• この60年間で変わり果ててしまったこと、これから変わること


    ◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    自分だけが良い思いをしたい、自分だけが満足したいからと、個人の欲望を優先させ、他人を傷つけて人間関係を抜き差しならないものにしてしまったり、権柄ずくで人の恨みをかったりすれば、いつの日か、そのツケが自分に帰ってくる。だから、日頃から和を貴び、知恵もひとりの知恵とせずに、みんなの知恵にしていく。そうしたことが、日本的精神として育まれてきたのです。


    20190919 日本美
    画像出所=http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1302.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    11年前の2008年、livedoorニュースに「この50年間で変わり果ててしまったこと」という記事が掲載されました。
    まずそのまま転載してみます。
    11年前の記事です。
    なので記事の「この50年」は、いまなら「この60年」です。

    ****

    この50年間で変わり果ててしまったこと
    https://news.livedoor.com/article/detail/3823470/

    年が過ぎるのも早いですが、物事の移り変わり方もまた激しいものです。
    10年ひと昔とは言いますが、50年ともなると法律や考え方まで大きく変化してしまうようです。
    生まれた時代が悪いのか、悪人が増えて規則が増えたのか、50年前と今との違いを、シナリオ別にアメリカのケースでご紹介します。


    【シナリオ1】
    ジャックは学校に行く前にウズラ狩りに行き、短銃を車のラックに載せたまま学校の駐車場に停めました。


    《1957年》
    教頭先生がやってきてジャックの短銃を目にし、
    自分の銃をジャックに見せようと車に取りに行く。

    《2007年》
    FBIが呼ばれ、学校は閉鎖。
    ジャックは刑務所へ行き二度と自分の銃やトラックを見ることもない。
    トラウマになった生徒や先生のためにカウンセリングが行われる。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 大拡散希望 マンガ「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    マンガ「私の身に起きたこと」
    ~とあるウイグル人女性の証言~
      大拡散希望です。


    20190902 ウイグル
    画像出所=https://1kando.com/138616
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    下の図は、一般に言われている中共の地図です。
    CHINA


    しかし上の図は正しくありません。
    占領地や植民地の場合、たとえば「フランス領インドシナ」、「英国領香港」というように宗主国を明記するのが、ただしい表記です。
    中共政権にとって、満洲、内モンゴル、ウイグル、チベット、香港は、併呑地ですから、これらは中共としてひとくくりに図を書くべきでなく、本来、下の図のように表記すべきものです。

    修正した中共図
    20190902 実際の中共図


    地図の中に日本の実際の大きさの日本を入れておきました。
    これだけみると、日本は小さな国と思われるかもしれません。
    けれど、排他的経済水域を含むと、日本の面積は中共をはるかに凌駕します。
    日本は大国なのです。

    日本は白人からの有色人種の人々の独立のために戦いました。
    そしてそれを実現しました。
    ところがそのことを奇貨として、中共は周辺国を併呑しました。
    このとき、いずれの地域においても、人口の4分の1が人民解放軍によって殺害されました。
    そしていまもなお、それら併呑地への蛮行が継続しています。

    日米を含む世界の良心は、この中共の横暴を、いまこそ止めさせるべきときです。

    私はウイグル、モンゴル、満洲、チベット、香港、台湾の人々をこれからも応援し続けます。


    お読みいただき、ありがとうございました。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 心の系譜


    「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
    ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
    旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
     ↓↓↓
    新ドメイン:http://nezu3344.com



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    日本人全員が「家族」なら、私たちの先人たちも、みんな身内です。家族です。
    その家族の歴史を学ぶことは、私たち自身の心の系譜を学ぶことです。
    その系譜の線上に、私達の未来もあります。


    20190719 アッツ島
    画像出所=http://nippon-pride.com/taiheiyou/90.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    アッツ島の戦いは、山崎保代大佐(没後中将)が、2650名の守備隊のメンバーとともに、圧倒的な火力を持つ1万2000人の米軍を迎え撃った戦いです。
    17日間の激しい攻防の末、全員玉砕されました。

    戦いの最後の日、山崎中将は、その時点で生き残った守備隊の生存者を司令部前に集めたそうです。
    その時点で生き残っていたのはわずか150名です。
    全員傷だらけでした。
    満身創痍の全員を引き連れて、山崎大佐は米軍陣地に最後の突撃を敢行なさいました。

    突撃に際し、山崎大佐は、右手に軍刀、左手に日の丸を持ち、攻撃隊の先頭に立たれました。
    そして山の斜面を駆け上ると、猛烈果敢な攻撃で、米軍の哨戒線をまたたく間に突破しました。
    米軍の本体へと迫るまでに、機関銃の餌食となって、仲間たちが次々と倒れていきました。
    そしてついに全員が帰らぬ人となりました。

    戦後、遺骨収集が行われたとき、兵たちのいちばん先頭で遺品・遺骨が確認されたのが、山崎大佐でした。
    このことが意味していることは重要です。
    なぜなら、山崎大佐は、最後の突撃部隊の先頭に立って敵弾の前に飛び出しているのです。
    当然、敵の砲火は、先頭の山崎中将に集中したことでしょう。
    なにせ刀を振り上げ、日の丸を持っているのです。

    何発もの銃弾に撃たれる。
    撃たれれば、人は倒れます。
    けれど山崎大佐は、それでも立ち上がり、また撃たれ、また立ち上がり、最後は這ってでも敵陣に向かって突き進み・・・だから息が止まったときは、自軍の先頭にいたのです。



    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    20190317 MARTH

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • いまあらためて高橋是清を学ぶ


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    不況時には政府がどんどんとお金を使い、景気が上向いたら、すこしブレーキをかける。
    そんな簡単なことが、財政健全化とか、軍事費削減とかいった綺麗事の言葉でできなくなる。
    政治は現実です。お題目では国は良くならないのです。


    高橋是清
    高橋是清


    大正7(1918)年に終結した第一次世界大戦は、わが国に「大戦景気」と呼ばれる大好況を招きました。
    ところが戦後に欧州の製品が、再びアジアの市場に戻ってくると、戦後恐慌が発生し、これに関東大震災(1923・大正12年)が追い打ちをかけて、震災恐慌と呼ばれる深刻な不況が発生します。

    さらに震災によって国内の金融機関が大量の不良債権を抱えることになったのですが、そうしたご時世の中で時の大蔵大臣の片岡直温(かたおか なおはる)が、
    「渡辺銀行がとうとう破綻いたしました」
    と失言をします。

    これはまさに失言そのものであったのですが、この失言で預金者が終業間際の東京渡辺銀行に殺到して、取り付け騒ぎが起こります。
    そしてこれが引き金となって、国内の金融機関が次々と休業に追い込まれました。
    これが昭和2(1927)年の「昭和金融恐慌」です。

    こうした状況下で、昭和4(1929)年、立憲民政党の浜口雄幸(はまぐち おさち)内閣が発足します。
    浜口雄幸は、徹底した緊縮財政政策を取りました。
    政府の支出を大幅に削減し、国内の景気対策のために必要な財政も、次々と執行を停止してしまいます。
    その名称は、産業合理化、軍事予算削減です。

    言葉だけを聞いたら、いかにも良いことをしているかのようですが、経済は人間の体にたとえれば、いわば血液です。
    その血液が失血状態になっているところに、さらに血液を大量に抜くという政策を浜口内閣は採(と)ったわけです。
    そしてこれによって、ただでさえ戦後恐慌と震災恐慌で弱った日本経済は、深刻なダメージを受け、これによって中小企業の多くが倒れていきました。

    そして、この状況下で、同じ年の11月に、ニューヨーク・ウォール街の株価の大暴落が起きるのです。
    この大暴落の影響は一瞬で世界に波及し、世界経済はいっきに沈滞化してしまいました。
    これが有名な世界恐慌です。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    20190317 MARTH



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 新元号を寿ぐ


    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    20190401 令和
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    昨日新元号が発表されました。
    新しい元号は「令和(れいわ)」です。

    桜の季節に新元号。
    しかも「和(なごみ)」とは!!
    素晴らしいと思います。

    元号は、天皇の御名御璽をいただいた時点で、その時代を示す御神意となります。
    元号が定められるのは、前の元号が終わるときですが、新たに生まれた元号の時代をあとから振り返ってみると、まさに元号はその時代を象徴するからです。

    古事記を読むと、最高神であられる天照大御神のお言葉は、時空を超越したものであって、命令ではなく結果であるということがわかります。
    同様に天皇のお言葉は、そうしたい、そうなりたい、というものではなくて、そのように表現されていたとしても、それは何年か、あるいは何十年後かに結果になっているものです。
    元号も同じです。

    明治は「知らすを明らかにする」で、日本は世界に向けて人種の平等を高らかに、明らかにしました。
    大正は「大いなる正義」で、大正デモクラシーは、民衆の時代の幕開けを示しました。
    昭和は「和を昭(あきら)かにする」で、日本は全力をあげて世界の植民地支配を終わらせました。
    平成は「平らかと成る」で、いろいろなことはありましたけれど、振り返ってみれば、右肩上がりの成長ばかりが人々の幸せにはならないということを、日本は世界に示した31年間となりました。

    では、新しい元号の「令和」は、どのような時代を示すことになるでしょうか。

    令和は「和(なご)み令(せ)しむ」で、和を根幹にすることを御神意とすることを示した元号です。
    対立や闘争ではなく、和こそが大事であるということを、これからの日本は世界に示すことになります。

    西洋世界が国家同士の争いを繰り返しながら、世界を征服して植民地として支配し収奪していた17世紀〜19世紀、日本は江戸時代というきわめて民度の高い時代を構築していました。
    そして西洋世界が、ようやく民衆の自由や平等を手に入れたのが18世紀後半のことです。

    ところが日本は、それに先立つこと千年以上も昔に、民衆は国家最高権威である天皇の「おほみたから」であることを明確にしていました。
    西洋社会が民主に目覚めた18世紀後半には、光格天皇があらためて、民をこそ宝とすることを教育する京都学習院を設立しています。

    文化というものは、王侯貴族が贅を尽くした荘厳な宮殿や、美麗な衣服などの外観のことをいうものではありません。
    民衆が互いに慈しみ合い、誰もが豊かに安心して安全に暮らせる社会の構築こそが、文化の香る社会です。
    その意味では、日本は世界に先駆けること千年以上もの歴史を持っています。

    その日本が、明治以降世界に示し続けてきたことは、人種の平等であり、人々の豊かで平穏な暮らしです。
    そして「令和」という元号は、まさしくそのことが御神意であることを内外に宣言した元号となっています。

    御神意というものは、ある意味おそろしいもので、それに逆らう者は、何らかのペナルティを受けることになります。
    つまり「令和」の時代は、神々の御意思が「和(なご)むことを命ずる」というのですから、対立や闘争を煽るものは、右左関係なく排除されていくことになります。

    これは、和のためになんでもかんでも相手の言いなりになるということとは意味が異なります。
    互いの尊厳を認めあうところにこそ、和はあるからです。
    相手の尊厳ばかりを認めて、自国を卑下することは、もちろん和ではありません。
    あるいは逆に、自国の尊厳ばかりを言って、相手を攻撃することもまた、和とは異なるものです。

    いつの時代にあっても、内外に問題は山積みです。
    しかし問題が起こるということは、物事が動いていることの証(あかし)であって、実はとても良いことです。
    何もしていなければ、問題さえも起こらないからです。

    そしてそれらの問題の解決の方向として、このたび「令和」というお言葉が降ろされたわけです。

    新しい時代の幕開けです。
    身を引き締めて、日々是新たに進んでいきたいと思います。

    お読みいただき、ありがとうございました。

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
    メールでお申し出ください。

    nezu3344@gmail.com



    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 重要事項を優先する


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    ねずブロは、これからも第二領域の覚醒を図るものであり続けようと思っています。
    なぜなら縄文以来2万年の歴史を持つ日本人は、一時的には流行病に感染して価値観を失いかけたように見えても、ちょっとしたきっかけで、みるみるうちに健康を回復できる力を持っているからです。


    重要事項を優先する
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    ベストセラーになった本に、スチーブン・ゴビィ博士の『7つの習慣』という本があります。
    この本が出はじめた頃に、会社の研修で、この本を日本に紹介したジェームス・スキナーさんから直接研修を受けさせていただきました。
    私がいた会社は、とっても研修の好きな会社(笑)で、研修はいろいろあったのですが、中でもいちばん印象的で、勉強になったのが、このスキナーさんの研修でした。

    その研修のなかで紹介されたことのひとつに「重要事項を優先する」ということがありました。
    それが上の図です。
    これはいってみれば「時間管理の原則」です。

    第一領域は「緊急かつ重要」な事柄です。
    突然はいってくるクレームへの対応や、切羽詰まった問題などがこれにあたります。

    第二領域は「緊急ではないが、重要」な事柄です。
    部下の育成、人間関係づくり、将来への備え、本当に大事なことを学ぶこと、自己啓発のための活動などがここにあたります。

    第三領域は「緊急だけれど重要でない」事柄です。
    大きの電話や、急な飲み会のお誘いなどがここにあたります。

    第四領域は「緊急性もなく、重要でもないこと」です。
    ただの遊びやゲームなどの時間つぶし、楽しいだけで何も残らないものがここにあたります。

    以下の文は、ネットの(http://baigie.me/sogitani/2012/12/busy/)からコピペさせていただいた文です。
    ちょっとご紹介してみます。


    20190305 MARTHバナー

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 国家戦略を持てる国になろう


    20190225 伊勢修養団研修バナー
    内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    GHQというのは、「General Headquarters」の略です。
    直訳すると、「すべての総本部」です。
    個人的な意見ですが、私は、あらためて日本人の手で(←日本人であることが肝要です)、「New General Headquarters」を作り、これを天皇直下の国家最高権力の府として作るべきだと思っています。


    GHQの本部があった第一生命ビル
    20190223 GHQの本部があった第一生命ビル

    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    「いまの日本外交には国家としての戦略がない」と、よく言われます。
    「いま」どころか戦前戦中においても、日本外交に「国家的な戦略があった」とは言い難い。
    これは実は、重大問題です。

    戦前戦中のことでいうならば、これは先日行われた日本史検定講座で江崎道朗先生も指摘しておられましたが、
    「戦時中あるいは戦前の日本には、大東亜戦争に勝利した後日本がその後の対米政策をどのようにしていくのか、東亜諸国への政策をどのようにしていくのか、あるいはChinaをどのようにしていくのか等々について、まったく戦略を持っていなかった。ところがChinaは、国民党も共産党も、支那事変の最中には、すでに戦後処理をどのようにするのかについて、具体的な対策案を築いていたし、米国も対日戦争勝利後に、日本をどのように統治していくのかについて、具体的な対策を検討する機関を作っていた。京都が空爆されなかったことも、そうした国家的外交戦略という基盤が基礎にあったからであった」
    という指摘をなさっておいででした。

    いま多くの日本人は、South Koreaに怒り心頭ですし、私も「即時経済封鎖せよ」という考えですが、では、経済封鎖後の東亜政策をどのようにしていくのか、またKoreaをどのように運営していくのかといったことについて、日本中で、誰も何も考えを持っていない。

    これではダメです。
    戦略がない。
    日韓断交は希望であり、そうした方が良いことではあるけれど、実施するなら、その後をどのようにするのかをしっかり考えて・・つまり戦略を立てておくのでなければ、いきあたりばったりでは政治にさえならないということです。

    実際の話し、断行したらその後の半島情勢はどのようになっていくのか。
    仮にSouth Koreaが、北に吸収されれば、共産圏との境は、いまの38度線ではなく、朝鮮海峡になります。
    北は何十年も前からドンパチではなく調略によってSouth Koreaを滅ぼし、吸収するという政策を採り、そのためにSouthKoreaの司法を奪い、教育を奪い、左派の政治家やメディアにカネを渡して、SouthKorea人たちが、日米を敵とし、北に親しむ感情を持つような工作活動を続けてきました。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク