アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


豈無國歟(あにくになけむや)のもつ意味と凄み


人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


つい先日、「豈無國歟(あにくになけむや)の『あに〜や』は反語的表現であって、これを『よろこびあふれる楽しい国』と読むことは間違いではないのか」というご質問をいただきました。このことは、以前にも何度もご案内していることなのですが、あらためてご案内をします。


20180508 豈国無歟
画像出所=https://www.geidai.ac.jp/labs/koizumi/asia/jp/japan/taiko_g/002281.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


豈無國歟(あにくになけむや)という四文字熟語は日本書紀にある言葉です。
日本書紀では、創世の神々の誕生のあと、イザナキ(伊弉諾)、イザナミ(伊奘冉)の二神が生まれたあと、次の文を書いています。

 伊弉諾尊 伊弉冉尊
 立於天浮橋之上、共計曰
 「底下、豈無國歟
 廼以天之瓊(瓊玉也、此云努)
 矛指下而探之是獲滄溟


(現代語訳)
イザナキとイザナミは、ともに次のようにはかられました。
「底の下に、豈国(あにくに)なけむや」
そしてアメノヌボコを、下にさしおろして、
混沌としたところを探(さぐ)りました。

こうして誕生したのがオノゴロジマであり、ニ神は、そのオノゴロジマに降臨されて、国や神々をお生みになられます。
そして、ここに出てくるのが「豈無国歟(あにくになけむや)」という言葉です。

ご指摘のように「あに〜や」という表現は、現代の古語教育では「下に打消の表現を伴なう反語」であるとされています。
たとえば「あによからんや」といえば「良いだろうか、いや決して良くはない」という意味になるし、「あにまさめやも」といえば「どうしてまさろうか、いや、まさりはしない」です。

その説に従えば、「あにくになけむや(豈無国歟)」は、「国があるだろうか、いやありはしない」となり、そういいながら、二神は底下に矛を差し入れて、オノゴロジマを作ったことになります。
ところがこれは神様の言葉です。
「ありはしない」と断定してから、「オノゴロジマを築いた」というのでは、言葉と行動が矛盾します。

なにしろこれは日本書紀に登場する最初の神様のお言葉なのです。
その神様が「ない」と断定されたのなら、もう「ない」のです。
その後のオノゴロジマ建設はありえません。
逆にオノゴロジマ建設を神々の偉業とするなら、その前の「ない」という断定と矛盾します。
つまり現代古典学会的な「あに〜や」の解釈では、日本書紀のここの記述を読み解くことができません。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



では「豈無國歟(あにくになけむや)」は、何を意味しているのでしょうか。
そこで使われている漢字の「豈」の意味を調べてみます。

なぜなら、日本にはもともと大和言葉があり、その大和言葉の語彙(言葉の意味)にもっとも近いと思われる漢字を、用いて日本書紀は記述をすすめているからです。
御存知の通り、日本語の漢字の読みには、音読みと訓読みがあります。
実は、漢字に訓読みを持つのは、漢字圏の国々の中でも日本だけが持つ特徴です。

なぜ訓読みがあるのでしょうか。

日本語が、古来からの言語を持たず、あるいは言語があってもきわめて原始的なものに過ぎず、漢字を輸入することでようやく複雑な表現を可能にする言語となった・・・つまり日本語が漢字によって事実上、生まれた言語であるのならば、日本語に訓読みはありえません。


たとえば日本にはカカオがありませんから、当然、チョコレートもありません。
ですから江戸時代にチョコレートが持ち込まれたとき、それを最初は「しょくらあと」と表記したし、幕末にこれをあらためてカタカナで「チョコレート」と表記するようになりました。
そもそも概念がないのですから、外来語をそのままカナで表現するしかなかったわけです。

すこし誤解しやすいところなので補記すると、言葉がなくても概念があれば、単語を創出することができます。
たとえばわが国にはThe peopleや、Republicという言葉に合致する単語がなく、だから幕末に多くの外来語の翻訳単語が作られました。
けれど合致する単語がなかったから、人民とか共和といった概念がなかったかというと、それはあったわけです。
だから同じ意味の単語である翻訳語をつくることができました。
そこがchocolateを、そのまま「しょくらあと」と表記せざるを得なかったこととの違いです。

中華人民共和国という国名には、なんと漢字6文字のうち4文字が日本語からの単語輸入によります。
要するに単語をまるごと輸入するしかなかったのは、その概念がなかったからということができます。
逆に概念があれば、自国の言葉に置き換えて翻訳することができるのです。

この点について、近年外来語を翻訳後にしないで、そのままカタカナ文字で表現する人たちがいますが、そうした人たちは、要するに日本語でのその概念を持ち合わせていない不勉強が根底にあるか、あるいは何らかの悪意のもとにご都合主義的に他人を煙に巻くために外来語を悪用しているのかのどちらかです。

前者には、たとえば「リノベーション(renovation)」があります。
これは「既存の建物を大規模に改装して用途変更や機能の高度化を図り、建築物に新しい価値を加えること」で、イノベーション(技術革新)とも意味が違うし、もとから日本語にある修理、修繕、修復などとも意味が異なります。
ですからリノベーションは、リノベーションとして用いるしかありません。

後者にはたとえば「コンセンサス(consensus)があります。
これは意見の一致のことで、普通に日本語で「合意」と訳すことができるものです。
これを「合意」と言わずに、意図的に「コンセンサス」というのは、なにか意図があってのことです。
もっとわかりやすいものでは、ヘイトスピーチの「ヘイト」があります。

ヘイトというのは英語の「hate」のことで、これは「憎悪」を意味します。
差別は世の中にあってしかるべきもので、差別そのものを良くないと決めつけるというのはおかしな議論だ、という論が出るようになったら、そういう意見はヘイトだというのです。
突然「ヘイト」と言われても、意味の分かる人はそうそう多くはありません。
え、それってどういう意味?と相手が混乱している間に、相手を悪いと決めつけて憎悪をあおる。
どっちがヘイトだって言いたくなりますが、「ヘイトスピーチ」と言わずに、普通に日本語で「憎悪発言」とわかりやすく言えば意味がわかるようになります。
要するに、相手を煙に巻くために、カタカナ英語を悪用している典型です。

話が脱線しましたが、その言語に概念がなければ、当然その概念を示す単語がなく、単語がないならば、輸入語をそのまま使うしかない。
このことをしっかりと頭に入れておけば、相手がカタカナ語を並べ立ててきたら、何らかの悪意があると、察することができるようになるわけです。
こういうことこそ学校で教えるべきと思います。

誤解といえば、日本書紀も誤解されています。
日本書紀は、
「漢文で外国向けに書かれている」
といわれていますが、そうではありません。

「漢字を用いて日本語で書かれている」
のです。

どういうことかというと、たとえば日本書紀にある有名な言葉に「和をもって貴しとなす」という言葉があります。
聖徳太子の17条憲法にある言葉です。
そしてこの言葉は日本書紀に「以和為貴」と記述されています。

これで「和をもって貴しとなす」と読み下すのですが、チャイナ語で「和」というのは、日本語で言う「あなたとわたし」、というときの「と」、つまり接続詞です。
また「貴」は、お金があって身分の高い人のことを言います。

ですからチャイナ人に「以和為貴」という四文字熟語を見せても、彼らには「接続詞の《と》の身分が高い」という意味不明な言葉にしかなりません。

つまり日本書紀は、なるほど漢字で書いてはありますが、これはいまでいうならローマ字で日本語を記述するようなもので、ローマ字で書かれたアルファベットの文章を英米人が読めないのと同様、日本書紀も漢文調であっても、これがChina語で書かれたものとはいえません。

このことが何を意味しているのかというと、古代の日本人は、漢字が複数の象形文字を組み合わせて一定の意味を持たせた表意文字であることに注目し、その意味と大和言葉の意味を重ね合わせながら漢字を大和言葉の記述のために導入したということです。
つまり、漢字一文字一文字の持つ意味を大切にあつかいながら、日本書紀を記述したといえるのです。

これがさかんに行われるようになったのが、万葉集や古事記、日本書紀が編纂された7世紀のことですが、7世紀の日本は、隋や唐という軍事大国の脅威の前に、是が非でも日本を中央集権的な統一国家にしていかなければならない時代でした。

ところがそこに、実に日本的な困難がありました。
チャイナやコリアであれば、外来王朝ですから、気に入らない反対勢力は、ただコロスだけです。
皆殺しにして、その親族まで殺害して、その一族の血を完全に絶やしてしまう。
ですからチャイナでは、王朝が替わるたびに、人口が3分の1に減少しています。

しかしこの方法が、日本では使えないのです。
なぜなら、地方豪族たちは、もとをたどせば、全部、親戚です。
同じ日本列島の中で、何千年も暮らしてきたのです。
日本全国津々浦々、全部の人が血の繋がりのある、共通のご祖先を持つ、同じ日本人なのです。
親族の恨みほど、恐ろしいものはありません。
これは昔から、世の中で怖いものは二つ。
「女の恨みと男の嫉妬」
と言われるくらいで、恨みというのは、何十年経っても何百年経っても消えません。
男の嫉妬もしつこいですが、女の恨みほど、世の中に恐ろしいものはないのです。
同様に親族の恨みもまた、何十年も何百年もあとをひきます。
つまり「気に入らない相手はコロス」という、外来王朝や植民地支配に見られる方式は、わが国を統一国家にしていくうえでは、用いることができないのです。

そこで統一国家を形成するための方法のひとつとして進められたことが、中央に高い文化を形成するというものでした。
もともと大和言葉は、一字一音一義です。
五十音の組み合わせで、様々なことを表現します。
ところが漢字は、わが国の一字一音一義の神代文字を組み合わせて一字とする会意文字です。
会意文字というのは、意味を会わせた文字という意味です。
たとえば、心を亡くした状態が「忙しい」です。
さらに、用字がたくさんありすぎて忙しいなら、多忙です。
つまり一字一音一義の大和言葉に、さらに漢字を加えることで、もっと複雑な事柄を表現できるようになるのです。
そしてこのことは文化になります。

このことが中央の高い文化性となれば、地方豪族たちは、中央の文化の前にひざまずきます。
これがうまく機能したのが、わが国の国司の制度でした。
中央から地方に派遣される国司は、武器を持たずに、武装した地方豪族から税を取り立てます。
そのためには、信頼して税を収めるに足るだけの信用と信頼が国司の側になければなりません。
そしてその信用と信頼の元になるものが、文化だったわけです。

このような視点から、あらためて「豈」という字を見ると、この字は神社などで使われる「楽太鼓(がくたいこ)」の象形であることがわかります。
楽太鼓は、婚礼の儀や記念祭など、お祝いのとき、よろこびのとき、楽しいときに打ち鳴らす太鼓です。
だから名前を「楽太鼓」といいます。

つまりイザナキとイザナミは、
「よろこびあふれる楽しい国はどこかにないだろうか、
 いや、ないよね。
 だったらオレ達で作ろうよ」と、アメノヌボコを用いて私達の住む地球、自(おの)ずから転がる「オノゴロジマ」をつくったのだと、日本書紀は記述しているのです。
つまり「豈国」とは「よろこびあふれる楽しい国」のことです。

実はこのことを出口光先生にお話ししたとき、出口先生が「豈」という字を見て、
「これはヤマトだね」とおっしゃいました。
衝撃でした。
「豈」という字は、「山」と「豆」で出来ています。
そして「豆」の訓読みは「と」です。
「やま(山)」に「と(豆)」で、「ヤマト」です。

ヤマトの語源論は別として、古代の日本人が、私たちの国を「ヤマト」と呼び、そのヤマトが希求した国の形が、私たちみんなにとっての「よろこびあふれる楽しい国」であったといういことは、まさに目からウロコが剥がれ落ちる事実で、それはとっても誇るべきことであると思います。

誰か一人の贅沢な暮らしのために、周囲のみんなが奴隷として使役される社会ではなく、末端のみんなが主役となって、みんなにとって、社会がよろこびあふれる楽しい国であること。
そのことを実現するために築かれたのが、天皇という権威を国家最高権力の上に置くというシラス統治の形です。

残念ながらこういうことが、戦後教育の「あに〜や」は反語表現であるという固定概念に固まってしまうと、たいせつな意味を見失ってしまいます。
こだわりから思考停止に至ることは、とても残念なことです。

※この記事は今年6月の記事のリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com




関連記事

コメント
No title
漢字に意味を持たし平仮名、カタカナを駆使し表現する日本語は改めて素晴らしい。
俳句文化が発達したのも日本ならでは。
俳句の中に込められたわびさびはどう頑張っても英訳出来ない。
Old pond - frogs jumped in - sound of water.
何だこれはとなる。
2019/09/17(火) 16:48 | URL | k #-[ 編集]
中国語の祖語は日本語?
日本書紀や万葉集は日本人には読めるし理解できるが、中国人にはできない。日本人は、中国で書かれた漢詩や史書を読めるし理解することもできるが、中国人には日本の漢字文献が読めないのは、今に始まったことではなく、太古の昔からそうだったと考えられる。これはどうしてかというと、漢字は日本で発明され、多様な読み方や書き方は日本で発達し、その一部が大陸に伝わったと考えれば、すっきりと説明できる。超古代には東日本では音読みの単語を連ねた日本語、西日本では訓読みの単語を使った日本語が使われており、交信にどうとも読める漢字が重宝されたのではないか。東日本の日本語が大陸に伝わって中国語の祖語となり、西日本の日本語(大和言葉)が東日本の単語を吸収してとりいれたのが現代の日本語になった、という仮説はどうでしょうか。むろん証拠はないが、反証もできないはずである。今残っている文献は、歴史上書かれた全ての文献の1%にも満たないはずだから。
2019/09/17(火) 14:55 | URL | Toshiro Akizuki #-[ 編集]
ヘイトを憎悪と言い換えても、それは昔々入ってきた中国語をそのまま使っているだけ。昔中国語の位置にあったものが英語になっただけですね。
やまと言葉に置き換えなければ。
2019/09/16(月) 19:25 | URL | #AIlHpmOk[ 編集]
働く…概念が根本的に違う?
豈無國歟
(あにくになけむや)
教わらなければ読めません。
意味も分かりません。

奴隷を酷使しまくり?
ひとり贅沢に暮らす?
そういうのが楽しい?
真っ当な人間には理解できない感覚ですよね。
滅亡は当然だと思います。
でも似たような支配者と入れ替わるだけ?
連面とその繰り返しです。
どうしてそうなるのかな。

大陸や半島で現地人と一緒に仕事をすると『日本人って凄いね~!』と誉められることがあります。
しかし『一緒にやりたく無い』と思ってるらしい者と多いです。
私達の生真面目さや誠実さ、完璧を目指す姿勢とその持続が、どうしても気に入らない?
不良品を造っても『このくらい我慢できないのか?』と頻繁に聞いてきます。
当然「我慢できない」と言いますが、すぐに臍を曲げて仕事を投げ出します。
こうなると、いくら説得してもダメです。
働く…概念が根本的に違う?
奴隷の如く、ただコキ使うしか手が無いのか?
そう思ったことが何度もあり、結局は段々と縁遠くなりましたね。
2019/09/16(月) 10:52 | URL | takechiyo1949 #VCU7f5e.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク