アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


差別と切除の違いとは

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


和の世界、結の世界というのは、いわば健全な社会です。
健全な社会を実現しようとするとき、ガン細胞があれば、それは小さなものならばキラー細胞によって処分しなければならないし、大きなガンになっていたならば、外科手術で切除しなければなりません。
これが枝打ちであり、草取りです。
これらは対立や闘争とは意味が異なるものです。


20161014 童子教


タイトルはたとえで、要するに国を良くしたい、会社を良くしたい、組織を良くしたい、人間関係を良くしたい等々、なんらかの集団を良い方向に向けようとするには何が必要なのかということがテーマです。

小中学校は義務教育なので、あまりつぶれることはありませんが、高校ともなると、少子化の影響でたいへんに生き残りが難しくなっていると言われています。
そこで自校のレベルを上げたいと思うのだけれど、これがなかなかうまくいかない。

実は学校が偏差値を上げようとするときには、必要な原則があります。
それが加算と減算です。

減算というのは、できの悪い生徒を追い出すことです。
近年ではこれがなかなかむつかしくて、なかなか生徒を放校処分にすることはないのですが、実はこのことは、江戸時代から続く日本の教育の伝統です。
童子教にも、有名な言葉があります。

「悪しき弟子を養えば、
 師弟ともに地獄に堕ちるべし」

樹を真っ直ぐに育てたいと思うなら、余計な枝は払わなくてはなりません。これを「枝打ち」といいます。
畑で良い作物を作りたいと思うなら、畑に生える雑草は取り除かなければなりません。これを「草取り」といいます。
クサイ草を取るのですから、クサ取りです。
それをしなければ、作物がまともに育たないのです。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!



このことは企業などの集団を営む場合も同じですし、個人の交友関係でも同じです。
戦後は、いわゆる不逞な半島人がまともな学校に入学させてもらえなかったために、入れてもらったら最期、ありとあらゆる理由を並べ立てて放校処分にならないように脅しや脅迫まがいのことが繰り返し行われ、結果、なにやら学校が放校処分にすることが、あたかも悪いことであるかのような風潮が生まれていますが、これは錯覚です。
朱(しゅ)に染まれば朱(あか)くなるのです。
ならば朱を取り除く。
あたりまえのことです。
そうしなければ、普通の生徒たちみんなが迷惑するのです。

社会からどうしても取り除くことができないのならば、その人たちは一箇所に集めて、その人たちの中に責任者を置いて一定の権限を与え、集団の中にひとりでも不埒な行動をする者があれば、その責任者を処分し、集団には連帯責任を負わせるしかありません。
我が国で、江戸時代や、それよりもずっと以前にも行われてきた方法が、実はこの方法です。
それをしなければ、国ごと地獄に堕ちてしまうというのは童子教の教えの通りです。

加算は、良い方向へと導くことです。
そのために必要なことは、良いリーダーを置くことです。
学校の偏差値を上げたいなら、全体の平均値を上げ、トップ集団に特別な教育を与えれば、あたりまえのことですが、全体の平均値は必ず上がります。
そして全体の平均値が上がると、学校全体のレベルがあがります。
学校全体のレベルが上がると、トップ集団はより高いレベルにシフトします。

ただしこれにも条件があって、ただ特別な進学クラスを作って、トップ集団だけの育成を図ろうとしても、うまくいきません。
なぜなら、極端に程度の低い集団が、全体の足を引っ張るからです。
加算を実行するときには、減算も同時に行なわなければ意味がないのです。

このブログでは、一貫して
「対立と闘争の時代から、
 和と結の世界へ」
ということを申しあげています。

和の世界、結の世界というのは、いわば健全な社会です。
健全な社会を実現しようとするとき、ガン細胞があれば、それは小さなものならばキラー細胞によって処分しなければならないし、大きなガンになっていたならば、外科手術で切除しなければなりません。
これが枝打ちであり、草取りです。
これらは対立や闘争とは意味が異なるものです。
そもそも悪質なものは、対立したり闘争したりするような対象でさえありません。
これは切除すべきものです。

無駄な枝を払うことや草取りをすることを、差別という人がいるかもしれません。
しかし「差別は良くない」という思考こそ、トラップです。
運転免許を持たない人が自動車を運転することはできません。
これは運転免許を持たない人を差別しているのでしょうか。
世の中は差別をすることで社会が営まれるのです。
「差別はいけない」という発想こそ、差別主義者の思考であると知るべきです。

日本人の低レベル化が問題となっています。
目的は、和と結を中心となす令和の世を築くことです。
そのために日本社会の大手術を行うのか。
それとも、自然治癒に近い形で穏便な改革を行うのか。
後者で進めるべきことは明らかです。
けれど、日本人が覚醒しないなら、もしかすると神々は大鉈(おおなた)を振るう前者を選択するかもしれません。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)





関連記事

コメント
あ へ
あ のコメントは私のコメントへのコメントだと思うので返答しておくとします。

なぜ愛国心に偏ると軍国主義的な状態になってしまうのか、理解できていないようなので、何故かを説明しておきます。

何事も偏りすぎると周りが見えなくなる。

一つのものに囚われると、一つの範囲に囚われると、熱心になるがゆえに、それ以外への配慮が欠け本来取るべき言動が出来なくなる。ゆえに全てを対等に見た上で一つ、もしくは一つの範囲を見る必要がある。

そうすれば、全てに配慮しつつ、一つ、もしくは一つの範囲に取り組む事ができる。

日本人は真面目ゆえに、何かに集中したら、それに没頭する傾向がある。だから周りが見えなくなる。それを周りの人達が我慢しているという事が多々ある。その気持ちに気付くのが大事。

真心、愛、思いやりってそういうものだと思う。

あ のコメントにはそれが感じられない。ここで戦争の話とかする前に、まずそういうのがある人と関わってそういうのを学んだほうがいい。都会だと難しいかもしれないけど。
2019/07/02(火) 00:27 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
相手を敬うはどこへいったのか
最新コメントの あ のコメントを承認するのはどういう信念なのでしょうか。やはり戦争したいだけなのですかね。
2019/07/02(火) 00:09 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
No title
愛国心で軍国主義の意味が分からない。全く関係がないし、国が無くなれば民もないだろ。結局お前は改心できていないな。ゴミはどこまで以降とゴミなんだよ弁えろ。
2019/06/29(土) 22:56 | URL | あ #-[ 編集]
国を愛す心
私は国を愛しています。国も愛しています。国以外も愛しています。国とは人です。国を保つ為に人を蔑ろにする様な国は必要ないと思います。もちろんその逆も然りです。

本来国とはそういうものです。国の始まりが略奪だったのか、それに対抗するためだったのか、皆で仲良くするために作られたのか、今では解らない事ですが。

私の様な、社会や人や、色んなものから悪意のような目を向けられてきた者でも、そういう心を持てる様になるのです。育たない人などいないと思います。
2019/06/24(月) 22:25 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
何かに偏るから見えなくなる
学校で全ての生徒を同じ様に扱おうとするから、それでは成長できない少しやんちゃな子や真面目に勉強しない子達を育てられないのです。

体罰も本来は、言葉を用いて、真心を持って、愛を持って、思いやりをもってしても言う事を聞かず、このままでは本人や周りに与える悪影響を看過できないと感じた時だけに必要なものです。

それなのに、いわゆる見た目が大人なだけで中身が子供、もしくは子供の良さをなくした子供みたいな人が、自分の未熟さを棚にあげ体罰に頼るから今の様な事態になっている訳です。

今の日本がおかしいのは、その立場に立つ者が、その立場に立つに必要な資質を備えていないからに他なりません。今の世の中色んな物や制度などが溢れ、物事の本質が良く解らない状態になっています。

ですが、それらは真心を持ち、愛を持ち、思いやりを持ち、そういった人が人として生きていく上で大事なものを持ち深く考えれば見えてくるものです。それができていないから中途半端な考えで行動を起こし、色んな問題を産んでいるのです。

愛国心もそうです。本来愛国心というものは大事にすべきものです。ですが、大事にしすぎて愛国心に偏りすぎると、左翼が言う様な軍国主義的な状態になってしまいます。

大事なのは、国を愛し、故郷を愛し、家族を愛し、友を愛し、自然を愛し、そして全てを愛する心を持ち、全てを対等に見ることです。

国の為に命を捧げるのは、本当に必要に迫られた時にたじろぐ事無く行動に移せる様な心構えを持てていれば大丈夫だと思います。勿論、国に偏りすぎず、故郷や家族や友や自然や、そして全てに対して国を愛すると同じ様に同じ心構えを持つ事です。

国だけに愛を注げば、お国の為に命を捧げよ的な間違った考えに染まってしまいます。それは国が国民に強いるものではなく、一人一人がちゃんと考えて決める事です。それは当時の軍部の偉いさんは解っていたのではないでしょうか。

勿論全ての偉いさんが解っていたかまでは解りませんが、ねずさんの記事でそういうのを見た覚えがあります。強要ではなく本人に問い委ねる。当時の若者達はその問いに、自分で考え答えを出し決意したのだと思います。勿論そういうのが出来なかった人もいたのかもしれません。

今現在、そういう強要に近いか、強要する上に従わないものは非国民みたいな考えを持っている人も居る様に伺えます。

これらは、ひとえに、教育をちゃんとできなかった人、その人に関わってきた人、全ての人の責任でもあります。そういう人達が味方側になっているからといって、放置するのは、まさに、臭いものに蓋をするという愚かな行為に繋がります。

こういった愚かさを持ったままでは、日本は神国などとはとても言えないでしょうし、先人達も望まないかと思います。それとも望むでしょうか。私は先人達はそんな愚かな人達とは到底思えません。

私の想う愛国心とは、そういうものです。人によって愛国心の定義は違うかと思います。皆がみな、自分と同じではないと思います。まずはそこから考え直してみるべきではないでしょうか。
2019/06/24(月) 22:13 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
社会の一員としての大道
ある程度は勉強もしなければ普通の大人に成れませんが、勉強したからといって、立派な聖人君子に成る保証はありません。

今日も朝から「親殺し」のニュースが流れています。
今や日常茶飯事の出来事で「またかいな」位のインパクトしかありません。

「以和為貴…我国は相互信頼で成り立つ国です」
などと書きますと「リアリスト」からの反論が殺到します。
自分も含め、人にも色々な「品種」があります。
何を言おうがやろうが、犯罪以外は自由ですから、差別や区別から排除への見極めは難しいです。

大手術か?
自然治癒か?
神のみぞ知る?

何があろうが、社会の一員としての大道を歩き続けるだけです。
2019/06/24(月) 10:05 | URL | takechiyo1949 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク