• 源義経チンギス・ハーン説と学問の自由


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    歴史学は、ただ考古学的、あるいは文献史学的に明らかになった事実だけを扱う学問分野ではありません。
    歴史学は、そうして明らかになった事実をつないで、ひとつの論理的かつ客観的、そして再現可能性が極大になる歴史ストーリーを組み立てる学問です。
    そういう視点から、筆者は個人的に源義経ジンギスカン説を支持しています(笑)

    源義経とチンギス・ハーン
    年齢は違いますが、顔の特徴(ヒゲの生え方、眼光、耳の形など)が似ているような・・・
    着物、右前だし・・・



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    全国の神社などにある能楽堂。
    その能楽堂を見ますと、必ず壁に描かれているのが、松と笹です。

    松は、切り立った岩場のような過酷な場所にも生息し、また冬の深い雪の中にあっても、緑の葉を散らせません。そして笹は、どんなに強い台風のような大風が来ても、風にそよぐばかりで、決して倒れたり折れたりしません。
    細身でありながらも、しっかりとした茎(くき)に、節(ふし)を持ち、しなやかに、しなって決して折れません。

    ですから笹は、源氏の紋章です。
    これを「源氏笹(げんじざさ)」と言います。
    その笹はイネ科の植物で、その生息北限はおおむね北緯40度くらいまでで、寒帯に属する北方遊牧民の生活圏には生えません。

    ところがその寒帯にあって、「源氏笹を王の紋章」にした遊牧民のボスがいました。
    それがチンギス・ハーンです。
    不思議なことに、チンギス・ハーンは、中東商人の質問に答えて、出身地は「ニロンのキョト村」と答えたという記録があります。

    チンギス・ハーンが、源義経ではないかという説を唱えたのは、有名なシーボルトです。理由は、義経が死んだとされる1189年(文治5年)以降、チンギス・ハーンが突然、歴史の舞台に躍り出ていること。
    また、チンギス・ハーンが得意としていた長弓は中国やモンゴルにそれまで存在しなかった日本独特の武器であること。

    また、大正時代に大ベストセラーになった小谷部全一郎著の『成吉思汗ハ源義経也』によると、
    チンギス・ハーンの別名が「クロー」であり、これは義経の官職であった「九郎判官」に似ていること。
    モンゴル帝国の「元」は「源」と同じ音であること。
    蒙古は猛虎と同じ音であること。
    「ハーン」という称号自体が、日本語の「○○の守(かみ)」と音が似ていること。(カミがカーンになり、ハーンとも発音された)
    チンギス・ハーンが1206年に大王に即位したとき、九本の白旗が掲げられたこと(白旗は源氏の旗、九本は、九郎判官を表している可能性がある)
    などがあげられています。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク