アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


藤堂仁右衛門と武士道

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


欲ボケしたような身勝手な個人主義の日本人では、せっかく親日包囲網が確立されても、その包囲を日本人自身で取り壊すことになってしまうのです。
だからこそ、日本人自身がこれからますますもっと心身を引き締め、立派な日本人、立派な国家となっていかなければならないのだと思います。


20190313 蓮の花
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


関ヶ原の合戦のときのことです。
伊勢・伊賀32万石の大名であった藤堂高虎の家臣に、藤堂仁右衛門(とうどうにえもん)という人がいました。
藤堂仁右衛門は、激しい戦いの中、水を飲もうと谷川に降りたところ、そこで敵の大将、大谷吉継の重臣である湯浅五助(ゆあさごすけ)に出会いました。
さても勇名で鳴らした湯浅五助です。
「いざや、尋常に勝負!」と藤堂仁右衛門は、手にした槍を持ちかえました。

すると湯浅五助は、「いや、待たれよ」という。
「実はいま、主(あるじ)の大谷吉継の首を埋めているところでござる。勝負はするが、貴殿を見込んでお願いがござる。主人の容貌は、腐りの病で見るに耐えぬほどになっている。首を晒されたなら天下に醜貌(しゅうぼう)を晒すことになろう。ついては首を埋めたこの場所を、どうか他言しないでもらいたい。我が願いを聞き届けとあらば、よろこんで槍を合わせよう。」というのです。

主君を思うその気持ちに打たれた藤堂仁右衛門は、「委細承知」と答え、五助が首を埋め終わるのを待ちました。
そして尋常に勝負し、見事、五助の首をあげました。

関ヶ原の戦が終わり、大谷吉継の首探しが始まりました。
ところが、どこをどう探しても、首が見つかりません。
そこで家康は五助を討った藤堂仁右衛門を呼び出しました。
「何か手がかりを知っているのではないか。」

問われた藤堂仁右衛門は、家康に向かって言いました。
「吉継殿の首の在処は存じております」
「ではすぐにこれへ持ってまいれ」

ところが藤堂仁右衛門は、首を横に振りました。


20190305 MARTHバナー

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!



「それはできかねることにござる。
 湯浅五助殿に頼まれたのでござる。
 それゆえ、たとえご上意であっても、
 その場所をお答えすることはできませぬ」

家康の近習たちは、色をなして怒りました。
「殿の御前であるぞ。どうしても教えられぬと申すか」
「たとえご成敗されても、申し上げられませぬ」
「ならば成敗するぞ」
「ご随意に」と、藤堂仁右衛門は、首を前に伸ばしました。

その様子を黙ってじっと見ていた家康は近習に、
「そこにある槍を持て」と命じました。
一同に緊張が走りました。

家康は、槍を手にすると言いました。
「仁右衛門、その心がけ、いつまでも忘れるなよ」
そう言って、その槍を藤堂仁右衛門に与えました。

大谷吉継は、敵の大将です。
その首を差し出せば、藤堂仁右衛門は大きな恩賞に預かれたことでしょう。
勇猛で知られた湯浅五助の首さえもあげているのです。
経済的な損得でいえば、藤堂仁右衛門は死んだ五助に自分が言った言葉を守るよりも、家康に首を差し出した方がはるかに「得」です。

けれど、損得ではない、それよりももっと大切なもののために命を賭けた、それが武士でした。
そしてそうした心得は、藤堂仁右衛門のような大名に限らず、下級武士たちにとっても、あたりまえに具わっていた観念でした。

なぜ日本の武士に、このような高度な感覚が備わったのでしょうか。
世界の兵士達、ChinaやKoreaにせよ、西欧にせよ中世、あるいは近代においてさえも、武器を持った兵たちというのは、軍もヤクザも暴徒も、まったくおなじものです。
ChinaやKoreaは現代でもそうですし、西洋では、以前三十年戦争の記事でこれをご紹介しています。

そういうことを考えると、藤堂仁右衛門のような武士の姿が「あたりまえであった」ということ時代が、人類社会のまさに奇跡のようなできごとに感じます。
どうして日本ではそのようなことになったのでしょうか。
理由を、三つあげたいと思います。

ひとつは、日本がシラス国であるからです。
シラス国では、すべての民衆が天子様(天皇)の「おおみたから」と規程されました。
そして人の上に立つ者の仕事や、あるいは政治などの一切が、その「おおみたから」が豊かに安全に安心して暮らせる社会を築くことのために機能するという社会常識が熟成されたのです。

国をあげて、誰もが豊かにお腹いっぱいご飯が食べれる社会です。
当然心にも余裕が生まれます。
どこぞの国のように、奪ったり逃げたり人を騙したりしなければ生きていけない過酷な環境にならないことを目指したのです。
だからこそ、守ったり勇敢に立ち向かったり約束を守ることが当然の常識となったのです。

ふたつ目は、「魂」です。
日本では太古の昔から、肉体に宿る命には、その命と糸で結ばれた魂が宿ると考えられてきました。
これは仏教伝来以前からある、日本の古くからの考え方です。

肉体が滅びれば、命はなくなります。
けれどそのとき、魂は肉体を離れて神々のおいでになる天上界に行くか、あるいは死者の国に行くか、あるいはまた、別な人間となって転生します。
その糸が「絆」であり、糸と糸を結ぶことが「結い」です。
ですから絆や結は、肉体と肉体の結びつきではなくて、魂の結びつきです。

お天道さまが見ていないところで悪さをすれば、その魂が穢れます。
穢れれば、せっかく良いことをしてきても、来世で悲惨な人生を歩まねばなりません。
人は神になるために生まれてきたのであり、その神になりそこねたのみか、来世でいまよりもっと悲惨な人生が待っているのです。
だから「乞食したって、この魂だけは穢さない。」
それが日本人の生き方であり、生き様だったのです。

みっつ目は、「教養」です。
「おおみたから」「穢れ」などの日本人としての常識や思想を、たとえ農家の貧しい家の出であったとしても、そういうことを幼い頃からしっかりと教えこまれていました。
西洋人の友人は、「日本人は日曜学校に行かないのに、どうして常識が備わっているのか不思議」に思うといいます。
大人になって毎週日曜学校に通わなくても、子供の頃からしっかりと躾(しつけ)がされてきたのです。
それが日本の教育でした。

三日後に、クーデンホーフ光子のことをご紹介した記事を書きますが、明治時代に西洋に移り住んだ日本人女性の青山ミツは、子供達にたいへん厳格な躾(しつけ)を施したそうです。
友人たちの家ではもっと自由なのに、どうして自分の家ではこんなにまで躾が厳格なのか。
子供達はたいへん不思議に思ったそうです。

躾(しつけ)というのは、単に礼儀作法のカタチだけのことを言うのではありません。
生き方や、生きる上での心構え、生きるための基本となる心の姿勢を教えこむのが躾です。
そしてその躾の中に、常識としての教養があります。
テストで良い点数をとることと、人間としての躾は全然別なものです。
人は人間の形をしていれば人ではありません。
人としての躾があってはじめて人です。
そうでないものは人の皮をかぶった獣です。

現代日本の教育に欠如している最大のもの、それが躾です。
躾がないから、民度が下がり、日本人が朝鮮人化しています。
そうなることを歓迎しているのは、いったいどういう連中なのでしょうか。

20150702 大谷吉継


私の母方の五代前の祖母は、実弟を飢饉で亡くしました。
江戸が飢饉に襲われたとき、我が身よりも小者たちの食を優先し、結果、飢死にしました。
姉はさぞかしおつらかったことと思います。
けれど、それが武士の道でした。

「二度と飢えない世の中を作りたい」
飢饉を経験した昔の人は、飢饉の都度、そのように思ったことでしょう。
だからこそ、みんなで協力しあって、土地を開墾し、田畑を増やし、できあがった作物を備蓄しました。
神社への新米の奉納も、もともとは神様へのお供えというだけでなく、食料備蓄のためのものでした。
なにせ神様にお供えしたのです。
「返せ」とは言えない。

我が身ひとつの利益ではなく、どこまでも「みんなとともに」と考える。
それが日本人の生きる道でした。
そのための「まこと」であり、「ことわり」であり、「いつくしみ」でした。

昨今の契約書には、必ず違約条項があります。
違約条項があるということは、はじめから「契約は破られるものである(不履行となる)」ということを前提としています。
だから西洋の会社などと契約すると、さまざまな事態を想定して、その違約事項についての対策が書かれている、まるで紙爆弾のような分厚い契約書にサインさせられます。

しかし大切なことは、契約書になんと書いてあるかではなくて、みんなの力で、そうした違約が起こらないようにしていくことです。
わたしたちの祖先は、それを実現してきました。
それが「明察功過(めいさつこうか)」です。
聖徳太子の十七条憲法の第11条にある言葉です。

あらかじめ察して対策をとっていく。
そうすることによって、大事に至らないようにする。
だから、良いことも、良くないことも、前もって察して対処していく。
それを契約書の中だけで行うのではなく、社会全体の風土としていく。

そんな、まるで天国の社会であるかのような国柄を築き上げてきたのが日本です。
その日本を取り戻す。

文明は常に進歩するものであり、人々の思考も行動も、時代とともに進んでいるのだという考え方があります。
だから昔の人は、「オクレていたのだ」と嗤う人もいます。
けれど、上にある藤堂仁右衛門の意識と行動は、果たして現代人よりもオクレていた人格によるものといえるのでしょうか。
関ヶ原の戦いがあったのは、西暦1600年のことです。
いまは2015年です。
415年経っています。
後世のわたしたちは、はたして「進んだ」人間なのでしょうか。

今日ご紹介した藤堂仁右衛門と同じ藤堂高虎の家臣に、福井文右衛門という人がいます。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2578.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2578.html
でご紹介しています。
合わせてお読みいただけると、まさに「この大名にしてこの家臣あり」とわかります。

上に立つ人によって、大名家は、家柄、家風が変わります。
同様に、上に立つ人によって、支店でも、会社でも、国家でも、その柄が変わります。
戦後の日本、とりわけ平成以降の日本では、反日の不逞在日が国の上に立つ傾向が顕著になりました。
そんな歪んだ日本も、7月9日以降、大きく是正されています。

すでに世界の潮流は、日本を敵国とする反日を是とする流れから、大きく舵が切られ、日本を新時代のリーダー国家としていこうとする動きになっています。
中共も韓国も、すでに世界の信頼を失い、これから大きなペナルティを払うことになります。

おそらく韓国は国家が崩壊し、北朝鮮によって朝鮮半島は統一されることでしょう。
以外なことに思われるかもしれませんが、その北朝鮮は親日です。
中共政府は、Chinaにある7つの軍閥の上に巧妙に乗っかった政権ですが、そのなかで旧満州エリアにある瀋陽軍閥は、大の親日です。
ASEAN諸国も親日、インドも中東の多くの国々も親日、トルコも東欧諸国も親日です。

いまや反日諸国に対する、巨大な親日包囲網が完成しつつあるのです。
しかも米軍と日本の自衛隊が共同作戦をとったとき、これに敵う国家は、いま、世界中どこを探してもありません。
ミサイル戦になった現代戦においては、兵の数など問題にならないからです。
百万の歩兵がいても、一発のミサイルで全滅してしまうし、その司令部にミサイルが撃ち込まれれば、瞬間で壊滅します。
現代戦のドンパチは、5分で終わるのです。

そしてここからが大事なことですが、単に戦いに勝てる、強いというだけでは、世界の信頼は生まれません。
なぜそこまで親日国があふれているかといえば、それは実は「かつての日本人が信義に厚く、人道を貫き、信頼に値する国家であり民族であったから」ではないでしょうか。

逆にいえば、欲ボケしたような身勝手な個人主義の日本人では、せっかく親日包囲網が確立されても、その包囲を日本人自身で取り壊すことになってしまうのです。
だからこそ、日本人自身がこれからますますもっと心身を引き締め、立派な日本人、立派な国家となっていかなければならないのだと思います。

そういう時代が、いま、目の前にやってきています。

冒頭に、蓮の花の写真を掲示させてたいだきました。
季節の花ですけれど、蓮は、水上に美しい花を咲かせます。
けれど茎は、水の中を通り、根は、泥の中にあります。
この世で生きるということは、泥の中であえぐようなものです。
けれど、その泥があるから、蓮は茎を水中に伸ばすことができ、水面に美しい花を咲かせることができます。

水上の花が天上界、根が蓮根(レンコン)で、レンコンは穴があいていて、そこに空気を通すからかろうじて呼吸ができますが、これが根の堅州国、スサノオさんの国です。そして泥が黄泉の国。
人間界は、そんな蓮根と蓮の花をつなぐ橋渡し役の茎といわれます。
あるいは泥の中を這いずりまわる男が根、美しく咲く女性が花かもしれません。

おもしろいのは、花も根も茎も、実はそれらは全体として一体になっていることです。
根が腐れば蓮は立ち枯れます。
花が咲かなければ、交合ができず、蓮は滅んでしまいます。
実に不思議なことです。
すべてを尊重することで、はじめて一体となるのですから。

花には花の、根には根の役割があります。
それを守って生きるのが、分限(ぶんげん)とか分(ぶ)というものでした。
日本て、奥が深いと思います^^


※この記事は2014年10月の記事をリニューアルしたものです。
お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
3月9日(土)18:30 第60回 倭塾公開講座
3月16日(土)18:30 第35回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
4月13日(土)13:30 百人一首塾&新元号奉祝特別イベント ※池袋で開催です。
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
5月11日(土)18:30 第37回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(401会議室)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)



動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは
03-01 諸命以と修理固成という重要語
03-02 見立てると成り成りて
03-03 ヒルコをめぐる三つの意味とは
03-04 神議(かむはか)り
03-05 国生みと神生み
03-06 イザナミの神避りと古代の葬祭


動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気
12 進取の気象
13 信義
14 国旗
15 慈善 





関連記事

コメント
教えて下さい。文中の7/9日から是正とは?
 文中に「そんな歪んだ日本も、7月9日以降、大きく是正されています。」この日付は通名禁止が制定された日ということでしょうか?
勉強不足で申し訳ありません。
2019/03/14(木) 17:01 | URL | 日本を愛する日本人から一言・・・ #bvoP3EXo[ 編集]
藤堂仁右衛門と湯浅五助の話は、何回も
ねず先生のブログで読ませ頂いていますが、
その度に立派だな、素晴らしいな~と
胸つかれます。仁右衛門も立派なら主君の
大谷吉継の難病で爛れた顔が、他人に観られては主君の恥になると想い大切に首を土に埋めて隠そうとした湯浅五助も立派です。その心を知り槍を与えた、武士の情けを知る徳川家康も立派です。武士道の本質の一つは、相手を想いやり、自ら謙(へりくだって)っても相手を生かす優しさにあるのではないですか。スサノオ様が八百万の神々様の自立の自覚を促す為に、あえて悪名鬼神の汚名を被って高天原を去ったのも武士道です。何度読んでも様々な事を学べせて貰えます。
ありがとうございます。
2019/03/14(木) 10:01 | URL | 大阪市民(ケイシ) #-[ 編集]
誠実と誠意を忘れずに生きたい
個人主義は「各自の権利と自由を互いに尊重する思想」で、利己主義は「自分の利益や快楽だけを求める独りよがりの思想」だから同じものでは無い…と言う方々がいます。
そうでしょうか。
自分の幸せを犠牲にして國家や國民の利益を優先するなどあり得ない?
自分の権利や自由が通れば、他者がどうなろうと知ったことでは無い?
苛め不倫詐欺薬物…今朝もラジオが喧しいです。
こんなのが日常茶飯事です。
彼等の行動原理は同じです。

誠実と誠意に生き、國の未来と命を引き換えに散った英霊の心…そんな命の連鎖。
自分なりにできる誠を精一杯尽くしたいと思います。
2019/03/14(木) 09:50 | URL | 竹千代 #VCU7f5e.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク