アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


この60年間で変わり果ててしまったこと、これから変わること

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


自分だけが良い思いをしたい、自分だけが満足したいからと、個人の欲望を優先させ、他人を傷つけて人間関係を抜き差しならないものにしてしまったり、権柄ずくで人の恨みをかったりすれば、いつの日か、そのツケが自分に帰ってくる。だから、日頃から和を貴び、知恵もひとりの知恵とせずに、みんなの知恵にしていく。そうしたことが、日本的精神として育まれてきたのです。


20190919 日本美
画像出所=http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1302.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


11年前の2008年、livedoorニュースに「この50年間で変わり果ててしまったこと」という記事が掲載されました。
まずそのまま転載してみます。
11年前の記事です。
なので記事の「この50年」は、いまなら「この60年」です。

****

この50年間で変わり果ててしまったこと
https://news.livedoor.com/article/detail/3823470/

年が過ぎるのも早いですが、物事の移り変わり方もまた激しいものです。
10年ひと昔とは言いますが、50年ともなると法律や考え方まで大きく変化してしまうようです。
生まれた時代が悪いのか、悪人が増えて規則が増えたのか、50年前と今との違いを、シナリオ別にアメリカのケースでご紹介します。


【シナリオ1】
ジャックは学校に行く前にウズラ狩りに行き、短銃を車のラックに載せたまま学校の駐車場に停めました。


《1957年》
教頭先生がやってきてジャックの短銃を目にし、
自分の銃をジャックに見せようと車に取りに行く。

《2007年》
FBIが呼ばれ、学校は閉鎖。
ジャックは刑務所へ行き二度と自分の銃やトラックを見ることもない。
トラウマになった生徒や先生のためにカウンセリングが行われる。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



【シナリオ2】
ジョニーとマークは放課後、殴り合いの喧嘩をする。


《1957年》
人だかりが出来る。
喧嘩はマークが勝ち、
二人は握手して仲良くなって終わる。

《2007年》
警察が呼ばれる。
特殊部隊が呼ばれる。
ジョニーとマークは逮捕される。
暴行罪で起訴され、
ジョニーが始めた喧嘩で二人とも退学処分。



【シナリオ3】
ジェフリーは教室でじっとすることができず、他の生徒の邪魔をする。


《1957年》
校長室に呼ばれる。
校長先生にぴしゃりと叩かれ、
教室に戻り、
そこからは他の生徒を邪魔することはない。

《2007年》
ジェフリーは多動症やうつ病の薬であるリタリンを服用させられてゾンビ状態になる。
注意欠陥多動性障害のテストを受ける。
学校側はジェフリーの障害のための補助金をもらう。



【シナリオ4】
マークは偏頭痛持ちなので頭痛薬を学校に持ってくる。


《1957年》
喫煙場で校長先生に頭痛薬を分けてあげる。

《2007年》
警察が呼ばれ、
マークは麻薬所持で退学処分。
麻薬と武器を所持していないか車内捜索。



【シナリオ5】
ペドロは英語で落第。


《1957年》
夏季学校へ行き、及第して大学へ進学。

《2007年》
ペドロのケースは州へ報告され、
新聞に取り上げられ、
英語が必修科目なのは差別だと言う問題にまで発展。
アメリカ自由人権協会(ACLU)は学校に対して裁判を起こす。
英語はカリキュラムから外され、
とりあえずペドロには卒業証書が与えられ、
最終的に英語が話せないので、
人の家の芝刈りをして生計を立てる。



【シナリオ6】
ジョニーは7月4日の独立記念日で使われた残り物の火薬を、ペイント瓶に詰めて赤アリの巣を爆破する。


《1957年》
赤アリが死ぬ。

《2007年》
アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(BATF)や警察が呼ばれ、
ジョニーは国内テロ行為で起訴される。
FBIは兄弟を家庭から隔離した上で両親を捜査、
コンピューターは没収される。
ジョニーの父親は危険人物として監視下のリストに入り、
飛行機に乗れなくなる。



【シナリオ7】
ジョニーは休憩時間に走っていて倒れ、
ひざを擦りむく。
泣いているところを見つけた先生に抱きかかえられて慰めてもらう。


《1957年》
少し経つとジョニーはすっかり気分がよくなり、
また遊びに戻る。

《2007年》
先生は児童を性的対象にしたと非難され職を失う。
彼女は3年の禁固刑を受け、
ジョニーは5年にわたりカウンセリングを受けることになる。


【シナリオ8(実話)】

《1986年》
学校のハンバーガー調理実習をしていたラット(仮名)は、特別な材料としてカフェインを足した。
女の子たちはそれを食べて変な味がすると伝える。
ラットは校長室に呼ばれその後絞られる。

《2007年》
警察が呼ばれる。
毒物検査が行われ、
ラットは学校から退学処分を受けた後、
薬物違反で刑務所行き。
当然麻薬と武器を所持していないか車内捜索。



さすがに大げさなところはありますが、可能性が無いとはいえないのが現代社会の恐ろしいところです。
日本の学校はより閉鎖的なのでここまでではないでしょうが、アメリカ並になるのも時間の問題かもしれません。
安全を意識するようになったのか、物騒になったのか悩ましい問題ではあります。


*******(引用終わり)

いかがでしたか?
2007年の風刺の方は、2019年となったいまでも、変わっていないと思います。
というよりも、まさにいまの日本となっているようでもあります。
米国の日常は、10年遅れで日本の様子になると言われていますので、まさにいまの日本そのものになっているのかもしれません。

ところが1957年の方は、いまとまったく考え方も行動も違う。
この違いは、いったい何が原因で、どうしてこうなってしまったのでしょうか。

また、こうした変化は、日本だけに特別に起きたことで、いわゆる日本の左翼とか、日本にいる在日とかが意図して起こしているものではない、ということにもお気づきいただけようかと思います。
彼らは、ただ、時代の趨勢に上手に便乗しただけということができるからです。

世の中は、様々なものが交錯して次の時代へと進んでいきます。
そして現在がこれだけ変化したということは、その様々なものが交錯した中で、人々が選択してきた結果が、現在を招いたということです。

人は情報によって動く生き物です。
与えられる情報が、過度に一方的であった場合、人々はその情報による刺激を受けて反応します。
たとえば、◯◯はダイエットに良くない。すぐに太る食べ物である、などという情報が与えられると、一斉に食卓からその食材が消えますし、その逆もあります。
とりわけテレビの場合、人々の思考を奪って、一方的に情報を垂れ流すものであるがゆえに、人々は情報を与えられるだけの存在となり、常に不安と焦燥感に駆られるようになるわけです。

その不安と焦燥感が、世間に対する大げさな反応となって現れます。
また、3手4手先を読んで、行動するという洞察力や思考力が低下します。

60年前にもテレビも映画もありましたが、情報収集はもっぱら紙媒体と音声のみのラジオが中心でした。
つまり行間を想像力、洞察力で補わなければならなかったわけです。

日本はもともと「明察功過」といって、相手の気持ちを察して行動することが社会的に求められる、そういう社会を構築してきました。
その「明察功過」は、聖徳太子の17条憲法の第11条にある言葉です。
第1条が「和を以て貴しとなす」。
第11条が「功過(こうか)を明らかに察して賞罰を必ず当てよ」です。
功過というのは、良いことと悪い過ちです。

社会構造は、米国も日本も、ネットが社会の中心になりはじめています。
映像も、地上波テレビよりもネットの映像の方がはるかに美しくなる時代が、すぐそこに来ています。
では、ネット社会は、社会にどのような変化をもたらすでしょうか。

ネット社会は、情報に対するアクセスを容易にします。
ですから従来型メディアが、ご都合主義のデタラメな情報を流しても、すぐにそれが暴露されます。
そして人々は、SNSを通じて、誰とでもつながりをもつことができるようになります。

そして情報が人々の行動を決め、その行動が次の未来を築いていくのなら、人々はネットを通じて、より正確な知識を得ることができるし、情報の正邪を見抜く力を幼いうちから養っていくことになります。
大手メディアが、お金儲けのために◯◯はダイエットに効くと特番を組んでも、組んだそばから、それは嘘だ、ありえない、といったコメントによってそれらが打ち消されてしまうわけです。

そしてこうして様々な情報が考察し、様々な意見が自由に空間を飛び交うようになると、人々は、ようやくそうした生活の中心核となるものを求めるようになります。
その求められる中心核は、権力者ではありません。
人々に、正しい道を示す存在であり、理想を担う存在です。

テレビ時代の芸能人が時代の華なら、ネット時代の華となるのは、人々に楽しさとやすらぎと、明確でかつ正しい方向を示す存在ということなります。

新しい時代がいまはじまっています。


※この記事は2008年9月の記事のリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

《公開講座等の予定》
9月21日 第40回 百人一首塾(富岡八幡宮)
 https://www.facebook.com/events/1306118229538827/
9月23日 古事記講演(世田谷・豊受自然農)
 http://bit.ly/31mWlkt
10月5日 第41回 百人一首塾(富岡八幡宮)
 https://www.facebook.com/events/712281652570731/
10月20日 日心会10周年記念感謝祭(東京丸の内アリスガーデン)
 https://www.facebook.com/events/1345677085590621/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




関連記事

コメント
これからも変わらないやり方
60年前はまだ子供。
田圃の畦道でゴム長を履いて立ってる写真があります。
しかも長靴は左右反対(笑)

当時の田圃の仕事は村中総出でやってました。
田植えや稲刈りの季節には学校も休みになり、農家では無い子供達も手伝いに出ました。
田起こしは牛や馬も頑張りましたが、それ以外は全部人力。

そんな頃から60年。
今はどうでしょうか。
機械を運転して、全部ひとりでやってますね。
賑かだった農村の風景は、疾うの昔に様変わりしました。

畦道の鼻垂れ小僧は、移動電話を持ち歩き、コンピュータなる物を操りながら暮らしてます。
考えてみれば…私達は信じられない急変の時代を経験してきた訳です。

しかし…どんな時代でもどんな仕事でも暮らしでも「先人から学ぶ」ことは沢山ありました。
それは、これからも変わらないやり方だろうと思います。
2019/09/22(日) 09:45 | URL | takechiyo1949 #VCU7f5e.[ 編集]
変わり果て過ぎ
わぁお!デビッド、変わり果て過ぎたわね!

ケリー、これは変わり過ぎだね、朝から驚きまくりさっ!

お早うございます。深夜のテレビショッピング風に驚いてみました。
冗談はさておき、いまは息をして生きてるだけでも息苦しい時代ですな。60年前、まだ生まれてなかったですけど。
学校も今は私立も公立の学校も選ばれる時代になってきました。引っ越しするんじゃないのに合わないと転校してしまう児童や生徒が増えました。まあ明らかに悪い学校ならそれも仕方ないと思いますが、明らかにふつうの学校学級でも学区内外問わずに転校させる親御さんが増えたため、子供の小学校入学式のときと卒業式のときのメンツが全く違っていました。
これまではひどいイジメなど理由がある場合を除いてなかなか転校しなかったはずなのに…学校が生徒を選んでもいけませんが、学校の先生たちもやりにくくなったんだろうなぁと、ためいきが出ますね。
ウチの子はちなみに特別支援学部で普通級より厳しく、養護級よりより厳しい所に行っていますが。なんか話がまとまりませんが、学校一つ一つにしても変わってしまった。という印象を受けました。
2019/09/22(日) 08:29 | URL | はらさり #JiIFT9tA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク