アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


私達は日本人

【緊急のお願い】
明日9月29日(日)は東大阪市議選です。
私たちは、野田しょう子さんを応援しています。
東大阪にお知り合いがおいでの方は是非!


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


日本の様々な古代からの知恵が、これからの21世紀の世界を築く、手がかりに、必ずなっていきます。私達は、その日本人です。


20190925 紅葉
画像出所=https://www.jalan.net/news/article/273105/2/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


情報化が促進されるようになると、民衆は自分たちが働けど働けど、その富が自分たちに蓄積されるのではなくて、どこかに吸い取られていっていることに気づくようになります。
なにせ国富(年間に生まれる付加価値)の半分を、所得上位1%が丸取りしてしまうのです。
もっとも人口の多い低所得者層は、常に貧困にあえぐことになります。

社会の仕組みが、それしかないということであれば、人々は所得上位1%の一員になろうと努力することになるでしょう。
あるいは積極的に、その上位所得者に近づいて、その富の分前にあずかろうとするかもしれません。
しかしどんなに苦労したとしても、このシステムによって人々のすべてが安心して暮らせる世の中は決して来ないということが、いずれ明らかになります。

このことは日本に限らず欧米でもチャイナでもコリアでも同じです。
一部の人たちの贅沢三昧な暮らしのために、他の多くの人の生活が犠牲になる。
そのことは、これまでの世界のように、情報が一部のメディアから垂れ流されるだけの社会では通用しましたが、情報が広く人々に拡散され、情報の相互交流が活発になるこれからの世界では、おそらく通用しなくなるであろうといわれています。

つまり世界は、新たな情報化社会下における富の配分を、従来の仕組みから再構築していかなければならない状況に至っているといえます。
このことは、王権による支配が、民衆の世紀へと変化した18世紀以来の、最大の世界の構造変化を予期させるものです。

ひるがえってわが国をみると、たいへんに面白いことに気付かされます。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



たとえば現代社会では、ネットの普及によって、社長と一般社員が直接交流するということがごく普通に行われるようになりました。
このことは、たとえば著名な政治家や芸能人の場合でも同じで、内閣改造前に外務大臣をされていた河野太郎大臣が、Twitterで一般の人の恋愛相談にも乗っていたというのは有名な話です。

このようなことは、一昔前、たとえば筆者が現役のサラリーマンだった30年前には考えられないことでした。
社長の前に出たときなどは、もう緊張しまくりで、対等に口をきくなど、ありえないことでもあったわけです。

ところが、なんと飛鳥時代、つまり奈良平安の時代よりももっと前の時代において、わが国では、国政のトップにある人と、一般人がごく普通に交流するということが、実は、普通に行われていました。
たとえば万葉集に、大伴旅人と、児嶋という若い女性の交流の歌があります。
太宰府から京都へと旅立とうとする大伴旅人(太宰府の長官です)に、一般女性の児嶋がお別れの歌を贈ります。
その歌を手にした大伴旅人は、馬を停め、行列を停めて、児嶋に歌を返すのです。

この故事について、大伴旅人と児嶋は深い関係にあったのではないかと邪推している馬鹿者がありますが、もし仮にそうであったのなら、大伴旅人は私的な理由で行列の付き人たちを待たせたことになります。
しかしそのようなことをすれば、付き人たち(気の荒い太宰府の防人たちです)の気持ちは、大将である大伴旅人から離れてしまうことでしょう。
なぜなら、その付き人たちも、それぞれ別れを経験して、その旅に同行しているからです。
一軍の将帥として、兵たちの気持ちを損ねるような真似は、わが国では、古今東西、できないのです。

このように、将帥の立場や、あるいは大臣の要職にある人に、一般人が直接、和歌を通じて交流するということは、わが国では飛鳥時代の昔から行われてきたことですし、幕末においても、水戸藩の黒沢登幾(くろさわとき)が、孝明天皇に、徳川斉昭公の謹慎解除を和歌で直訴を行った事例もありました。

社会秩序の上での身分は身分。
和歌は庶民も権力者も国家最高権威の天皇も、等しく人として詠むものであって、だから和歌を通じて、社会身分や社会階層とはまったく別な、人と人との心の交流ができるようになっていた、というのがわが国の古来からの仕組みであるわけです。

このことは、ある意味、昨今新たに始まったネットによる情報化社会を、わが国が1400年もの昔から、すでに先取していたということができます。

わが国で、なぜこのような仕組みができあがったのかといえば、その理由は簡単です。
わが国が天然の災害多発国家だからです。
天災の前に、身分の上下などありません。
むしろ、身分は低くても、大工さんや土方さん、屋根職人さんなど、災害復興の技術を持った人たちのほうが、はるかに貴重です。
さらに、災害時の食料の備蓄は、これはもう死活問題として大事な事柄です。

そもそもわが国がどうして稲作国家となっていったのかといえば、冷蔵庫のなかった時代において、稲だけが、数年の長期の食料保管に耐えることができたからです。
天災は、いつ襲ってくるかわからない。
だから、平時において、いつ災害があっても大丈夫なように、稲を蓄えたのです。

お米は平野部で作ります。
ですからお米をつくる人々が住む村も平野部にあります。
しかしお米の保管場所が平野部だと、水害のときに全部水に流されてしまいます。
ですから村では、地盤が硬くて風通しの良い山の上に、高床式の建物を作って保管しました。
そしてその保管にあたっては、最も信頼できる存在に、その保管を託しました。
それが村の神様です。
そして、その保管場所となっていたところが、後に神社と呼ばれるようになりました。

けれど、村の備蓄米も、村が数年にまたがって凶作が続いたり、地震や水害、土砂災害等で米の備蓄が足りなくなったら、他から融通してもらわなければなりません。
これを円滑に行うためには、地域の主となる豪族に、お米のいち部を預け、豪族自身がお米の備蓄をするとともに、万一、管轄エリア内のどこかの村が凶作になれば、他の村から豪族の指示によってお米を回してもらうという体制を築く必要があります。
また、河川の堤防作りや、大規模な土地開発などは、村単独では財も人も足りません。
そういう大規模な事業は、豪族たちが取り仕切るようになりました。

この豪族が、後に地方の大名となっていきます。
大名というのは、大名主の略です。

しかし日本という災害大国では、これだけでもまだ災害対策には不十分です。
というのは、たとえば九州全域が凶作や災害によって被災した場合、豪族の管轄エリアを超えて、被害が広がっていることになるからです。
そこで、このための対策として、中央から国司が送られるという制度ができました。

国司というのは、いまの県知事さんですが、県知事を県内で選挙で選んだら、県知事同士の交流ができません。
中央の朝廷から国司を派遣した場合、全国の国司は、互いに顔見知りのわけです。
そして中央によるコントロールが効きます。
そこでたとえば九州で凶作が起き、一方、東北が豊作であったなら、東北から九州にお米をまわしたのです。
これを円滑に推進するのが、国司の大きな役割でした。

国司は、いまでいったら徴税使といった仕事もありましたが、全国の武装した豪族たちが、なぜ非武装の国司に税を支払ったのかと言えば、答えは簡単で、その支払う税は、いざというときのための災害保険の意味があったからです。
そして多くの場合、支払った以上に、お米を回してもらえることが多かったのです。

国家最高の存在が政治権力者ならば、その国会最高権力者は、同時に国家最高無責任者になるということを、先日来お話させていただいています。
権力は必ず責任を伴うのです。
しかし権力が国家最高の存在となれば、その存在は決して責任を取ることはありません。
つまりそれは国家最高無責任者ということです。

そこでわが国では、国家最高権力者の上に、国家最高権威を置きました。
権威の存在があり、その国家最高権威が民衆を大御宝とすることで、権力者の地位は、責任を持って民衆に奉仕する地位へと変わります。

こうした日本の様々な古代からの知恵が、これからの21世紀の世界を築く、手がかりに、必ずなっていきます。
私達は、その日本人です。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

《公開講座等の予定》
10月5日 第41回 百人一首塾(富岡八幡宮)
 https://www.facebook.com/events/712281652570731/
10月20日 日心会10周年記念感謝祭(東京丸の内アリスガーデン)
 https://www.facebook.com/events/1345677085590621/
2019/11/2(土)第42回 百人一首塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/602655457328350/
2019/11/24(日)第66回 倭塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/1200935093439011/
2019/12/14(土)第67回 倭塾 江東区文化センター 第1研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/544111256338411/
2019/12/22(日) 第43回 百人一首塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/887694471605173/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




関連記事

コメント
No title
>お米は平野部で作ります。
ですからお米をつくる人々が住む村も平野部にあります。

これは現代の米作りだと思いますよ。なぜって古代において平野部は大きな河川が氾濫を繰り返し米作りには適しなかった思います。
その当時の稲作適地はなんと言っても洪水のない沢の田んぼだと思いますよ。
実際我が集落の呼び名の起源が米作りの沢だからなんです。
その沢は奥に行くと二手に分かれている。右は日当りにいい米作りに適した沢。一方左手の沢は午前中位しか陽が当たらない。そして右手の沢の名称は「みょうじじ」、陽があまり当たらない沢の名称は「わらさく」。
「わらさく」とは米が満足に実らないので藁だけを作っていたのでしょう。
してここから我が集落の名前が出来たと言われている。我が集落で稲作が始まったのは奈良時代みたい。
一方が米が実のり、片方が実のらないので片実のり、そして「片見」となったと言われています。江戸時代は「片見村」だったそうです。
因みに我が集落から北に2kmの所にある集落、日本でも有数の大河の中流域ですが、江戸時代は川の傍は米作りが出来なく原野だったそうです。それが今ではおおきな堤防が築かれ一等田になっているんですよ。
そうそう江戸時代の我が集落には「郷倉」と言う物があり、そこに米や籾を備蓄していたそうです。その建物は昭和40年代まで残っていました。
この頃こう言ったそうですよ。「嫁に行くなら郷倉がある所に行きたい」と。
飢え死にすることが無いですからね。天明の大飢饉の時も餓死者を出さなかったと言われています。

2019/09/28(土) 18:49 | URL | #-[ 編集]
修身の復活を望みます
紅葉と富士山!綺麗な風景をありがとうございます。
河口湖の写真を見せましたら、今年は久し振りに那須岳に登ろうか!と相方が申しています。
間も無くシーズンだそうで、楽しみが増えました。

さて、Netには目を覆いたくなるようなニュースが沢山流れています。
徳育教育の失敗でしょうか。
切磋琢磨もありますが、その前に、何よりも自分自身に厳しく!が先だと思います。
修身の復活を望みます。
2019/09/28(土) 10:58 | URL | takechiyo1949 #VCU7f5e.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク