• 新型コロナウイルスについて


    「疫病」は、ペスト、天然痘、コレラ、赤痢など、病状は様々です。
    ですが、たとえば14世紀に元が滅んで明になったとき、元の人口はおよそ1億3千万だったものが、およそ3千万人に減っています。原因は疫病です。
    また17世紀に明が清にかわったときも、明の人口は最盛期およそ9千万人だったものが、清が王朝を築いたときにはわずか2460万人に減っていました。
    ただし、それだけの死者は、すぐに出るのではなく、およそ3年の歳月をかけて拡散しています。
    当時といまとでは、衛生環境の違いこそあれ、相変わらず不衛生なことは昔と変わらず、今回のコロナウイルス、そして飛蝗もまた、目下、チャイナに向けて北上中です。
    対応次第では、中共政権は崩壊します。


    20200222 新型コロナウイルス
    画像出所=https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1074924.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


    すでにご存知の方も多いと思いますが、欧州在住の伝染病研究者である董宇紅氏は13日、新型コロナウイルスに「消すことのできない人工的痕跡」があると指摘し、「人工的に作られた可能性が大きい」との見方を示しました。
    董宇紅氏は、中国の北京大学医学部を卒業、伝染病学博士を取得したのち、北京大学附属第一医院の勤務医を勤め、現在はスイスのバイオテクノロジー会社、SunRegen Healthcare AGで首席科学官を務める俊才です。
    おそらくそれが事実なのであろうと思います。

    2.4日ごとに患者数が倍増するという感染率の高さからすると、およそ3ヶ月で感染者は80億人に達します。
    死亡率が3%とすると、全世界で2億4千万人の死亡者が出るという計算になる。
    この状態が3年続くと、単純計算で7億人くらいの人が死に至るという計算になります。
    全世界での話です。
    ちなみに80億人というのは、現在の世界の人口です。

    これからの3年間で、世界の様子が激変していくかもしれません。
    その重大なときにあたって、国会では相変わらず野党が「桜がどうしたこうした」。
    いまもお金をもらって動く左側の人たちは、必死で安倍内閣叩きを仕掛けていますが、国民はすでに辟易しています。
    日本人は馬鹿ではないのです。
    もういい加減、気がつく。

    気がつこうとしない頑固者も、周囲で感染者が出始め、自分の感染リスクが高まってくると、いったい国は何をやっていたんだ、ということになる。
    そもそもこの期に及んで、チャイニーズの観光客を誘致するには!なんてタワケたことを言っているのは、コリアの文政権と日本の野党と、与党の一部のチャイナ贔屓の政治家くらいなものです。



    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 本のご紹介


    新刊3冊と、月刊誌2つをご紹介します。
    1『ジャパニズム53号』
    2『玉響』
    3『僕が神様に愛されることを厭わなくなったワケ』保江邦夫著
    4『日月神示とパワースポット』中矢伸一著
    5『ピラミッド封印解除・超覚醒』松久正著


    20200220 日月神示とパワースポット
    画像出所=https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%88%E7%A5%9E%E7%A4%BA%E3%81%A8%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88-%E4%B8%AD%E7%9F%A2%E4%BC%B8%E4%B8%80/dp/4792606691/ref=as_sl_pc_qf_sp_asin_til?tag=nezu34-22&linkCode=w00&linkId=21bfc464fd914d9fa18c5d55b27bcf55&creativeASIN=4792606691
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


    1『ジャパニズム53号』

    毎号、ねずさんの記事を掲載いただいています。
    今回は「神話と伝承に読み取る〔和の心〕と〔日本の国柄〕です。
    神話についてコンパクトにまとめています。

    2『玉響』
    20200220 玉響
    http://www.nihoniyasaka.com/book/
    日月神示の第一人者である中矢伸一先生の主催する日本弥栄の会の機関誌です。
    毎号、神話に関する記事を掲載いただいています。
    玉響は年間購読制で、申込みはホームページからか、あるいは直接電話でお問い合わせができます。
    http://www.nihoniyasaka.com/book/

    3『日月神示とパワースポット』中矢伸一著

    『玉響』の中矢先生の新刊です。
    ぜひ参拝に行ってほしいお勧め神社13選が収録されています。
    また神社参拝とはいかなるものかが書かれているのですが、この本で「なるほど!」と思ったのは、中矢先生が独自の道を歩もうという決意に至るまでの経緯です。
    すごくよくわかる気がしました。
    お勧めです。

    4『僕が神様に愛されることを厭わなくなったワケ』保江邦夫著

    矢作直樹先生とも仲の良い物理学者の保江邦夫先生の新刊です。
    この本もたいへん楽しく読ませていただきました。
    おもしろかったのは、第7章「愛の生け贄になるための活人術・十箇条」で、たとえば運気を良くしたいと思うなら、あえて貧乏くじをひきなさいとありました。
    損か得かを選択する時は、必ず損な方を取ると、結果として良くなるというわけです。
    なるほどそんなものかもしれないなと思いました。

    また「しもべになれ」というので、どういうことかと思ったら、人は誰もが他の力によって生かされていることを認識しなさいということでした。
    よく、人の使い方で悩まれている人が多いですけれど、使おうなどと思うから使えなくなるわけで、そうではなくて「みんなに奉仕するのだ」と心に誓うと、不思議なほどみんながよく仕事をしてくれるようになるということは、ビジネスマン時代によく経験させていただいたことでしたので、なるほど!と納得しました。
    また合気道の合気とは「愛魂(あいき)」であるということも、この本で初めて知りました。

    5『ピラミッド封印解除・超覚醒』松久正著

    著者の松永先生は、整形外科医を勤められる方で、今回ご紹介する本の中では、唯一のカラー刷りの本です。
    読んでいて思ったのは、ここで説かれているピラミッドの覚醒によって始まる新たな世界というのは、日本書紀に書かれている豈国(あにくに)、つまり「よろこびあふれる楽しい国」のことであるということでした。
    いろいろなもののベクトルが、まさにいま豈国を指していると実感させていただきました。

    お読みいただき、ありがとうございました。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。



    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載について

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク