• 伝統的価値観に基づく正義の認識の常識化という選択


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    すでに戦後体制の弱化は、日本人の誰もが知る問題となっています。
    あとは、堂々と、「生花でなくちゃダメだよね」といえるだけのもの、つまり日本的精神性を復活すること。そうすれば日本は間違いなく良くなります。それこそがまさに御神意であり、歴史を通じた全人類の願いです。

    クレイフラワー
    20210309 クレイフラワー
    画像出所=https://precious.jp/articles/-/19842
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    それなりのホテルのフロントホールに飾ってある生花。
    美しいものですね。
    多くの国では、ビルやホテルのロビーに生花を飾りますが、それらは必ず生きた花を用います。
    とりわけ日本では、そもそも華道に造花を使うという発想自体がまったくありません。

    ところがお隣のSouth Koreaでは、ビルやホテルのロビーに飾られた豪華絢爛な花は、ことごとく造花です。
    造花を使うという発想は、経済的合理性を考えれば、もっともな結論です。
    生花よりもお金がかからないし、手間いらずで、水を取り替える必要もない。
    土がこぼれる心配もなく、それでいて見た目は豪華絢爛です。
    必要なら、花の香りを添えることも、香料を用いることで可能です。
    しかも経費が、生花と比べて圧倒的に安く上がります。
    経済的合理性と見た目の美しさだけを考えるなら、おそらく造花一択でしょう。

    では、なぜ日本をはじめとした多くの国では、生花を用いるのでしょうか。
    それが日本だけなら、たとえば「日本人には生花の美しさを一瞬の形状にとどめたものを美しいとする。これをワビ・サビなどと言う」などと、もっともらしい理由付けも可能でしょう。
    けれど西欧をはじめ、米国などの新興国においても、ホテルのロビーは、やはり生花なのです。
    それらはワビ・サビの精神なのでしょうか。

    実はここに伝統的価値観が影響しているといえます。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 瀬織津比売と饒速日命から歴史を考える


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    せっかく考える力を神様から授かった人間に生まれてきたのに、ただ怒ったり、喜んだりするだけの反応的な生き方をするだけなんて、もったいないと思います。
    それでは犬や猫と同じです。
    人間には思考力がある。
    せっかくなら、その思考力を、未来を拓く建設的な力に使っていきたいものです。
    そのためにこそ歴史があるのだと、私は思っています。
    歴史は、古くて新しい、現代を生きる知恵の宝庫だからです。

    20210305 グアム島ライン



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    瀬織津比売(せおりつひめ)は、我が国の正史となる日本書紀、そして古事記には登場しない神様です。
    けれど不思議なことに瀬織津比売は、大祓詞(おおはらえのことば)にはしっかりと登場します。

    もうひとつ不思議なことがあります。
    それが饒速日命(にぎはやひのみこと)です。
    日本書紀によれば、天孫降臨は宮崎に瓊々杵尊(ににぎのみこと)、畿内に「饒速日命(にぎはやひのみこと)」が、等しく天照大御神の天孫として降臨したとあります。
    つまり、天孫の大八州(おほやしま、つまり日本列島)への降臨は、少なくとも宮崎と畿内の二箇所にあったということです。

    この二つの事象は何を意味しているのでしょうか。

    そこでひとつの大胆な仮説を提示してみようと思います。
    それが二万年前のグアムラインと琉球ラインです。
    年のため申し上げておきますが、あくまで仮説であって、こうだと決めつけているわけではありません。

    さて、トップの図はグーグルマップを航空写真モードにしたものです。
    海底の様子までわかるようになっていますので、たいへんおもしろいものですが、この写真から2万年前、つまり海面の高さがいまよりも140メートルほども低かった時代に、地上に露出していた場所のおおよそがわかります。

    そのひとつは、東シナ海のような、いまでは大きな大陸棚となっているところです。
    そこはグーグルマップでは、薄い水色で表示されています。
    地図を拡大してみるとわかるのですが、東シナ海はかつての陸であり、琉球諸島も、いまのような小さな島ではなくて、ほぼ陸続きになっていたことがわかります。

    東東亜平野と琉球諸島の間には、浅い内海があり、そこはまるでヒルのような形をした浅い塩水湖です。
    水深が浅く、水も透き通っていたことでしょうから、水底まで太陽光が届き、そこには大量のプランクトンや海藻が繁殖し、またそれを捕食するたくさんの魚たちが、まるで水族館の大水槽さながらに泳いでいたことでしょう。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク