アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


提督井上成美海軍大将のこと

◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。


◆◆◆音声配信の「ねずラジ」は《いまだけの特典》があります。神谷さんと収録した『目からウロコの古事記の世界』の特別編(非公開)を5話分セットでプレゼント。10月末までにお申し込みいただいた皆さんに《全員プレゼント》です。是非スタートキャンペーン期間に視聴してみてください。◆◆◆
↓↓↓↓

https://www.ishikikaikaku.jp/nezuraji/

20191006 ねずラジ
ご登録は↑のバナーをクリック↑



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

多くの若者を犠牲にしたことと、生涯真正面から向き合って過ごされました。それは、とても辛いことであったことと思います。けれど、それをやりとおしたのが、井上成美という人物でした。


20191015 井上成美
画像出所=https://quasimoto.exblog.jp/22480359/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


几帳面で謹厳実直、まじめ一筋、けれど全力で生きてきた。
誰よりも努力した。
勉強もした。
世界の情勢に通じ、時代を確実に見通す眼も持った。
だからこそ、長いものに巻かれない生一本を貫いた。
遊ぶこともしなかった。
ただ、たまにギターをひくのが唯一の楽しみだった。

かつての日本人には、そんな人がたくさんいました。

そんなひとりに、井上成美(いのうえしげよし)元海軍提督がいます。
井上提督は、大東亜の開戦に、断固反対しました。
けれど、国家は開戦への道を進みました。
提督は、全力を尽くして戦いました。

そして終戦。
多くの優秀な部下を失いました。

戦後、彼は一切、人の前に出ることを拒み続けました。
そして贅沢とはほど遠い生活を送りました。
毎年8月15日には、一日中、緑茶以外は摂(と)らずにすごしました。
ひとり、古びた軍帽を被(かぶ)って、一日部屋で端座し、遠い海を眺めて、戦死した仲間たちの冥福を祈りました。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



井上成美海軍大将は、明治22(1889)年、宮城県仙台市で生まれた人です。
仙台二中(現:宮城県立仙台第二高等学校)を優秀な成績で卒業し、江田島の海軍兵学校に学びました。
海軍兵学校の入学時の成績は、180名中8番でした。
卒業時の成績は、2番でした。
トップ集団の中で、さらに成績順位が上がったということは、相当な努力をする人であったということです。

兵学校を卒業した井上大将は、練習艦「宗谷」乗り組みました。
このときの艦長が、後に終戦時の内閣総理大臣を務めた鈴木貫太郎です。
第一分隊長が山本五十六。
指導官が後の連合艦隊司令長官でフィリピンで殉職した古賀峯一でした。
いま振り返ってみると、まさにそうそうたる豪華メンバーでした。

大正4(1915)年に、新造艦であった戦艦「扶桑」に分隊長として乗り込んだ井上大将は、翌大正5年に、海軍大学に進学しました。
その後イタリア駐在武官(昭和2)、海軍大学教官(昭和5)などを勤め、昭和7年には、海軍省の軍務局第一課長に就任しました。
その頃のエピソードがあります。

当時海軍軍令部は「軍令部令及び省部互渉規定改正案」を作ろうとしていました。
一課の課長だった井上成美は、案に真っ向から反対しました。
すると海軍大学で一期上の南雲忠一(後の海軍大将)が説得にやってきました。
大激論となりました。

論戦の果てに、南雲は激昂して、
「お前のような奴は殺してやる!」と言いました。
「やるならやれ。
 死んでも俺の意志は変わらん!」
そう言って井上提督は、あらかじめ用意してあった遺書を南雲に見せました。
覚悟の上での反対、そして命がけの反対だったのです。

井上大将は、日頃から南雲大将をとても尊敬していました。
けれど、どんなに尊敬する先輩の説得であっても、イケナイものはイケナイ。
彼は、先輩後輩という「私」ではなく、職務という「公」を優先する男だったのです。

日本人は、論争を好まない民族です。
けれど「公」を背負ったときには、断固争う。
同時にどんなに争っても、根底には相手への礼と尊敬の念を失わない。
それが日本人です。

昭和8(1933)年11月、井上は練習戦艦「比叡」の艦長に就任しました。
このときの井上艦長の訓示です。
「軍人が平素でも刀剣を帯びるのを許されており、
 吾々またその服装を誇りにしておるのは、
 一朝事あるとき、
 その武器で敵を斬り、
 国を守るという
 極めて国家的な職分を果たすからである。
 国家の命令があって
 初めて軍人は武器を使用できる。
 手元に武器があるからと言って
 自分勝手に人を殺せば、
 どんな思想信条であろうと
 ただの人殺しである。」

昭和11(1936)年、井上成美提督は、正月に催された横須賀陸海軍の親睦会に出席しました。
このとき、一緒に呑んでいた憲兵隊長の林少佐が、井上に「貴公、貴公」と話しかけました。
これのとき、井上が激昂した話が伝わっています。
彼は、
「君は少佐ではないか。
 私は少将である。
 少佐のくせに少将を呼ぶのに
 貴公とは無礼である。
 海軍では、
 軍艦で士官が酒に酔って甲板でくだをまいても、
 艦長の姿が見えれば、
 ちゃんと立って敬礼をする。
 これが軍隊の正しい姿である。
 君のような礼をわきまえない人間とは
 酒は飲まん!」

翌日憲兵隊長が謝罪に訪れました。普通ならこれで終わりにするのですが、
井上は、
「あとで謝るなら最初からするな!」
と相手が謝罪しても一切許そうとはしませんでした。

たかが酒の席のことで、と思われる方もいるかもしれません。
けれど常住坐臥、常に戦場に心を置くのが武人です。
たとえ酒の席であっても、非礼は非礼として絶対に赦(ゆる)さない。
その厳しさこそが日本の武士の心です。

また、階級差で少将が少佐に「貴公呼ばわりするのは怪しからん」というのは、いささか階級主義、権威主義なのではないかという人がいました。
それも違います。
身に寸鉄を帯びる軍人が、酔ったからといって節度を忘れるようでは、これほど恐ろしいことはありません。
そういう、自己に対するどこまでも厳しさを忘れないのが日本の武士であり、帝国軍人であったのです。

憲兵の林少佐も、そのことに気が付いたから、謝ったのです。
井上も「最初からするなっ!」と声を荒げたけれど、気がついた林少佐を、言葉では叱りながら、心では赦しています。
そのことに林少佐は気がついたから、井上提督を尊敬するのです。

そういう「互いに相手の心を察する」ということが、日本の文化の基本です。
だからこそ、互いに人として成長していくことができるのです。
そしてそういう姿勢が、この話の両者にあり、この話を聞く側にも常識として具(そな)わっていたからこそ、こうしたエピソードが逸話として活(い)きたのです。

昭和10年、井上が横須賀鎮守府の参謀長だった頃のこと、ある艦艇の艦長が、乗員に上陸禁止令を出しました。
ところが自分は上陸して水交社で飯を食べていました。
その食堂に井上参謀長が現れました。
彼は艦長に向かって言いました。
「貴艦には上陸禁止令が出ていたはずだが?」
当然艦長は、それを認めます。
すると、
井上「それは艦長命令で出したのか?」
艦長「はい、艦長命令で出しました。」

井上の眼がみるみるうちに吊りあがりました。
「自分が出した命令を自分で破ってどうする。
 すぐに戻れ!」
艦長は、あわてて自艦に戻りました。
艦長室の入り口にゴミが置かれていました。
これは乗組員たちの、ささやかな抵抗です。
上に立つ者こそ、規律を守らなければならない。
でなければ、組織は成り立たないのです。

共産主義の人治主義のもとでは、上に立つ者にはありとあらゆる自由が許容されます。
下の者は、銃を突きつけられて無理やり言うことをきかせられる。
これでは人も組織も育ちません。

学校で、先生が生徒に規律を守れ!というなら、まずは先生が率先して規律を守らなければならない。
会社で上司が部下に「規律を守れ!」というなら、まずは上司が率先して規律を守り、その手本を示さなければならない。
それは上杉鷹山の師匠だった細井平洲の教えでもあります。

昭和12(1937)年、日本は、日独伊三国同盟を締結しました。
これに対し当時軍務局長だった井上は、米内光政海軍大臣、山本五十六海軍次官、永野修身軍令部総長らとともに猛烈と反対しました。

昭和12年とえいば、日華事変の最中です。
日華事変を背後で操っているのは、米英です。
けれど、だからといってこの時代にドイツと手を結ぶということは、米英と真正面から対峙することになるのです。
だから反対しました。

当時の新聞などの論調は「日独伊三国同盟は集団防衛であり、我が国の国益に適う」というものでした。
けれど井上は、
「集団防衛というけれど、
 ドイツから日本に、
 どれだけの援助があるのか。
 またできるのか。
 強い国と仲良くしていかなけりゃならんのに、
 アメリカとも仲が悪くなる、
 イギリスとも仲が悪くなる。
 一方でドイツからは何等の恩恵もない。
 日本にとって何のメリットもなく、
 得するのはドイツだけです」
と述べています。

振り返ってみれば、井上大将の先見性の方があたっていたといえます。
けれど当時、三国同盟に反対する井上のもとには、「斬奸状」「宣言」などの奉書が送りつけられ、まさに国賊扱いされました。
いまならさしづめ、マスコミから総攻撃を受け、ネットで悪口やら誹謗中傷やらをめいっぱい受けるようなものです。
三国同盟に反対する米内、山本、井上は、「海軍左派の三羽烏」とまで揶揄されました。
しかし井上は一歩も退(しりぞ)きませんでした。

昭和15(1940)年、China方面艦隊参謀長兼第三艦隊参謀長となっていた井上に、事件が起こりました。
上海の共同租界で、私服の日本人憲兵がChineseの強盗に襲われて殺害されたのです。
陸軍はこれを口実に国際法規を無視して、一個大隊を租界に進入させようとしました。

これに対し井上は、
「強引に租界に入ろうとする者は、
 たとえ日本陸軍でも
 敵とみなして撃滅せよ」
と命令しました。
上海海軍特別陸戦隊は、陸軍の行進と対峙し、押し問答の末、陸軍が引き下がりました。

結果からみれば、陸軍の判断の方が正しかったのかもしれません。
外国人一人を殺害したら、Chinese1万人が報復攻撃される。
そのくらいの実力行為があってはじめて「侮れない相手国」と看做されるのがChina社会だからです。

実際、Chinaに駐屯していた欧米白人諸国は、ぜんぶそうやって自国民の安全を図ってきました。
おかげで、いまだにChinese社会では、現実に植民地支配をしていた欧米に対しては、なんら苦情の申し立てがされません。
Chinaの社会では、何十万人が殺害されようが、いま自分が生残っていればそれで良いのです。
そして生残るためには、あえて危ない橋は渡らない。

けれど、その一方で、本当の意味での平和と繁栄を築くためには、そういうChinese的わがままには一切妥協せず、どこまでも正しい道を貫いて行くという努力が必要です。
そして、いまを生きる私たちにとって必要なことは、そのどちらの判断が正しかったか、間違っていたかという「評価」ではなく、そういう見解の相違がかつてあったのだという事実から、私たちが何を学び、そこからどういう未来を建設していくかを考えることにあります。

昭和16(1941)年12月8日、ハワイ真珠湾攻撃の日、井上大将はカロリン諸島のトラック島で第四艦隊旗艦「鹿島」艦上にいました。
そして艦の無線で、「トラトラトラ」を傍受しました。

通信参謀だった飯田秀雄中佐が井上に、「おめでとうございます」と言って電報を届けました。
井上は、
「何がめでたいだバカヤロー!」
と物凄い剣幕で怒鳴ったといいます。
飯田中佐は、そのときは何故自分が怒鳴られたのかわからなかった。
けれど本土に帰還し、焼け野原となった東京を見たとき、はじめて井上の「バカヤロー」の意味を理解できたそうです。

戦争が終わった時、戦前の海軍省は、第二復員省という名称になって、外地からの兵士の復員を専門に扱う省庁となっていました。
ある日のこと、その復員省に井上が、自宅があった三浦半島名物のミカンを大量に持ってやってきました。
そして、
「田舎にはこんなものしかありませんが、
 みんなで食べてください」
復員省にいたのは、井上の旧部下たちでした。
この当時は、食べ物がなかなか入手できない時代でした。
その時代に、ミカンは非常に貴重な果物でした。

井上は、自身も後日、貧困のため栄養失調と胃潰瘍で入院を余儀なくされるほどの生活を送っていながら、貴重なミカンを机に山が出来るくらい、たくさん手で持って、持参して、みんなに食べてもらっています。
当時復員局員だった中山定義は、
「元の大将中将で、
 復員局を訪れて
 かつての部下を労ってくれたのは
 それまで一人もいなかった」
と述べています。

井上元海軍提督は、昭和50(1975)年に86歳でお亡くなりになるまで、横須賀で隠棲して暮らしました。
近所の子供達や、軍人時代に懇意にしていた横須賀の料亭の芸者や仲居達に英語を教えていたけれど、謝礼を受け取らないので、生活はそうとう厳しかったようです。
軍人恩給の給付が一時凍結されていた際、井上家の経済的な窮状を察した関係者が、旧海軍省次官の経歴で文官恩給の給付を受けられるよう取り計ろうとしたけれど、これも「自分は軍人である」と拒否しています。

海上自衛隊が発足した当時、海自の練習艦隊壮行会で、嶋田繁太郎が出席して乾杯の音頭をとったと聞いたとき、
「恥知らずにも程がある。
 人様の前へ顔が出せる立場だと思っているのか」
と周囲が青ざめるほどに激怒したといいます。

島田繁太郎という人は、大東亜戦争開戦時の海軍大臣だった人です。
要するに井上提督は、自分が軍人として将官の立場にありながら、多くの部下や民間人を犠牲にした。そのことと真正面から向き合って残りの人生を過ごしたのです。

会社が倒産したとき、その会社の幹部が、多くの社員を犠牲にしたことを恥じ、隠棲生活をした、という話は、あまり聞きません。
井上提督は、開戦当時、第四艦隊司令長官であったけれど、それは大東亜戦争そのものの開戦責任を負うような立場ではありません。
けれど、彼は、多くの若者を犠牲にしたことと、生涯真正面から向き合って過ごされました。
それは、とても辛いことであったことと思います。
けれど、それをやりとおしたのが、井上成美という人物でした。

先日「しょうゆ組」のことを書きました。
しょうゆを飲んで兵役を逃れた卑劣な連中が、戦後は、自分たちの卑劣さを正当化するために戦争反対、戦前、戦中の日本は異常だった、日本は悪い国だと声高に主張しはじめました。
はっきりと申し上げたいのです。
「そういってきたあなた方こそ、
 異常な悪人なのですよ」と。

※この記事は2011年4月の記事のリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

《公開講座等の予定》
10月26日(土)三重県津市講演
 http://nezu3344.com/blog-entry-4269.html
10月20日 日心会10周年記念感謝祭(東京丸の内アリスガーデン)
 https://www.facebook.com/events/1345677085590621/
2019/11/2(土)第42回 百人一首塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/602655457328350/
2019/11/24(日)第66回 倭塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/1200935093439011/
2019/12/14(土)第67回 倭塾 江東区文化センター 第1研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/544111256338411/
2019/12/22(日) 第43回 百人一首塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/887694471605173/
2020/2/22(土)第69回 倭塾 富岡八幡宮 婚儀殿二階大広間 13:30~16:30
 https://www.facebook.com/events/2179999205630540/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




関連記事

コメント
阿川ひろゆき著の井上成美昔感動しました。
井上提督の話しは阿川ひろゆきの井上成美を読んで深く感動して今の自分の生き方の一つのバックボーンとなっているかもしれません。ありがとうございました。
2019/10/20(日) 22:11 | URL | 谷山靖浩 #-[ 編集]
理論のない経済学
政府が国債を発行し、市中に金を出せば「政府の借金」になります。
しかし、その金は実体経済に流れ景気浮揚に寄与します。
国債を発行し続ければ当然「政府の借金」は増えていきます。

政府の借金は市中銀行からの借金ではありません。
借手は政府の子会社の「日本銀行」です。
今までの借金は1000兆円を超えています。

それだけの紙幣が日本国内を駆け回っているのです。
しかし何の問題も起きていません。
それは日本の今の経済に必要だからです。

紙幣がだぶつく状態になれば日本銀行が回収すれば良いだけです。
「政府の借金」は返済する必要はないのではないでしょうか。
誰も困りません。

実体経済状況を見ながら紙幣の量を管理すればよいような気がします。
この考えは今の経済学の理論にはあてはまらないが、もしかすると許される理論かも知れません。
2019/10/19(土) 15:49 | URL | にっぽんじん #-[ 編集]
色々と考えさせられています
意見の相違。
長く一緒に住んでる家族だって意見の違いはあります。
ましてや他人様との衝突は有って当たり前だと思います。

会議などでは、相手の話を遮って持論を捲し立てヤジを飛ばす人もいますし、面倒になって逃げちゃう人もいます。
会社人間は自制心の塊で、後先のことを考えるから?
喧嘩になるなどは滅多に見掛けませんね。

百人には百人の個性があって、各々が自分の考えを分かってほしいと常に思っています。
国会中継を観ていますと、互いに一歩も引かない議論のパニック状態があります。
相手をイラつかせてるだけだと思うのですが、今の国会議員ですらこんな有り様です。

井上大将の生涯。
拝読して色々なことを考えさせていただきました。
2019/10/19(土) 09:45 | URL | takechiyo1949 #VCU7f5e.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク