アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


振袖火事(ふりそでかじ)と江戸城天守閣

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com


人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


振袖火事のお話は、江戸の明暦の大火を題材にした有名な因縁話です。
けれど、そんな因縁話が受け入れられない、あるいは理解されない社会というのは、もしかするとその民族が民族としての歴史を失ない、誰もがいまの欲得だけしか持たなくなった社会なのかもしれません。


明暦の大火
明暦の大火


むかしむかしの物語です。
江戸の麻布に、質屋の娘さんで、梅乃(うめの)というたいそう美しい娘さんがいました。
その梅乃が本妙寺の墓参りに行ったときのことです。
帰り道でたまたま出会ったお寺のお小姓(こしょう)さんに、梅乃は一目惚れしてしまいます。
女性から告白なんて、考えられない時代です。
しかも相手はお坊さんです。

梅乃は、その小姓が着ていた服と同じ模様の振袖を作らせ、これを愛用しました。
ところが梅乃は、わずか17歳で亡くなってしまったのです。
両親の悲しみはいかばかりだったことでしょう。
梅乃の棺に、両親はその振袖を着せてあげました。

その頃、こうして棺に掛けられた服や、仏が身につけているカンザシなどは、棺が持ち込まれたお寺の湯灌場で働く者たちが、もらってよいことになっていました。
この振袖もそういう男たちの手に渡りました。

そしていいものに思えたので売却され、回り回って紀乃(きの)という、これまた17歳の娘の手に渡りました。
ところがなんと、この紀乃も、あくる年の同じ日に亡くなってしまったのです。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

振袖は、再び墓守たちの手を経て、今度は、幾乃(いくの)という娘さんのもとに渡りました。
その幾乃さんも、翌年、17歳で亡くなってしまったのです。

三度、棺にかけられて寺に持ち込まれた振袖を見て、寺の湯灌場の男たちは、びっくりしてしまいます。
そして寺の住職に相談しました。

住職は、それぞれ死んだ娘の親を呼び出しました。
みんなで相談の結果、この振袖にはなにかあるかも知れないということで、お寺でご供養をすることになりました。
それが明暦3(1657)年1月18日午前10時頃のことです。
住職は、読経しながら火中に振袖を投じました。

そのときです!

突然、強い風が吹きました。
火がついたままの振袖が、空に舞い上がりました。
その姿は、まるで何者かが振袖を着ているかのようでした。
舞い上がった振袖は、寺の本堂に飛び込みました。
そして本堂の内部のあちこちに火をつけました。

おりしも江戸の町は、80日も雨が降っていませんでした。
本堂に燃え移った火は、消し止めるまもなく次々と延焼しました。
湯島から神田明神、駿河台の武家屋敷、八丁堀から霊岸寺、鉄砲州から石川島と燃え広がり、日本橋・伝馬町まで焼き尽くし、さらに翌日には北の丸の大名屋敷を焼き、江戸城本丸の天守閣まで焼失させました。

これが「明暦の大火」です。
この火事で亡くなった人は10万人以上にのぼりました。
この大火災で、江戸城の天守閣も焼け落ちてしまいました。

さて、この話には後日談があります。

事件の発端になったお寺の小姓は、天正18(1590)年、徳川軍に攻め落とされた土岐家の子孫だというのです。
しかもこの小姓は、狐(きつね)に括(くくり)り付けた烏(からす)の翼に火を放つといわれる飯綱権現の信徒でもあったとか。
そして滅ぼされた土岐家の恨みを、振袖に託し、飯綱権現の力を用いて復讐を遂げた、というのです。
燃え上がる梅乃の慕情と、土岐家の恨みが重なったとき、まさにそれが紅蓮の炎となって江戸の町を焼いた・・・となるのですが、この手の因縁話というのは、すこし前までは、ほんとうにごく普通に、一般的に、テレビドラマや映画などでも、よく語られたものです。

横溝正史の「八つ墓村」は、映画が3本、テレビドラマが6本、漫画が5作品、舞台が1作品あるのだそうですが、そのなかの映画ひとつとっても、昭和26年の松田定次監督で片岡千恵蔵が金田一耕助を演じた映画、昭和51年に野村芳太郎監督が渥美清、萩原健一で撮った映画までは、田治見家の因縁話が、話の伏線に置かれていました。

ところが平成18年に豊川悦司、高橋和也主演の八つ墓村は、監督が市川崑でありながら、因縁話がなりをひそめて、事件の残酷性や事件当時者たちの愛憎が主題へと変化しています。

ひとつの大きな事件に際して、土岐家だのキツネだの、なんとか権現がどうのといった因縁話が、ほんとうにその事件のきっかけだったかどうかは別として、そうした先祖伝来の因縁話が多くの人々の共感や納得を得たことの背景には、視聴者となる多くの人々が、それなりに歴史に対する知識を、社会常識として共有していなければなりません。

逆にいえば、因縁話が理解できない社会というものは、歴史が共有されていない、ないし、歴史が社会一般の常識になっていない社会だ、ということを指します。
そして、このことが危険なのは、因縁を感じない社会というものが、実は「因習を信じない科学的な社会」などではなく、実は「自分たちの存在を歴史の流れの中に感じることができない」社会になったということだからです。
自分たちの存在を歴史の流れの中に感じることができなくなれば、人々は刹那(せつな)に流されるだけになります。

縄文・弥生時代の集落跡は、全国にたくさん発見されていますが、それらの集落は、集落の真ん中に先祖の墓地が置かれているという共通の特徴があります。
これはつまり「死者と生者が共存している」ということです。
これが太古の昔からある日本文化の原点です。

このことはたいへん重要なことです。
なぜなら、昔といまが共存しているということは、未来もそこに共存しているということだからです。
そこにあるのは、過去に学び、未来のために現在を生きるという姿勢です。
一生懸命学んで大人になって、
大人になったら、一生懸命働いて、
子や、孫の未来を築く。
それが日本人の、古来からあるあたりまえの一般的な姿です。
だからこそ日本人は、歴史を大事にしたきたし、だからこそ因縁話なども生まれてきたわけです。

振袖火事のお話は、江戸の明暦の大火を題材にした有名な因縁話です。
けれど、そんな因縁話が受け入れられない、あるいは理解されない社会というのは、もしかするとその民族が民族としての歴史を失ない、誰もがいまの欲得だけしか持たなくなった社会なのかもしれません。

因縁話を取り戻せといっているわけではありません。
因縁話が、多くの人々の共感を得るくらい、歴史が知性として、一般化常識化している。
そういう状態を、私たちは取り返す必要がある、ということを申上げています。

もうひとつ。
この火事で、消失した天守閣は、以後再建されることはありませんでした。
近年、この天守閣を再建しようという動きがあるそうで、理由は外国人向けの観光資源になるからなのだそうです。

しかし3つの理由で賛成できません。
ひとつは、いまの江戸城の敷地は皇居になっているということです。
皇居を見下ろすことになってしまう。
これは良いことではありません。
どうしても再建したいというのであれば、皇居にどこかに引っ越していただく必要があります。
しかしそういうことは臣民の口出しすべき事柄ではありません。

ふたつめの理由は、江戸城天守閣は、明暦の大火(振袖火事)以降再建されなかったことが、日本人の誇りであるということです。
この時代の幕府は、国家予算の10倍の資金を持つ機構です。
天守閣を再建しようとするならば、ふたつでもみっつでも資金的には楽に再建可能です。
けれど幕府は、江戸城天守閣の再建をしませんでした。
理由は、天守閣再建よりも、丸焼けになった江戸の街の再建を優先したこと。
そして、もはや幕府が城によって武威を張る時代ではなく、戦(いくさ)のない平和な社会が実現していたことの2点によります。
だからこそ、江戸城天守閣が再建されないことは、日本人の誇りであったのです。

みっつめの理由は、そうした文化の伝承こそが大事なのであって、観光や箱物としての天守閣の再建は、むしろそうした伝承が国民的常識になったときにはじめて考えるべきことだからです。

お読みいただき、ありがとうございました。
※この記事は2013年6月の記事のリニューアルです。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)





関連記事

コメント
御見識にいつも感動してます。
自分も平戸の田舎ですが、誇りをもって最高の米づくりに励んでます。あらゆる因縁がありますね。
それを毎日因縁をほどくことに陛下がなせれているのでしょうね。尊い國に生まれたことに感謝しております。
2019/06/09(日) 22:20 | URL | 谷山靖浩 #UAOaEgDo[ 編集]
No title
仏像を盗んで返そうとしない民族がいます。
未来にどの様な 災いを招き 事が起きるのか
恐ろしいと思ってます。

2019/06/09(日) 15:48 | URL | #-[ 編集]
勘違いしていたようです
私は振袖火事の振袖は、岡山の誕生寺で供養され、保管されていると思っていました。

この記事を読んで、こちらは八百屋お七の振袖だったことが分かりました。

ありがとうございました。
2019/06/09(日) 14:59 | URL | いわし雲 #-[ 編集]
皇居を見下ろす
皇居の周りに皇居を見下ろすようなビルを建てることの是非は、昭和41年1966年に起こりました。最初の高層ビル、東京海上本店です。
その時は30階建て130mを25階100mに下げて許可が下りました。
今では丸の内は30階建てのビル街となっており東京海上ビルの屋上を見下ろしています。30階のビル屋上に登って見ましたが、皇居は一般参賀の宮殿の屋根が見えるだけでした。
天守台の位置は東御苑の北の端、北桔梗門の前にあります。皇居とは遠いのです。
御所は半蔵門に近くワコール麹町ビル、FM東京やMXテレビ(東条会館)や桜田門の警視庁の方が皇居全体を見下ろしています。
2019/06/08(土) 21:20 | URL | 加賀 浩 #34qXZEao[ 編集]
新ドメインではブログが表示されません
新ドメインではブログが表示されません。「このページを表示できません」となります。旧ドメインならブログが表示されます。確認願います。
2019/06/08(土) 15:03 | URL | 一読者です #-[ 編集]
毎朝…勉強になります
因縁…由来…来歴…源流を辿って新しきを発見する…ねずさんから題材を頂戴して、あちこち探索しています。
古文書にも目を通しますが…恥ずかしながら読めないものが多いです。
ねずさんには敵いません。

『勉学しようがしまいが個人の勝手』
『画像やリンクで賑かなBlogだが大いなる無駄』

色々なコメントが沢山飛んで来ます。
ある意味「自己満足」の世界であることは確かです。
でも…先ずは自分自身が満足しなければ楽しく無いので、余命の限り、誰が何と言おうが、止めるつもりはありません。

毎朝…勉強になります。
ありがとうございます。
2019/06/08(土) 10:43 | URL | takechiyo1949 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク