アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


わび・さびとシラス国

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


「わび・さび」はうつろいゆくものに見出す価値観で、日本文化の精華であり、日本が失ってはならない高度な文化です。
けれどこのことは、我が国が「天皇のシラス国」という変わらぬ一点の不動の価値を持つからこそ、生々流転、うつろいゆく政治、うつろいゆく権力、うつりゆく自然や草木などに「わび・さび」を感じるという独特の文化となったのです。
この一点を失えば、「わび・さび」の文化も消滅します。


20190326 わびさび
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


日本文化を語る言葉として、
「侘(わ)び」
「然(さ)び」
などと言った言葉が使われることがあります。
では「わび、さび、幽玄」とは何か、どのようなものなのか、あるいは「わび」と「さび」の違いはなにかなどと言われると、つい答えに窮してしまうことも多いのではないかと思います。

日本大百科全書によれば、わび、さびは
◇わび【侘び】
日本人の美意識の一つで、貧粗・不足のなかに心の充足をみいだそうとする意識。
◇さび【然び】
美的理念。閑寂ななかに、奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさをいう。
とあります。

しかしこの説明では、多くの人はいまいち意味や違いがわからないのではないでしょうか。
すくなくとも、私にはわかりかねます。

そこでもうすこし噛み砕いてみます。
「わび」はもともと「わびしさ」から、
「さび」は「さみしさ」から来た言葉です。

ただ、「わびしさ」や「さみしさ」が、人のその時点における感情を意味する言葉であるのに対して、「わび、さび」は、もうすこし動的な意味合いを持ちます。
すなわち、人や自然、あるいは道具類などが、経年変化し、移ろい行くさまの中にある、一定のわびしさやさみしさが「わび、さび」になるのです。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH



たとえば、日本では、ビルやホテルのロビーに生花を飾りますが、それらは必ず生きた花を用います。
そもそも華道における生け花では、造花を使うという発想自体がまったくありません。
一方South Koreaでは、ビルやホテルのロビーに飾られた豪華絢爛な花は、ことごとく造花です。
いまこの瞬間が豪華絢爛であれば良いからです。

ところが日本人は、造花で演出された豪華さには、あまり反応はしません。
あくまでも生花であって、その生花の美しさを一瞬の形状にとどめたものを美しいとします。

そしてさらに豪華絢爛の対局にある、いちまつのさみしさを感じさせる生花の造形に、ためいきがでるほどの感動を覚えます。
それが「わび、さび」の世界です。

なぜ生花にこだわるのかといえば、生花は「うつろいゆくもの」だからです。
いまこの瞬間には豪華絢爛だった花が、2〜3日経つと花びらが落ち、その豪華さが失われていきます。
その失われ行く姿の中に、日本人は「わび、さび」という美しさを感じるわけです。

このとき、クシの歯が抜けたようになったものが「わび」です。
その「わび」た状態を最初から演出するものが「さび」です。
そこに経年変化を感じ取り、その変化の中に美しさを見出します。

「平氏にあらずんば人でなし」とばかり権勢を誇った平家が壇ノ浦で滅亡し、かつて平家一門が住んでいた都の屋敷跡が寂寥感ただよう廃墟となっている。
往時には、人の往来が絶えなかったその屋敷の門も、いまや通う人もなく、荒れた門前をさらしている。
それが「わび」です。

そしてそうした平家一門の栄華と滅亡を、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり」と過ぎ去った昔を感じ取る心が「さび」です。

もうすこし例をひいてみましょう。
西洋美術は絵画にせよ彫刻にせよ庭園建築にせよ、瞬間の美しさをそこに留めようとします。
美しい瞬間を永遠に留めようとするのです。
経年変化ではなく、美しかった一瞬をとどめようとするのです。

これに対し日本人は、絵画でも彫刻でも庭園でも、変化そのものを楽しもうとします。
典型的なのが日本庭園で、季節ごとの美しさのみならず、庭園内のどの位置からでも、違った角度で楽しめる。
つまり、変化することを楽しむことを前提として造園されています。
そしてその変化によって失われていくものの中に、わびしさや、さびしさを感じる心を大切にしようとし、これが
「わび、さび」という美意識につながっていくわけです。

では、日本人はなぜ、そのような変化するものに美を見出そうとするのでしょうか。
実はこれには理由があります。
変化に美を見出すのは、片方に「不動のもの」があるからなのです。
千年経っても変わらない不動のものがあるから、経年変化するものを容認し、さらにその中に美を見出すのです。
もっというなら、万古不易(ばんこふえき)の不動の価値があるからこそ、うつろいゆくもの、変化するもの、失われていくものを愛(め)でようとする心が養われるのです。

このことは、逆に「不動のもの」がないときを考えるとわかりやすいかもしれません。
「不動のもの」がなければ、得ることばかりをもてはやすことになります。
たとえ造花であっても、目を奪うような豪勢なものであれば、それで良いということになるのです。

では、私達日本人にとっての「万古不易の不動のもの」とは、一体何でしょうか。
それが「天皇のシラス国」ということです。
これ以外は、すべて枝葉末節です。

幾千年の昔から、天皇によって我が国の民衆は黎元(おほみたから)とされてきました。
そして民衆が「おほみたから」であればこそ、たとえば統治者層である武士たちの合戦も、武将同士が互いに民・百姓を守るために武士たちだけで行われてきました。
つまり我が国における唯一絶対の真実というのは、
「民衆こそが神につながる天皇のおほみたからである」
という一点に尽きます。
このことを「シラス」といいます。

「わび・さび」はうつろいゆくものに見出す価値観で、日本文化の精華であり、日本が失ってはならない高度な文化です。けれどこのことは、我が国が「天皇のシラス国」という変わらぬ一点の不動の価値を持つからこそ、生々流転、うつろいゆく政治、うつろいゆく権力、うつりゆく自然や草木などに「わび・さび」を感じるという独特の文化となったのです。
この一点を失えば、「わび・さび」の文化も消滅します。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
3月9日(土)18:30 第60回 倭塾公開講座
3月16日(土)18:30 第35回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
4月13日(土)13:30 百人一首塾&新元号奉祝特別イベント ※池袋で開催です。
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
5月11日(土)18:30 第37回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(401会議室)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)



動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは
03-01 諸命以と修理固成という重要語
03-02 見立てると成り成りて
03-03 ヒルコをめぐる三つの意味とは
03-04 神議(かむはか)り
03-05 国生みと神生み
03-06 イザナミの神避りと古代の葬祭


動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気
12 進取の気象
13 信義
14 国旗
15 慈善 





関連記事

コメント
ワビる/サビる
「ワビ・サビ」は日本国食器類や自然材料商品販売専門店も出店されております。

ユーロッパ系列の不詳な基督やら神教と異なるニッポンの神から来る天皇⇒天皇の宝純粋ニッポン人があってこその「無形文化思想」。
その思い/考えからくる数々の作品。

その皇室あってこその独自文化に、眞子様から韓国人系列の血が入りそうです。

現在現ナマ関係で揉めておりますが、これが現実に起こり、何年も経過すると美的意識文化も間抜け反日朝鮮奴に消滅させられるのではないかと危惧しておりまする。

愛子様もお相手の素性等を見抜いて花道を御歩いて頂ければ幸いと思いました。
2019/03/30(土) 18:23 | URL | #-[ 編集]
No title
 
 きょうのお話し、けっこうインパクトがありました。

 

 まず第一に、天皇あっての、日本人の価値観であるとの、
 先生の指摘、篤い思い。

 次に、動的、静的括りに、従来は、日本は静的であると。
 なにせ、西洋 ? 人は、大陸では、殺して乗っ取って、
 たとえば易姓革命的、伝統、類似性があります。

 長い時間で不動と思えることも、、今を生きる人間には、
 移ろうのは、至極、スゴク当然。現象的には、、、。
 西洋の翻訳語的、概念、言辞によるわびさびの解釈は、ピンときませんが、
 先生の文章では、なるほどね、など思ってしまいます。日本人の感性、と。

 第一のポイントについては、
 日々、空気のようで、自覚しないまま、bbであることが
 多いので、
 GHQとか、いまの左翼がどうとかいうのであれば、
 先生のいうひきあげる学び、教育に掛かります。
 


   すばらしいお話しを、たくさんお願いします。

 

2019/03/28(木) 14:30 | URL | そのた #-[ 編集]
わびさび
小名木先生、みなさんこんにちは。

わびさび…。奥が深い。

櫛にしても、花にしても、いつか散っていきますね。散る前は綺麗で美しい。散った後は寂しいです。寂しいですがそこに価値がある。

South Koreaには行ったことが無いのですが、造花なんですか⁉︎生け花じゃないのか。
ま、まあ、造花の名誉のために言わせていただきますが、個人宅に飾る分にはいいと思います。私は花粉症なので、花一輪でもくしゃみが止まらない。寂しいですが造花だと助かりますよ。
ただ、ホテルなどで造花は…埃を被っていそうです。
2019/03/28(木) 11:58 | URL | はらさり #JiIFT9tA[ 編集]
ただ静かに過ごしたい
わび?さび?
庭園?茶器?
恥ずかしながら…そんなことしか思い浮かびませんが「石庭」などを眺めていますと「静」の中に優雅な「動」を感じます。
私達は、刺激的で人工的なデジタルの世界で、効率と金に闇雲に煽り捲られています。
そんなこんなで…内面的なものが劣化し「美しい」と感じることが少なくなった気がします。
繊細さ微妙さを感じる精神性が無くなくなったら…人はAIに負けちゃう?のですかね。
四季豊かな國で…ただ静かに過ごしたい…そんな想いの今日この頃です。
2019/03/28(木) 09:40 | URL | takechiyo1949 #VCU7f5e.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク