アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


千年後の歴史教科書

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


500年後、1000年後の世界の歴史教科書には、20世紀に関する記述として、間違いなく「植民地時代の終焉」という語句(ごく)が入(はい)ると思います。
これこそ20世紀最大のエポックであり、人類史に残る偉業といえることだからです。
そしこれを成し遂げたのは、まぎれもなく、私たちと血のつながった若き日の私たちの父祖たちだったし、それを引き起こしたのは間違いなく日本でした。
そういうことを私たちは、しっかりと知っておく必要があると思います。


20190625 あじさい
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


▼20世紀における最大の出来事

仮にいまから千年後の子供たちが、世界史の授業で20世紀という時代を習うとします。
そのとき、20世紀を代表する最も大きな出来事は、いったい何だと教わるでしょうか。
みなさんは、何だと思われますか?

世界史──つまり人類史において、20世紀を代表する最大の出来事とは・・・?
私は間違いなく、「植民地支配の終焉」を挙げることになるだろうと思います。

人が人を差別する時代、しかもそれを国家ぐるみ、民族ぐるみで人種差別し収奪した時代、これがはじまっ
たのは、16世紀の大航海時代から以降のことです。
どれいもちろん古代においても奴隷支配という植民地の原型はありましたが、
◯対等に戦い、勝負した結果、支配する者と支配される者に別れ、歴史においてその地位が度々逆転した中世以前の戦勝国による支配と、
◯大航海時代以降の国家ぐるみ、民族ぐるみで人種そのものを差別し搾取した「植民地支配」とでは、
その規模も内容もまるで異なっています。

16世紀以降、アジアやアフリカの有色人種諸国は白人が入植する植民地となり、現地の人々は収奪され、家畜のように扱われ、そして愚民化政策によってただ隷属するだけの民族に仕立て上げられていきました。
当時の白人たちにとって、被植民者である現地のカラード(有色人種)は、人間ではありませんでした。
これは誤解されている方もいらっしゃるのですが、人間として扱わなかったのではなく、そもそも白人たちは有色人種を人類とは別の種類の生き物──つまり獣(けもの)であると認識していたのです。

有名な話ですが、植民地においては、白人の娘さんが部屋で着替えているところに、有色人種の男性(奴隷)が用事で入ってきても、娘さんは平気だったそうです。
要するに室内に犬や猫が入ってきたのと、まるで同じだったのです。
もちろん白人女性が着替えているところに、白人男性が入ってきたら、それはもう大騒ぎになります。

こうした欧米列強による有色人種への植民地支配は、約五百年続いたのです。
その間、何度かカラード(有色人種)による大規模な反乱なども起こっています。
インドで1857年に起こったセポイの乱などもその一例です。
暴動は白人たちの圧倒的火力の前に鎮圧(ちんあつ)され、首謀者(しゅぼうしゃ)たちは大砲の前に縛(しば)り付けられた状態で、大砲を発射され、五体をバラバラに飛ばされて処刑されました。
なぜそのような残虐(ざんぎゃく)な方法で処刑できたのかといえば、有色人種は人間とみなされなかったからです。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!



▼日本人が自らを犠牲にして果たしたこと

ところがそうした植民地時代が、20世紀の終わり頃、突然各地で終焉(しゅうえん)を迎えたのです。
世界中の被植民地国家は次々と独立を果たし、欧米諸国はその富の源である植民地をことごとく失いました。

それだけではありません。
かつて被植民地として支配されたカラード(有色人種)国家は、経済面でも急激な成長を遂(と)げ、21世紀となったいまでは、世界の経済の牽引役(けんいんやく)にまで育っています。
この突然の変化の背景には、何があったのでしょうか。
五百年続いた絶対的優位の植民地支配が、なぜ、こうも短期間に突然の終息を迎えたのでしょうか。

これをお読みのみなさんなら、もうお分かりかと思います。
答えは、日本にあります。

東洋の辺境にあった島国の日本が、世界でただ一国、カラードでありながら自尊独立のために短期間で国をまとめ、積極的に欧米の文物を取り入れ、瞬く間に欧米列強と肩を並べる強国になったかと思うと、ただ一国で世界最強の誉(ほま)れ高いロシア陸軍を彼らの最も得意とする陸戦で打ち破り、さらに世界最強のバルチック艦隊を壊滅させたのみならず、昭和16年には絶対に負けることがないと信じられた大英帝国の東洋不沈艦隊を壊滅(かいめつ)させてしまいました。

さらに日本は、植民地支配されていた諸国で白人支配者を追放すると、現地の人々に行政を教え、教育を施し、軍備を整えさせ、彼らの独立自尊を手助けしました。
その代わりに、日本は満身創痍(まんしんそうい)の焼け野原になりましたが、ついに世界は、植民地支配とい
う構図を失うに至ったのです。

その象徴となったのが、昭和39(1964)年の東京オリンピックでした。
東京オリンピック参加国は、その時点で史上最多の93カ国です。
なぜ最多なのか。
新たに独立した世界中の元植民地国が参加してくれたからです。

東京オリンピックのマラソンで優勝したアベベ選手は、イタリアの植民地から独立したばかりのエチオピアからの参加です。
ちなみに東京オリンピックの前に開催された1960年のローマオリンピックの参加国は83です。
1956年のメルボルンオリンピックでは、参加国は67でした。
1896年に行われたアテネオリンピックでは、参加国はわずか14です。

東京オリンピックの次に開催されたメキシコシティオリンピックでは参加国は112となり、2012年のロンドンオリンピックでは、ついに参加国は204となりました。
参加国が増えたということは、それだけ独立国が増えたということです。
そしてそうなった背景には、間違いなく日本の働きがそこにあるのです。


▼日本は戦争目的において勝っていた

そして、20世紀までの世界史のなかで、自国の利益を度外視してまで周辺諸国の独立と平和のために戦い、勝利を得、それら諸国に莫大な経費をかけて自立を促したという、まさに神様のような国は、日本以外に存在しません。

韓国人で、韓日文化研究所の朴鉄柱氏は、次のように述べています。
「大東亜戦争で日本は敗れたというが、
 敗れたのはむしろイギリスをはじめとする
 植民地を所有していた欧米諸国であった。
 彼らはこの戦争によって
 植民地をすべて失ったではないか。」

まさに、そのとおりです。
500年後、1000年後の世界の歴史教科書には、20世紀に関する記述として、間違いなく「植民地時代の終焉」という語句(ごく)が入(はい)ると思います。
これこそ20世紀最大のエポックであり、人類史に残る偉業といえることだからです。
そしこれを成し遂げたのは、まぎれもなく、私たちと血のつながった若き日の私たちの父祖たちだったし、それを引き起こしたのは間違いなく日本でした。
そういうことを私たちは、しっかりと知っておく必要があると思います。

ちなみに、植民地というのは英語で「colony(コロニー)」です。
ですがおもしろいもので、日本語でコロニーと書かれるときは、生活共同体の意味に用いられるようです。
英語の「colony」が、日本語では「植民地」「コロニー」と二つのまったく別な言葉に訳されて使われているのです。ちょっとおかしな話です


▼不思議の国「日本」

さて、せっかくここまで書いたので、もうひとつ。
20世紀の終わり頃から21世紀にかけて、世界の人類に起こった最大のエポックは何でしょうか?

第一次、第二次世界大戦ではありません。
それらはいずれも20世紀に終わっています。
米ソの冷戦でしょうか。
それも20世紀に終わっています。

核の開発と利用、人類初の月面着陸、火星探査機の打ち上げ、もちろんそれもあるでしょう。
けれどそれよりなにより、もっとはるかに大きな出来事があります。
それは、世界の人口が70億を超えたことです。

大東亜戦争が終結した頃、世界の人口は約20億人だったのです。
それがわずか70年足らずで、70億人へと3倍半に増加したのです。
これは人類史上、初の出来事です。
地上にこんなにたくさんの人間が住むようになったのは、人類史上、いまをおいてほかにありません。

1798年に、英国のトマス・ロバート・マルサス(ThomasRobertMalthus)という学者が、『人口論』という本を書きました。
まさに歴史的名著といわれる本なのですが、その中で彼は、次のように述べています。
「人口は、幾何級数的に増加する。
 一方、食料の生産能力には限界がある。
 だから人口の増加には一定の限界がある。」

これはとても重要な指摘です。
なぜならここに指摘されているとおり、人類は食料の生産能力を超えて生き残ることは不可能だからです。
マルサスは本の中で、
「いろいろな研究調査の結果、
 最終的に世界の人口は20億人が限界で、
 それ以上は食糧生産高が間に合わず、
 人口は増加しない」と述べています。
そしてマルサスの本から150年後の世界は、まさに20億の人口となっていたのです。

第二次世界大戦の発生原因については、政治学的な考察や、軍事学的な検証、あるいは地政学的なアプローチなど、さまざまな研究がなされています。
しかし、戦争原因についての統一見解はありません。
つまり諸説ある状態なのです。

それら諸説の根本を探っていくと、結局のところ、戦争の原因は貧困と飢え──つまり人口が20億に達し食料供給が限界になった世界が、新たな食料の供給源を求めて奪い合いをしたからだと考えることができます。

けれどここに、やはりおかしな国が、世界に一国だけありました。日本です。
日本は満州や中国大陸、東亜諸国や南洋諸島に進出しましたが、そこで何をやっていたかというと、もちろん政治経済軍事的側面もありますが、同時に大変熱心に農業指導をしているのです。

世界が「自分たちが食うため」に他国を侵略し、その国の食い物を横取りするという挙に出ていた時代に、世界でただ一国、そうした暴力集団を追い払い、現地の人々と一緒になって汗を流して食料生産高の向上を図ろうとしていた──それが日本だったのです。

事態はそれだけにとどまりません。
日本は大変な国費をかけて農業生産物の改良をし、なかでも稲塚権次郎氏の開発した小麦は、なんと収量がそれまでの小麦の5倍というすごい品種でした。
稲塚氏が直接指導した中国の華北産業科学研究所は、まさに中国全土にこの新種の小麦の普及促進と農業指導をして回っていました。
おかげで華北産業科学研究所の職員は、大東亜戦争終結後も中国に2年間とどまり、その普及活動を継続させられています。

その結果、何が起こったのでしょうか。
大東亜戦争当時の中国の人口は約5億人でした。
それがいまや15億です。
人口が3倍に増えました。
3倍の人が「食って生きて」いくことができるようになったのです。

さらに稲塚氏の開発した小麦は、戦後に起こったインドの大飢饉(だいききん)を救っています。
飢饉(ききん)によって一億人以上が死ぬと思われたときに、この小麦の改良品種がインドにもたらされ、たく
さんの命が救われました。
それ以降、インドで飢饉は起きていません。
さらに1960年代から90年代にかけて、インドの小麦の収量は3倍に増大。
その結果、人口まで3倍に増えたのです。

こうしたことの積み重ねによって、世界の人口は爆発的に増大し、いまや70億に達しようとしています。
つまり、20世紀の後半から21世紀初頭にかけての、爆発的な人口増加の理由のひとつに、間違いなく日本という国の働きがあるわけです。

誰しも、人が死ぬのは悲しいことです。
まして飢(う)えて死ぬなどということは、もっと悲しいことです。
飢えによって我が子を死なせることになったら、いくら悔いても悔やみきれない悲しみが残ります。
そうした飢えから多くの人々を救い、子孫を増やすことができるようにしたのだとすれば、それはまさに神の行いといっても過言ではないかもしれません。

もちろん、世界に奇跡の小麦が普及拡大した背景には、日本以外の多くの国の良心と協力と努力がそこにありました。
いまの私たちには、こうした先人たちの努力に学び、見習い、未来を担(にな)うという役割が課せられているのではないでしょうか。


▼日本の心を取り戻そう!

せっかくここまで書いたので、もうひとつ書いておきたいと思います。
文明は必然的に火を使いますから、人類が文明を築いた地域では多くの木が伐採されるため、何もしなければ森林の面積が少なくなっていきます。
おかげでいまでは、人類の古代文明発祥(はっしょう)の地は、どこもかしこもペンペン草も生えないような砂漠になっています。

いちど砂漠化した土地に、自然に緑が戻るには、最低でも5千年の歳月がかかるといわれています。
ところが最近、そうして砂漠化した土地に、緑が戻りつつあります。
何が起こっているかとクズの普及です。

クズというのは、漢字で「葛」です。
葛飾区、葛根湯の「葛」、好きな人も多い葛切りのクズです。
クズは根が丈夫で、荒れた土地でも生息が可能です。
日本生まれのこのクズが、世界の砂漠地帯で、砂だらけの土地を緑に変えつつあります。
もちろん日本人の指導によって、現地の人たちが植えているのです。

クズの葉は砂漠を覆(おお)って日陰をつくり、日陰は土地を潤(うるお)します。
そして葉が落ちると、それが腐って腐葉土となります。
地面に栄養分が戻りはじめるのです。
そうして何年かたつと、その土地が蘇(よみがえ)り、そこでイモなどの栽培ができるようになります。
するとますます地味が肥(こ)え、さらに灌漑(かんがい)により水が引かれることによって、いままで何もないただの砂漠だった土地に、なんと何十年かぶりに緑が蘇(よみがえ)るのです。

見ていてください。
10年後、50年後、100年後、1000年後、私たちが学生時代に、何もない砂漠地帯と教わり、パジェロがラリーで走るくらいしか使い道のなかった白い大地が、緑豊かな大地として蘇るのです。

日本を神の国だという人がいます。
私は、それが本当かどうかは分かりません。
けれどひとつ言えるのは、戦後、私たち日本人が失った「日本の心」は、皆が幸せに、そして平和に暮らせる社会を皆で築いていこうという、世界の人々が待ちわびている神の心、神の願いと深いところでつながっている、そんな気がするのです。

「日本を取り戻そう!」という言葉が、私たちの合い言葉になっています。
それは「日本の心」を取り戻すことでもあり、世界の人々にとって本当に幸せをもたらすものは何なのかを真剣に考え、行動していくことでもあります。
私たちはいま、それができるかどうかの瀬戸際(せとぎわ)に立っているように思います。


※このお話は『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第一巻の「おわりに」に収録したお話です。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)





関連記事

コメント
日本の名将軍
20世紀の日本の7大将軍を挙げると、東郷元帥、山本元帥、シンガポールを陥落させた山下大将、それに先行してイギリス東洋艦隊を航空隊で壊滅させた松永中将、インドネシア人の尊敬を集めた今村大将、そして敗軍の名将としては、硫黄島の戦いの栗林大将、終戦をとりしきった鈴木大将が頭に浮かんできます。とりわけ、鈴木大将は、天皇、閣僚、軍部、国民、連合軍を極めてうまくとりまとめ、絶妙のタイミングで幕を引き、日本国の戦後の被害を最小にとどめた英雄といえると思います。地下で情婦と心中したヒトラーとか、民衆に死体をさかさにつるされたムッソリーニとかと品格が違う。千年後も軍人を大事にするイギリスやアメリカでは記憶されているでしょう。日本では反日の歴史作家の書いた歴史教科書が幅をきかせて、いなかったことにされている懸念もありますが、オンラインメディアなどで若者に伝えていってほしいものです。
2019/07/03(水) 18:20 | URL | Toshiro Akizuki #-[ 編集]
No title
今の政治家は未来に残せる誇りある国史を創っているという自覚があるでしょうか。
と思いました。
2019/06/28(金) 11:24 | URL | k #-[ 編集]
米国に属せる自称保守派
2010年の記事『沖縄戦で米軍を苦しめた参謀・・・八原博通大佐』より参りました。日本軍は克く沖縄戦を戦ったと思いますし,米国は沖縄市街地を無差別攻撃した卑怯者です。其の米国をして苦戦せしめた将兵は実にすごいと。
然しあなたは日本軍の敢闘精神を称え,アジア太平洋戦争をアジア解放戦争と呼び乍,同じアジア人たる中国を批判罵倒し日米同盟を絶賛していますよね。日本の敵は中国ではなく卑怯な白人国家米国です。今も日本に居座り,沖縄女性を強姦輪姦し児童に部品を落とし蹂躙しています。戦時中も原爆を落とし焼夷弾で都市を焼き払い,児童に機銃掃射を仕掛けました。その米国との同盟を絶賛とは。日本兵にどう顔向けなさるのかと。長勇将軍や八原将軍もあの世で「卑怯な米国と手を結び同じアジア人たる中国を罵倒する自称保守派」を見れば涙を流すでしょう。。
2019/06/27(木) 15:46 | URL | 紅茶 #JalddpaA[ 編集]
経済リスク
大阪でG20サミットが始まりました。天候は最悪ですが安倍首相の行事裁きを期待しています。

サミットでは世界経済問題が議題になります。
中心は「米中貿易戦争」ですが、それ以外にも大きな経済リスクがあります。

世界の経済リスクリストです。
1.米中貿易戦争の行方
2.イギリスのEU脱退と欧州の経済の行方
3.ドイツ銀行破綻の行方
4.韓国経済破綻の行方
5.イランと米国の争いによる中東の行方

いずれのリスクもリーマンショック級以上です。
サミットの議題に上がらないかもしれないが、日本丸の船長である安倍首相の判断に任せるしかありません。

財務省は「消費税増税」しか頭になさそうです。
日本を破壊する目的なら財務省の政策が理解できます。
賢い人の考えることは理解できません。
2019/06/27(木) 10:06 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
私達は未来を背負っている
親友のブログと被りますが『風と共に去りぬ』を思い出しています。
オハラ家の箱入り娘スカーレットの生きざま…小説を読み、映画も観て…私も嵌まりました。
何が去って何がやってきたのか?
改めて読み直すのもいいですね。

さて…戦争捕虜も奴隷も区別できない…そういう世界は今もあります。
某国の「シベリア抑留」など、その最たる非道です。
そんな人類が往く遠い未来…どんな姿に変わるのか?
よろこび溢れる楽しい国ばかり?
想像もできませんが、今を生きる私達が豈國を目指すのか?目指さないのか?全てを背負っていると思うのです。
2019/06/27(木) 09:53 | URL | takechiyo1949 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク