アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


公正な世界を目指して戦った日本

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

デュボイス


W・E・B・デュボイス(William Edward Burghardt DuBois)という人がいます。
米国人で、1868年にマサチューセッツ州で生まれ、1963年にお亡くなりになりました。

このデュボイスという人は、米国黒人として最初の博士号をハーバード大学でとった黒人です。

アメリカ合衆国の公民権運動指導者、汎アフリカ主義、ブラック・ナショナリズムの先駆者、全米黒人地位向上協会の創立者でもあります。

昭和11年(1936)年のことです。

彼は、満洲に1週間、中国に10日間、日本に2週間滞在し、「ピッツバーグ・クリア」紙に、「忘れがたい経験」と題したコラムを連載しました。

以下はそのとき掲載された彼の体験談です。

デュボイスはある日、東京の帝国ホテルでフロントで勘定を払っていました。

そこに“いかにも典型的なアメリカ白人女性”が、さも当然であるかのように、彼の前に割り込みます。

ところが、ホテルのフロント係は、女性の方を見向きもせず、デュボイスへの対応を続けた。

勘定がすべて終わると、彼はデュボイスに向かって深々とお辞儀をし、それからやっと、その厚かましいアメリカ女性の方を向いた。

フロント係の毅然とした態度に、デュボイスは、これまでの白人支配の世界とは違った、新しい世界の幕開けを予感したといいます。


彼は言います。

「母国アメリカではけっして歓迎されることのない一個人を、日本人は心から歓び、迎え入れてくれた。
日本人は、われわれ1200万人のアメリカ黒人が、「同じ有色人種であり、同じ苦しみを味わい、同じ運命を背負っている」ことを、心から理解してくれているのだ。」


さらにこの旅でデュボイスは、日本人と中国人との違いを悟ったといいます。

それは上海での出来事でした。

デュボイスの目の前で4歳くらいの白人の子どもが、中国人の大人3人に向かって、その場をどくように言ったそうです。

すると、中国人の大人たちはみな、あわてて道をあけた。

これはまさにアメリカ南部の光景と同じではないか。

デュボイスは語ります。

「上海・・・この世界一大きな国の世界一立派な都市は、なぜか白人の国によって支配され、統治されている。
それに対して日本は、有色人種による、有色人種の、有色人種のための国である。」


大東亜戦争が始まると、米黒人社会の世論は割れていきます。

「人種問題はひとまず置いておいて母国のために戦おう」
「勝利に貢献して公民権を勝ち取ろう」

という意見もあれば、

「黒人を差別するアメリカのために戦うなんて、馬鹿げている」という意見もあった。


デュボイスは、大東亜戦争を“人種戦争”と捉え、はっきりと次のように語ります。

「アメリカが日本人の権利を認めてさえいれば、戦争は起こらなかったはずだ。」


黒人たちは、白人が日本人を

「イエロー・バスタード(黄色い嫌な奴)」
「イエロー・モンキー(黄色い猿)」
「リトル・イエロー・デビル(小さな黄色い悪魔)」

などと、必ずそこにイエローの文字を入れて形容することに、ますます人種戦争のにおいをかぎつけます。


当時のアメリカ政府は、日本兵は“残虐な未開人である”というイメージを広めようとやっきになっていた。

それに対し彼は「ピッツバーグ・クリア」紙で次のように語ります。

「ビスマーク沖での海戦で、アメリカ軍は多数の日本の艦船を沈めた後、波間に漂っていた多くの日本兵をマシンガンで皆殺しにした」

「本土爆撃ではわざわざ人の多く住んでいる場所を選んで、大人から赤ん坊まで無差別に殺した」

「広島と長崎に原爆が落とされた時、何万という人間が一瞬にして殺された。これを残忍と言わずして、何を残忍と言おう」

「軍隊の中で差別に苦しめられていた黒人兵が白人のために、同じ有色人種である日本人と戦わなければならない理由は、なにもない」

「ある白人指揮官は、黒人部隊の95%は戦う気力がまったくない、と判断を下している。黒人兵の間では、やりきれない気持ちが次のようなジョークがある。

“墓石にはこう刻んでくれ。
白人を守ろうと、
黄色人種と戦って
命を落とした黒人
ここに眠る”と。」


彼は、大戦中、日系移民は、米国の市民権を持っている人々までも強制収容所に入れられたことについて、米黒人社会は、非常に大きな衝撃を受けたといいます。

第一に、日系アメリカ人だけが収容され、ドイツ系もイタリア系も収容されなかったのは、あきらかに人種偏見のせいである。

第二に、アメリカの市民権を持っている日系人さえもが強制収容されるなら、黒人にも同じ事が起こる可能性がある、という点。


そして彼は、11万5千人もの日系人が、一度にアメリカ人としての自由を奪われるのを、われわれ黒人は黙って見過ごすというのかと語り、ロサンゼルス・トリビューン紙のコラムニストとともに、全米黒人向上協会に呼びかけ、次のような決議文を提出します。

「われわれは、人種や肌の色によって差別され、アメリカ人としての当然の権利を侵害されることに断固として反対していかねばならない。」


大東亜戦争終戦の後、黒人社会は、収容所から解放されて戻ってきた日系人を歓迎し、温かく迎えます。

彼らは、日系人のために仕事を探したり、教会に招いたりしてくれたのです。


第一次世界大戦が終結した1919年、パリで講和会議が行われました。

このパリ講和会議は、第一次大戦の惨禍を再び繰り返すことがないために「国際連盟」を創設しようという会議でもあった。

このとき、米国の黒人たちが最大の注目したのが日本でした。


日本は、国際連盟規約に「人種平等の原則」を入れるという提案を掲て、講和会議に参加したのです。


日本の全権使節団は、パリに向かう途中、ニューヨークに立ち寄ります。

このとき「ボストン・ガーディアン」紙の編集長モンロー・トロッターなど、黒人社会の指導者4人が、「世界中のあらゆる人種差別と偏見をなくす」ことに尽力してほしい、との嘆願書を、日本の使節団に出します。

米国のウィルソン大統領が講和会議の議長役をするというのに、それをさしおいて、わざわざ日本の使節団に嘆願をしているのです。



「われわれ(米国の)黒人は講和会議の席上で“人種問題”について激しい議論を戦わせている日本に、最大の敬意を払うものである。」

これは、全米黒人新聞協会が発表したコメントです。

人種差別に苦しむアメリカ黒人社会は、有色人種でありながら世界の大国の仲間入りした日本を、人種平等への旗手と見なしていたのです。


パリ講和会議で、日本の“人種差別撤廃法案”は16カ国中、11カ国の賛成票を得ながら、議長であった米国大統領ウィルソンの「全会一致でない」という詭弁によって退けられます。

全米の黒人たちは、自国の政府の措置に怒り、全米で数万人もの負傷者を出すほどの大規模な暴動を続発させます。


そもそもアメリカの黒人社会が、日本に期待をかけるようになったのは、日露戦争の時です。

白人の大国に、有色人種の小国が独立をかけて、果敢な戦いを挑んだのです。


冒頭にご紹介したデュボイスは、白人による支配から有色人種を解放してくれる可能性のもっも高い国として、日本を支持しました。

日本が勝てば、やがて“アジア人のためのアジア”を声高に叫ぶ日が来るだろう。
それは、自分たち黒人の母なる大地であるアフリカに同じような声がこだまする前兆となる、と考えたのです。

そしてその考えは、全米黒人教会の意思にもなります。

黒人紙「インディアナポリス・フリーマン」は次のような社説を掲載します。

「東洋のリングで、茶色い男たちのパンチが白人を打ちのめし続けている。

事実、ロシアは繰り返し何度も、日本人にこっぴどくやられて、セコンドは今にもタオルを投げ入れようとしている。

有色人種がこの試合をものにするのは、もう時間の問題だ。

長く続いた白人優位の神話が、ついに今突き崩されようとしている。」


そして、日露戦争は、有色人種は白色人種に決して勝てない、という白人優位の近代史の神話を事実として否定してみせたのです。


当時、ロサンゼルスの日系病院の医師のうち、二人が黒人だったことについて、「カリフォルニア・イーグルス」紙は次のように述べています。

「ほとんどの病院が黒人に固く戸を閉ざしている昨今、日系人の病院がどの人種にも、門戸を開放していることは本当に喜ばしい限りである。

同じ人種の医者に診てもらうことができる安心を患者は得ることができるのだから。」


1923年の関東大震災では、ある黒人が「シカゴ・ディフェンダー」紙に「アメリカの有色人種、つまりわれわれ黒人こそが、同じ有色人種の日本人を救えるのではないか」と投書します。

それを受けて同紙はすぐに日本人救済キャンペーンを始めた。

「たしかに我々は貧しい。しかし、今、お金を出さなくていつ出すというのか。」


同紙の熱心な呼びかけは、多くの黒人の間に浸透していきます。

万国黒人地位改善協会は、「同じ有色人種の友人」である天皇に深い同情を表す電報を送り、また日本に多額の寄付を行った。

「シカゴ・ディフェンダー」紙のコラムニスト、A・L・ジャクソンは、長い間白人たちの専売特許だった科学や商業、工業、軍事において、飛躍的な発展を遂げようとしていた日本が、震災で大きな打撃を受けたことにより、黒人もまた精神的な打撃を受けた、と分析しました。

なぜなら「日本人は、それまでの白人優位の神話を崩した生き証人」だったからだといいます。


1936年、イタリアがエチオピアを侵略します。

アメリカの黒人たちは、アフリカ唯一の黒人独立国を「最後の砦」として支援しようとします。
アメリカ政府の消極的な姿勢に比べて、日本が国際連盟以上にエチオピア支援を訴えた事が、アメリカの黒人たちの心を動かしたのです。

「シカゴ・ディフェンダー」紙は、日本の宇垣一成大将が、

「イタリアとエチオピアの争いでは、日本は中立になるわけにはいかない」
「エチオピアの同胞を助けるためには、いつでも何千という日本人がアフリカに飛んでいくだろう」

と明言したことを伝えています。


また「ピッツバーグ・クリア」紙は、エチオピアに特派員を送り、エチオピア兵が日本でパイロット訓練を受けたこと、戦闘機の提供まで日本が示唆していたことを特ダネとして報じました。

そして何よりも黒人たちを感激させたのは、エチオピアのハイレ・セラシェ皇帝の甥、アライア・アババ皇太子と日本の皇族・黒田雅子女史の結婚の計画です。

これは実現には至らなかったものの、日本がエチオピアとの同盟関係に関心を寄せていた証拠でもりました。

シカゴ・ディフェンダー紙は、

「海を越えた二人の恋は、ムッソリーニによって引き裂かれた」と報じています。


「20世紀の日本人-アメリカ黒人の日本人観」の著者、レジナルド・カーニー博士(黒人史専攻)は次のように我々日本人に呼びかけています。

「歴史上、日本人が持ち得たもっとも親しい友人、それがアメリカ黒人だった。・・・この本を読んでいただければ、日本の政治家や知識人たちが黒人を差別する発言を繰り返したときに、なぜ黒人があれほどまでに怒り悲しんだかを、心から理解してもらえるはずである。」


パリ講和会議における日本の提案は、当時の白人社会にはとてつもなく大きな爆弾であったといえます。

国富の大部分を、人種差別と植民地政策によって得ていた欧米資本家や貴族たちにとって、植民地を失うということは、すなわち国家の崩壊であり、資産家たちの破産を意味するものでもあったのです。

それだけに、人種差別撤廃を堂々と主張する日本は、彼らにとって、どうしても許すことのできない相手でした。

日本をなんとかして封じ込めなければならない・・・そのことは彼らにとっての意思となっていきます。

逆に日本はどうかというと、なにも国際的地位向上のために人種差別を主張したわけではない。

そんな奢りや高慢は、当時の日本にはまったくない。

そのことは、現代、いまだって同じです。

いまでも貧しい国、衛生面で問題のある国、法的整備が遅れている国、学校のない国に、日本人はふつうに出かけ、援助し、協力し、互いの発展を願って活動している。

ねずきちだってね、ほんの少しだけど、ある貧しい国ではわずか50万円で小学校がひとつ作れると聞いて、なけなしのお金を寄付しましたよ。

飢えに苦しんでいる国、病気で苦しんでいる国があるって聞けば、コンビニの店頭で釣銭での寄付だって、多くの日本人が、自分だって決して生活楽じゃないけど、ふつうにやっている。

決して年収の高くない普段、フリーターの青年たちが、ボランティアで実際に海外に出かけ、教育や農業、医療の支援活動をやっている。

そのことは戦前も、現代もなにも変わりがないのです。

日本人はなにも変わっていない。

驕りがなく、謙虚に、互いの発展を願う。ひとりひとりの日本人の中にあるそうしたやさしい気持ちは、戦前も、戦後のいまも、なにひとつかわっていないのです。

日本の主張した“人種差別撤廃”の主張は、単にイエローである日本人自身が欧米と対等につきあえること願ったものだし、貧しく、差別された人々に対し、“四方の海はみなはらから”なのだから、普通に対等の関係を構築しようとしたにすぎない。


そしてそのことが、大東亜戦争で日本本土まで焼け野原にするという事態を招いたけれど、日本が命がけで戦ったことによって、世界の被植民地国家は、いまやことごとく独立し、自国の繁栄を謳歌するようになった。

だからねずきちは言うのです。

日本は戦争に勝ったのだと。

戦争というものが、国家の目的を達成するための究極の政治的手段とするならば“四方の海、まなはらから”、“世界は一家(八紘一宇)”と主張した日本は、十分すぎるくらいにその戦争目的を達成した。

だから日本は勝ったのです。

しかし残念なことに、日本は戦争目的を達成しながら、本土を焼け野原にした恐怖から、萎縮し、ストックホルム症候群に罹患してしまった。

そして2009年8月の選挙では、ついに発狂してしまった。

ちなみにね、ひとこと付け加えるならば、“四方の海、みなはらから”とか“世界は一家(八紘一宇)”という思想は、言葉でいえば“友愛精神”と呼べるかもしれない。

しかしそれは、現・鳩ポッポ総理がいうような、他に迎合し、卑屈になるような行動を言うのでは断じてない。

大切なことは、最大の善は、悪に見えることもあり、最大の悪は、常に善の顔をしてやってくるということ。

誇り高い正義の天使はときに恐怖の羅刹に見え、卑屈で酷薄で残忍な悪魔は常に友愛を説く天使の姿を装ってやってくる、ということです。

いまの鳩ポッポ政権の姿は、戦前でいえば、自分ひとりの利益のために周囲の列強に媚を売り、家のカネを持ち出して彼らに献金し、自国民や本当に困っている多くの国々を黙殺しようとする卑怯者の説く“友愛”です。

これは“友愛”でもなんでもない。単なる“迎合”であり“裏切り”、“背信”である。

そういう者を尊敬する国家などないし、尊敬する国民もどこにもいないと、ねずきちは思います。

かつて全米の黒人から、同じ有色人種として敬われ、尊敬されていた日本人。

そんな日本人が、今ふたたび、その尊厳と親愛の念を取り戻せることを、ねずきちは心から祈って止まないのです。


誇りある日本を人取り戻そう!と思う方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

人種の平等と世界平和,公正な世界を目指した日本


関連記事

コメント
No title
最近の記事のリンクから飛んできました。

ちょっと涙していたところを後半のところで涙が引っ込んでしまいました。

今の日本は 最大の善と、最大の悪を見極めつつあるのだろうかと、そうであって欲しいと思いました。
2014/10/16(木) 23:59 | URL | zumi #-[ 編集]
新八犬伝
やまとおのこさん

はじめまして、

>人形劇のあのシーン怖かったですネ(誰か覚えてます) <

はい、よ~~く覚えています。 坂本九のナレーターが懐かしいです。

その、伏せ姫と犬(名前を忘れました)が籠った洞穴が、冨山にあります。 学生の頃行きました。 洞穴に向かって解放シャッターで~~~。 怨霊を多いに期待したのですが、何も写りませんでした。 物語を観光化してしまうのですから、凄いです。

それにしても、楽しい番組でした。


2009/09/29(火) 08:40 | URL | TEXAS #-[ 編集]
日本と共産主義
日本の根幹は律令国家です。
少なくとも律令体制を目指す姿勢が、日本の歴史を貫いています。
律令体制の経済的特徴は「均田法」です。
「均田法」は2000年後に発生する共産主義と、律令体制(=日本)とが極めて親和性が高い事を示しています。
両者の違いは、神(見えざる力、幽霊でさえ)に感謝と畏敬の念を持てるかどうかだと思います。
論客の皆様へ、自らの無学を顧みずコメント致します。
2009/09/29(火) 07:02 | URL | 火事場の馬鹿力 #-[ 編集]
美子さまへ
何故かこちらにコメントが入っていましたのでこちらにお返しします。

私自身は何も気にしておりません。また一言申し添えますが、管理人さまの判断には一切与しておりませんので私に謝罪する必要はありませんです。

苦言に対しても背を向けず、もう一度努力なさると仰るあなたは立派です。最近は僅かでもそりが合わないと拒絶したり絶縁してしまう人が(特に若い方には)多いですから。いろいろな人の意見に触れて勉強してください。猫之蔵様も心配なさっていましたよ。
そして騒ぎの原因を作った以上、やり取りを静観していた方々にもきちんと挨拶してくださることを期待します。挨拶は人間関係の基本ですので。
2009/09/29(火) 05:37 | URL | 三本足の鴉 #-[ 編集]
やまとおのこさんありがとう
山深い、静かな杉の木立の陰に、しばしたたずんで、ほっとしたような気がします。

が、あなたは、私より、もっと昔の人ですね。
そんな古い時代のこと・・・わかりません。

私が、気にしているのは、天平時代だけ。

螺鈿の琵琶なんか、盗んでいきたいほど、好きです。
2009/09/29(火) 04:26 | URL | かぐやひめ #qcX4.Kko[ 編集]
かぐやひめさん
かぐやひめさん疲れておられるあなたにガンバレといっては励ましにならない、よけいに疲れる言葉になりそうですね、私は英雄さんやLayさん基準点さんもちろんかぐやひめさんを含むコメント欄に書かれる人達のように物事の本質といったことにはコメントできるほどのものをもっていません、ただただ感心しているだけの人です。でもね、
ねずきちさんのブログに日課のように訪れるのは日本が好きだからです、それだけでいいじゃないかと勝手におもってます。

かぐやひめさん気晴らしに高天彦神社のことを書きます。
高天彦神社は奈良県御所市金剛山麓に広がる台地、高天に位置します。
付近は天上の神々が住んだ高天原の伝承地で、古来から、この地が高天原だというふうに考えられていました。高天彦神社は、延喜式【(えんぎしき)平安時代中期に、醍醐天皇の命により編纂された格式(律令の施行細則)で、三代格式の一つである】では最高の社格とされた名神[みょうじん]大社で、祭神は葛城氏の祖神高皇産霊[たかみむすび]神。社殿後方の白雲峯(694m)を御神体とする。参道の両側には大きな杉の古木が立ち並び、その参道に入る手前に鶯宿梅(おうしゅくばい、因みに鶯宿梅の意匠は朱塗りの器にあります、どういうわけか陶磁器には見られないそうです)という奈良時代からの由緒ある梅の古木があります。なんでも若くして亡くなられた小坊主さんを師がその梅の木を見て嘆かれたとか(あまり当てになりません、勿論私の解説がです)。主祭神は高皇産霊(たかみむすび)神で豪族葛城氏の祖神といわれています。この祭神の名にある産(むす)は苔むすに通じ、ふえるという意味をもちます、また産霊(むすび)はおむすびに通じおむすびは実は霊が宿る神聖な食べ物なのです(もっとも型に入れて作るコンビニのそれは対象外でしょうね)、祖神に相応しい名だとおもいませんか。
(私のブログから)

高皇産霊神(タカミムスビノカミ)は天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)神産霊神(カミムスビノカミ)と高天原に現れた造化三神のお一人です、天皇家の新嘗祭のおり農耕、生産の神である高皇産霊神を斎田の傍らに祀るそうです。
天皇家の皇祖神は天照大神です、この天照大神のご長男が天之忍穂耳命(アメノオシホミミノミコト)でこの方の妻が高皇産霊神の娘で萬幡豊秋津師比売命(ヨロズハタトヨアキツシヒメノミコト)です、その御子が皇室の祖先神で天照大神より三種の神器を賜った邇邇芸命(ニニギノミコト)です。
話は変わりますが日本人は死者にむち打つようなことはしません、怨霊まで神として祀る度量の広さを持っているんです。
八犬伝で玉梓(タマズサの漢字に自信ありません)が
「我こそは玉梓が怨霊」といいながら出てきた人形劇のあのシーン怖かったですネ(誰か覚えてます)


2009/09/29(火) 03:50 | URL | やまとおのこ #uiD0T9v6[ 編集]
基準点様
りょーたろーさんへの反撃を楽しみにしていたのですが・・
完璧な反証ですね、先を越されました・・・
補足する言葉も見つかりませんね(笑)
2009/09/28(月) 23:54 | URL | ふく #vF6NeGQU[ 編集]
在日同胞におくる呼びかけ文 紹介ありがとうございました
共通一次世代様

貴重な文章を紹介していただき、ありがとうございます。
在日の人がすべて地方参政権を欲しがっているのかと思っていたのですが、そうではないのですね。

民主党さんや公明党さんには、むしろこちらを優先して頂いて、特権や選挙権を与えるのではなく、安全に帰国できる方法や、帰国後に母国語を話せない人を補助してもらえるような配慮をしてもらえるよう、ぜひ交渉していただきたいと思います。
そうすれば、彼らは大嫌いな国で暮らさずとも、大好きな祖国に帰ることが出来ますし、こちらもいらぬ心配をせずともよくなります。
2009/09/28(月) 23:14 | URL | higurashi #hiiZJbic[ 編集]
No title
「勇敢に戦う」・・他の国では教科書に母国のために戦った人達を英雄として讃えられた話がよく出てくると聞きますが、日本の学校教育ではこの言葉を殆ど聞いたことがありません・・。もしかすると皆無ではないかと思います。
寧ろ日本では、アニメやマンガの主人公が「勇敢に戦う」ことの素晴らしさを教えてくれているような気がします。

ついでに「勇敢・教育・抹殺」で検索していたら下記の文を見つけました。

========================
在日同胞におくる呼びかけ文

「在日同胞の民族性を守るための会議」22日、東京)で採択された、在日同胞におくる呼びかけ文の内容は次のとおり。

『理念と所属を越え』

 今日、私たちは、民族の魂を守ろうとの一念の下、理念と政見、信仰と団体所属を越え、「在日同胞の民族性を守るための会議」の場に集い、真摯に話し合った。私たちは、心を込めて同胞に呼びかける。

 人は皆、民族の構成員として生まれ、民族と運命をともにしながら祖国の歴史を紡いで行く。

 民族は歴史的に形成された最も包括的な社会生活単位であり、人々の最も強固な運命共同体だ。民族の自主精神は、民族の本性であり、民族の生命と言える。

 民族を離れた個人の存在は有り得ず、民族の自主精神なくして子孫の繁栄を論じることはできない。

 人類史上、すべての国は民族を単位として形成され、国際情勢が激変する今日、民族の自主権を守る運動は、歴史の大きな流れとなっている。

『誇り高く勇敢な民族』

 我が民族は、美しい国土で一つの血筋を綿々と受け継ぎながら、同じ言葉を話し、睦まじく生きてきた団結心の強い民族だ。5000年の悠久な歴史と輝かしい文化を創造し、外国の侵略を退けてきた誇り高く勇敢な民族だ。

 誇り高い倍達民族の後裔として、在日同胞は1世紀にわたる民族抹殺政策にも少しも揺らがなかった。

 私たちが今日まで、在日同胞社会で民族の魂を守ってこれたのは、多くの同胞子女に民族教育を行い、民族の文化と美風良俗を伝えてきたからである。

『「参政権運動」に反対』

 しかし、祖国解放から50余年の歳月を経た今、私たちの周りにある現実には、胸が痛む。

 国土と民族の分裂、日本の社会環境の影響と急激な世代交代の結果として、民族意識、民族的特性が次第に薄れている。

 朝鮮の言葉と文字を知らない人、国際結婚する若者、帰化する同胞が急激に増えている。

 これは決して、偶然の成り行きではない。日本当局は在日同胞問題を自国への帰化と同化、吸収方式で解決しようと、終始一貫、民族抹殺政策と同化政策を続けている。

 また同胞社会の一角では「同化は歴史的運命」だとか、「 模範的な日本市民 にならねばならない」としながら、日帝植民地統治時代の「皇民化運動」を彷彿させる「参政権獲得運動」がくり広げられている。

 いったい「参政権運動」が、在日同胞が民族性を守って生きて行く正しい道なのか、もしくは同化と帰化を加速させ災難をもたらすものなのかを、熟慮しなければならない。

 今日の日本社会の風潮を見ても、世代交代の深刻な状況からいっても、私たちは「参政権獲得運動」を反対せざるを得ない。

『一刻の猶予もない』

 在日同胞の民族性を守ることは、一刻の猶予もならない課題となっている。

 在日同胞社会で民族性を守ることは、民族自主精神を持って倍達民族として堂々と生きるのか、もしくは民族抹殺政策の犠牲になるのかという、在日同胞の運命を左右する根本問題であり、愛国愛族運動の興亡盛衰を分ける死活的問題だ。今こそ、民族の将来を心から憂える人々が、力と知恵を合わせる時である。

 言語の共通性は民族の重要な印である。だれもが美しく豊かなわが民族の言葉と文字を身に付け、いついかなる時にも使うようにしよう。

 民族教育は民族の人材を育てる100年の計だ。民族教育の場を通じ、より多くの同胞子女の間で民族の心を育むことで、同胞社会の代、民族の代をつないでいこう。

 民族文化は民族の歴史と伝統、風習と生活感情を反映した物質・精神文化だ。民族的感情を表す民謡と民族舞踊、民俗遊戯を広く普及し、民族固有の美風良俗を花咲かせ、民族史に対する知識を深めよう。

 民族の血統をつなぐために、1組でも多くの民族同士の結婚が成就されるよう頑張ろう。

 同時に、民族性をなくすいかなる動向にも徹底して反対しよう。

 統一された祖国で暮らすその日のために、同胞たちの民族的団結と和睦をいっそう固くし、同胞社会に民族の魂が力強く脈を打ち、民族を称える愛国愛族の歌を高らかに響かせよう。

 1998年 01・22 在日同胞の民族性を守るための会議(東京)
========================

この方たちに在日特権のような施しを与えることがどれだけ失礼なことかと・・。
参政権を与える事がどれだけ失礼なことかと・・。

ある意味感動しました。
民主党はこの方たちの気持ちを汲むべきです。
2009/09/28(月) 22:21 | URL | 共通一次世代 #HfMzn2gY[ 編集]
ねずきちさま
MLお誘いメール再送信ありがとうございました(*^ω^*)

やり方まだあまりわからないけど、少しずつ慣れていこうと思いますv

靖国神社の遊就館で上映中止になった「凛として愛」の中でも、黒人活動家の言葉がでてきますね。

   小さき褐色の人々よ 征服せよ
   汝の恐るべき剣を 鞘に収むるなかれ
   汝はロシア人を打ち据えた
   汝はロシア人以外の誇りを権力を
   打ち据えるよう運命づけられている

日露戦争で勝利をおさめた日本人に、このような激励の言葉をおくっています。

私たちの先人達がどれだけ有色人種の希望になっていたかを知った時、
どんな思いで当時の日本人が戦いに挑んでいったのか想像した時、
こみ上げる思いで胸がいっぱいになりました。

それまでなんとなく聴いていたマイケル・ジャクソンの曲も、
痛いほど心に突き刺さるようになりました。

今、日本の左派が繰り広げる差別撤廃運動の延長で、
先人達が守ってくれたこの国が奪われようとしています。

でも私には彼らの主張が、なんとも薄っぺらいものに見えて仕方がないのです・・・・。

P.S.「凛として愛」お勧めです!ニコニコとyoutubeどちらでも観れます(^ω^)
2009/09/28(月) 21:48 | URL | あおこ #-[ 編集]
No title
OOIDOYAさん、ありがとうございました。

ねずきちさん、ブログの内容と直接関係無いこと書いてすみませんでした。

2009/09/28(月) 21:46 | URL | 本当の人権派 #-[ 編集]
No title
あっ! こらっ!

日本語の読解力ができていないのに、論客だらけの、こんな処に書き込むな。
それに、自分から馬鹿を晒して、恥ずかしさの欠片もない奴だな!
馬鹿はトンスルでも飲んで寝てろ。
2009/09/28(月) 21:20 | URL | りょうたろーの先生 #HWu2QJs2[ 編集]
No title
本日の記事も大変興味深く読ませていただきました。

デュボイス氏は確か、後年、アメリカ共産党員となられたように記憶しております。私も彼のことは詳しくなく、本日書かれていた範囲での戦前の行動しか知りません。
「アメリカ共産党員となった」ことの意味を考えると、もう少し彼の戦後の活動、思想について調べてみたいと思っております。

デュボイス氏の子孫に講演会でお会いしたことがありますが、彼自身、曽祖父の業績に関連して、social justiceや格差問題について、いろいろ講演される機会が多いようでした。
アメリカといえば、64年の公民権法制定まで、法律で人種差別を堂々と行なっていた(ジム・クロウ法)ことは、アメリカの差別の根の深さや、いかに最近までそれが公然と行なわれていたかを示しています。アメリカ社会を知る上で、大切な背景だと思います。
2009/09/28(月) 20:44 | URL | Laurel #-[ 編集]
本当の人権派 さんの動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7555079
 《本当の人権派》さんの話がニコニコ動画にあります。
 拡散させたい人は、この動画をブログに貼ってください。
 この話は《博士の独り言》ブログでも過去に紹介されていましたよ。統一教会は昔は自民党とくっ付いていましたが、最近は民主に憑いている(この字のほうが合っている気がします)らしいです。民主は他にもいろんなカルトとつながりがあるそうです。
2009/09/28(月) 20:16 | URL | OOIDOYA #LkZag.iM[ 編集]
やまとおのこ様
現代のかぐやひめは、すっかり疲れて、右を見ても左をみても「工作員か?いや、こっちか?」と、まごまごし始めたので、まっすぐ前だけ見て走ることにしました。

あなたのエールも、素直には聞けないぐらい、へろへろです。

ちなみに
葛城の高天彦神社て?

私ね二上山が血が凍るほど恐いのですが・・葛城も少し恐ろしい。

(テーマと違うところにいったら、また迷子になるかな?)
2009/09/28(月) 19:53 | URL | かぐやひめ #qcX4.Kko[ 編集]
故意に読み間違えるのは恥ずかしいよ
りょうたろー様

文章を読むときには何時誰がどのような目的で書いたものかを見て書きましょうね。

黒人であるデュボイス氏が書いた文章であることを前提に読まないと読み間違いをします。知らなかった振りをして故意に読み違えて飛躍した議論を展開するのは止めましょう。

デュボイス氏は、本来中国の領土である上海が白人によって支配されているのを見て、中国人自身が中国をちゃんと支配していないことを指摘しているのです。

それに引き換え日本は有色人種である日本人が統治している事実を評価しているのです。

有色人種が統治すれば良いと言っているわけではないのですよ。誤解しないで下さいね。

在日外国人の参政権や池袋中華街はデュボイス氏の記事には出てきません。
私が思うに、在日外国人参政権は不要です。
在日外国人はその国籍の有る国で参政権を行使すればよいのです。参政権が無ければ本国政府に要求しなさい。

国家と国民の関係はそういうものです。

基本的に、中国人が外国に集団で移民すると租界を作り一般人が立ち入れない世界を作り上げて闇社会を形成しますので、治安の悪化、衛生環境の悪化を招き、その地域を各種犯罪の温床としてしまいますので国の統治上好ましくないのです。

こうした中国人の国民性は日本だけでなく、中国人が入植した各地で見られている事象です、例えばイタリアではパルマ市に住みついた中国人が市の行政権に服しないため、治安を回復するためベルスコーニ首相は2000人の陸軍を派遣し治安の回復に当たらせました。

中国人の問題は、正当な行政権に服さず闇社会を形成し、犯罪の温床となることに有るのです。

中国人のこうした性向が改善されれば歓迎される日も来るかもしれません。

2009/09/28(月) 19:37 | URL | 基準点 #mQop/nM.[ 編集]
No title
日本人が持っていた(過去形なのが残念)魂を取り戻す。
その方法のひとつがこのブログです。今日も感激です。

かぐやひめは帝にこの穢れた(その頃藤原、現在は反日左翼)地に来て頂いたと礼を賜ります、帝はかぐやひめが地上の人ではないことを知っていたようです、不思議です。
かぐやひめ(天香具山に降り立った故にこの名があります)は現在の北葛城郡の翁の家で育ちます、三ヶ月で成人します、(ちょっと怖いですけどね)世界最古の源氏物語より実は古いんです、そのかぐやひめがなにをしたかというと世直しだったんです。

現在に生きるかぐやひめさん私は1300年前からあなたを応援(応援だけは情けないね)しているんです。

だからかぐやひめさんは奈良に見覚えがあるんです。
私ごとですが葛城の高天彦神社に調査研究にいったおり、ああここに来たことがあると本気で思いましたが、行くはずの無いとこでした。
今日もブログから離れたコメントで尚かつ私の妄想もちょぴり入った拙い文でごめんね。
もう一言「がんばれかぐやひめさん」


2009/09/28(月) 18:02 | URL | やまとおのこ #uiD0T9v6[ 編集]
間違ったのは自分なので・・・
あやまんないで下せー・・・はやまっちまってエヘヘ(^^;)スミマセン
2009/09/28(月) 17:02 | URL | #-[ 編集]
No title
>「上海・・・この世界一大きな国の世界一立派な都市は、なぜか白人の国によって支配され、統治されている。
それに対して日本は、有色人種による、有色人種の、有色人種のための国である。」

そうですか。では、池袋中華街や外国人参政権には
賛成していただけますね。

>戦争というものが、国家の目的を達成するための究極の政治的手段とするならば“四方の海、まなはらから”、“世界は一家(八紘一宇)”と主張した日本

「一億一心」「滅私奉公」「八紘一宇」のスローガンを、かりにも批判し分析する者は非国民とされ国賊とされ、赤とされた。そして、治安維持法と戦時特別取締法により取締りの対象となった。『愛情はふる星の如く』の著者尾崎秀実の死はそのようにして強制された一つの例であった。
by宮本百合子

>最大の悪は、常に善の顔をしてやってくるということ。

戦時中の愛国教育がまさにそうですね。

2009/09/28(月) 17:00 | URL | りょーたろー #mKbb8shs[ 編集]
オバマ大統領との握手後に手を拭った鳩山総理2
すみません、上の書き方では主語が抜けていて、誤解を招いたようですので、補足です。

オバマ大統領と握手した後で、

鳩山首相が右手をズボンの右ひざで2回擦って手を拭いた

のです。
2009/09/28(月) 16:48 | URL | higurashi #hiiZJbic[ 編集]
おまけ
ホント、ごめんなさい。⑤が抜けてたのでそこだけ追加させてください。

6 名前: ミス名無しさん投稿日: 01/10/25 11:57 ID:FFmOrZXZ
⑤私はそのAさんの案内で、姉の手紙に記されている住所をたよりに、韓国の
田舎を訪れました。そこは日本の田舎とは大違いで、道も舗装されていなくて、
とても前近代的な農村でした。その村の貧しい一軒に、姉がいました。姉は一
応、私が来たことを喜んでくれました。まだ20代前半の姉の結婚相手は、4
0歳は超えているとみえる農家の後継ぎで、どう見ても無教養な田舎のブ男で
した。その貧しい一家と私たちは、しばらく話をしました。私は失礼と思いな
がらも、結婚に対してやんわりと異議を唱え、姉に日本に返ってくれるように
頼みました。途端、通訳のAさんは真っ青になりました。なんと、姉の結婚相
手のブ男は「金を払ったんだから当然だ!」とうそぶき、下卑た笑みを浮かべ
ながら「この倭女はいい体つきしているので、おれは得した」などと言ってい
るというのです。私はその男に対し殺意さえ感じましたが、姉の身を案じて、
黙って耐えるしかありませんでした。姉の返事も「日本人は韓国に償いをしな
ければならない」というもので、本人の話によると、朝から晩まで働いている
そうです。通訳のAさんは、その一家の話を聞いて「ほとんど奴隷状態みたい
ですよ」と私に耳打ちしてくれました。

2009/09/28(月) 14:54 | URL | 本当の人権派 #-[ 編集]
広めてね
4 名前: ミス名無しさん投稿日: 01/10/25 11:54 ID:FFmOrZXZ
③姉は「韓国に行って韓国語で韓国の人たちに謝りたい」と言っていました。
私はそんな姉を見て「そこまでしなくても」と思いましたが、一方で「国際交
流できていいなあ」というくらいにしか感じませんでした。ある日、姉から「あ
なたも韓国語を学びなさい」と言われました。「なぜ?」と訊くと、「韓国語は
世界の共通語であり、人類史上もっとも優れた言語だから」と言うのです。私
は「あれ?」と何か不審に思いました。そこで姉の部屋をこっそり調べてみる
と、「原理講論」という本や「堕落論」なるパンフレットなどがありました。そ
れらの内容を読んで、思わず引きつりました。なんと「日本は悪魔に支配され
た国であり、世界の盟主である韓国を苦しめた罪人である」とか、「日本はエバの国で、アダムの国である韓国に尽くさなければならない」とか、「南北統一後の韓国がアジアの中心となり、ひいては世界の支配者となる」とか、そのような狂った内容が書き連ねてあったのです!
このような気持ち悪い内容について、大学の先生に尋ねると、「そりゃ統一教会だ」と教えてくれました。そこで統一教会について調べ、両親とも相談して、
脱会するよう姉に対して説得を始めました。しかし、すべては遅すぎました。
姉は大学を中退して今すぐに韓国に行くと強硬に言い張りました。私たちが必
死で引き止めると、「メシアであるお父様や、世界の盟主である韓国を侮辱する連中は悪魔だ!」などと逆に罵られました。私も両親も泣きました。

5 名前: ミス名無しさん投稿日: 01/10/25 11:56 ID:FFmOrZXZ
④そして、姉は突然、ソウルの合同結婚式に参加すると言って、ついに我が家
を去ってしまったのです。私は、姉を誘った在日韓国人の同級生に抗議しまし
た。すると、彼女は一変して逆ギレしました。私が「あなた統一教会でしょ?」
と詰め寄ると、彼女は「え? 何よ、それ?」しらばっくれました。しかし「あ
の文鮮明(ブンセンメイ)といかいう教祖、気持ち悪い人ね」と言うと、「な、
なんですって!!!」と顔を真っ赤にして口から泡を吹いて喚き散らしました。
やはり隠してはいますが、統一教会だったのです!
それからしばらくは、家族で泣いてばかりでした。姉の身が心配でした。ほど
なくして姉から連絡があり、韓国の田舎に嫁いだとのこと。とりあえずはほっ
としました。しかし、すぐに姉から「お金を送ってほしい」「何々(大抵は電化
製品)を送ってほしい」という手紙が頻繁に来るようになりました。どうやら、
その田舎の“親戚”が姉を通じて我が家に「金をよこせ、物をよこせ」という
要求をしているらしいのです。仕方がないので、家族は要求されるまま、送り
続けました。
一体、姉が韓国でどんな暮らしをしているのか疑問だったので、とりあえず私
が姉の様子を確かめるために韓国に行くことになりました。その際、一人では
危険だということで、八方手を尽くして、ソウル在住の日本人留学生Aさんを
通訳兼ボディガードとして雇いました。
2009/09/28(月) 14:28 | URL | 本当の人権派 #-[ 編集]
広めてね
3 名前: ミス名無しさん投稿日: 01/10/25 11:53 ID:FFmOrZXZ
②今思えば、この時に気付くべきでした。姉は彼女に誘われ、その団体の主宰している「カルチャー教室」に参加するようになりました。姉の話によると、
なんでも「平和について学ぶ」とかいう講座で、ビデオを繰り返し見て、その
後に講義を聴くものだったそうです。しかし、「平和について学ぶ」といっても、
その内容は「日本人がいかに韓国人を苦しめたか」というものでした。そのよ
うな内容のビデオを延々と見て、その後に「日本人がいかにその罪を償ってお
らず、無責任な対応に終始しているか」という話を団体のスピーチ係から聞か
されるのだそうです。
ある日、姉は真っ青な顔で「日本軍は朝鮮の従軍慰安婦の人たち150人を並べて次々と首を切り落とし、その頭でスープを作って慰安婦たちに無理やり飲ませた……」と私に語りました。私もその話にショックを受けたのですが、同時
に「なにか大げさだな」と疑問に思いました。
そのカルチャー教室に出入りする内、次第に姉の様子が変わり始めました。姉は、「日本人に生まれてきたことが恥ずかしい」とか、「日本人は今すぐ韓国人に償いをしなくてはならない」とか、「日本の今の繁栄はすべて韓国の人たちの犠牲の上に成り立っている」とか、切羽詰った顔でそう繰り返すようになりました。そして学業そっちのけで韓国語の勉強を始めました。

2009/09/28(月) 14:27 | URL | 本当の人権派 #-[ 編集]
No title
なるほど、勉強になります。日本人である事に誇りを持ちます。
2009/09/28(月) 14:27 | URL | 破産宣告 #-[ 編集]
No title
日経が1万円割れました。
麻生政権で順調に景気回復していたのに・・!

子供手当て、高速無料化、政権交代と、マスコミに煽られた60%のお花畑国民・・!ほんとにもう
会社が、工場が、仕事が~ 心配です・・!

鳩山メンヘル総理、民主党は国民の生活が一番なのでは・・?
マス席観戦、そんなに危機感無くてよろしいのですか!?
2009/09/28(月) 14:26 | URL | コスモス #-[ 編集]
広めてね
マスコミが報道しないのでネットで広めてください。

■■■韓国よ、私の姉を返せ!!!■■■

1 名前: ミス名無しさん投稿日: 01/10/25 11:51 ID:FFmOrZXZ
①すべての日本女性に対する心からの警告として、以下の体験記を記します。
断っておきますが、私がこれから述べることは、すべて真実です!!
私の姉、あの明るくて綺麗だった姉が、韓国と韓国人に関わってしまったせい
で、事実上の奴隷として韓国に連れ去られてしまいました。
と言うと、皆さんは「そんな馬鹿な!」と思われるでしょうが、実は驚くほど
巧妙な手口で、すでに何千人という日本女性が同じ目にあっているのです!
これからその卑劣な手口を明らかにし、すべての女性に対して注意を促したい
と思います。繰り返しますが、ここで語ることは真実の体験ですので、茶化し
たり、「スレ終了」とか「スレ放置」とか書き込んで、全女性に対する私の心か
らの警告を妨害しないようにしていただきたいと切に希望します。
あれはもう3年も前のことでした。
「韓国の人と友達になったんだ」
姉のこの一言がすべての始まりでした。当時、大学3年生の姉は、校内のベンチに座っているところを在日韓国人の同級生に話し掛けられ、すぐに仲良くなったのです。私もその人と何度か会ったことがあるのですが、最初に会った時は「礼儀正しくて感じのいい人だな」と思いました。なんでも彼女は平和運動
をやっている団体に所属しているということでした。

2009/09/28(月) 14:23 | URL | 本当の人権派 #-[ 編集]
もしかしたら・・・
>higurashi様
>握手の後、右手をズボンの右ひざに2回、擦りつけています。

ユッキーがトイレに行った後、手を洗っていないのを目撃してしまったのでは?
ユッキー>∥wc∥ ヽ( ´ー`)ノ フウッ♪寒いから手洗いはいいや☆
オバマ>Σ(|||▽||| )ウ”オオオーエーーー
2009/09/28(月) 13:45 | URL | #JalddpaA[ 編集]
No title
 今日のブログも感激ものでした。いまこのページ保存させて頂いたところです。 又私発行のペーマガで紹介させて頂きますね。先日の「パラオ・ペリリュー島の戦い」同№116号に掲載しています。それから先ほど当ページに紹介のある「日本の心を伝える会」の入会のメール送信致しました。
 テレビも自虐史観ばかりで戦後から何一つ変わらず、「政治を変える」と政権党になった民主党も、先日の国連での
胡錦涛主席との初対談では鳩山首相は「基本的に村山談話を踏襲する」と発言したとか。これじゃ、以前と一緒で何も変わっちゃいねェと江戸ッ子なら言いそうです。因みに私はずっと大阪人ですが。今日自民党の総裁選があるようですかリベラルばかりの候補者で興味ナシ。沖縄最南端与那島は島民が自衛隊駐留を望んだのに、民主島の新しい防衛大臣は「必要なし」と発言していますね。中国さんいらっしゃい、ですか?これでは「日本を守る」と言った「麻生がこいしい」ですわ。
2009/09/28(月) 13:03 | URL | 日高よし子 #-[ 編集]
オバマ大統領との握手後に手を拭った鳩山総理
日本人は自分達が有色人種であることによる差別を覆すために戦ったという視点からの記事は、新鮮でした。
資源がないから隣国に攻め込んだというのが歴史の授業の定番でしたから、太平洋戦争ではなく「大東亜戦争」なんですね。

ところで、先日「日本の底力(Core Competency of Japan)」
という政治ブログの9/26付け記事「感動オルガズムを迎えた民主党員&バカゴミの皆さんww 2009-09-26 Sat 18:46」の中で、先日の日米首脳会談の動画が紹介されています。
その動画で(開始後1分25秒)、鳩山首相がオバマ大統領と首脳会談で握手したあとズボンで手をぬぐっていたことが判明。

握手の後、右手をズボンの右ひざに2回、擦りつけています。

無意識の行動のようですし、ただの癖かもしれませんが。
握手直後に手を拭くという動作は、見ようによっては酷い人種差別主義者ととれませんか?
友愛を掲げる人が、まさか人種差別なんて口にはしないまでも、無意識に行動に現れたのでしょうか。

私たちはマイケル・ジャクソンも、ハリソン・フォードも、ジャッキー・チェンも、その人種に関係なく、等しくその才能と業績ゆえに賞賛します。その人の価値を認め、惜しみない拍手を送ります。
日本人は「人種」という肌の色の違いではなく、相手の行動や状況を見て、適切に対処することができる。これは日本人の美徳です。
2009/09/28(月) 13:01 | URL | higurashi #hiiZJbic[ 編集]
No title
ねずきちさん、私、美子と申します。さっきMLのほう見てみるとMLのほうがブロックされてしまっていますね。あの、一言申し上げますと私は友人ににコメントを頼んだわけでも何でもありません。
昨日は寝てしまいました。私はルームシェアで何人かと住んでいます。こちらはそれが一般的です。私のパソコンでしか日本語が打てませんからいつもパソコンは開きっぱなし部屋でみんなで共有で使っていますよ。、

さっき起きて、三本足の鴉さんのコメント読みました。
すいません。ルームメートも悪気があってしたことじゃないです。意見が言いたかったんですが、なぜか私のパソコンでは私以外のMLメールが登録できないんですね。

私がネットで皆さんと交流している内容もいつも何人かで見ています。こちらは日本と違ってネットがまだ発達していませんよ。日本と条件は全然違います。ネットカフェがあるにはあるけど治安は悪いので外国人は入れませんし外はもう零度ですよ、ガソリンも高級品ですからネットカフェに暖房もないです。なぜか日本語のソフトを入れることもできないから、私のパソコンを見るしかないのです。ねずきちさん、三本足の鴉さま、お許しいただいて、解除していただけませんか?国を思う気持ちは誰でもありますよ。私は庇うわけじゃないけど友人の気持ち、分かります。そして2人だけでなくあと何人かでも見ております。アドレスを変えてMLに再登録する方法は私は取りたくないです。素直に謝ります。どうか許していただけないでしょうか?
2009/09/28(月) 12:15 | URL | 美子 #-[ 編集]
No title
人類平等を掲げるデュボイスの話をしつつ
外国人参政権を掲げる民主党に反対するとは
これいかに
2009/09/28(月) 11:21 | URL | 右翼撲滅 #NvUUzgNk[ 編集]
映画
映画を見ていると人種差別が昭和50年(1965年ごろ)、当時は日本が日韓条約を戦後結んだ頃ですが西部劇でも黒人は出ていない。白人社会の人種差別は異常なものでした。
当時の黒人は出ているのは舞台の歌手位でした、ミュージカル映画は白人のみ、酷いものでした。今アメリカが黒人を認めるのが当たり前、当然やらなければならない義務であり、罪滅ぼし。
日本は世界で初めて人種差別徹廃を叫びました。そして朝鮮併合も日本人と同格の扱いをしたのです。この歴史は消せるものでは有りません。日本人は自信を取り戻すべきです。
2009/09/28(月) 10:24 | URL | #kU3g/2a6[ 編集]
日本は逆ですね!
TEXAS 様

イギリスの航空会社のお話、対応した機長とスチュワーデスの判断、「粋」ですよね。

「粋」などというのは日本の専売特許かと思っておりましたが、残念ですが、いまの日本の航空会社にはこんな対応はできないでしょう!?
クレーマーの白人女性をファーストクラスに移動させて事なきを得るんです。 日本は文句を言った方が得をする悪しき社会に成り下がっています。 

日本政府の対応がそうなのですから、民間もおして知るべしです。 社会の正義の判断基準が狂ってきてますよね。
2009/09/28(月) 10:20 | URL | Lay #3sGukR/E[ 編集]
書籍
書籍の紹介です。

『パール博士の日本無罪論』田中正明(慧文社)¥2000
『零戦の最後』坂井三郎(講談社)¥1748
『硫黄島いまだ玉砕せず』上坂冬子(ワック)¥933
『イエロー/差別される日本人』渡辺幸一(栄光出版社)¥1500

一読に値します。
2009/09/28(月) 10:03 | URL | TEXAS #-[ 編集]
No title
中根中や疋田保一の話も面白いですよ
2009/09/28(月) 09:28 | URL | 黒人運動 #nzdn0PDk[ 編集]
人格攻撃
工作員の仕事は二つあるんだそうです。

ひとつは、和を乱す=二人の仲も裂く、グループの中を疑心暗鬼にさせる。
お互いが信じられなくなるようにさせる。(工作員がいるいる!と叫んで)

私への人格攻撃を、私以外の人が気づいておられるかどうか知りませんが。
過去に3回受けています。というか3点かな?

だれが、それを書き込んだか記憶しています。

私、はじめて名指しで非難された時、嬉しくてねずきちさんにメールを打ちました。

「名指しで攻撃された!わくわく。私も大物や!」
「おめでとう(*^^)v」
2009/09/28(月) 09:11 | URL | かぐやひめ #qcX4.Kko[ 編集]
もう一度、この前のバトルについて<m(__)m>
一昨日あたりに、過去のコメント欄で、ちょっとバトルをやってしまいました。

何人かの皆様にご心配をおかけしたようですので、この場を借りましてお詫びと感謝を申し上げます。

え~実は、その前の日に、私は、このブログで親しくなった友人から絶交を言い渡されました。
悲しいできごとでした。
そのとき「誰かが焚きつけた」ように感じたのです。

思えば、MLというものは、自由に会員同士訪問できますから、人目につかずに連絡を取り合えるわけです。

23日の夕方にブログを開くと、いつもとは全然違う妙な空気が立ち込めていました。それがいったい何なのか・・・ともかく、初めての感覚でした。
ひとくち文句を言って、その晩は眠りました。
人間て、眠っている間に「こたえ」がでることあるでしょう?
朝起きたら、だいたい何が起こったのか理解できました。
その情報をもう一度昼間中あたためました。

すると、むくむくと腹がたってきました。
「ねずきちさん、私、今から文句言うから、だめだと思ったら削除して」そう言い置いて

一気に攻撃をしかけたのです。
あんまり怒ったので、ちょいまずいかと思い、半分に減らしました。

その時までは、本当は状況は飲み込めていなかったと、あとから気付きました。

いきなり毒づいた私に、そこらじゅうから石が飛んできました。
あららら、この人もこの人も「あちら側だったか!」
その時、はじめて、本当のことがわかりました。
引き裂いてみたら「真実が見える」
そう思ってやってみたら、本当に見えました!!

「誰がキツネやねん?誰がタヌキやねん?」と言うて来るけど「あんた、しっぽが見えてるよ」という感じでした。

結局、私は、友達やと思ってた人を何人もなくしました。
あれ「味方のふりした敵やったんや」

関西ではお人よしのおばちゃんでも、全国規模で見たら「関西は、さすがおれおれ詐欺にかからない土地柄」

ほんまに関東人と東北人は、なんでこんなに心がきれいなんでしょう?東海のあたりの人々にも同じまっすぐさを感じます。羨ましい。
(これ以外の出身の人はあまり知らないので何もいえません。ちなみに大阪に純粋な人がいないと言うのではありません。)

関西では、いくらお人よしでも三度は疑います。大阪の街はほんまに恐いから。

日心会は、まだ、歩み始めたところです。
私が聞いている計画では、展開の道筋で、会員も、紹介者なしでは入れない、もっとお互いが信頼できる組織へと脱皮するそうです。

みなさん「工作員が」とか言って恐がらないでください。
だまされたからって御愛嬌です。

「ねずきちさん、誰もアク禁になんかしなくていいよ。どうせ、名前を変えてくるんだから。同じこと。」と伝えました。

彼らの目的は、私に対してやったこと
つまり
「友人同志を仲たがいさせる」
とりわけ
「私とねずきちさんの仲は、裂きたいでしょうね」
お望み通り、あのせいで一回喧嘩しましたよ・・・

そやけど、「人間、仲がええから喧嘩する」いうでしょ・・・残念でした!

大人は、いくつも顔を持って、ええ加減なこと言いちらしながら好き勝手に生きているけど、基本は、はずさへん。

仕事を第一に、家族を大切に!
ここを、しっかり足元を押さえておけば、ひっくりかえされることはないです。

敵=他人なんか、なんにも恐くないのです。
世の中のことは、全部自分から出て自分に帰るから、自分さえしっかり押さえれば、こわいことなんか何もありません。

今回、ようわかったことがあるわ
「どぎついことを言うのに大阪弁は、ほんま便利」
これ、歴史の中で難しい位置にあった大阪人の知恵やろね。

まだ、まだハードル来るはずです。
この次は、同じ飛び方はしません。

やまとおのこさんは八犬伝の「孝」の玉をもってるいうてはった。

私、持つとしたら「信」を持ちたい。
なんべんだまされても「人を信じたい」です。
2009/09/28(月) 08:54 | URL | かぐやひめ #qcX4.Kko[ 編集]
人種戦争
いい話だね。 右翼論壇の雄、西尾幹二氏も「国民の歴史」の中で引用しているほどだ。

大東亜戦争は、人種戦争だったのだよ。 
2009/09/28(月) 05:43 | URL | あ太郎 #eSGkAR1I[ 編集]
東條英機の死刑執行人は?
キング牧師のちちおやだったと言います。
2009/09/28(月) 03:51 | URL | たつや #-[ 編集]
パール博士の御言葉

東京裁判で唯一の国際法学者であったインド人の判事、Dr. Radhabinod Pal氏は判決が下された後、

When time shall have softened passion and prejudice,
when, Reason shall have stripped the mask from misrepresentation,
then, Justice holding evenly her scales, will require much of past censure and praise to change places.

と述べられて、東京裁判についての本質を正鵠に指摘されています。

ちなみに、極刑を下された東条英機元首相は、パール博士の言葉に接し、

百年の 後の世かとぞ 思いしに 今このふみを 眼のあたりに見る」 と詠まれました。

また、日本に再来日されたパール博士は、『日本人は、この裁判の正体を正しく批判し、彼ら“欧米の戦時謀略”に誤魔化されてははならぬ。

日本が過去の戦争において、国際法上の罪を犯したという錯覚におちいることは、民族自尊の精神を失うものである。

自尊心と自国の名誉と誇りを失った民族は、強大国に迎合する卑屈なる植民地民族に転落する。日本よ!日本人は、連合国から与えられた《戦犯》の観念を頭から一掃せよ。・・・」と、博士は繰り返し強調されています


心ある後世の歴史家は、必ずや、大東亜戦争を再評価せずにはいられないと、私は信じています

2009/09/28(月) 03:04 | URL | 椿 #-[ 編集]
飛行機
ある、イギリスの航空会社だったと思います。

エコノミークラスに座っていた白人女性が、スチュワーデスに不満をぶつけました。
隣に黒人がいるから、不愉快などなど~~。
他の人々から白い目でみられながら、『この席は嫌だ~~~』などなど。

飛行機上では機長の許可がおりなければどうしようもありません。

そこで、スチュワーデスは機長と話し合い~~~。

スチュワーデス『お客様、大変お返事が遅くなりまして申し訳ありません、席を替えさせて頂きます』

やおら立ち上がろうとしたこの白人女性に向かって
スチュワーデス『そのまま、ここにお座り下さい』

怪訝な顔をする白人女性。

スチュワーデスは、隣の黒人に向かって『お客様、大変ご不便をかけて申し訳ありません、ファーストクラスへお連れいたします』

これらのやりとりを見ていた他の乗客は、ヤンヤンヤの喝采。

機長とスチュワーデスは、後日会社から表彰されました。

私は、在米者ですが「差別」は確かにあります。 見えないところで多くあるようです。
品物があるのに『ありません』などなど。

確かに差別されるだけの理由もあるのですが、別の機会に書きます。



2009/09/28(月) 02:45 | URL | TEXAS #-[ 編集]
現在の国連を見ると、「人権」と云う言葉すら意味を持たないのではないか?と思います。

チベット、ウイグルでの弾圧をあらゆる策で封じ、厚顔無恥な態度で必死に隠す中国。その中国との関係性を深めようとする馬鹿丸出しのアメリカ。だんまりを決め込み、義務と責任を果たそうとはしない、その他の常任理事国…。

「友愛」なるスローガンを掲げ、日本を売り飛ばそうとするボンボンバカボンな首相……………。(´ヘ`;)

因みに、政府は夫婦別姓を導入するそうです…。
2009/09/28(月) 02:12 | URL | 以蔵 #-[ 編集]
No title
第19147号 國民新聞 平成21年9月25日(金曜日)

四川大地震の義援金を
財政に組み込む

八万八千人以上の死者、行方不明者を出した昨年五月十二日の四川大地震では、約一兆六百億の義援金が寄せられた。
しかし、国内外からの義援金の八十%が、政府の財政に組み込まれ着服されていた。

中国・清華大学NGO研究所が明らかにした。

●Takashi
日本は5億円分の支援を行ったそうですが、日本の企業や団体が集めた募金を合わせると、もう少し多いでしょう。これはマスゴミは報道しないでしょうね。
平成16年の陝西省の洪水被害で、被災民が受け取った支援金は1%でした。地方当局が99%を流用したそうです。抗議した被災民は拘束され、三年間の「労働教育」処分でした。


2009/09/28(月) 02:02 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク