アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


5月3日は忘れてならない済南事件の日

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


予は病院において偶然其の死体の験案を実見したのであるが、酸鼻の極だった。
手足を縛し、手斧様のもので頭部・面部に斬撃を加へ、或いは滅多切りとなし、
婦女は全て陰部に棒が挿入されてある。
或る者は焼 かれて半ば骸骨となってゐた。
焼残りの白足袋で日本婦人たる事がわかったやうな始末である。
我が軍の激昂は其の極に達した。


20170504 済南事件


大正6(1917)年にロシア革命が起きました。
共産主義は社会の対立を煽(あお)り、対立を正当化します。
当時のChinaは、社会環境が劣悪でしたから、民衆の社会への不満が高まっていました。
そうした不満に裏から資金や武器を提供すれば、その動きは激しさを増します。

当時のChinaは、明治44(1912)年に清王朝が倒れたばかりです。
同年1月1日に、南京で孫文(そんぶん)が中華民国臨時政府を樹立して臨時大総統職に就任しましたが、孫文は「孫大砲」と呼ばれる口舌の徒で、軍事力が弱い。
そのためChina社会を牛耳る各地の軍閥を掌握できずにいました。

Chinaでは、ホラ吹きのことを「大砲」と呼びます。
孫文はインテリで口説の徒ですから「孫大砲」です。
口説の大砲は、いくら撃っても痛くない。
けれど各地を仕切る軍閥の大砲は、ドンと撃てば人が死にます。
だから軍閥の力は強い。
孫文は当時の世界の先進国であった日本に留学し、Chinaの平和を希望する日本人から資金援助でChina革命を起こしましたが、各地の軍閥の掌握ができない。

そこで北京軍閥の長である袁世凱(えんせいがい)に、大正4(1915)年に大統領職を譲り、袁世凱は「中華帝国」初代皇帝に即位しています。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH





ここは大切なところです。
いまでも「中華民国」の成立は1912年(明治44年)とされていますが、なるほど「孫文の中華民国」はそのときに成立していますけれど、成立のわずか3年後の1915年(大正4年)末には倒れて、袁世凱の「中華帝国」が誕生しているのです。
ところがその「中華帝国」も、翌1916年(大正5年)3月には、帝政取り消し声明が出され、これによりChina国内は軍閥が群雄割拠する「国のない時代」に突入します。

ちなみに下の図が「袁世凱の中華帝国」の国旗です。
20170504 中華帝国

さて、こうした中で、大正9(1920)年に起こったのが「尼港事件(にこうじけん)」です。
「尼港事件」は、ロシアのトリャピーチン率いる、ロシア人、Korean、Chinese約四千のならず者たちが、共産パルチザンを名乗って、黒竜江(アムール川)の河口にある尼港(現・ニコライエフスク)を襲った事件です。

この事件で、石田領事を含む約700名の日本人居留民が虐殺されました。
このときはまだ、狙いは日本人ではなく、白系ロシア人たちでした。
しかし日本人は、眼の前で白系ロシア人たちが虐殺(というよりも大量屠殺に近い)される様子を見て、これに抗議しました。
そして巻き添えを食う形で、日本人も虐殺されました。

尼港事件で味をしめた共産パルチザンは、日増しに乱暴狼藉を激化させました。
昭和2年になると、日本国内では大正デモクラシーの影響で、日本の思想界、言論界、政界、財界、メディアとも、極端な平和主義と反軍主義が横行し、
「日本の軍傭を縮少し、Chinaや欧米に対して、萎縮外交をせよ」
「内需経済にこそ、歳費を注ぐべきだ」
などという新聞見出しが踊った時代です。
日本が安全保障理事国を務めた国際連盟の平和思想や、欧米列強の軍縮の呼びかけなどの影響もあったものと思いますが、風潮は昨今の日本と似ているといえるかもしれません。

それにしてもこの時代の日本は、まるで戦後のどこかの国と同じで、日本の軍隊の存在自体を悪だと決めつけるような風潮にありました。
おそらくスパイ工作もあったことでしょう。
日本の国内言論が反軍、軍縮一辺倒になる一方で、Chinaでは、日本に対する露骨な排日侮日運動が行われ出したのです。

軍事というのは、いざというときに行使できるから、相手国にとって脅威となるのです。
最初から、行使しません、あるいは行使そのものをためらう風潮があり、一方で、客観的な軍事動員可能数が、20分の1程度しかないとなれば、当然に相手側からしたら、やりたい放題になります。
それが排日侮日反日運動の正体です。

もちろん当時の日本には、軍がありましたし、また政治においては政友会や一部の新聞においても、満蒙の邦人擁護のために日本は軍事力を行使すべし、という主張はありました。
もはや平和外交では満州問題は解決しない、正義は力を振るってこそ正義となり、力なき正義は、悪徳に他ならないという主張もあったのです。

ところがこの時代の日本は二大政党制です。
政友会が主張することであれば、民政党はすべて否定です。
民政党が主張することであれば、政友会はすべて否定です。
たとえば当時の鉄道は、政友会系の人が鉄道大臣のときには駅名が全部右書き、民政党系に政権交代すると、それが全部左書きに変えられました。
全国に交番が各地に二つずつあったのもこの時代です。
交番に民政党系交番と、政友会系交番があったのです。

議会がこのような状況にありますから、議員たちの関心は、もっぱら国内の闘争にありました。
海の向こうの大陸で何があろうが、知ったことではなかったのです。
それによって、当地に住む日本人がどうなろうが、選挙に関係なければ、関心の外でした。

そんな中で起きたのが、昭和3(1928)年5月3日の「済南事件」です。
済南というのは、山東省にある商業都市で、当時、日本人をはじめ、多くの外国人が居住していました。
その斉南で「Chinaの軍閥同士の大規模な衝突」が起こったのです。

日本は居留民保護のために、同年4月下旬には済南に派兵しました。
きわめて少数の派兵です。
居留邦人保護が目的だからです。
ですから派遣軍は、済南城の外にある商埠地にバリケードを築いて、戦いが及ばないようにしていました。

ところが総司令の蒋介石は、
「治安は国民党軍が確実に確保する。
 日本は(バリケードを)撤去して欲しい」
と要請しました。

その国民党軍によって治安が崩壊しているから、日本が派兵しているのです。
そんな中で、バリケードを取り去るなどということは、あり得ないことです。
ですから現場では、当然、受入れを拒否しました。

すると蒋介石は、日本政府に同じ申立をしました。
日本政府は、現場から遠く離れた日本の東京にあります。
そして無責任にも、バリケードを撤去せよと命令するのです。
バリケードは、5月2日に撤去されました。

そして起きた事件が「済南事件」です。

5月3日、蒋介石の国民党軍の兵士が、満州日報の取次販売店を襲撃して掠奪を働きはじめました。
アチラの人の掠奪というのは、実際に通州事件の際にそれを見た人の記録がありますが、とにかくなんでも持っていってしまうというすさまじいものです。
「持っていってしまう人」は、民間人だけではありません。
警察官から役所の職員まで全部です。
いざ暴動となると、職業による分類など一切関係なくなります。

さらにChinaでは古来、暴徒とヤクザと軍隊は同じものです。
つまり「蒋介石の国民党軍の兵士が、満州日報の取次販売店を襲撃して掠奪を働きはじめた」ということは、単に暴徒が暴れ始めたということであって、こうなると軍の統制も、政治関与もあったものではありません。
ひとたび火がつけば、そこにいるすべてのChineseが暴徒に早変わりします。

暴徒たちは、駆けつけた日本人の巡査にも、多数で暴行を加えました。
知らせを受けた日本陸軍は、急きょ救援部隊を現場に急行させました。
するとChina兵たちは、たちまち遁走し、国民党の兵舎に隠れて、銃撃を加えてきました。

やむなく日本軍はこれに応戦しました。
すると今度は、市内のあちこちで乱射や掠奪、暴行がはじまりました。

日本側は、全体の治安維持のために、冷静に国民党軍に停戦を呼びかけました。
ここに、いかにも日本人らしい「事態の履き違え」があります。

いったん暴徒となったら、兵も民もないのがChinaです。
いったん約束したら、それを最後までちゃんと守ろうとするのが日本人です。
しかしChinaでは、どんな約束も、相手を全員殺してしまえば、守る必要がないのです。
国際法上は、軍服を着ていれば兵です。
その兵は、国民党軍に所属しています。
その国民党の総裁の蒋介石が、「責任を持つ」と約束し、その約束に基いて、日本側はバリケードを撤去しています。
しかし暴動が起きたら一切の統制がなくなってしまうのもChinaの特徴なのです。

ですからChina兵は、白旗を掲げて停戦を呼びかける日本軍の軍使にさえ、China兵は銃撃を加えてこれを射殺しました。
戦時国際法も何もあったものではありません。
市内全域はたちまちのうちに修羅場と化し、各所で多数の日本人居留民の男女が、暴兵の手で惨殺されました。

この事件で、日本人女性が両腕を帯で後手に縛られたうえ、顔面、胸部、乳房に刺創、助骨折損、陰部には棒をさしこまれ惨殺されていた写真などが現在でも残っています。
下のものです。

斉南事件の被害者(24歳の女性)
斉南事件の被害者24歳の女性


この事件で被害にあった男性は両手を縛られ地上を引きずられたうえ、
頭骨破砕、小脳露出、眼球突出して殺害されていた者、
顔面破砕され、両眼を摘出して石をつめられて殺害された者、
頭および顔の皮をはがれたうえ、眼球摘出、内臓露出、陰茎切除して殺害されるなど、
およそ人間のすることとは到底思えないような残酷さで12名が凄惨な殺され方をし、その他約四百余名が暴行、強姦、掠奪によって重軽傷を負う被害を受けています。

当時の外務省公電にある公式文書です。
=======
腹部内臓全部露出せるもの、
女の陰部に割木を挿し込みたるもの、
顔面上部を切り落としたるもの、
右耳を切り落とされ左頬より右後頭部に貫通突傷あり、
全身腐乱し居れるもの各一、
陰茎を切り落とし・・・(以下略)
======

現場を視察した南京駐在武官佐々木到一中佐の手記です。
======
予は病院において偶然其の死体の験案を実見したのであるが、酸鼻の極だった。
手足を縛し、手斧様のもので頭部・面部に斬撃を加へ、或いは滅多切りとなし、
婦女は全て陰部に棒が挿入されてある。
或る者は焼 かれて半ば骸骨となってゐた。
焼残りの白足袋で日本婦人たる事がわかったやうな始末である。
我が軍の激昂は其の極に達した。
======

ちなみに上にある女性の写真は、間違いなく済南事件のときの新聞報道写真であり、被害者の女性も日本人、横に立っている男性も間違いなく日本人医師なのですが、いまの中共政府はこの写真を「日本陸軍七三一部隊による人体実験の犠牲者の写真」として流用し、さらに同じ写真を南京事件のChinese被害者として流用し、展示しています。
こういうインチキを国家規模で行うのもまたChinaの特徴です。

Chinaの歴史教科書にも掲載(翻訳版)
中国の歴史教科書のねつ造記事

731部隊記念館では蝋人形になって展示
731部隊記念館に使われたウソ


この尼港事件から斉南事件までの流れについて、
「もし当時の日本が早期に徹底した武力を用いてChinaの反日勢力に対して徹底的な弾圧と報復を行っていたら、事態はここまで深刻にならずに済んでいたのではないか」
というセンセイもおいでになります。

なぜそういえるのかというと、同じ時期、英米仏蘭独伊などは、Chineseに襲われていないからです。
なぜなら彼らは、たったひとりでも自国民にケガ人が出ようものなら、徹底的な反撃と打撃をChineseたちに与える。だからさしものChineseたちも怖くて手が出せなかったというわけです。

もちろん、それもあろうかと思います。
ただ日本だけが標的にされたのには、もうひとつの裏の事情があります。

清王朝の時代に、最下層の野蛮人としてこき使われていた朝鮮族が、この当時、「ウリたちは日本人だ。世界最強だ。お前たち漢族よりも偉いんだ」と言って、Chineseを襲撃し、財物を奪い、女性に対して次々と強姦をはたらき、証拠隠滅のために殺人を犯すという事件が多発していました。
もちろん、そのようなことをするのは、ごく一部の不逞Koreanでしかありませんし、大多数のKoreanたちは、まじめに普通に暮らそうとしていました。

しかし、国際社会では、たったひとりでも、おかしな行動をすれば、「○○人は」と言われてしまうものです。
まして、そのおかしな行動が、強姦や殺人などの凶悪犯であればなおのことです。

漢族たちも、こうした犯罪に対して、手をこまねいていたわけではありません。
彼らは、徒党を組んで犯人のあぶりだしをしました。
ところが、悪事が露見して、ヤバイと感じた不逞Koreanは、その度ごとに、
「ウリは日本人ある。Chineseに襲われて危険ある」といって、日本の軍隊に保護を求めてきました。

日本軍としては、形式上は彼らは「日本人」ですから、保護せざるを得ません。
そしてChineseたちの言い分も聞くのだけれど、KoreanとChineseでは、言っている言い分がまるで違っている。
日本軍としては、とりあえずKoreanの身柄を保護し、Chineseたちに引きさがってもらうしかありませんでした。

しかし、犯罪による被害にあったという事実は、決して曖昧にはならないものです。
実際、自分の妻や娘が殺されたとあっては、絶対に許せないと思うのは、これまた万国共通の人間としての本能です。そして恨みはますますつのる。
そしてそういう対立が生まれているところに、さらに対立をあおり、火に油を注いで事態を混乱させるのは、まさに共産主義者の常套手段です。

対立をあおられた被害者らは、共産主義パルチザンとなって、徒党を組み日本軍を襲撃し、満鉄への破壊工作を繰り返しました。
そしてそうした行動は、だんだん大きな戦略的な動きとなり、そしてついに大惨事を招くことになったのが、尼港事件であり、この済南事件であり、その後に起こる通州事件であったわけです。

ベトナム戦争でも、韓国軍は出動し、軍事的にはほとんど貢献しなかった一方で、銃を突きつけて村人たちを皆殺しにしたり、女性を陵辱しました。
ベトナム戦争は、北ベトナムという資本力も乏しく、国土も狭く、しかも大陸内の陸続きの国が、南ベトナムと世界最強の名高い米軍等を相手に、ついに勝利した戦いです。

世界中、共産軍というのは、相手が強ければすぐに逃げ出す弱兵なのに、なぜ、北ベトナムだけがそこまで強かったのかといえば、自分の女房や子供を、敵兵によって陵辱され殺されたなら、男なら誰だって命の限り戦います。たとえ両手両足がなくなっても、噛み付いてでも戦い抜く。

韓国人との混血児であるベトナムのライダハンは、釜山日報によれば3万人とのことですが、強姦され妊娠、出産する確立が10分の1と考えると、他にも陵辱され殺害された女性たちが数多くいたことを考えれば、いったいどれだけの数の女性たちが犠牲になったのか、想像を絶するものがあります。

だから北ベトナムの男たちは戦いました。
枯れ葉剤を巻かれて、息ができなくても、どんなに苦しくても戦い続けました。
思想の問題ではないのです。悲しみが結果としてどこまでも戦うという道を選び、そして北ベトナムに勝利を招いたのです。
その意味では、米国も敗戦の憂き目を見ましたが、ある意味、朝鮮族の被害者であったということができます。
米国のペンタゴンは、いまも韓国人をたいへんに嫌っているといいますが、さもありなんと思います。

韓国民の全て、あるいは朝鮮族の全てがこのような悪党とはいいません。
けれども、そういう悪事をはたらく者が、ひとりでもいれば、そこに恨みが残り、その恨みは増殖するのです。

済南事件においても、通州事件においても、その原因をたどれば、不逞Koreanに行き当たります。
そしてそのことが、結果として、彼ら朝鮮族を庇護した日本軍への怨嗟となり、漢族の日本人への恨みとなって、Chinaに派兵していた11カ国の中で、日本だけが標的になるという事態を招いたという事実もあるのです。

済南事件は、日本人が、忘れてはならない事件だと思います。

※この記事は2009年8月の記事のリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
5月11日(土)18:30 第37回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(401会議室)
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)



動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは
03-01 諸命以と修理固成という重要語
03-02 見立てると成り成りて
03-03 ヒルコをめぐる三つの意味とは
03-04 神議(かむはか)り
03-05 国生みと神生み
03-06 イザナミの神避りと古代の葬祭


動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気
12 進取の気象
13 信義
14 国旗
15 慈善 





関連記事

コメント
YAP遺伝子の発見と女系天皇と女性天皇についての議論

<前半省略>

・・・国会での白熱した議論では、「なぜ女系天皇ではいけないのか」が焦点となっていました。

実は、遺伝子には男性しか受け継ぐことができない特殊な遺伝子があります。

・・・遺伝学上、女系天皇になってしまった場合、YAP遺伝子は受け継がれません。

世界でもっとも権威ある科学雑誌と言われているNatureが、確か2007、2008年頃に「YAP(ヤップ)遺伝子」を取り上げたことがありました。

そのときは大して話題にはなりませんでしたが、日本の皇位継承問題が海外に伝わるに連れて、たびたびメディアに登場するようになりました。

mag20190308-9.jpg

YAP遺伝子は、すで学術的に認められています。

最近では、Natureの2018年8月29日の記事でも「YAP遺伝子」が取り上げられています。
2019/05/03(金) 17:51 | URL | 188 #-[ 編集]
一筋道…ホントに遠い
通州事件を思い出しました。
済南事件もあまりにも悲惨。
今朝の「ねずブロ」は涙を堪え切れません。

昭和3年5月2日(1928年)
済南のバリケードは撤去されてしまいました。
何という馬鹿なことを!
『議員たちの関心は、もっぱら国内の闘争にあり…海の向こうの大陸で何があろうが知ったことではなかった…日本人がどうなろうが選挙に関係なければ関心の外…』
事態の履き違え?
そういうものかも知れませんが「我軍が?」とガッカリです。

何が何でも『日本がやった!』とすり替える大陸人や半島人は、国連を巻き込んで我国に対する誹謗中傷や排日侮日反日運動を今も展開しています。
一方…我が国内でも、人権や平等を悪用する革命家が平気で議員になっています。
一筋道…ホントに遠い。
こういう史実を擴めながら一歩一歩前進させましょう。
2019/05/03(金) 12:20 | URL | takechiyo1949 #-[ 編集]
北京政府と南方政府
> なるほど「孫文の中華民国」はそのときに成立しています
> けれど、成立のわずか3年後の1915年(大正4年)末
> には倒れて

この書き方だと「孫文の中華民国」は1912年から3年ほどあったように読めますが、この中華民国は

1912年1月1日 孫文が南京で臨時大総統職の宣誓。中華民国が成立。
1912年1月22日 孫文、清朝皇帝退位と引き換えに袁世凱に臨時大総統職を譲る特別声明を発表。
1912年2月6日 南京の臨時参議院、清朝皇帝退位後の『優待条例』を承認。清室は民国政府により保護を受けるが確定。
1912年2月12日 清朝皇帝宣統帝溥儀、退位。
1912年2月13日 孫文、辞表を提出。臨時参議院に対して袁世凱の大総統就任を推薦。
1912年2月15日 臨時参議院、袁世凱の第2代臨時大総統就任を承認。
1912年3月10日 袁世凱、北京で中華民国第2代臨時大総統に就任。

という流れで、2か月で権力は袁世凱の下に。統治機構は北京の清国のそれをそのまま使っていますから、国名と国旗(五色旗=清朝一品官の旗)と国歌が変わったものの清国内での権力移動で、孫文をはじめとする革命派は権力を握れませんでした。辛亥革命は失敗なのです。この革命を1911~1912年のものとする限りは。

孫文はそのあと広東などの南方に移って、第2革命を起こして失敗したり、広州に政府を作っては怖しを繰り返します。この系統――いわゆる南方政府が青天白日満地紅旗を使う蒋介石の南京政府に連なります。
2019/05/03(金) 09:05 | URL | ミュート #-[ 編集]
(驚愕の真相
でなぜ日本は狙われたか[I] 地球支配者が天皇家と日本民族をどうしても 地上から抹消したい本当の理由がわかった!(超☆はらはら))
より引用
筑波大学名誉教授で遺伝子研究の世界的権威、村上和雄氏は、
以前より日本人が持つ特有の遺伝子、YAP遺伝子を発見され、その遺伝子の性質についての発言を広く世界に展開されているそうです。
日本人は、モンゴロイド系で、遺伝子は日本固有YAP(-)を持ち、これは中国人、韓国人、フィリピン人にもない遺伝子であり、YAP遺伝子は縄文人固有の遺伝子ではなく、中東から来たといいます。
古代イスラエル人と日本人くらいしかいないともいわれ、Y染色体DNAのD系統を高度で持つことで有名であり、Y染色体DNAのD系統は、日本人とチベット人や中近東の人の他には、世界のどこにもほとんど存在しないそうです。
YAP遺伝子は、親切遺伝子とも言われ、日本人特有の親切さや勤勉さなどもこの遺伝子の影響が多大にあると思われます。
村上和雄氏によると「YAP遺伝子は自分を捨てて他人に尽くす遺伝子」だといいます。
イスラエルではエフライムは代々、真面目で親切で勤勉な種族であるという言い伝えがありますが、
日本にはその末裔も非常に多く住んでいるようです。
2019/05/03(金) 09:01 | URL | ぴこぴこ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク