アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


七五読み古事記(5)水蛭子と男女の結び

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


男性に「自分が選んだ女性なのだ」という自覚があると、それだけ妊娠期間中や子供が幼いうちの女性の側のリスクが減ります。
そしてそのために女性は、自らお化粧をしながら男性からの誘いを何度も断わり、男性が生涯その女性に尽くすと誓うようになってはじめて、クミドを承知するわけで、これは実に理にかなったことということができます。
こうしたことを踏まえて、古事記は「男性から声をかけなさい」と説いているのではないでしょうか。


20190405 太占
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


七五調で読む古事記
1 天之御中主神
2 諸命以
3 成り成りて
4 蛭子誕生
5 太占(ふとまに)
99 しほみつるたま


前回は、イザナキとイザナミが、たがいに国生みをしようと話し合い、天御柱(あめのみはしら)をまわるところでした。
今回は、そのイザナキとイザナミが、天御柱を回る行事(婚礼の儀)を行なったけれど、ヒルコが生まれてしまうところまでを扱います。
少し長いので、二段に分けます。


かくちぎりて すなはちのらす
如此之期、乃詔
いましみぎより まはりあひ
「汝者自右廻逢
われひだりより まはりあふ
 我者自左廻逢」
ちぎりをおへて まはるとき
約竟廻時
いさなみみこと まずいはく
伊耶那美命、先言
あなにやし えをとこを
「阿那迩夜志愛(上)袁登古袁(此十字以音、下効此)」
のちにいさなき のらしていはく
後伊耶那岐命言
あなにやし えをとめを
「阿那迩夜志愛(上)袁登売袁」
おのおのが いひおえたのち
各言竟之後
そのいもに のらしていはく
告其妹曰
をみなまず いへるよからず
「女人先言、不良」
にもかかはらず 
雖然
くみどにおこし うめるこは みずひるこ
久美度迩(此四字以音)興而生子、水蛭子
このこあしふね いれてながしつ
此子者入葦船而流去
つぎにうまれし あはしまも
次生淡島
これもまたこの ためしにいれず
是亦不入子之例


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH



天御柱(あめのみはしら)は、前にご案内しましたが神々との交信施設です。
従いまして、天御柱を回る行事というのは、神事であって、神々の前で御魂を結ぶための、今風に言ったら婚礼の儀です。

その婚礼の儀に際して、イザナキは、
「お前は右から回れ。私は左から回る」
と述べています。
地球は反時計回りに自転していますから、これを上から(北から)見たとき、右から回れば地球の回転と同じ方向に回ることになりますので、仮に地球の自転と同じ速度で回るなら、イザナミは、一箇所から動いていないのと同じことになります。

一方男性であるイザナキの側は、自転とは逆方向に進むので、すばやく目的地に到達できます。
そういう意味からしますと、「お前は右から回れ。私は左から回る」という表現は、物事の合理性を示しているように思います。
合理的であることが、道理であり、正しいことなのだという理解が背後にあるわけです。
そしてこのことは、次の段でご説明しますが、万年の単位での古い伝承を、きわめて短くまとめたものであるという見方ができます。

回り終えたとき、先に女性神であるイザナミの方から、
 あなにやし えをとこを
「阿那迩夜志愛(上)袁登古袁」
と声をかけています。
これは「あら、良い男だわ」といった意味です。
(上)というのは、上声といって、そこを強調して読みます。
ですから音節のうえからは、
「えぇオトコ!」といった感じになります。

そこでイザナキは「女性が先に声をかけたのはよくなかったのではないか」と心配するのですが、結局「久美度迩興(くみどにおこし)」て子を生むわけです。
「くみど)」は女陰のことという説もありますが、そうではなくて、普通に「組所(くみど)」、つまり夫婦の寝所のことを指していると思います。
夫婦で寝所を設けたことを、寝所を「興した」と書いているわけです。

ところが生まれた子は「水蛭子(みずひるこ)」であったと書かれています。
「水蛭子」は、こう書いて単に「ヒルコ」と一般に読みくだすとされますが、このくだり(久美度迩興而生子水蛭子)を七五読みしようとすると、「みずひるこ」と読まないと、どうしても字余りになってしまいます。
そこで「くみどにおこし うめるこは みずひるこ」としたのですが、蛭のような軟体動物ということを言いたいだけであるならば、「水」という字を付ける必要がありません。

むしろここは、「蛭のような形をした水辺を持つ所で、現在は失われている場所」を意味しているのではないかと思います。
なぜなら、そもそもここは「国生み」を描いているところなのです。
つまりここでイザナキとイザナミが生もうとしているのは、明らかに国土であって、軟体動物ではありません。

我が国は、一度も滅ぼされることなく文化伝承がずっと継続している国です。
そして古事記が書かれた七世紀という時代には、もっとはるかに古い、もしかしたら万年の単位の古い伝承が、ちゃんと残っていた可能性があります。

20190407 曙海


上の図は2万年前の地形を簡単に描いたものですが、当時の地形は今とは全然異なっていて、図の青線で示したのが海岸線となっていました。
これは地球全体が寒冷化していて、海面がいまよりも140メートルほども低かったために、いま大陸棚となっているところが地上に露出していたのです。

そしてこの時代は、とても気温が低い時代だったのですが、ありがたいことに日本列島周辺は、北側のベーリング海峡が陸続きとなって北極海から流れ込む寒流を防ぎ、南からは暖かな暖流が流れ込んできていましたから、いまの琉球諸島のあたりはたいへんに温暖で、人々が住むにはちょうどよいところであったようです。
そして図の「曙海」と書いたところは、後に琉球諸島となるところが自然の堤防となり、波おだやかで、何より地形からいえることは、魚が豊富であったであろうということです。

そしてこの曙海、形を見ると、私だけかもしれませんが、どうにも「ヒル」のような形に見えます。
まさに「水でできたヒルの湖(こ)」なのです。

そしてこの子は、葦船に入れて流し去った(此子者入葦船而流去)と書かれているのですが、海面が上昇して水没すれば、それはまさに流しさられたと同じことになります。
さらに次に「次に生まれた淡島も子のためしに入れず」とあります。
人々が住んでいた場所が水没していく過程で、次々と島に移り住んだけれど、それらも泡のように水没してしまったとすれば、まさに万年の単位の古代史を、古事記は短い言葉で、しっかりと描いていることになります。



ここにおいては ふたはしらかみ はかりていはく
於是、二柱神議云
いまあがうめる こよからず
「今吾所、生之子、不良。
ゆゑによろしく あめにてかみの みもとにまをす 
 猶宜白天神之御所」
すなはちともに まゐりのぼりて
即共参上
あめのかみの みことをこひき
請天神之命
しかしてあめの かみのみことを もちゐるに
尓天神之命以
ふとまににて あひうらなへば
布斗麻迩尓(上此五字以音)ト相
これをのらさく
而詔之
をみなまずいふ よりてよからず
「因女先言而不良
またかへりて あらためていへ
 亦還降改言」
ゆゑにしかして かへりをりては
故尓、反降、
さらにその あめのみはしら さきのごと ゆきめくる
更往廻其天之御柱如先
ここにおひて いざなきみことの まずいうは
於是伊耶那岐命先言
あなにやし えをとめを
「阿那迩夜志愛袁登売袁」
あとにいざなみ まをさくは
後妹伊耶那美命言
あなにやし えをとこを
「阿那迩夜志愛袁登古袁」

天の御柱を回るという婚礼の儀において、女性神である伊耶那美の方から先に声をかけることによって水蛭子が生まれてしまったことが「よくなかった」と考えた二神は、天の神様に事の次第を相談してみようと協議しているところです。
かように神様が協議することを「神議(かむはかり)」といいます。



二神はここで、
「共に参りのぼりて(即共参上)、
 天の神の命(みこと)を請いき」
とあります。
二神は、天の神様のもとに参上して、天の神様の指導を請うたわけです。

ところが古事記は続けて、
「しかして天の神の命をもって、
 不占(ふとまに)で占った」と書かれています。

二神が揃って神様のもとに行って、直接神様から教えを請うてきたはずなのに、神様の声を太占(ふとまに)で占ったというわけです。
太占(ふとまに)というのは、鹿骨占いのことをいいます。
鹿の骨を焼いて、できたひび割れによって、様々なご神意を得ようとするものです。

要するに何を言っているのかというと、肉体と魂と両方の存在を古事記は念頭において、ここの記述をしていると考えられます。
イザナキとイザナミが肉体を持つことは、この前の段で「成成りて成り余るところあり」などの記述で明らかにしています。
けれども同時に二神は、神様でもあるわけです。
これが何を意味するかと言うと、イザナキとイザナミの肉体には、それぞれイザナキの御神霊、イザナミの御神霊が宿っているわけです。

その御神霊が、天の神様のもとに、教えを請いに行っています。
けれど、肉体の方のイザナキとイザナミは、その答えを御神霊から直接聞くわけにいきませんから、太占で、答えを得ようとしています。

このように古代の日本人にとって、肉体に魂が宿っているということは、ほとんど常識といって良いものであったと考えられます。
むしろ御魂の方が本体であって、肉体はその乗り物にすぎない。
そして誰もが、肉体だけでなく、御神体としての魂を持っていると考えられていたのです。

そして魂は、御神体ですから、神様の声を直接聞くことができます。
けれども肉体にはその声は聞こえませんから、その結果を神様に教えていただくのではなくて、神様のもとにお伺いして聞いてきた自分の御魂に聞くのです。
それが太占(ふとまに)です。

この太占の答えは、鹿の骨のひび割れのパターンですが、そのパターンは50通りに分類され、それぞれのパターンごとに意味が付せられていました。
そのパターンを記号化したものが、神代文字です。
神代文字には、ひび割れとは似ても似つかない文字もありますが、それらは50個あるそれぞれのひび割れの保つ意味を記号化したものといえます。
つまり神代文字には、
(1)ひび割れのパターンそのものを記号(文字)にしたもの
(2)そのパターンの持つ意味を記号(文字)にしたもの
の2通りの種類があるのです。

イザナキとイザナミは、こうして神々から聞いてきた答えを太占(ふとまに)で得ます。
果たしてその答えは、
をみなまずいふ よりてよからず
「因女先言而不良
またかへりて あらためていへ
 亦還降改言」
というものでした。

イザナキが予測した通り、天の御柱を回るという婚礼の儀に際して、先にイザナミの側から声をかけたのが、やはりよくなかったのです。
そこで二神は、あらためて婚礼の儀をやり直し、今度は先に男性であるイザナキから、「おお、いとしい女性よ」と声をかけるわけです。

この「男性から声を掛ける」ことの説明が、実は、上の段にあった「天御柱を右から周る、左から回る」の記述です。
「右から、左から」というのは、物事の合理性を説明したものであると書かせていただきましたが、実は男性から声をかけるということもまた、合理的なことなのです。

これはドーキンズの『利己的遺伝子』論で明かされたことですが、男性が理論上は無尽蔵に子種をまく事ができるのに対し、女性には生理期間と妊娠期間があり、このため生涯の出産回数に制限があります。
ですから女性ができるだけ良い遺伝子を遺すためには、男性を選り好みしなければなりません。

このため多くの動物では、男性が女性に選ばれようとして立派な姿(ライオンや孔雀などを想像してみてください。オスの方が立派な外見をしています)になるのですが、人間の場合、お化粧をして身ぎれいに飾るのは女性の側です。

この状況で誘うのも女性ということなってしまうと、男性は出産回数の制限がありませんから、誘われたら種をまくだけの、ただの女性の下僕になってしまいます。
けれど人類の場合、男性には(子供を含めて)女性を守るという義務と責任があります。
とりわけ妊娠期間中や子が幼いうちは、女性は自ら食料を得ることが出来ませんから、食べ物を運ぶのはもっぱら男性の役割になります。

このとき男性に「自分が選んだ女性なのだ」という自覚があると、それだけ男性の責任感が増し、妊娠期間中や子供が幼いうちの女性の側のリスクが減ります。
そしてそのために女性は、自らお化粧をしながら男性からの誘いを何度も断わり、男性が生涯その女性に尽くすと誓うようになってはじめて、クミドを承知するわけで、これは実に理にかなったことということができます。

こうしたことを踏まえて、古事記は「男性から声をかけなさい」と説いているのではないでしょうか。


お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
3月9日(土)18:30 第60回 倭塾公開講座
3月16日(土)18:30 第35回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
4月13日(土)13:30 百人一首塾&新元号奉祝特別イベント ※池袋で開催です。
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
5月11日(土)18:30 第37回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(401会議室)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)



動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは
03-01 諸命以と修理固成という重要語
03-02 見立てると成り成りて
03-03 ヒルコをめぐる三つの意味とは
03-04 神議(かむはか)り
03-05 国生みと神生み
03-06 イザナミの神避りと古代の葬祭


動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気
12 進取の気象
13 信義
14 国旗
15 慈善 





関連記事

コメント
「回り終えたとき、先に女性神であるイザナミの方から、
 あなにやし えをとめを
「阿那迩夜志愛(上)袁登売袁」」

女性神のイザナミが、えをとめを、と言っては変です。ここはえをとこを、でしょう。
2019/04/09(火) 00:06 | URL | #AIlHpmOk[ 編集]
国の始まりが大和の国、島の始まりが淡路島
「科捜研の女」みたいに痕跡と事実を調べまくる?
それが歴史を學ぶ事?
マニアックな方々を大勢見掛けますが、そういう事なのでしょうか?

御先祖様の様々な経験や判断。価値の根元を教えとして學ぶ。
と…ねずさんは仰っています。
しかし…いきなり古事記や日本書紀に取り付いても荷が重すぎます。
ねずさんと一緒に歩きながら、それを実感し続けています。

「寅さん」は言いました。
-------------------------
いいかい?
ハイ。
並んだ数字がまず一つ。
物の始まりが一ならば、国の始まりが大和の国、島の始まりが淡路島、泥棒の始まりが石川の五右衛門なら、助平の始まりがこのオジサンっての。
ね。
笑っちゃいけないよ。
助平ってわかるんだから…目付きみりゃ。
-------------------------
先ずは大雑把な捉え方で入ってみる…それも子供の頃から!
大切な事だと思います。
2019/04/08(月) 10:22 | URL | takechiyo1949 #VCU7f5e.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク