部もがいて死んだようだった。
折り重なって死んでいたが、一名だけは局部を露出し上向きになっていた。
帳場配膳室では男一人、女二人が横倒れ、或(ある)いはうつ伏し或いは上向いて死んでおり、闘った跡は明瞭で、男は目玉をくりぬかれ上半身は蜂の巣のようだった。
女二人はいずれも背部から銃剣を突き刺されていた。
階下座敷に女の死体二つ、素っ裸で殺され、局部はじめ各部分に刺突の跡を見た。
一年前に行ったことのあるカフェーでは、縄で絞殺された素っ裸の死体があった。
その裏の日本人の家では親子二人が惨殺されていた。
子供は手の指を揃(そろ)えて切断されていた。
南城門近くの日本人商店では、主人らしき人の死体が路上に放置してあったが、胸腹の骨が露出し、内臓が散乱していた。
〜〜〜〜〜〜〜〜

この近水楼を襲撃したのは武装した黒服の学生団と保安隊です。
彼らは女中数名を惨殺、残る十数名の男女従業員・宿泊客に対して金品を強奪した後、全員を麻縄で数珠つなぎにして銃殺場に引き出し、処刑したのです。

China駐屯歩兵第2連隊小隊長桜井文雄証人です。
〜〜〜〜〜〜〜〜
守備隊の東門を出ると、ほとんど数間間隔に居留民男女の惨殺死体が横たわっており、一同悲憤の極みに達した。
「日本人はいないか?」と連呼しながら各戸毎に調査していくと、鼻に牛の如く針金を通された子供や、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦等の死体がそこここのゴミばこの中や壕の中から続々出てきた。
ある飲食店では一家ことごとく首と両手を切断され惨殺されていた。
婦人という婦人は十四、五歳以上はことごとく強姦されており、全く見るに忍びなかった。
旭軒では七、八名の女は全部裸体にされ強姦刺殺されており、陰部にほうきを押し込んである者、口中に土砂をつめてある者、腹を縦に断ち割ってある者など、見るに耐えなかった。
東門近くの池には、首を縄で縛り、両手を合わせてそれに8番鉄線を貫き通し、一家6人数珠つなぎにして引き回された形跡歴然たる死体があった。
池の水が血で赤く染まっていたのを目撃した。
〜〜〜〜〜〜〜〜

この桜井小隊長は、事件後に現地に調査に入った人なのですが、文中にある旭軒での出来事を、まるごと目撃したSさんという女性の体験談もあります。
この女性はChineseの妻となっていて事件に遭遇しました。
Chineseと思われていたため、被害には遭わなかったのですが、事件の惨たらしい様子を逐一見る羽目になったのです。
〜〜〜〜〜〜〜〜
旭軒という食堂と遊郭を一緒にやっている店の近くまで行ったときです。
日本の女の人が二人保安隊の兵隊に連れられて出て来ました。
二人とも真っ青な顔色でした。
一人の女の人は前がはだけておりました。
この女の人が何をされたのか私もそうした商売をしておったのでよくわかるのです。
しかも相当に乱暴に扱われたということは前がはだけている姿でよくわかったのです。
可哀想になあとは思ってもどうすることも出来ません。
どうしてやることも出来ないのです。
言葉すらかけてやることが出来ないのです。

二人の女の人のうちの一人は相当頑強に抵抗したのでしょう。
頬っぺたがひどく腫れあがっているのです。
いやその一部からは出血さえしております。
髪はバラバラに乱れているのです。
とてもまともには見られないような可哀想な姿です。

その二人の女の人を引っ張って来た保安隊の兵隊は、頬っぺたの腫れあがっている女の人をそこに立たせたかと思うと着ているものを銃剣で前の方をパッと切り開いたのです。
女の人は本能的に手で前を押さえようとすると、いきなりその手を銃剣で斬りつけました。
左の手が肘のところからばっさり切り落とされたのです。

しかしこの女の人はワーンともギャーッとも言わなかったのです。
只かすかにウーンと唸ったように聞こえました。
そしてそこにバッタリ倒れたのです。

すると保安隊の兵隊がこの女の人を引きずるようにして立たせました。そして銃剣で胸のあたりを力一杯突き刺したのです。この女の人はその場に崩れ落ちるように倒れました。すると倒れた女の人の腹を又銃剣で突き刺すのです。

私は思わず「やめてー」と叫びそうになりました。
その私をTさんがしっかり抱きとめて「駄目、駄目」と耳元で申すのです。
私は怒りと怖さで体中が張り裂けんばかりでした。

そのうちにこの女の人を五回か六回か突き刺した兵隊がもう一人の女の人を見てニヤリと笑いました。
そしていきなりみんなが見ている前でこの女の人の着ているものを剥ぎ取ってしまったのです。
そしてその場に押し倒したかと思うとみんなの見ている前で陵辱をはじめたのです。

人間の行為というものはもっと神聖でなくてはならないと私は思っています。
それが女の人を保安隊の兵隊が犯している姿を見ると、何といやらしい、そして何と汚らわしいものかと思わずにはおられませんでした。
一人の兵隊が終わるともう一人の兵隊がこの女の人を犯すのです。
そして三人程の兵隊が終わると次に学生が襲いかかるのです。
何人もの何人もの男達が野獣以上に汚らわしい行為を続けているのです。

私はTさんに抱きかかえられながらその姿を遠い夢の中の出来事のような思いで見続けておりました。それがChinaの悪獣どもが充分満足したのでしょう。
何人か寄っていろいろ話しているようでしたが、しばらくすると一人の兵隊が銃をかまえてこの女の人を撃とうとしたのです。

さすがに見ていた多くのChinese達がウォーという唸るような声を出しました。
この多くのChineseの唸りに恐れたのか兵隊二人と学生一人でこの女の人を引きずるように旭軒の中に連れ去りました。
そしてしばらくするとギャーという女の悲鳴が聞こえて来たのです。
おそらくは連れて行った兵隊と学生で用済みになったこの日本の女の人を殺したものと思われます。
〜〜〜〜〜〜〜〜

実に悪鬼も目をそむける酷たらしい所業です。
これら、頭部切り落とし、眼球えぐり、胸腹部断ち割り、内臓引き出し、陰部突刺などは、シナ人特有の日清戦争以来の、お決まりの惨殺パターンです。

死体であっても強姦する。この襲撃を実施した張慶餘と張硯田が率いる保安隊は、襲撃対象の日本人居宅を、あらかじめリストアップまでしていたといいます。
用意周到な計画的犯行だったのです。

そして彼らは日本人の民家を次々と襲撃し、財産を横領強奪し、片っ端から日本人を殺戮し、婦女への凌辱を重ねました。
逃げ遅れた日本人は手足を縛られ鼻や喉を針金で突き通され、ひきずられ、二ヶ所に集められたうえで射殺されています。

通州で、こうした殺戮、虐殺、強姦、略奪は、まる一日続けられました。
急報を受けた日本軍守備隊がやってきたとき、なんとか生き残ったのは、わずか百二十人だけでした。

生き残った人は、トイレの肥だめの中にもぐって難を逃れた者、銃撃を受けて気を失い、重傷で扶けられた者、両手の真ん中に太い針金を通して手を縛られ、いまにも殺される寸前だった者、どの者も、まさに悲惨そのものでした。

この事件の最中、ひとつ、涙なくしては語れない物語が、記録されています。
ある日本人が、便槽に隠れていると、外で日本人の男性の声がしたのだそうです。
その声は、日本語でこう怒鳴っていた。

「日本人は隠れろ!!日本人は誰も出てくるな!!日本人は逃げろ~~っ!」

それは、必死の叫び声だったそうです。
そしてズドンという銃声。声は聞こえなくなりました。

言えるのは、China兵に引きずられながら、その日本人男性は、自分が殺される最後の瞬間まで、自分が助かることではなく、他の日本人の心配をしていたということです。
ですから「たすけてくれ!」ではなく、「日本人は逃げろ~!」だったのです。

事件の日の夕方、前日まで通州に駐屯していた萱島無敵連隊が、事件を知り、通州に急行しました。
日本軍の本体が帰って来ると知った張慶餘と張硯田率いるChina保安隊は、慌てて便衣服に着替えて民間人を装い、北京方面に逃亡しています。

そしてこれだけの大虐殺を行なった張慶餘と張硯田は、その後も戦争中を生き延びました。
とくに張慶餘は中国共産党人民解放軍の中将にまで出世し、昭和六十一年には革命の英雄として嘘だらけの回想録まで出版しています。

通州事件は、まぎれもない史実です。
その酸鼻な姿から、当時世界中で新聞報道され、人々に衝撃を与えました。

この事件は南京大虐殺事件のように、後年になってねつ造されたデタラメと異なり、実際に起こり、実際に日本人が被害に遭ったたいへんな事件です。

事件を目撃したSさんは、次のような体験も書き遺しておいでになります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
旭軒と近水槽の間にある松山槽の近くまで来たときです。
一人のお婆さんがよろけるように逃げて来ております。
するとこのお婆さんを追っかけてきた学生の一人が青竜刀を振りかざしたかと思うといきなりこのお婆さんに斬りかかって来たのです。

お婆さんは懸命に逃げようとしていたので頭に斬りつけることが出来ず、左の腕が肩近くのところからポロリと切り落とされました。
お婆さんは仰向けに倒れました。
学生はこのお婆さんの腹と胸とを一刺しづつ突いてそこを立ち去りました。

誰も見ていません。
私とTさんとこのお婆さんだけだったので、私がこのお婆さんのところに行って額にそっと手を当てるとお婆さんがそっと目を開きました。
そして、「くやしい」と申すのです。
「かたきをとって」とも言うのです。
私は何も言葉は出さずにお婆さんの額に手を当ててやっておりました。

「いちぞう、いちぞう」と人の名を呼びます。
きっと息子さんかお孫さんに違いありません。
私は何もしてやれないので只黙って額に手を当ててやっているばかりでした。
するとこのお婆さんが「なんまんだぶ」と一声お念仏を称えたのです。そして息が止まったのです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

被害に遭われた方々の悔しさ、口惜しさ、そして仇をとってもらいたいと思う気持ち、痛いほどわかります。
けれど戦後の私達は、こうした通州事件のような凄惨な事件の事実から目を背け、いまではほとんどの人がこの事件について知らない状況になっています。

そしていま、昭和十一〜二年当時の通州市と、ほとんど同じような世相に、いまの日本はなっています。
歴史は繰り返すといいますが、決して二度と繰り返してはならない歴史もあります。

私達は二度とこうした悲惨な眼に遭わないために、日頃から襟を正して万全の備えを築いていかなければならない。
私はそう思います。

みなさまには、関連記事の「通州事件の惨劇 Sさんの体験談」をご一読されることを是非、お勧めします。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1025.html
これが事実なのです。

大昔の出来事じゃないか、などと気楽に済ますことはできません。
これと同じ惨劇が、チベット、ウイグルで行なわれ、チベットは人口600万人のうち150万人が殺害されました。
ウイグルでは、いまもその悲劇が続き、近くは法輪功の学習者たちが、同様の迫害を受けています。

そしてもし、沖縄がChinaに制圧されれば、これと同じことが、今度は沖縄県民の身に起きる。
さらに日本全土が、このままChinaの支配下に置かれる事態が進めば、75年前に起こった通州事件は、そのまま明日の日本に起こる出来事となるのです。

通州では、日本軍がやってきて、保安隊やChineseやKoreanたちを蹴散らしました。
けれど、明日の日本では、いったい誰がChineseやKoreanたちを蹴散らしてくれるのでしょうか。

人気ブログランキング
↑↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

下にある最初の動画は「ウイグルの悲劇」です。
この動画の8分35秒のあたりからの映像を是非ご覧ください。
動画は、通州事件のような決してスプラッターなグロいものではありません。
ですので、女性の方でも安心して、観ることができます。
けれど、たいへんな衝撃を私達に与えてくれます。
ウイグルの悲劇 中国の狙いは民族絶滅


通州事件の真実 01 Sさんの体験談 1-5


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
ありもしない南京事件や、従軍慰安婦を教科書に掲載するのなら、事実であり、記録も正確な通州事件をなぜ子供に教えないのか、教師がこの事件を知らないから教えられないのか、検定を行う文部科学省の意図か、日教組の陰謀かと想像しています。

まず、このことを教科書に載せることを、検定で定める必要があります。
2012/07/30(月) 09:25 | URL | ポッポ #-[ 編集]
No title
通洲事件のことは知っていますので、この記事は読みたくはありませんでした。が、読んでしまい、非常に後悔しています。毎度のこと、気持ちが悪く、怒りがこみ上げます。このように日本人が強姦され無惨に殺された事件が闇に葬られ、ありもしない南京虐殺や従軍慰安婦などがまかり通るこの世の中、すべてが気持ち悪いです。
2012/07/29(日) 22:51 | URL | #-[ 編集]
No title
 本当に恐ろしくそして悔しい事件です。
恐怖の中で亡くなっていった私達の同胞、
日本人の方々もこのままでは浮かばれません。
南京の大ウソ映画に対抗して、この事実を世界に
向けて発信していきたいです。
2012/07/29(日) 20:04 | URL | #-[ 編集]
No title
記事とは関係無いのですが、アメリカの法律は
他国に問題のある自国の製品は買えと押しつけますが、
フランスのチーズは輸入禁止と言うのがあるようです。
これで自由貿易を言うのですからTPPなど参加するのは
論外です。

「アメリカの合法と違法の基準がなんだかおかしい」海外の反応
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/5791785.html
2012/07/29(日) 14:51 | URL | hehehe #-[ 編集]
No title
記事とは関係無いのですが、情報管理ができない
政府がマイナンバー制度を成立へ。
試用期間も無しに導入する可能性が高いです。
行政の効率化などできるわけがありません。
官僚に押し切られるのが見えています。
導入されて情報を又、韓国のデータセンタへ預けるなど
と言ったら大問題ですし、住民票などと関連付けすると
言うことは、地方公共団体にいる在日公務員に
個人情報が漏れる可能性が非常に高いのです。
今までは、個別管理なので漏洩した場合、単体情報
でしたが、個人資産、病歴などの個人情報がすべて
一度に漏れてしまいます。民間利用だけは、絶対阻止が
必要です。

マイナンバー(共通番号)制、成立へ…あなたは歓迎する?
http://blogos.com/discussion/2012-07-28/my_number/
2012/07/29(日) 12:48 | URL | hehehe #-[ 編集]
No title
今回の記事通州事件について私も概要位は知っているつもりでしたがとんでもないこの様に悲惨な状況(何と表現していいのか解らない)であったとは知りませんでした。何とも表現できない憤りを感じました。この話を現在に置き換えて見ると自分の周りにも居たなコンビニのシナ人こんな身近な人たちが自分達の街で暴れだしたらと考えただけで恐ろしい。現代の日本人はこの通州事件の教訓を忘れてはいけない。弱いから舐められる核武装と強い軍事力と敵に甘い顔を見せず徹底的に叩く事が今の日本に必要だと強く考えさせられました。有難う御座います大変勉強になりました。
2012/07/29(日) 12:36 | URL | #-[ 編集]
苦力
米国で、黒人奴隷廃止による労働力不足を中国人労働者で補う、苦力の輸入が大々的に実施されたのは、1848年から50年になってから。
1860年代になると白人労働者達が、自分達の生活水準の問題、いやそれどころか自分達の死活にかかわる深刻な危機ととらえて憂慮しだす。
労働運動の指導者の一人、ヘンリー・ジョージ(1839~1897)は中国人について次のように語っている。

「すでに大人であり、鋭いがこましゃくれた理解力を持ち、うぬぼれが強く、その性格は変わりようがない。彼らには独自の文化と歴史があり、空虚な自己満足に満たされ、他の民族を上から見下す癖がある。こんな凝り固まった民族が多数アメリカに居ついたなら、彼らの性格を変えるのにどれほど長い時間がかかることやら。一種の中国人部落を作って生活し、この国の生活習慣にはごうも染まろうとしないのである。頭のてっぺんから足の先まで異端者であり、うそつきで好色で、臆病のくせに残酷な性格の者たちなのだ」
「黄禍論とは何か」ハインツ・ゴルヴィツァー

阿Qという言葉ご存じですか。国家に保護されたことのない民族が、国家の有難さも判らない国民、否、市民の土地(国土)に大挙して押し寄せる。結果は自ずと明らかなのでは。

2012/07/29(日) 12:31 | URL | #9jgEo1Cg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左翼と特亜との共通点

社会党  ↓ 民主党  ↓ 共産党
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク