アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


悪魔的人間

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


悪魔的人間・・・というより果たしてそもそも人間なのか、それともただの人の皮をかぶったケダモノなのか・・・とは、
 関わらない、
 近づかない、
 寄せ付けない。
これが大事です。


20190703 devil2
出所=https://affiliate-free-illust.net/devil-free-illustration
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


以前ねずブロで、鶴見クリニック院長の鶴見隆史先生の『悪魔界発の輩(やから)の特徴』という論考をご紹介したことがあります。
だいぶ以前のもので、2015年06月05日の記事(http://nezu3344.com/blog-entry-2660.html)です。この論考は、月刊『玉響』2015年6月号P36に掲載されていたものです。

鶴見先生が示した具体的にどういう人かは、後段に示しますが、要するにこのような悪魔的な人たちとは、一切かかわらないことが鉄則です。
関わってもろくなことはない。
一時的に、自分に利益があるように見えても、最後にはかならず後悔することになりますし、類は友を呼ぶで、関わりを持とうものなら、同じく悪魔的な人たちが次々と寄ってきて、自分の人生を結局のところ、あわれでみじめなものにします。

それはたとえば次のようなものです。
かつて百済が、突然の新羅による侵攻によって攻め滅ぼされたとき、日本にいた百済の王子の豊璋王は、百済の再興をしたいからと日本の朝廷に泣きつき、日本も百済は保護国だからと半島に出兵しました。
ところが気が付くと、日本は唐の大軍と戦っていました。
もともとは百済と新羅の喧嘩だったはずです。
ところがいつのまにか、唐と日本の喧嘩になっていました。

明治に入ってロシアの脅威が迫ってきたとき、日本はなんとかして半島に目覚めてもらいたいと働きかけました。
ところが半島の王朝は、王朝内部の抗争のために、日本と清国とロシアを巧妙に巻き込み、結果、気が付くと日本と清国が戦争をさせられ、次いで日本とロシアが戦争になっています。
その激しい戦争の間、半島の王朝は「あっしには関わりのねえこって」と、木枯らし紋次郎を決め込む始末。

朝鮮戦争も、はじまりは北による南への侵攻でした。
けれど気が付くと、最前線で戦っているのは、Chinaの人民解放軍と米軍でした。
ヒマになった南の李承晩は、することがないからと朝鮮戦争のさなかに、まったく関係のない日本人の漁民を4千人も拿捕し、うち44人を殺害しています。

こうしたことを踏まえて、ジョージタウン大のエリザベス・スタンリー准教授は、
「朝鮮人たちは気が付くと脇役に回っている」
のタイトルでニューヨーク・タイムズに寄稿し、他国を巻き込んではいつの間にか舞台中央から消える狡い性格を指摘している。(『韓国とメディアは恥ずかしげもなく嘘をつく』高山正之著 p.74)
このような連中を悪魔というのです。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH


第64回 倭塾公開講座 開催のお知らせ


人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20190628 弥生ジオラマ
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


倭塾(公開講座)は、大人から子供までどなたでもご参加いただける、ねずさんの公開私塾です。
また女性のご参加が多いのも、倭塾の特徴です。
塾生としての登録が必要なわけでもなく、当日お越しいただければ、どなたでもご参加いただくことができます。

今回のテーマは、
「縄文晩期から弥生初期にかけての人口減少について」
です。
この時代については、とにもかくにも弥生人が渡来したという話ばかりですが、新しい発見から見えてくることは、それらとはまったく異なる事実です。

会場は江戸川区・船堀駅前の「タワーホール船堀」です。
江戸川区から江東区、都心部までを一望できる展望塔(入場無料)なども備えた、駅前立地のたいへんにきれいな建物です。
セミナールームの机も椅子も、たいへんに座り心地の良いものになっています。
1Fには喫茶室、7Fにはレストランもあります。
みなさまのふるってのご参加をお待ちします。


1 題 名 第64回 倭塾(公開講座)
2 テーマ 縄文晩期から弥生初期にかけての人口減少について

3 日 時 令和元年7月6日(土)13:30〜16:15
  開場 13:00
  開始 13:30
  終了 16:15

4 場 所 タワーホール船堀 307会議室
  〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1 研修室
  都営新宿線「船堀駅」下車 徒歩約1分。

5 講 師 小名木善行
6 定 員 50名

7 参加費
 (1) ご新規        2500円
 (2) 割引券持参者     2000円
 (3) ご夫婦で参加 お二人で2000円
 ※事前振込は必要ありません。当日会場でお支払いください。
 (4) 未成年者          無料
  (5) ご家族お友達招待特典
   これまでに一度でも倭塾にご参加されたことの
   ある方が、倭塾初参加となるご家族・ご友人などを
   お連れになった場合、
   そのお連れの方を人数に関わりなく
   初回参加のみ無料とします。

8 参加方法
  直接会場にご来場ください。

9 懇親会(希望者のみ)
  参加費は3500円です。
 (懇親会場の都合もあり、今回から500円値上げです)

10 Facebook参加ページ

https://www.facebook.com/events/419539378591187/



人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

差別と切除の違いとは

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


和の世界、結の世界というのは、いわば健全な社会です。
健全な社会を実現しようとするとき、ガン細胞があれば、それは小さなものならばキラー細胞によって処分しなければならないし、大きなガンになっていたならば、外科手術で切除しなければなりません。
これが枝打ちであり、草取りです。
これらは対立や闘争とは意味が異なるものです。


20161014 童子教


タイトルはたとえで、要するに国を良くしたい、会社を良くしたい、組織を良くしたい、人間関係を良くしたい等々、なんらかの集団を良い方向に向けようとするには何が必要なのかということがテーマです。

小中学校は義務教育なので、あまりつぶれることはありませんが、高校ともなると、少子化の影響でたいへんに生き残りが難しくなっていると言われています。
そこで自校のレベルを上げたいと思うのだけれど、これがなかなかうまくいかない。

実は学校が偏差値を上げようとするときには、必要な原則があります。
それが加算と減算です。

減算というのは、できの悪い生徒を追い出すことです。
近年ではこれがなかなかむつかしくて、なかなか生徒を放校処分にすることはないのですが、実はこのことは、江戸時代から続く日本の教育の伝統です。
童子教にも、有名な言葉があります。

「悪しき弟子を養えば、
 師弟ともに地獄に堕ちるべし」

樹を真っ直ぐに育てたいと思うなら、余計な枝は払わなくてはなりません。これを「枝打ち」といいます。
畑で良い作物を作りたいと思うなら、畑に生える雑草は取り除かなければなりません。これを「草取り」といいます。
クサイ草を取るのですから、クサ取りです。
それをしなければ、作物がまともに育たないのです。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!



新渡戸記念館廃館問題続報(14)


人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20190620 新渡戸


新渡戸記念館問題の続報です。

新渡戸稲造博士の業績を称える青森県十和田市の新渡戸記念館は、館内の展示物がどれも貴重品で、おそらく時価総額は800億円を下回らないであろうといわれています。
その記念館は、新渡戸家所有の土地に十和田市が記念館を建て、その記念館の中に新渡戸家保有の遺物を展示し、記念館の管理は新渡戸家で行うという仕組みで長年運営されてきたのですが、数年前、十和田市の西村副市長が突然、記念館の建物のコンクリート強度が弱く、耐震性に問題があるから記念館を取り壊すと言ってきました。

本当にコンクリート強度が不足しているのなら、それはとても大変な問題です。
そこで新渡戸家側で「取り壊すのなら展示物はどのようにするのか」と問うたところ、「コンテナに入れて処分する」という。
どうも話がおかしいから、問題のコンクリート強度はどのくらいだったのかと尋ねると、10ニュートン未満で、ダンボールより低い強度しかないという。
「いや、いくらなんでもそれはないでしょう」と切り返すと、十和田市は一方的に記念館への送電をストップし、隣地にある駐車場も閉鎖、駐車場にあった倉庫も一方的に撤去して、中にしまってあった什器類は庭先の土の上に転がすという暴挙に出ました。

記念館に展示してあるものは、戦国時代の甲冑や文書など古いものも多く、送電が止まって空調が止まれば、展示品はたちまちカビたり腐食したりして原型を留めなくなってしまいます。
そこで新渡戸家側では、全国の支援者に呼びかけて自費で送電の継続を図りながら、自腹で青森地裁に「コンクリート強度の鑑定を求める裁判」を起こしました。

不思議なことに青森地裁は、十和田市が示した耐震強度の検査結果に疑問を呈しながらも、コンクリート強度の再診断の必要はないとして、申立を棄却。
そこで原告の新渡戸家側が、仙台高裁に控訴すると、控訴審の判決は、青森地裁に「コンクリート強度の再診断の鑑定を実施せよ」と、原判決の破棄差戻しになりました。
そこで青森地裁で再審が行われたのですが、これまた不思議なことに、青森地裁の判決は、仙台高裁の控訴審の判決を無視した「コンクリート強度の鑑定の必要はない」という判決になりました。

これは普通ありえないことなので、再び新渡戸家は仙台高裁に控訴。
その訴訟が先日結審し、判決言い渡しは7月10日になったのですが、高裁の裁判官から「判決の前に当事者双方で話し合って解決してはどうか」という和解勧告があり、新渡戸家側の代理人弁護士と、十和田市の代理人弁護士との間で、仙台高裁の勧告に基づく「和解の可能性を探る電話会議」が18日に行われました。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!



世の中を分布でとらえることの大切さ

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


少し考えたら誰にでもわかるあたりまえのことですが、多くの人々にとって幸せな社会は、左右両極端な社会ではありません。
なぜならどちらともつかない中間層こそ圧倒的に多いのが世間というものだからです。
その中間層にある圧倒的多数の人々が、豊かに安心して安全に暮らせる社会こそ求められる社会です。
二極化思考は対立や闘争を求めますが、圧倒的多数の中間層が求めるものは和と共生です。
そこにこそ最も大切な道があると思います。


20180813 正規分布


よく聞くことに、
「世の中は二つに分けて考えることができる」
という言葉があります。
世の中のすべての事柄を、敵か味方か、是か非か、上か下か、右か左か等々、世の中のすべてを二つに分けて考えようとする見方や考え方です。
この派生として、世の中を三つに分けて考える、などというものもあります。

大昔からある言葉であり、特に近代以降は共産主義思想が特にこうしたものの見方を「科学的」などと偽ったことから、ずいぶんと普及した言葉です。
しかし私は、それは間違っていると思います。

トップに載せた画像は、いわゆる正規分布ですが、右か左かで分けようとする人の多くは、たいていの場合、左右の両極端の人たちです。
しかし、世の中の多くの人たちは、図の真ん中の紫色や青の部分にいるわけで、しかもそのほとんどの人たちは、自分が右にいるのか左にいるのかさえ、あまり自覚がないものです。

そして多くの場合、図の左右の0.13%の人たちが、互いに右か左かで争っています。

20世紀は、こうした左右両極端の人たちが、互いに対立し闘争することが、なにやら正義とされてきた時代です。
連合赤軍や極右の人たちが、互いに対立し闘争し、さらにその0.13%の人々の間でさえ、互いに闘争しあい対立しあってきました。
けれど、少し考えたら誰にでもわかることですが、世間の多くの人たちは、誰もそのような抗争を愛してなどくれないものです。

そもそもの話、多くの人々にとって幸せな社会というのは、左右両極端に振れたような社会ではありません。
中央にある圧倒的多数の人々が、豊かに安心して安全に暮らせる社会こそが求められる社会です。
つまり大切なことは、対立でもなければ闘争でもない、極端な議論でもない、中庸を重んじた和の世界こそ、人々が最も求める社会です。

日本の歴史が持つ凄みというのは、まさにこの圧倒的多数を占める中間層の人たちをこそ「おほみたから」とし、その「おほみたから」の人たちが豊かに安全に安心して暮らせる社会を築く努力を重ねてきたところにあります。
ここが、人口の95%を奴隷とし、1%の人々が支配層を形成してきた世界と大きく違うところです。

ヨーロッパ型の社会は、その1%の人々の身分を固定し、その固定化された人たちだけが幸せであることを希求した社会を形成しました。
米国はこれを、誰にでも1%に入るチャンスがある社会にすることを理想に掲げ、これをアメリカン・ドリームとしました。
しかしそれが1%の人たちだけの贅沢や幸せでしかないことは、いまなお米国社会が抱える大きな問題となっています。

日本は逆の文化を形成してきました。
95%の人たちの幸せのために、1%の人たちが責任を持つという社会を形成しました。
このことは武家社会を見ても一目瞭然です。
武士たちが借金まみれであったことは、少し歴史をかじった人なら誰でも知っていることです。


お読みいただき、ありがとうございました。



人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

第63回 倭塾公開講座 開催のお知らせ

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


20190623 第63回倭塾


倭塾(公開講座)は、大人から子供までどなたでもご参加いただける、ねずさんの公開私塾です。
また女性のご参加が多いのも、倭塾の特徴です。
塾生としての登録が必要なわけでもなく、当日お越しいただければ、どなたでもご参加いただくことができます。

今回のテーマは、いつもの古事記から少し離れて、
「目からウロコの日本の歴史」
です。
ここに日本人としての生きる知恵があります。

会場は江戸川区・船堀駅前の「タワーホール船堀」です。
江戸川区から江東区、都心部までを一望できる展望塔(入場無料)なども備えた、駅前立地のたいへんにきれいな建物です。
セミナールームの机も椅子も、たいへんに座り心地の良いものになっています。
1Fには喫茶室、7Fにはレストランもあります。
みなさまのふるってのご参加をお待ちします。


1 題 名 第63回 倭塾(公開講座)
2 テーマ 目からウロコの日本の歴史

3 日 時 平成31年6月23日(日)13:30〜16:00
  開場 13:00
  開始 13:30
  終了 16:00

4 場 所 タワーホール船堀 307会議室
  〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1 研修室
  都営新宿線「船堀駅」下車 徒歩約1分。

5 講 師 小名木善行
6 定 員 50名

7 参加費
 (1) ご新規        2500円
 (2) 割引券持参者     2000円
 (3) ご夫婦で参加 お二人で2000円
 ※事前振込は必要ありません。当日会場でお支払いください。
 (4) 未成年者          無料
  (5) ご家族お友達招待特典
   これまでに一度でも倭塾にご参加されたことの
   ある方が、倭塾初参加となるご家族・ご友人などを
   お連れになった場合、
   そのお連れの方を人数に関わりなく
   初回参加のみ無料とします。

8 参加方法
  直接会場にご来場ください。

9 懇親会(希望者のみ)
  参加費は3500円です。
 (懇親会場の都合もあり、今回から500円値上げです)

10 Facebook参加ページ
  お手数ですがこのページの
 「参加」ボタンをクリックしてください。
  https://www.facebook.com/events/774892869540974/


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

第38回 百人一首塾 開催のお知らせ

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com


人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


20190608 百人一首塾


百人一首塾は、百人一首を通じて、藤原定家が遺そうとした日本文化の根幹を学ぼうという取り組みです。
単に和歌を鑑賞しようというだけでなく、感動を通じて、現代日本が取り戻さなければならない根幹を探ります。
毎回、必ず皆様の人生のお役に立つ内容です。

どなたでもお気軽に参加いただくことができます。

今回は百人一首の26番〜30番までの5首を取り扱います。

 二十六番 貞信公
小倉山峰の紅葉葉心あらば いまひとたびのみゆき待たなむ
 二十七番 中納言兼輔
みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ
 二十八番歌 源宗于朝臣
山里は冬ぞ寂しさまさりける 人目も草もかれぬと思へば
 二十九番 凡河内躬恒
心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花
 三十番 壬生忠岑
有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし

古事記も百人一首も、日本の核心を学ぶために書かれた古典です。
この一点を忘れて、ただ古文や和歌をもてあそぶだけなら、それは学問の名に値しないただの虚学です。
私は倭塾や百人一首塾を、
「誰もが豊かに安心して安全に暮らせる日本を築く」ための本質や根幹を学ぶために行っています。


1 日時 令和元年6月8日(土)18:30~20:30

2 場所 タワーホール船堀 402会議室
  〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1
  都営新宿線「船堀駅」駅前

3 講義 百人一首(25番〜30番)

4 講師 小名木善行

5 タイムスケジュール
  開場 18:00
  開始 18:30
  終了 20:30

6 参加費 お一人様2000円
  ご夫婦でお越しの場合はお二人で2000円
  未成年者無料です。

7 参加方法
  会場に直接お越しください。
  お飲み物などをご用意してお待ちします。
  Facebookご利用の方は、できるだけ↓ページから参加ボタンをクリックください。
  https://www.facebook.com/events/364671087419265/

8 懇親会はありません。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク