アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


先人への敬意と感謝の心で古典を学ぶ

「英霊に敬意を。日本に誇りを。」という言葉は、元陸軍士官倶楽部だった偕行社の標語です。この言葉は、単に英霊に捧げる言葉というだけでなく、我が国の古典に捧げる言葉でもあると思っています。


20200216 旧約聖書
画像出所=https://biz.trans-suite.jp/23033
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

記紀の解釈については、古来実にさまざまなものがあります。
多くは肯定的ですが、なかには(特に戦後において)否定的なものが増えました。
それらは学問的というより、むしろ政治的な意味での否定のように思います。
けれど、そのようなイデオロギー的なものは、もはや学問の名に値しませんので、今回の論考からは外します。

さて、古事記が日本書紀より後に書かれた偽書であるという説は、これはちゃんとした研究者の中にもあって、しかもその説は、江戸時代にはすでに説かれていました。
江戸後期に沼田順義という儒学者(1792〜1849)がいるのですが、この人が『級長戸風』という著書の中で、古事記の完成が『続日本紀』に書かれていないことから、古事記を偽書と断じています。
また賀茂真淵も、古事記の本文ではなく、序文について、
「奈良時代に追って書かれたものではないか」と書き残しています。

さらにいうと古事記については、現存しているのは応安5年(1372)の名古屋の真福寺本と、その10年後に書かれた道果本(上巻のみ)だけです。
それ以前に写本があったことは、真福寺本にも書かれていることですので事実であろうと思われるのですが、いずれも室町時代初期の南北朝の頃のものであって、それ以前の原典が(まだ見つかっていないだけかもしれませんが)保存されていません。

内容的にも733年に完成した『出雲国風土記』に書かれている因幡の白兎の物語が、その前年に完成した日本書紀にはまったく書かれていない(出雲国風土記の刊行前だから当然)のに対し、古事記は712年に完成したとされるのに、その物語が書かれているとか、あるいは日本書紀と比べて古事記の方が圧倒的に掲載された和歌などの歌が多いこと、奈良時代の公式記録に古事記がまったく出てこないことなど、様々な理由から古事記は太安万侶の子孫の多人長(おほのひとなが)が9世紀の初め頃に書いた偽書ではないかなどと言われています。

こうした論争は、これからも是非、続けていっていただきたいと思います。
ただし、私にはあまり興味がありません。


20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


日本文化の持つ感謝の心と寛容性、受容性と悪魔的人間

日本にいて日本文化の恩恵に授かっていながら、日本の神語を否定するのは、日本人が古来から持つ感謝の心や寛容性、受容性を利用主義的に利用している人ということになります。つまり傲慢であり、自分のことしか考えない狭量であるということです。そのような人のことを「悪魔的な人」と言います。日本的な言い方をするなら、道に外れた人、つまり外道(げどう)です。


20200215 梅
画像出所=http://japanese.china.org.cn/travel/txt/2016-03/11/content_37998408.htm
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


以前にもご紹介したことがあるのですが、旧約聖書の冒頭には次のような記述があります。
創世記です。
ねず式で意訳しています。

 ****

はじめに神は天と地とを創造された。
地は形なく、むなしく、闇が淵のおもてにあり、
神の霊が水の表をおおっていた。
神は「光あれ」と言った。
すると光があった。
神はその光と闇とを分けた。
神は光を昼と名づけ、闇を夜と名付けた。
夕となり、また朝となった。
一日目である。

神は言った。
「水の間に青空よいでよ」
神は青空を造り、下の水と上の水を分けた。
神は青空を天と名付けた。
夕となり、また朝となった。
二日目である。

神は言った。
「天の下の水よ、
 ひとつ所に集まれ。
 乾いた地よ現れよ」

神はその乾いた地を陸と名づけ、
水の集まった所を海と名付けた。
神は言った。
「地に青草と種をもつ草と
 種類に従って
 実を結ぶ果樹よ生(は)えよ」
地は青草と、種類にしたがって種をもつ草と、種類にしたがって実を結ぶ木とを生やした。
夕となり、また朝となった。
三日目である。

神は言った。
「天の大空に光があって昼と夜とを分け、
 印のため季節のため日のため年のためになり、
 天の大空にあって地を照らす光となれ」
神は二つの大きな光を造り、大きい光に昼をつかさどらせ、
小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造った。
神はこれらを天の大空に置いて地を照らさせ、昼と夜とをつかさどらせ、
光と闇とを分けた。
夕となり、また朝となった。
四日目である。

神は言った。
「水は生き物の群れで満ち、
 鳥は天の大空を飛べ」
神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を種類にしたがって創造した。
神は見て良しとすると、
それらを祝福して言った。
「生めよ、増えよ。
 海たる水に満ちよ。
 鳥は地に増えよ」
夕となり、また朝となった。
五日目である。

神は言った。
「地は生き物を種類に従って出せ。
 家畜と這うものと地の獣とを
 種類にごとに出せ」
神は地の獣を種類ごとに、家畜を種類ごとに、また地に這うすべての物を種類ごとに造った。
神は見て、良しとされた。
神は言った。
「我々の形に象(かたど)って人を造り、
 これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、
 地のすべての獣と、
 地のすべての這うものとを治めさせよう」
神は自分のかたちに人を創造された。
すなわち神の形に創造し、男と女とを創造した。

神は彼らを祝福して言った。
「生めよ。増えよ。
 地に満ちよ。
 地を従わせよ。
 そして海の魚と、空の鳥と、
 地に動くすべての生き物とを治めよ」。

神は言った。
「我は全地表の種をもつすべての草と、
 種のある実を結ぶすべての木とを
 お前たちに与えよう。
 それはお前たちの食べ物となるであろう。
 地のすべての獣、空のすべての鳥、
 地を這うすべてのもの、
 すなわち命あるものには、
 食物としてすべての青草を与えよう」
夕となり、また朝となった。
六日目である。

こうして天と地と万象が完成した。
神は七日目に作業を終えて休まれた。
神は七日目を祝福して、これを聖別した。
これが天地創造の由来である。

 ****


20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


ニホンかニッポンか

20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

「ねずラジ」シーズン2が始まりました。
ねずブロの音声版です。単にブログを読むのではなく、ブログに書ききれなかったことや、その記事についての思いをお話させていただいています。ご登録はコチラから。


日本は歴史の古い国であり、その歴史が過去において一度も消されることがなかった国であるからこそ、いまなお、日本と書いて何と読むのかが定着しない国でいる、ということであろうと思います。


20200215 夜明け
画像出所=https://www.akishobo.com/blog/nogawa/?p=31
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


よく、「日本」の読みは「ニホン」が正しいのか「ニッポン」が正しいのかと聞かれます。
答えは、「両方正しい」です。

漢字で書く「日本」の初出は日本書紀記述の645年で、以下次のものがあります。
645年 日本書紀「明神御宇日本天皇」
671年 新羅本紀「倭国、号を日本に更む」
678年 祢軍墓誌(でいぐんぼし)「日本」
701年 大宝律令「明神御宇日本天皇」

いずれも現存しているのは文字だけで、それをどのように読んだのかは必ずしも明らかでは有りません。
しかし、万葉集では、他に「山跡(やまと)」、「八間能(やまと)」などと記述している例があり、また古事記、日本書紀では「倭」と書いて「やまと」と読ませる例がありますので、おそらく7世紀当時は、「日本」と書いて、これもまた「やまと」と呼んでいたのであろうとされています。

つまり本当は「日本」の読みは「やまと」が正しく、「ニホン」とか「ニッポン」というのは、後の時代になってから(つまり我が国で漢字表記が一般化してから)そのように読まれるようになったのでしょう。
ですから、いまだに「ニホン」か「ニッポン」か定まっていない。
定まっていないということは、本当は別な読み方であった可能性の方が高いということになります。



20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
AdSense
amazon
スポンサードリンク