• ただのお話し


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    幕末の志士たち



    時代は繰り返すというけれど、今の時代は幕末に似ているなぁって、思うんです。

    幕末の動きは、思うに大塩平八郎の乱あたりから、スタートしているんですね。

    12代将軍徳川家慶の時代、1837年に大塩平八郎の乱が起ります。

    新将軍を祝うのはいいけれど、だからといって庶民の生活を圧迫して、飢え死にする者が続出するなんて許せない!!

    本来武家のあるべき姿は、違うはずだ!といって立ち上がったのが、大阪町奉行の元与力だった大塩平八郎でした。

    大塩平八郎の乱についての詳しいお話は、
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-302.html
    ↑に書いているので、よろしければ、そちらをご覧ください。

    彼は要するに、それまでの政治の矛盾に対して立ち上がったのですね。

    乱自体は失敗して自決してしまうのですが、彼の書いた「檄文」は、多くの庶民の心を打ち、その檄文は全国の武士たちのいわば心の支えというか、経典のようなものになった。

    【大塩平八郎の檄文】
    天から下された村々の貧しき農民にまでこの檄文を贈る。
    天下の民が生前に困窮するやうではその国も滅びるであろう。
    政治に当る器でない小人どもに国を治めさして置くと、災害が並び起るとは昔の聖人が深く天下後世の人君、人臣に教戒されたところである・・・・(以下略)

    当時のこころある志士たちは、このいわば手配された罪人である平八郎の檄文を、まさに書写して全国に広めた。

    そして全国いたるところで、一揆が起ったりします。

    なんと、ねずきちのご先祖も、幕臣でありながらこの時代に一揆の首謀者をやって首を刎ねられた(笑) まぁ、そんなことはどーでもよろしい^^;


    どうもね、幕末のこの大塩平八郎にあたるのが、最近では、田母神俊雄閣下なのではないか。
    (田母神さん、ごめんなさい)

    いやね、田母神さんは、航空幕僚長という政府の要人でありながら、民を憂いて「正しい歴史認識を」と檄文(論文)をお書きになった。


    大塩平八郎の檄文は、全国に広がり、後の吉田松陰、高杉晋作、西郷隆盛、河井継之助、佐久間象山らを生んだけれど、同様に、田母神さんの論文は、これとまったく同様に、全国各地の志士達の眼を覚まさせ、これまで誰も口にできなかった日本人としての正しい歴史観を取り戻そう、誇りある日本を取り戻そうという動きになっています。


    それと面白いのが、幕末のちょっと前、慶応3(1867)年ころから、起った全国的大全国的ブーム、それが、「ええじゃないか」。

    天から御札(神符)が降ってくる、これは慶事の前触れだ、
    なんでもかんでも、ええじゃないか♪
    ええじゃないか、ええじゃないか、えじゃないか♪

    民衆が仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」を連呼しながら集団で町々を巡って熱狂的に踊ったこのブームは、どうも昨今の「お笑いブーム」に似ている。(笑)

    なんの脈絡もストーリーもない“お笑い”、昨今のお笑いにあるのは、いわゆる瞬間芸そのものだし、ねずきちのようなおじさんには、なにが面白いのかさっぱりわからないのだけれど、若い人たちに言わせると、それが面白いのだとか^^;


    そして、幕末・・・・

    幕末の政治史をみるとつぎのようになっているのですね。


    1853年 黒船来航
    1853年~1858年 条約締結と将軍継嗣問題
    1860年 井伊直弼暗殺
    1860年~1863年 公武合体策と尊王攘夷派の擡頭
    1864年     尊攘派の蹉跌
    1864年~1866年 薩長同盟と幕長戦争
    1866年~1867年 大政奉還と王政復古
    1868年~1869年 戊辰戦争


    なんかね、井伊直弼あたりが、麻生総理かもしれない。

    幕府大老として、諸外国との難局の調整を行った。

    300年の鎖国をひっくりかえしたわけですからね、そりゃ、すごい政治家だった。

    ところが、井伊直弼は、鎖国を続けろ!という攘夷派によって暗殺されてしまいます。

    そして、尊王攘夷派(民主党?)が台頭する。

    いまの政治の枠組みの中で、調子よく嘘八百のバラマキを並べたてた民主党が政権をとる。

    ところがこれも、時代のニーズに合わない。
    開国はせざるをえなかったのです。(つまり、麻生さんが正しかった^^v

    で、幕藩体制そのものが、ダメだ、ってことになって、薩長土肥の各藩が立ち上がり、徳川政権を倒して明治維新を実現する。

    自民もダメ、民主もダメ、ってなって、第三勢力が登場して、いまの政治体制そのものを再構築する。

    社民党の辻元清美氏が、防衛省大臣のポストを狙っているとか。

    社民党としては、その条件を呑まなければ、連立に協力しない?(笑)

    しかし、売国反日侮日が売り物の辻元議員。

    辻元清美議員
    辻本清美


    自衛隊そのものが違憲なので、解散せよ!というのが信条の議員が、どうして?と思っちゃいます。
    彼女は電動バイブレーターのファンなのだそうですが、電動コケシと、自衛隊の大砲では、かなり世の中に対する影響力が違う。

    一方民主党は、子ども手当一律26000円支給なんて無責任なマニフェストを書いちゃって、多くの大衆は、もう口を空けて待っている。これはもうどうしても実現しなきゃなんない。

    ただこれは、麻生さんがやろうとした補正予算と異なり、単年度の話ではない。未来永劫実現しなきゃなんない。
    一時的な赤字国債の発行の話と違うんです。
    つまり、日銀は、そういうことでの国債発行は、断固拒否する。

    そうなると民主党は、公約通り公務員のリストラによる人件費の圧縮をしなきゃなんないのだけれど、民主党の支持母体は自治労だから、普通の公務員相手では、とてもじゃないが、これは無理。

    そこで、辻元防衛大臣に命じて、国防費の大幅圧縮と、自衛隊員の切り捨て、首切りによって財源を賄おうとする。
    ソマリアに自衛隊を派遣しようとしても、肝心の自衛隊員が、もういません!て話です。

    自衛隊員の大幅整理(予算上は6割くらい首切りせなならんらしいけど)、そうなるとさすがのおとなしい自衛隊員も、黙っていない。

    クーデター・・・軍事政権・・・戒厳令・・・

    戒厳令がひかれると、日本国憲法ならびにその下にある法律は全部、凍結です。

    明治維新当時の日本の人口は約3千万人。維新の志士たちの人数は約3千人だったといいます。
    いまの日本なら、人口1億2700万人。つまり、1万人ちょいが立ち上がると、大政変が可能です。

    ちなみに、幕末、大塩平八郎が乱(1837年)を起こしてから、薩長同盟(1866年)までは、29年です。

    当時は、電話もインターネットもなにもなかったわけで、いまの時代と異なり、時代の速度が非常にゆるやかだった。

    現代社会では、情報の伝達速度が、当時とはくらべものにならないくらい早い。

    29年が2~3年に圧縮されています。

    ねずきちは、決して血なまぐさい内乱が起こることなど望んでいません。

    しかし、大政変後の日本が、どっちむきになるのか。
    シナの属国となる道を選ぶのか、自存自立の道を選ぶのか。
    それを決めるのは、わたしたちひとりひとりの日本人だと思っています。

    新しい誇り高き日本の誕生まで、わたしたちにできることは、忘れられた日本の正しい歴史、誇りある日本人、やさしかった日本人の心を、ひとりでも多くの人に語り継いでいくことなのだろうと思います。

    日本を守れ!と思う方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    真実はどこに・・・ FLASH
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク