アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


七五読み古事記(6)国生み

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


記紀が書かれた時代には、富士山もまた、噴煙をあげる活火山でした。
アカホヤの記憶が残る日本では、富士山のことを話題にして、今度は富士山が爆発したらたいへんなことになる。
そう考えられて、記紀には富士山のことに触れられていない。
同様に、アカホヤのことも触れられていない。
その代り、アカホヤの噴火を生き残った人たちが、どのようにして日本全国に広がって行ったのかが、記されたのではないでしょうか。


20190423 国生み
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


七五調で読む古事記
1 天之御中主神
2 諸命以
3 成り成りて
4 蛭子誕生
5 太占(ふとまに)
6 国生み
99 しほみつるたま



かくのごと いひおえて
如此言竟而
みあひして うみませるこは
御合生子
あはぢのほの さわけしま
淡道之穗之狹別嶋(訓別、云和気。下效此)
つぎにはいよの ふたなしまうむ
次生伊豫之二名嶋
このしまは
此嶋者
みひとつに おもてよつあり
身一而有面四
おもてのごとに ながありて
毎面有名
かれいよのくに えひめといひ
故、伊豫国謂愛上比賣(此三字以音、下效此也)
さぬきのくには いいよりひこ
讚岐國謂飯依比古
あはくには おほげつひめ
粟國謂大宜都比賣(此四字以音)
とさくには たけよりわけと いひませる
土左國謂建依別
つぎにはおきの みつこしま
次生隠伎之三子島
またのなあめの おしころのわけ
亦名天之忍許呂別(許呂二字以音)
つぎうまれるは つくししま
次生筑紫島
このしまもまた みひとつに おもてよつあり
此島亦、身一而有面四
おもてのごとに ながありて
毎面有名
つくしのくには しらひわけ 
故、筑紫国謂白日別
とよくには とよひわけ
豊国謂豊日別
ひのくには たけのひむかの ひのとよくじの ひねのわけ
肥国謂 建日向日豊久士比泥別(自久至泥以音)
くまそのくに たけひわけ 
熊曽国謂 建日別(曽字以音)
つぎうむは いきのしま
次生伊伎島
またのなあめの ひとつのはしら
亦名謂天比登都柱(自比至都以音、訓天如天)
つぎにつしまを うみましき
次生津島
またのなあめの さてのよりひめ
亦名謂天之狭手依比売
つぎにうむは さどがしま
次生佐度島
つぎにうむは ひろきやまとの ゆたかなる あきつしま
次生大倭豊秋津島
またのなを あめしろしめす うろのそらなる ゆたかなる あきつねのわけ といふ
亦名謂天御虚空豊秋津根別
ゆゑにこの やしまをさきに うむにより
故、因此八島先所生
おほやしまのくにといふ
謂大八島国

はじめに水蛭子(ひるこ)が生まれてしまったイサナキとイサナミは、あらためて創生の神々から御神託を得て、再度、天御柱(あめのみはしら)をまわり、今度は男性の方から声をかけることで、国生みが行われます。
まぐわいを行うにあたって男性から声をかけるというのは、物事の合理性を云います。
男性は種を撒(ま)くだけですから生涯の出産回数に制限はありません。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH




一方女性は、生涯の出産回数に制限があり、しかも妊娠期間中や子供が幼いうちは、乳をあげたりおしめを変えたりと手がかかり、子供が成長するまでの間、生活のための糧(かて)を得ることができません。
つまり産前産後から子が成長するまでの間、男性が女性の面倒を見なければならないのですが、はじめに女性の側から声をかけてコトに及べば、男性は、ただ求められて種を撒いただけのことになってしまい、以後の女性や子供の面倒をみる責任が生じません。

ところが男性の側から声をかけて種を植えたとなれば、そのことについての責任は、当然男性が負うことになります。
従って、子の安全を確保するためにも、コトに及ぶときは男性から声をかけることが必要な道理になるわけです。

こうして子が生まれます。
はじめに生まれた子は、淡道之穂之狭別島(あはぢのほのさわけしま)です。
これは淡路島のことですが、「稲穂の狭別」というのは、稲穂を挟(はさ)んで二つに分けるという意味になります。つまり本家から分かれて、そこに稲穂を持って入植したということになります。

次に生まれたのが伊予之二名島(いよのふたなのしま)で、これは四国のことです。
四国は、体はひとつなのですが顔が四つあって、その顔ごとに名前があると記されています。
四つというのは、愛媛県(伊予国)、徳島県(阿波国)、高知県(土佐国)、香川県(讃岐国)です。

伊予国は別名が愛比売(えひめ)です。
讃岐国は、飯依比古(いいよりひこ)です。
粟国(阿波国)は、大宜都比売(おほげつひめ)です。
土佐国は、建依別(たけよりわけ)です。

比売(ひめ)と比古(ひこ)と別(わけ)の三種がありますが、なぜこのような別名が付せられているのかというと、「その名の姫や彦が、はじめにその地に入植したことを表している、別というのは、その入植者からさらに子や孫が分かれて入植したことを示しているのではないか」というのが、『ねずさんの古事記』での解説です。

以下、隠伎之三子島(おきのみつごのしま)、筑紫島(筑紫国、豊国、肥国、熊曽国)、伊伎島、津島、佐渡島が生まれ、最後に大倭豊秋津島(おほやまととよあきつしま)が生まれます。
そしてここまでの島が先に生まれたから「大八島国」と呼ばれるようになったのだと古事記は書いています。

大倭豊秋津島の別名は、天御虚空豊秋津根別で、一般に「あまつみそらとよあきつねわけ」と読みくだされますが、上の七五読みでは、「あめしろしめす うろのそら とよのあきつね わけ」と読ませていただきました。
「天御」は「天(あめ)の御(しろしめ)す」です。
「虚空」の「虚」は訓読みが「うろ」、「空」は「そら」ですから、虚空にある天の神々が御(しろしめ)すです。

「豊秋津」は、秋津(あきつ)は、トンボのことであるとされますが、奈良県吉野町のあたりや御所市のあたりは、大昔は秋津町と呼ばれたところです。
しかし、そうとはいっても「豊秋津」が「豊かなトンボ」では、何を意味しているのかわかりません。
また「秋の津」でも、その意味はつかむことができません。

ところが大和言葉は一音一字一義です。
それで「あきつ」を考えると、次のようになっています。

「あ」=生命の出会い(訓読みが「あ」の漢字=合逢遭和)
「き」=生まれ出るエネルギー(訓読みが「き」の漢字=気木生黄樹)
「つ」=集まる海辺の津(訓読みが「つ」の漢字=津尽浸付)

つまり「あきつ」というのは、
「生命が出会って
 新たなエネルギー(子)を生み、
 その人たちや子や子孫が集まる海辺の津」

を意味する単語ということになります。

「出会い、広がり、また集う」というのが日本の古くからの考え方です。
出会うことで何かが始まり、それを広げ、また集う。
その繰り返しを継続することが、繁栄と安定を生むのです。
その意味で秋津島を最初に描くのではなく、最後に描いたと読むことができるのです。
ほとんど秘伝的な記述の部分です。

ところで、古事記にも日本書紀にも、富士山の記述がありません。
なぜないかについては諸説ありますが、ひとついえることは、記紀はいずれも日本史上最大の噴火であるアカホヤの破局噴火のことについても、ひとことも触れていないことです。
火山の噴火はおそろしいもので、溶岩の恐ろしさだけでなく、噴煙に含まれるガラス成分が肺に突き刺さり、肺を持つすべての動物を死に至らしめます。

七三〇〇年前に起こった鹿児島沖のアカホヤの大噴火は、その火山灰が遠く東北地方にまで数十センチ降り積もったほどの大噴火であったわけですが、当然のことながら、降ってきたのは火山灰だけでなく、ガラス成分もまた大気中に拡散されたわけです。
地上の作物は火山灰に埋もれ、生物は肺をやられて死に至る。
おそらくこのアカホヤの大噴火のとき、日本列島ではかなりの数の人がお亡くなりになったものと思われます。
ただ、おもしろいのは、人間というものは(人間だけに限らずすべての動物がそうですが)、壊滅的な災害に遭っても、必ずそこを生き延びる人がいるということです。

ですからアカホヤの大噴火のとき、おそらく日本列島では人口の7〜9割の人がお亡くなりになるという大悲劇があったものと思われますけれど、だからといって、日本列島で暮らしていた人々がすべて死滅したことにはなりません。

3万年前から1万6千年前くらいまで、曙海の沿岸で暮らしていた人々は、海面の上昇によって土地を追われ、その一部の人達が北上して日本列島に移り住み、日本全国のあちこちに移り住んだことでしょう。
そしてそこで何千年もの営みが続けられるのですが、7300年前のアカホヤの破局噴火で、その多くが死滅してしまいます。
なにしろ破局噴火というのは、普通の噴火もおそろしいですが、そのおよそ400倍の威力があるのです。

けれど不思議なもので、どんな壊滅的天変地異があっても、そのなかで必ず生き残る人たちがいます。
この時代は縄文時代にカウントされていますが、縄文時代の遺跡はアカホヤの噴火前も噴火後も継続して日本列島に存在しているのです。
人口はおそらく3分の1から10分の1くらいにまで減少したことでしょう。

けれど生き残った人たちは、互いに協力しあって生活し、その子孫が日本列島にあらためて広がって行くのです。
そんな様子が、今回の古事記の記述のところに記されているのではないかと、私は思っています。一組のカップルであっても、倍々ゲームで子孫が増えていけば、たった700年で計算上は1億3千万人に達します。
日本の歴史は、700年どころか万年の単位で続いているのです。

しかし、アカホヤの破局噴火のようなおそろしい出来事は二度と起こってほしくない。
だから記紀には大噴火のことは、富士山を含めてまったく記されていません。
なぜなら日本は言霊の国だからです。
言ったことが現実化してしまうのです。
触らぬ神に祟(たた)りなしです。

記紀が書かれた時代には、富士山もまた、噴煙をあげる活火山でした。
アカホヤの記憶が残る日本では、富士山のことを話題にして、今度は富士山が爆発したらたいへんなことになる。
そう考えられて、記紀には富士山のことに触れられていない。
同様に、アカホヤのことも触れられていない。
その代り、アカホヤの噴火を生き残った人たちが、どのようにして日本全国に広がって行ったのかが、記されたのではないでしょうか。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
5月11日(土)18:30 第37回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(401会議室)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)



動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは
03-01 諸命以と修理固成という重要語
03-02 見立てると成り成りて
03-03 ヒルコをめぐる三つの意味とは
03-04 神議(かむはか)り
03-05 国生みと神生み
03-06 イザナミの神避りと古代の葬祭


動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気
12 進取の気象
13 信義
14 国旗
15 慈善 





関連記事

コメント
その最大の謀略は、我が国が主権を失っていた白人GHQ占領下に 「11宮家から皇籍を剥奪した」!!ことなのです。
3月20日に昭和天皇の初孫であり、
今上陛下の姉上だった照宮成子内親王殿下が嫁がれた
東久邇盛厚王殿下とのご長男だった東久邇信彦氏がお亡くなりになったその日に
参議院財政金融委員会に於いて、大塚耕平参議院議員が
「東久邇家には戦後3世代に亘って多くの男系男子がいらっしゃる」ことを、
同委員会で取り上げたことは「偶然」とは思えない必然性を感じております。


天皇は、日本国の“祭祀王”であり
キリスト教世界の頂点に存在されている“ローマ法王”と同様の歴史的な存在なのです。

国連人権委員会で女性天皇を認めない日本は、
女性差別国家などとの批判があがったりしていますが、
「ローマ法王に女性を認めないキリスト教社会は女性を差別している」と、
切り返すことができるのです。
また、我が国は過去に「女性天皇」が存在しており、
「女性ローマ法王」を認めないキリスト教社会より、
女性を尊重してきた歴史があると反撃することも可能なのです。

現在、我が国の「国体」(天皇を頂点とする国の形)は、地球上の“宝”であり、
それを苦々しく思っている国は様々なことを仕掛けて
「皇室」を破壊しようと策してきました。
その最大の謀略は、我が国が主権を失っていた白人GHQ占領下に
「11宮家から皇籍を剥奪した」!!ことなのです。

皇室の真髄は、内廷皇族がこぞって
“祭祀”を通して国家国民の安寧を祈って戴くことに尽きるのです。
2019/04/28(日) 06:32 | URL | 条項 #-[ 編集]
民族の記憶と神話
私は西オーストラリアのパース郊外に住んでいます。海岸から数十キロ離れた高台ですが、近くの公園に行くと、ここは七千年前は海底で、魚が泳いでいた、と子供教育用の石碑に英語で書いてあります。まさか子供にうそを教えることもないだろうと調べると、その頃、カナダの大氷湖が溶けて大西洋に流れ出てしまい、世界的に今より海面が5メートルも高くなっていたとのこと。日本では縄文の海進というようですね。火山の大爆発に加え、海岸線が山のふもとまで失われれば、日本は大変な危機に陥ったと思います。イザナギの九州でのみそぎ、イザナミの火傷と引退、本来は海神であるはずのスサノオの不始末、アマテラスが洞窟からでてきて世界を照らして新しい統治者になる、といった話は、すべてその頃の民族の記憶であろうと思っています。日本人はただ生き残るだけでなく、記憶を神話として伝承していったというのがすごいと思います。
2019/04/27(土) 10:44 | URL | Toshiro Akizuki #-[ 編集]
山の噴火は恐ろしいです
昭和36年(1961年)…夏の午後。
軽井沢にて浅間山噴火に遭遇。
とにかく物凄かったです。
山の噴火は恐ろしいです。

我国は言霊の国だから
言ったことが現実化してしまう
触らぬ神に祟り無し!
ねずさん
脅かさないで下さいよ。
2019/04/27(土) 08:42 | URL | takechiyo1949 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク