アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


心あてに折らばや折らむ

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


政治のことを「色物(いろもの)」と言います。
虹を見たらわかります。
虹は七色と言われ、虹を見ると赤から黄色、青の色があるのがわかりますが、ではどこまでが赤で、どこから黄色になり、青になるのか、その境界線はきわめて曖昧です。
しかし境界は曖昧でも、それでもやっぱり赤は赤、青は青です。


20190425 凡河内躬恒
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


百人一首の29番に凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)の歌があります。

 心あてに折らばや折らむ
 初霜の置きまどはせる白菊の花

(こころあてに おらはやおらむ はつしもの
 おきまとはせる しらきくのはな)

歌を現代語訳すると、
 あてずっぽうにでも、折れるなら折ってしまおう。
 初霜が降りているのと見惑わせる白菊の花
となります。

凡河内躬恒は、身分は決して高くなかった人ですが、後年、藤原公任(ふじわらの きんとう)によって、三十六歌仙のひとりに選ばれました。
紀貫之(きの つらゆき)とも親交のあった和歌の世界のエリートです。
そしてこの凡河内躬恒は、たいへんに思慮深い、深みのある歌を多く詠む大歌人(詠み口深く思入りたる方は、又類なき者なり)と言われた人でもあります。

ところがこの歌を正岡子規は、
「初霜が降りたくらいで
 白菊が見えなくなるわけがないじゃないか」
と酷評しています。
このため多くの訳も「霜の降る寒い朝に、白菊の花を折ろうと思っても、霜か白菊か区別がつかないよ。仕方がないから、あてずっぽうに折ってしまおう」といった、あくまでも霜と白菊に限定した解釈しかなされていいないようです。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH




正岡子規が指摘しているように、いくら霜が白いといっても、菊の花と霜の区別くらい、誰だって簡単に見分けがつくことです。
では、そんな歌のどこが名歌といえるのでしょうか。

実はこの歌を読み解く最大のキーワードは「白菊」です。
菊の御紋は、いったいどういう人たちが用いるものでしょうか。
わたしたちがよく知る「錦の御旗」に代表される菊の御紋は、皇室の御紋で、正式名称は「十六八重表菊」といいます。
戦前までは、皇族になると同じ「菊の御紋」であっても花びらの数が違っていて「十四一重裏菊」の御紋になります。

また、有栖川宮様、高松宮様、三笠宮様、常陸宮様、高円宮様、桂宮様、秋篠宮様なども、それぞれ菊の御紋をお使いになっておいでになりますが、それぞれ図案はご皇室の「十六八重表菊」とはデザインが異なるものになっています。
ご興味のある方は、ネットなどでお調べいただいたら良いですが、要するに菊の花というのは、そのままご皇室を暗示させる用語になります。

そして「霜(しも)」は、同じ音が「下(しも)」です。
つまり凡河内躬恒は、たとえご皇族であったとしても、下との境目の見分けがつかないなら、手折ってしまえ!と言っているのです。
凡河内躬恒は、日頃はとてもおだやかな人であったと伝えられています。
けれどその穏やかな人が、この歌では実はものすごく過激な発言をしているのです。

所有を前提とする社会では、上の人は下の人を所有(私有)しますから、下の人が上の人を批判したり、「手折ってしまえ」などと過激な発言をしたら、その時点で殺されても仕方がないことになります。
ところが、歌がうまいとはいっても、身分は下級役人でしかない凡河内躬恒が、このような過激な発言をしても、まったく罪に問われることはない。
つまり、この歌は、ひとつには凡河内躬恒が生きた9世紀の後半から10世紀の前半にかけての日本、つまり千年前の日本に、ちゃんと言論の自由があったことを証明しています。

この歌の意味は、詠み手の凡河内躬恒が「白菊と霜の見分けがつかない阿呆」なのではありません。
菊の御紋は、一般の民衆を「おほみたから」としているのです。
ですから権力者が統治する下々の人々は、権力者から見たときに、それを「おほみたから」とするご皇室の方々と同じ位置にあるのです。
そういうことがわからないなら、それがたとえ御皇族の方であったとしても、「手折ってしまえ」と凡河内躬恒は詠んでいるのです。

初霜と白菊は、同じようにみえるものであっても、その本質がまるで異なるものです。
そして民衆は「支配するもの」ではなくて、
民衆は、天皇の「おほみたから」です。
ところが、権力を得ようとする人や、権力に安住する人、あるいは権力を行使する人は、ややもすれば、自分よりも下の人を、自分の所有物と履き違えます。
その区別は、実はとてもむつかしい・・つまり両者はとても似ているのです。

言葉にすれば「シラス」と「ウシハク」の違いです。
けれど、その違いは、権力に目がくらむと、まったく見えないものになります。
なぜなら「シラス」も「ウシハク」も、どちらも統治の基本姿勢のことであり、「統治」という意味においては、白菊と霜の白い色のように、同じ色をしているからです。

政治のことを「色物(いろもの)」と言います。
虹を見たらわかります。
虹は七色と言われ、虹を見ると赤から黄色、青の色があるのがわかりますが、ではどこまでが赤で、どこから黄色になり、青になるのか、その境界線はきわめて曖昧です。
しかし境界は曖昧でも、それでもやっぱり赤は赤、青は青です。

だからこそ我が国は、古来から「シラス」を統治の根本としてきました。
けれど、いつの時代にも「ウシハク」人はいるのです。
その違いがわからないなら、「心あてに折らばや折らむ」、
つまり当てずっぽうでも良いから折ってしまえ(放逐してしまえ!)と凡河内躬恒は詠んでいます。

これを我が国の高位高官の人が言ったというのなら、いささか傲慢さを感じてしまうのですけれど、身分の低い凡河内躬恒が、うたいあげたところに、この歌の凄みがあります。

百人一首の歌の順番には、歌を解する上において、とても大きな意味があるのです。
そしてこの歌は28番歌の源宗于(みなもとのむねゆき)と並んで、我が国の統治の在り方の本質を、わたしたちに厳しくもやさしく教えてくれている歌なのです。

(出典:『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』)

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
5月11日(土)18:30 第37回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(401会議室)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)



動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは
03-01 諸命以と修理固成という重要語
03-02 見立てると成り成りて
03-03 ヒルコをめぐる三つの意味とは
03-04 神議(かむはか)り
03-05 国生みと神生み
03-06 イザナミの神避りと古代の葬祭


動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気
12 進取の気象
13 信義
14 国旗
15 慈善 






関連記事

コメント
No title
日本が、日本の皇室が守られることをただただ信じ、祈ります。旧宮家の方々の皇籍復帰を日常生活においても人々に話していく所存です。
2019/05/02(木) 21:58 | URL | 六本木の住民 #x6v3ozUU[ 編集]
No title
5月1日の「即位後朝見の儀」と午後の天皇陛下皇后両陛下へのごあいさつで列席されていた皇族の方々を拝見していて、日本の現在の縮図を感じました。それは少子高齢化です。車いすや杖をお使いになられているお姿を拝し、まさしく日本の世の中を映しています。まずは皇統の安定をはかることをしなければ、日本の少子高齢化も止まらないでしょう。
2019/05/02(木) 11:20 | URL | 三上正弘 #-[ 編集]
凄く簡単にできるシンプルな話! 白人GHQが潰した11旧宮家を元に戻せば済む話

反日在日ネットワークをぶっ潰せ!


 政府は、06年に朝鮮連合小泉政権が女性、女系天皇を容認する皇室典範改正案の国会提出を模索したものの、秋篠宮妃紀子さまが懐妊されたことを受けて断念。12年には在日野田政権が皇族減少への対策として女性宮家創設を軸とする論点整理を公表したが、政権交代で実現しなかった
2019/05/02(木) 09:58 | URL | さち #-[ 編集]
ローマ法王もロスチャイルドもみんな男系だった!


ローマ法王はありか

これは気がつきませんでした。
調べてみるとカトリックでは法王はおろかその下の司教、司祭、助祭に至るまで女性がその位階につくことは禁じられているようです。
女性が天皇になれないのはおかしいなどと言う軽薄な御仁には,
それを言うならカトリックを先に批判しろ、で終わりですね。
2019/05/02(木) 09:37 | URL | woodhome #-[ 編集]
反日主義
平成が終わり令和が始まりました。
天照大神を始祖とする日本の歴史は2千年を超える世界に類のない国です。
その間に、日本固有の文明を創ってきました。令和が世界の平和に寄与する時代になって欲しいと期待しています。

隣国の韓国は反日を国是としています。
5千年の歴史を誇っているが朝鮮固有の歴史文化はなにもありません。
中国の属国として中華化し、氏名まで中華風に変えて小中華として中華に忠誠を尽くしていました。

歴史は中華歴史を学び、文字は漢文でハングルは打ち捨てられていたのです。日清、日露戦争によって独立したものの独り立ちが出来ない国でした。

そんな国を日本が併合し、近代化を進めたのです。韓国の歴史教育では独立政府が日帝と戦って独立を果たしたかのように教えているがそんな事実はありません。

韓国は併合後、日本の統治を肯定的に受け入れ、日本人として生活をしていたのです。全国民が親日でした。それが反日に転じたのは日本の敗戦です。敗戦後の日本は戦犯国として裁かれ、焦土となった最貧国になったのです。

日本人として暮らしていた韓国人にとっては青天の壁礫でした。
日本と同じ戦犯国にならないためには戦前の日本統治を全否定し、被害者になるしかありませんでした。

が、半島から日本人が去った後の統治は、反日を口にしながら親日だった韓国人が日本の統治制度をそのまま継承しました。当時の韓国人は表面的には反日でも心はまだ親日だったようです。

日本人を悪として日本の統治を否定するために反日教育を行い、子供たちに日本に対する「恨み」を植え付けてきました。その結果が今の韓国です。

元駐韓大使館参事官だった松本厚治氏の著書:韓国「反日主義」の起源(2019年3月4日発行)を読んでください。氏の著書によると韓国の反日は永遠に止むことはないと書いています。

反日が「宗教」になった以上それを変えることは至難の業です。
平成から令和に変わったことを祝す言葉が文大統領から送られてきました。が、真意は「天皇利用」に過ぎません。

韓国との付き合いは距離を置き、程々にしておくことがいいかと思います。
2019/05/02(木) 09:37 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
手折ってしまえ
権力を得て、権力を行使し、権力に安住する者共?
それらにぶら下がる輩?
どちらがシラス?
どちらがウシハク?
私も「似非保守だ!」と言われています。
自ら保守を名乗ったことは一度もありません。
そういうレッテルを貼り歩くことが好きな連中は大勢います。
良く似てますから、最初から見分けることは難しいです。
『手折ってしまえ』
気持ちは良く分かります。
2019/05/02(木) 09:07 | URL | takechiyo1949 #-[ 編集]
皇籍をGHQに剥奪されて、皇籍降下される皇族に対して昭和天皇は 「またいつ皇室に復帰されるかも知れないので慎ましく生活していてください」 との趣旨を述べられたことは周知の事実



これまで国民には、
ここに提示した皇族に復帰できる立派な男子の皇族の存在情報が
封印されてきました。!!

大塚耕平議員が、同書の旧皇族の家系図のフリップを示されて、
東久邇家にいらっしゃる悠仁親王殿下と又従兄弟の同世代の五名の男子を
説明されていたのなら、その内の二家族が皇籍復帰していただけるだけで、
悠仁親王殿下が天皇になられて男子の御子様が誕生されなくても、
悠仁親王殿下と同世代の東久邇家五名の男子には
すでに三名の男子の御子様がいらっしゃるので、
皇室は100年安泰になることを国民は一瞬で理解できたと思われます。

安倍首相等国会議員は、
旧皇族に触れると戦後70年を過ぎ民間人云々と発言しますが、
皇籍をGHQに剥奪されて、皇籍降下される皇族に対して昭和天皇は
「またいつ皇室に復帰されるかも知れないので慎ましく生活していてください」
との趣旨を述べられたことは周知の事実です。

それに対して、安倍首相等国会議員のひとつ覚えのような
「70年を過ぎ民間人云々」のことばは通用しません。
2019/05/02(木) 08:57 | URL | 条項 #-[ 編集]
古今の人と新古今の人
菊花が皇室の紋章となるのは、後鳥羽天皇(上皇)が菊を大変好まれたことに由来するとされておりまして、凡河内躬恒の時代に菊花を以て皇室をあらわすことはなかったのではないかと愚考いたしますがいかがでしょうか。

ただし、百人一首の選出は後鳥羽上皇が破れ、流された後ですから、藤原定家が本文の御主張の意味を込めてこの歌を選んだのだということならあり得るかもしれません。
2019/05/02(木) 08:37 | URL | GX #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク