アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


戦前の教育、いまの教育

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

謙徳公
謙徳公


このブログの読者の方なら、戦前戦中の教育と、現代教育のあまりの落差に、正直がっかりさせられている方も多いかと思います。
たとえば百人一首の謙徳公の歌です。

 あはれともいふべき人は思ほえで
 身のいたずらになりぬべきかな

父は旧制中学なので戦前の教育を受けた人だったのですが、その父から小学校の頃に、
「謙徳公というのは、つましくて徳の高い貴人のことだ。この歌は、そういう徳の高い人であっても、いざという時に不退転の決意を示すことが大事であること詠んだ歌なのだ」と教わった遠い記憶があります。
 
この歌は『拾遺集』(九五〇)に掲載されている歌でもあるのですが、そこの詞書には、
「ものいひ侍りける女の、のちにつれなく侍りて、さらに逢はず侍りければ」と書かれています。
「交際していた女性がつれないので、この歌を書いて送った」というわけです。

他にも謙徳公には『一条摂政御集』という著書がありますが、そこには、
「くちおしき下衆なれど、若かりけるとき女のもとにいひやりけることどもをかき集めたるなり」とあります。
今風にいえば「若気の至りではあるけれど」というわけです。そして、
「年月をへてかへりごとをせざりければ、負けじとおもひて言ひける」と続け、この歌が巻頭に飾られています。

歌を字義通りに解釈すれば、
「あわれな人に成り下がると思うぞ、このままではむなしく死んでいくだけでしかないではないか」です。
冷たい態度の女性に対して、
「私と付き合わなければ、おまえはむなしく死んで行くだけの人生になってしまうのだ」と言っています。もっと噛み砕いていえば、
「私と一緒になることがおまえの幸せなのだ」ということです。かなり強引です。

けれど少々強引であろうが、いざというときに本気を出せるのが男なのだと、父は笑っていました。
その父は学校で、同じことを戦時中の旧制中学で教師から教わっています。



歌を詠んだ謙徳公という名は、死後に贈られた諡(おくりな)で、これは生前の遺徳を称えた敬称です。
生前の名前は藤原伊尹(ふじわらのこれただ)で、太政大臣だった人です。
ちなみに藤原伊尹の父も、太政大臣だった人です。

その父は名門の身でありながらたいへん篤実な人で、親に考を尽くし、兄弟仲よく、君に忠貞の誠を捧げ、信心あつく、悪友と交わらず、殺生や博打にのめりこまず、口をつつしみ、怒りをおぼえても色にださず、勉学に励み、立派な字が書けるようにせよと戒めを遺しました。
さらに「衣冠より馬・車にいたるまで、あるにしたがひて用ゐよ。美麗を求むる事なかれ」(『徒然草』第二段)と、節倹し堅実に生きることを息子の伊尹に遺訓しています。

ところが『大鏡』によれば、息子の伊尹(これただ)は、父親の葬儀を破格の大葬儀にしただけでなく、太政官の壁に墨が跳ねたからと、壁一面を高価な壁紙に張り替えたりと、かなりの豪放さを発揮した人物として描かれています。

そんな贅沢をした人が、死後には「謙徳公」だというのです。
「謙徳公」というのは、
「謙」=つつましくておだやかで謙虚。
「徳」=人徳のある人
「公」=貴人、貴い人、
という意味です。
これでは『大鏡』の人物描写とだいぶ様子がかけはなれています。

実は、「日本の古典というのは、そういう矛盾や落差のあるところをしっかりと読むことが、読むということの意義である」と教えたのが、戦前、戦中の教育です。

謙徳公の父は、太政大臣として亡くなっているのです。
政治の最高権力者であったればこそ、謙徳公は公人として、同じく公人であった父について、公式に盛大な葬儀を営んでいるのです。
また、壁の墨事件にしても、太政官という公務に使う部屋だからこそ、壁ごと取り替えているのです。

公務で遣うべきときには、大胆に費用を遣う。
けれど私的なことや平素の業務は、地味すぎるといわれるほどに、質素倹約を心がける。
だからこそ、謙徳公は、慎ましくおだやかで、誰からみても徳の高い貴人とされたのです。
公私のけじめ、というものです。

そんな謙徳公が、若い頃に女性を口説くとき、やはり本気を見せたのが冒頭の歌です。
歌は、「黙って俺に来い。俺についてくることがおまえにとっての幸せなのだ」という歌です。ものすごい自信です。普通は、なかなかそこまで言えるものではありません。
けれど、いざというときには、これだけのことを、謙徳公はサラリと言ってのけているのです。

たとえはとっても悪いのですが、昔の極道者は、びっくりするような美人と交際していたものです。
端から見ればあんな美人がなぜ?と思ってしまうのですけれど、彼らには彼らなりの論理があって、自分はヤクザ者で、いつ死ぬともわからない。いわば「覚悟の人生」を歩んでいるわけです。
だから女性を口説くときも、本気です。
明日がないと思う分、いまを逃したらもう未来永劫その女性を口説くチャンスなどやってこないのです。そう思うからが本気です。
本気で真剣だから、びっくりするような美人をも口説き落とすのです。
極道者が良いと言っているのではありません。
ただ、勉強ばかりしてきたひ弱なエリートでは、そういういざというときの覚悟が定まらない。だから美人も口説けない、のだそうです。

男の生き様というのは、地位の上下や財力の大小だけではありません。
いざというときに、どういう態度をとれるのか。
そのことを、昔の人は「男になる」という言い方で表現していました。

ちなみに西欧社会の公式パーティには、妻を同伴することが常識です。
これは実は、どんな女性を妻にしているかで、その男が、男として本気を出せる男かどうかを、チェックしているのだと聞いたことがあります。
どこまで本当の話かは知りません。
けれど、欧米であれ中東であれ日本であれ、いざというときに本気を出せないような男では使い物にならないし、いざというときに本気になれる男性かどうかを、社会人としての生活の中においては、常に周りからチェックされているというのも、それが上位の社会になればなるほど、あたりまえに行われるということは、なるほどとと納得させられるものがあります。

ところが、です。
謙徳公の歌の最近の解説本を見ると、およそどの本を見ても、「派手好みで贅沢好きだった藤原伊尹が、冷たくなった女性に、『私のことをあわれとか気の毒とか思ってくれる女性は、あなたの他に誰もいないのです。(あなたの他に誰も思い浮かばないのです)。もしあなたが私を振り向いてくれないのなら私はただむなしく死んで行くだけでしょう』と、藤原伊尹が、富と権力を手に入れていながら、「ボクの奥さんになってくれないのなら、死んでやるぅ」と愚図っている、きわめて幼稚な歌なのだと解説しています。

失恋というなら、まだショックかもしれません。
ところが、この時点で伊尹は失恋さえしていないのです。
相手の女性がちょっと冷たいそぶりを見せただけです。
その程度のことで、本人にとってはそれは重大なことかもしれないけれど、「ボク、死んでやるう」と愚図っている。いかにも甘えん坊の、ボンボンが言い出しそうな、ツマラナイ歌であるように解説しているわけです。

けれども、藤原伊尹は、この歌を自分の著書の冒頭で公開しているのです。
しかも彼は、太政大臣にまで栄達しているのです。
人の世なのです。そんなひ弱で、愚痴ばかりの女々しい男なら、そもそも人の組織において出世するなど、あり得ないことです。
サブクラスならまた、多少の可能性はあるかもしれませんが、太政大臣というのは、唯一絶対の政治権力者なのです。
しかも藤原伊尹は、没後に謙徳公という立派な諡(おくりな)まで贈られているのです。これは万民が、藤原伊尹を、素晴らしい、徳の高い人物であったと認めたということです。
そういう人物の歌を、どこでどうしたら上のような女々しい歌と解釈できるのか。歌を文法的に解釈していっても、そのような女々しい歌意には、まったくならないのです。

この歌は千年の時を超えて、民衆の道徳的規範として生き続けた歌です。
『大鏡』にしても、藤原伊尹がのべつ贅沢だったと書いているわけではありません。
日頃はつましく倹約をしていながら、いざという公事に際しては、周りが驚くような大胆さをみせる、そこに驚きがあったからこそ、このことを逸話として書きのこしているのです。

歌も同じです。
一見おとなしそうにみえながら、その内面には、高い矜持と堂々たる強靭な精神が宿っているからこそ「黙って俺に付いて来い」の言葉が、相手の女性に対しても説得力を持つのです。
これはいまも昔も、普通の会社においても、およそ人間の集団の中にあるリーダーとなる人にとって、不可欠の精神です。

先日、江戸時代中期の儒学者に山崎闇斎(やまざきあんさい)のことをこのブログで紹介しました。
まだあまり日が経っていないので、覚えておいでの方も多いかと思います。
彼は京で闇斎塾(現在の山崎闇斎邸跡)を開きましたが、闇斎の教えはとても厳しく、骨の髄まで孔子孟子の教えを叩き込んでいました。
塾生たちは塾の門をくぐることさえ苦痛だったという、それくらい厳しいものでした。
ですから高弟ともなれば、孔子孟子を尊敬すること、まさに人後に落ちないものとなっていました。
ある日のこと、高弟三人が闇斎に呼ばれました。山崎闇斎は言いました。
「三人に聞く。お前たちには孔子、孟子の教えの素晴らしさを教えてきた。お前たちが孔子、孟子を尊敬することは、おそらく人後に落ちないものと思う。」
三人はうなづきました。
「では、お前たちに聞く。もしいま、孔子を大将とし、孟子を副将として数十万の兵を率いて彼らが日本に攻め込んで来たとする。そのとき我ら儒者はどのようにしたら良いか答えよ。」
三人が驚いたことはいうまでもありません。日頃から、孔子、孟子を、まるで神様同然に尊敬するようにと教わってきているのです。その神様が自分たちを責めに来る。どう答えて良いのかわかりません。そこで黙っていると闇斎が激怒しました。
「お前たちは、これまでこの塾で何を教わってきたのか!そのような事態に至ったならば、我々は身を固め、武器を手にして彼らと一戦交える。そして孔子と孟子を捕まえて、その首を一気に刎ねる。こうして国恩に報いるのだ。それが孔孟の教えなのだ。わかったか!」

教育勅語にも「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」と書かれています。
平素は親孝行に励み、兄弟仲良くし、夫婦相和し、友と信頼しあい、人に対して慎み深く控え目に振る舞い、博愛をみんなにおよぼし、学問を修め、知能を啓発し、徳を身につけて日常の生活をしていても、いざというときに本気になれないようでは、使い物にならないと書いているのです。
だからこそ、「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ」なのです。

いざというときに本気になれる精神を、戦前戦中までの教育は、修身や国語、あるいは国史の授業で生徒たちにしっかりと叩き込んでいました。
そういう教育と、そういう精神性を頭から否定するだけでなく、「ボクの彼女になってくれないなら死んでやるぅ」と甘ったれていたのだとしか教えることしかできなくなっている現代教育と、果たしてどちらが、立派な人間を育てることができ、また人間として真の学びを得ることができる教育といえるのか。
そのことを、戦後の日本は、猛反省すべきときにきているといえるのではないでしょうか。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


関連記事

コメント
No title
私には、古文がわかりません。
なので、和歌はこう読み取りました。

「素晴らしいと思える女性には(あなた以外には)会えなかった、
わが身がムダに余ってしまっている。」

あなたが一番なのに、あなたに会えない。
だから本来(夫婦になって)まともな人生を送るはずが、
「独身のまま」苦しんでいる。

と感じました。

多分、次の解釈は、【非】日本人による解釈に見えます。
まともな日本語を教わることがなかった?ので、
元々理解できなかったのです。

・「ボクの奥さんになってくれないのなら、死んでやるぅ」と愚図っている、きわめて幼稚な歌
・ひ弱で、愚痴ばかりの女々しい男
・女々しい歌

そして、次の文言がありました。
「いざというときに本気になれる男性かどうか」

Apple創設者の一人、
スティーブ・ジョブズさんは、
「もし今日が人生最後の日だとしたら、
今やろうとしていることは 本当に自分のやりたいことだろうか?」
と問いました。

その点を踏まえると、
「いざというときに」だけではなく、
「『余命一日』だとしたら、『本気で生きている日本人』足りえるか」
が、日本男児の答えです。
2018/10/03(水) 21:50 | URL | ふ #-[ 編集]
No title
いつも感じ入りながら大切に読ませて頂いています。

この度の謙徳公の歌、実は女性からの返歌があります。
”女からうじてこたびぞ
「なにごとも思ひ知らずはあるべきを またはあわれとたれかいふべき」”
                   「一条摂政御集」より

この返歌から推測しますと、伊尹の歌は一般的に言われている解釈で合っているような気がします。光源氏のように、どこまで本気か分からないようなからかいで、男女で交わす歌と申しますか。
それに対して女性の方は、今もあの頃のようにただただあなたを恋してた何も知らないうぶな女と思わないで、と返す。そういう微妙な気持ちをお互いに17音で表現した大人な歌だと思います。でも、女性は少し怒っている節も。だからこそ、「若気の至り」と謙信公が詞書に残しているのでしょう。
この歌のやりとりが、一度は情を交わした二人の歌で、今もそういう平安時代の歌が残っているのは素敵だなという女性視点からのコメントでした。


色々拝見させて頂く内に、和歌に興味がでてきました。平安時代の歌は特に、言外に真意が隠されているので面白いです。
背景と文法を知れば知るほど、見えなかった真意に触れるという作業ですね。

「察する」ことが大事。この言葉をねずさんのブログで拝読させて頂いてから、今までと違った視点で和歌を見ることができるようになりました。
その辺りを中心に近々拙ブログで和歌、特にある平安の歌に迫りたいと考えていますので、ぜひ一度いらっしゃってください。
2015/03/09(月) 12:14 | URL | 香月 #-[ 編集]
カルト指定
創価学会は、ドイツ、フランス、ベルギーなどでカルト指定されているんですね。 学会の反対者が日本国内で変死している事を問題視して独自に調査されて指定したとの事です。初めて知りました。
2014/10/13(月) 18:23 | URL | #-[ 編集]
現代教育の歪を早急に是正せよ
文科省、教育関係者、特に日教組の人たちに言いたい。先日、修学旅行で韓国を訪れた高校生たちが韓国人たちの面前で、引率教師の指示でやらされたのか全員が土下座させられている写真を見せられたが、日本人としてこんなに恥ずべきことは無いとと怒り心頭に発した次第。

この学校の校長と引率教師たちを、日本人高校生たちの名誉毀損罪として告発すべきだと痛感しました。これが日本人としての現代教育の一環だと主張するなら、とんでもない思い違いであり、愛国心など育つ訳が有りません。

また先日、小野田寛郎氏が今年1月に91歳で永眠されましたがその3カ月ぐらい前に上梓された「生きる」の最後(P,217)に書かれていた言葉が胸に強く響きましたので以下にご紹介します。

>今の学校は、いじめがあっても見て見ぬふりらしい。困っている人、苛められている人を見ていくら「助けてあげたい」と思っていても実行に移さなければ単なる野次馬と変わらない。実行するためには力と決心がいる。つまり強くなければならない。本当に優しい人とは強い人のことだ。そういう人間を育てるのが本来、教育の務めだろう。・・・・と有りました。

正にその通りです。また、>私たちの時代にも、いじめは有ったが、いじめた子は必ず仕返しを覚悟しなければならなかった。いじめられた子に「一肌脱ぐ」子というのが必ずいたものだ。・・・とも書かれていました。

ねずさんが仰るように、>平素は親孝行に励み、兄弟仲良くし、夫婦相和し、友と信頼しあい、人に対して慎み深く控え目に振る舞い、博愛をみんなにおよぼし、学問を修め、知能を啓発し、徳を身につけて・・・という教育勅語を今一度再考して現代教育の歪を早急に是正すべきだと心から感じました。

2014/10/13(月) 14:03 | URL | terag3 #KVPRtAI6[ 編集]
子供(小一)の国語の教科書を見てビックリしました。まるで絵本です。お習字の教科書のほうが国語らしく見えるくらいです。学校教育だけが教育ではないと開きなおって、親がしっかりしなければいけませんね。

「あはれとも」は、栄華を極めた謙徳公でも死ぬ時は孤独、という歌だと思っていました。いろんな読み方があって面白いですね(^ ^)
2014/10/13(月) 11:35 | URL | mari #jzBpMOs.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク