• 懲悪勧善・・・悪は懲らしめよ


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    聖徳太子


    「和をもって貴しとなす」といえば、聖徳太子の十七条憲法の第一条です。

    十七条憲法は、西暦604年4月に世に出されたものですが、あれから1400年を経由して、いまなお日本人の心に沁みついています。

    第一条の原文は、
    -------------------
    一曰(一にいわく)
    以和為貴(和をもって貴しとなし)
    無忤為宗(さからうこと無きをむねとせよ)
    人皆有黨(人皆、党あり)
    亦少達者(また達(さと)れるもの少なし)
    是以或不順君父(是を以てあるいは君父にしたがわず)
    乍違于隣里(また隣里にたがう)
    然上和下睦(しかれども上やわらぎ下むつびて)
    諧於論事(事を論うにかなうときは)
    則事理自通(すなわち事理おのずから通ず)
    何事不成(何事か成らざらん)
    -------------------

    口語訳すると、

    「和をなによりも大切なものとして、争いをおこさぬことを根本としなさい。

    人はグループをつくりたがり、悟りきった人格者は少ない。

    だから、君主や父親のいうことにしたがわなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。

    しかし上の者も下の者も協調・親睦の気持ちをもって論議するなら、おのずからものごとの道理にかない、どんなことも成就するのです。」


    いやあ、とってもいいですね♪

    とくに、後段のとことで、

    然上和下睦
    上やわらぎ下むつびて

    とあるのは、圧巻です。

    どんな言論戦であれ、会議であれ、戦いであれ、その根本のところに、「協調・親睦の気持ち」が大切と説いている。

    まさにこれが“日本精神の柱”なのではないかと思います。


    ねずきちには、いわゆる共産主義や社会主義などの階級闘争主義、あるいは欧米型契約主義に、どうしてもなじめないところがある。

    それが、この部分です。

    根っこのところに「互いに協調・親睦の気持ちを持って」というところがない。

    ただ非難し争うだけ。ただ言い張るだけ。そこに互譲の精神というものがない。

    階級闘争主義者にあるのは、ただ“闘争”だけです。

    契約主義者にあるのは、ただ“条項”だけです。

    そこに“心”がない。だから馴染めない。

    契約を守ることはもちろん大事だけれども、たかが一片の文書に書かれたことより、互いの和のほうが、よっぽど大事だと思う。

    「和」は、「環」であり「輪」です。

    環濠集落(堀をめぐらした集落)に端をはっしているともいいます。

    その集落を表す言葉が、我が国の集団や仲間の意味を表す言葉となり、一人称が「ワシ=和氏」となった。

    シナは、周辺国の多民族をことごとく蛮族とみなし、それぞれの国の一人称に、別称を与えた。ヤマト人の一人称は「ワシ」だから、「倭」が当てられた。

    ところが、「倭」は、背が小さい、体が曲がっているなどの意味の漢字です。

    冗談じゃない。俺たちは輪なんだ。環なんだ。和なんだ。

    だから大きな和、でヤマトと号した。

    ヤマトは、古代タミル後の“ya”(=日)と、“moto”(=本)がなまって、“yamato”となったのだとか。

    そして言葉を意訳して漢字を当てたのが“日本”。

    だから日本は、“和”の国なのです。


    しかし、和を脅かす不埒なヤカラも世の中にはいます。

    これに対して、十七条憲法では、その第6条に次のように規程しています。

    ---------------------
    六曰
    懲悪勧善 古之良典
    是以无匿人善
    見悪必匡 其諂詐者
    則為覆国家之利器
    為絶人民之鋒釼
    亦侫媚者対上則好説下過
    逢下則誹謗上失
    其如此人皆无忠於君
    无仁於民
    是大乱之本也


    六に曰わく
    悪を懲(こら)し善を勧(すす)むるは、
    古(いにしえ)の良き典(のり)なり。
    ここをもって人の善を匿(かく)すことなく、悪を見ては必ず匡(ただ)せ。
    それ諂(へつら)い詐(あざむ)く者は、則ち国家を覆(くつがえ)す利器(りき)たり、人民を絶つ鋒剣(ほうけん)たり。
    また佞(かたま)しく媚(こ)ぶる者は、上(かみ)に対しては則ち好んで下(しも)の過(あやまち)を説き、下に逢(あ)いては則ち上の失(あやまち)を誹謗(そし)る。
    それかくの如(ごと)きの人は、みな君に忠なく、民(たみ)に仁(じん)なし。
    これ大乱の本(もと)なり。
    ----------------------

    六にいう。

    悪をこらしめて善をすすめるのは、古くからのよいしきたりである。

    そこで人の善行はかくすことなく、悪行をみたらかならずただしなさい。

    へつらいあざむく者は、国家をくつがえす効果ある利器であり、人民をほろぼすするどい剣である。

    またこびへつらう者は、上にはこのんで下の者の過失をいいつけ、下にむかうと上の者の過失を誹謗(ひぼう)するものだ。

    これらの人たちは君主に忠義心がなく、人民に対する仁徳ももっていない。

    これは国家の大きな乱れのもととなる。


    見悪必匡」悪を見たら必ず匡(ただ)せ!というのです。

    友愛などとうまいことを言って、その実、国を滅ぼさんとする者は、忠義の心がなく、人々に対する仁徳もない。

    そして上の人には下の者の過失をいいつけ、下の人には、上の者の過失を誹謗し、中傷する。

    階級闘争主義者は、タレコミ、告げ口を好み、下の者の前で、平気で上長を批判する。

    そういう者は、大乱の本となると説いている。

    では、大乱の原因となるような者を見つけたらどうするか。

    「懲悪勧善」・・・悪は懲らしめよ、と説いている。


    和をもって貴しとなす者は、同時に和を守るために、積極的に悪を成敗せよというのです。

    そうでなく、眼の前に悪を見出しても、「まぁまぁ仲良く~♪」なんてことはしない。

    悪を見たら、ちゃんと懲らしめよ!という。

    これも、日本における「和」の心です。

    「和」は、すべてのものにたいするものではない。
    「和」を乱す者は、むしろ積極的に懲らしめる。

    それが日本の心です。

    日本の「和」の心は、決して甘いばかりではない。


    和はもちろん大事です。

    しかし、その心を理解せず、自己の言い分だけを言いつのり、和を乱す者は、「悪」なのです。
    その「悪」は、早期に懲らしめなければならない。

    戦後日本の道徳観が、現在のように地に落ち、メディアの反日偏向がここまで著しくなったのは、その「悪は懲らしめなければならない」という一点が、戦後日本に欠如していたのが原因なのかもしれません。

    そうであるとするならば、ボクたちは、これからの孫・子の時代を守るため、むしろ積極的に悪を懲らしめていく必要があるのかもしれません。

    「懲悪勧善」・・・悪は懲らしめよ!と思う方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    外国人が見た日本 性善説社会
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク