アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


日本が行った古代の大成果

《新作動画》ポーランドへの架け橋
昨日アップされたばかりです。


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。


◆◆◆音声配信の「ねずラジ」は《いまだけの特典》があります。神谷さんと収録した『目からウロコの古事記の世界』の特別編(非公開)を5話分セットでプレゼント。10月末までにお申し込みいただいた皆さんに《全員プレゼント》です。是非スタートキャンペーン期間に視聴してみてください。◆◆◆
↓↓↓↓

https://www.ishikikaikaku.jp/nezuraji/

20191006 ねずラジ
ご登録は↑のバナーをクリック↑



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

日本では、豪族たちはみんな親戚です。さすがに親戚を「征圧」するわけにはいかない。だいたい親族間の恨みというものは、幾世代にもわたって、ずっと尾を引くものです。そこで考案されたのが、わが国独自の方法でした。


20191018 高松塚古墳
画像出所=https://www.asuka-park.go.jp/area/takamatsuzuka/tumulus/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


国号として日本という名前が公式に表示されたのは、比較的新しい出来事で持統天皇が689年に発せられた飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)に、日本という国号を観ることができます。
それより以前は、外国では倭国、我が国では葦原中国(あしはらのなかつくに)、または大倭(おほやまと)です。

ちなみに日本と書いて「ニホン」と読むのか、「ニッポン」が正しいのかとよく聞かれますが、基本的に「どちらも正しい」が正解です。
ただ強(し)いて言うなら、「JAPAN」の語源が、マルコポーロが『東方見聞録』に書いた「ジパング(ZIPANG)」が、「日本」という漢字の漢音である「日=ジツ」、「本=ポング」を、イタリア語で表記したものですから、もともとは「ジッポン」であったことを考えると、もともとは「ニッポン」と読むのが正しいのかもしれません。
もちろん「ニホン」と読んでも不正解ということではない。

さて、もともと大昔には、世界に国境などありません。
従って倭人たちが入植し、倭国の風俗で過ごしているところが倭種の国ということになります。
魏志倭人伝、梁書などによると、倭種が住む国は、日本から遠く海を1年渡った先まで、倭種であると書かれています。
それがどこの国を指すのか、明確な答えはありませんが、複数の証拠が、その地を南米のエクアドルかペルーあたりであったことを示しています。

これが何を意味しているかと言うと、今のような国境など存在しなかった時代、海洋国家日本にとっての葦原中国、つまり倭種の国は、いまでいうなら「大海原に広がる世界」を意味していたことになります。
古事記を読み解くと、どうやらオノゴロ島は「地球」そのものを意味しているようですし(『ねずさんと語る古事記』)、大倭という言葉も、もしかすると巨大な地球に対しての小さな人々という意味の言葉であったのかもしれないと思えたりします。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH



天皇という呼称が正確にいつ始まったのかは、定かではありません。
文書に登場するのは、608年の隋への国書で、そこには「東天皇敬白西皇帝」という記述があります。
これについては、その記述が「720年に成立した日本書紀にしかない」という反論がありますが、銘文として、607年の「法隆寺金堂薬師如来像光背銘」に「池辺大宮治天下天皇」の記述があります。

また「野中寺弥勒思惟像台座銘」にも、
「丙寅年四月大旧八日癸卯
 開記橘寺智識之等詣
 中宮天皇大御身労坐之時
 誓願之奉彌勒御像也友等
 人数一百十八
 是依六道四生人等
 此教可相之也」
という記述があります。

意味は「666年4月に斉明天皇のご健康のためにこの弥勒菩薩像の開眼供養を118名で行った」というもので、ここにも「天皇」という記述を見て取ることができます。
つまり天皇という呼称は、607年〜666年の間には確実に用いられていたわけですから、7世紀のはじめころには、すでに「天皇」という用語が用いられていたことがわかります。

ちなみに「日本」という国号は、冒頭に記しましたように初出が689年です。
ということは、「天皇」は「日本」より古い。
このことが示す意味は重大です。
なぜなら日本は「天皇あっての日本」だからです。

では、なぜ大倭や中つ国という表記を、わざわざ「日本」という表記に改めたのでしょうか。
これには663年の白村江事件における敗戦が影響しています。
このときに日本は朝鮮半島における権益を放棄し、朝鮮海峡に国境線を敷きました。
つまり海峡に国境線を明確に引くことで、国の境を明確にしたわけです。

実はこのこともまた、世界においてはめずらしいことです。
18世紀に、いわゆる「国民国家」が成立するまでの世界には、明確な国境ラインというものはありません。
王のいるところと、その周辺、および、王に従う貴族の支配する領地が王国のエリアであって、隣の王国との境のあたりにいる人々にとっては、自分たちがどっちの王国の人なのかなど、ほとんど意識されることもない。
要するに、たとえは悪いですが、いまふうにいえば、ヤクザさんの「シマ」とか「ナワバリ」みたいなもので、「ワシは渋谷の王だ」
「オイラは新宿の王だ」
と言う人はいても、では渋谷組と新宿組の境界線がどこなのかは、判然としない。
それが近世までの世界の趨勢だったわけです。

ところが日本は、7世紀に国境線を敷くということを行いました。
なぜそのようなことをしたのかというと、ものすごく簡単に突き詰めて言うと、もうコリゴリだったからです。

チャイナに唐が成立したけれど、唐は高句麗が怖い。
そこでお得意の「遠交近攻」で、高句麗を挟み撃ちするために、高句麗の向こう側にある新羅に兵を送り、百済を攻め滅ぼして、半島南部を(表向きは)新羅の征圧地、実態は唐の領土にしたのです。
ところが倭国が、百済救援軍を起こして、これに抵抗しました。
これは表向きは、あくまでも百済と新羅の戦いです。
ところが気がつけば、実態は日本軍と唐軍の戦いになっていました。
百済の王子も、結局、高句麗に逃げてしまうし、これでは戦う意味がない。
そこで日本は、唐と結んで白村江から全軍を引き上げることにしたところ、その引き上げの当日に新羅がだまし討ちで日本の船に火を放って日本の将兵1万人が亡くなったというのが、白村江事件です。

悪いけれど、そんな嘘つきたちと、二度と付き合う必要はない。
ということで、朝鮮海峡に国境線を敷いたのが、663年のことであった、というわけです。

加えて事件後には、「唐が日本本土に攻め込んでくる計画をしている」という情報などももたらされました。
結果的にこの計画は、唐がチベットとの戦いで大敗し、チベット対策のために東方の戦闘がおろそかになったために実現こそしませんでしたが、この時代にわが国が自立自存のために、最大限の努力を払うことは、どうしても必要なことであったということができます。
そしてそのことは、聖徳太子の「いつくしきのり(憲法)」の実現のためにも、必要なこととなっていました。
日本は、国内を豪族たちのゆるやかな集合体から、統一国家へと国の体制を改めなければならなかったのです。

ところが日本には、他の諸国にはない、特別な事情がありました。
世界中、どの国においても、特定の王朝が国内を支配しようとするときは、すべて力による征圧が用いられました。
簡単に言えば、「さからう者には死を」ということです。
ヨーロッパの場合であれば、王や貴族の多くは、もともと北方のバイキングの海賊が、岡に登ってそのあたり一帯を征服した征服者です。
周囲にもとから住む住民とは、民族も言語も違います。
この時代、民族と言語が違えば、相手はただの動物にすぎません。
ですから、言うことを聞かなければ、殴り、蹴り、殺すだけです。
世界の支配はそうやって行われました。

このことはチャイナも同じで、中原で漢族同士が長年紛争を続けていることで迷惑した北方遊牧民が打ち立てたのが隋であり、唐の大国です。
前にも書きましたが「隋」という字は、食肉にナイフを突き立てていることを意味する漢字、「唐」も、肉に手でナイフを突き立てている象形です。
要するに隋の王朝を築いた人たちは、肉食の人たちであって、稲作をする農民社会によって打ち立てられた王朝ではないことが、その国号から知ることができるわけです。
ということはつまり、外来王朝だ、ということです。

ところが日本の場合、日本列島に住む万民が、すべて祖先をさかのぼると、みんな血縁がある。
このことは、それぞれの豪族が持つ神話を紐解くと、それぞれニニギノミコトに従って降臨した神の子孫だとか、大国主神の系列の子孫だとか、要するに神代の昔までさかのぼると、どの豪族たちもみな、なんらかの血の繋がり
があるわけです。

日本では、豪族たちはみんな親戚です。
さすがに親戚を「征圧」するわけにはいかない。
だいたい親族間の恨みというものは、幾世代にもわたって、ずっと尾を引くものです。
そこで考案されたのが、わが国独自の方法でした。

これについては、今度の新刊の万葉集で明らかにします。
乞うご期待です。
予約開始は12月になりそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

《公開講座等の予定》
10月26日(土)三重県津市講演
 http://nezu3344.com/blog-entry-4269.html
10月20日 日心会10周年記念感謝祭(東京丸の内アリスガーデン)
 https://www.facebook.com/events/1345677085590621/
2019/11/2(土)第42回 百人一首塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/602655457328350/
2019/11/24(日)第66回 倭塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/1200935093439011/
2019/12/14(土)第67回 倭塾 江東区文化センター 第1研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/544111256338411/
2019/12/22(日) 第43回 百人一首塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
 https://www.facebook.com/events/887694471605173/
2020/2/22(土)第69回 倭塾 富岡八幡宮 婚儀殿二階大広間 13:30~16:30
 https://www.facebook.com/events/2179999205630540/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




関連記事

コメント
No title
では新刊を待てない!時はどうしたらいいのでしょうか!?
(1)ねずさんのバックナンバー”磨製石器と相沢忠洋”を読む
(2)三内丸山遺跡と他の古代遺跡を読む
(3)千葉県柴山遺跡の埴輪を見る
日ユ同祖論を信じていませんでしたが、多くのユダヤ人らしき異人が来日していたようです。ただ問題なのは帰った形跡がないことです。
新刊が楽しみなのですが、日本書紀1300年との事なので忙しくドキドキの年末年初になりそうです。
2019/10/21(月) 08:13 | URL | koukenz #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク