• やっぱり日本が好き!


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    古都


    いやぁ、ほんとに日本て、ほんとにいいなぁ!!

    そう実感させていただけたのは、じつは、先日立ち上げたばかりの「日本の心をつたえる会」

    そこで会員のみなさまで運営されているメーリングリストでは、ほんと、みなさまから、素晴らしいお話のてんこもり状態!!

    その中から、今日ご紹介するのは、昨日に引き続き自衛隊のお話です。

    いあ、これが、じつに素晴らしい!!

    【その1】せくれとさんからの投稿

    2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結しました。

    翌日の5日に英国の豪華客船「クイーンエリザベス2号」が入港してきたのですが、折悪しくも2ノット半の急流となっていたハドソン川の流れに押された巨大な客船が、4隻のタグボートの懸命な操船も虚しく、係留中の海上自衛隊練習艦「かしま」の船首部分に接触する事故を起こしてしまいました。

    着岸したクイーンエリザベス2号からすぐさま、船長のメッセージを携えた機関長と一等航海士が謝罪にやってきました。

    相手の詫び言に対応した「かしま」艦長・上田勝恵一等海佐はこの時、こう答えたそうです。

    「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。
    それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております!」

    これが何千人もの船乗りたちの間で大評判になり、ニューヨークだけでなく、ロンドンにも伝わって「タイムズ」や「イブニング・スタンダード」も記事にし、日本のネイバル・オフィサー(naval officer:海軍士官)のユーモアのセンスを評価する声が高かったそうです。

    この事故、場所が英国と日本の治外法権の場所(米国)ということで、下手に揉めれば論争に発展する可能性がありました。

    また、もしそうなった場合、英国の威信を少なからず傷つけることにもなりかねません。

    このような状況をサラリとユーモア一言で片付けた上田勝恵一等海佐の対応能力は相当優れていたと言えるでしょう。



    【その2】あきちゃさんからの投稿

    そういや、自衛隊の練度の高さはアメリカでも語りぐさになっているそうですな。

    演習後、アメリカの誇るトップガン出のエリートたちが口をそろえて
    「空自とだけは戦りたくない」と明言。

    エリートのプライドを木っ端微塵に打ち砕かれたか、再教育志願者が続出した。


    実弾射撃演習のためにアメリカ派遣された陸自砲兵部隊。
    ばかばかしいほどの命中率に アメリカ側が恐慌を起こした。

    アメリカ側が、「超エリートを集めた特殊部隊を作っても意味がない」と本気で忠告してきた (もちろん陸自は通常編成のまま)。   

    ついでに、その演習を見に来ていたWWII&ベトナム生き残りの退役将校が、

    「彼らがいてくれればベトコンを一掃できたし、あんなに死人が出なくてすんだのに」
    と、泣いたというオチが付く。

    ホークだかパトリオットだか忘れたけど、演習でアメリカ側の発射したトマホークの 迎撃訓練で、数十発を全弾撃墜した。

    なお、数十発のうち、後半は超低空・対地誘導その他、隠蔽技術をフルに活用した上で この成績。


    スターファイターでイーグル相手に撃墜判定をたたき出した故ロック氏の例を挙げるまでもなく、少数で、様々な制約を課せられているが故に、その制限枠内ギリギリ まで戦力を高めようとする努力の結果な んでしょうけどね。

    人種の優越とか、 才能とかじゃなくて、文字通り体が擦り切れるような過酷な訓練の成果だと思うと、 自然と頭が下がります。

    こんな人々に守られて、私らは平和と 繁栄を謳歌してるんだなぁ、としみじみ感謝の念を噛み締めることがありますよ。


    【その3】せくれとさん

    自衛隊精鋭説と言えば、こんな話もありましたね。

    20世紀末の春先、アメリカはロッキー山脈で陸上自衛隊とアメリカ陸軍の合同演習がありました。

    演習内容は単純に言ってしまえば、A地点からB地点まで移動し現地で合流するというもの。

    自衛隊とアメリカ軍は徒歩にて別々のルートでB地点へ向かいました。

    しかし、演習開始後数十年ぶりという猛烈な寒波が現地で発生し、辺りは吹雪と大雪でアメリカ陸軍には死者まで出る事態に陥ってしまいます。

    この事態を見て自衛隊の救助のためアメリカ陸軍レスキュー部隊はB地点に向かいました。

    しかし、そこで見たものは、無邪気に雪合戦をして呑気に遊ぶ自衛隊の姿でした。

    アメリカ陸軍が個人では水も食料も持たず輸送は全てヘリにしていたとか、自衛隊が使い捨てカイロを持参していたという原因はあったのですが、それでもアメリカ軍に
    「自衛隊は想像以上にタフである」という印象を強く与えたのは事実だそうです。


    【その4】基準点さん

    今年も、青森の第5普通科連隊が恒例の冬山訓練を実施していましたね。

    陸上自衛隊の冬山訓練が10日、八甲田で行われています。晴れ渡る青空の下、隊員たちがスキーで行進をしています。

    冬山訓練をしているのは、陸上自衛隊青森駐屯地第5普通科連隊の隊員619人です。

    訓練は、冬の戦闘行動に必要な技術の向上などのために、毎年この時期に行われています。

    10日は午前6時半すぎに八甲田温泉を出発し、およそ8キロ先の大中台を目指しました。

    白い防寒服に小銃、それに食料や着替え、寝袋などが入った重さ20キロほどのリュックを背負った隊員たちは、氷点下3度、積雪およそ2メートルの雪の中を、スキーをはいて 黙々と行進していました。

    こうした訓練の積み重ねが困難な状況に負けない戦士を養成するのだと思います。

    今度の日曜日には陸上自衛隊の各部隊が開隊記念行事として駐屯地を開放して行事を行うと思われます、時間のある方は行って見られては如何でしょうか?

    是非とも隊員たちに声をかけてみてください、色々な質問をぶつけてみてください。

    私は、長崎県佐世保市相浦の西部普通科連隊を訪問してくるつもりでいます。



    【その5】あきちゃさん

    ≪彼らは自分だけ助かろうとはしなかった≫
    [國民新聞6月25日発行より]

    10年前、私たちが尊ぶべきサムライが逝った。

    平成11年11月22日、航空自衛隊のパイロット2名が、埼玉県狭山市の河川敷に墜落、殉職した。
    エンジントラブルを察知し、あらゆる手を尽くしたが、もはや脱出しかない、と判断を迫られた瞬間、彼らの眼下には民家が広がっていた。

    見知った飛行コースである。

    自分の生命が助かったとしても、それとひきかえに市街地はどのような惨事となるか。

    「ベールアウト(緊急脱出)!」

    管制塔に脱出を宣言してからも、彼らは脱出することなく、コントロールのきかない機体を人のいない河川敷までどうにか運んだ。

    だが、エンジンの止まった飛行機はどんどん地上に近づいていき、彼らは草むらに叩きつけられ、亡くなった。

    その直前、高圧送電線を切断し、近隣都市が停電した。

    世間は自衛隊を責め、防衛庁長官(当時)を詰り、空自関係者は謝罪に奔走した。

    なぜ、彼らを讃えない?

    彼らには助かる選択肢もあったのだ。しかし彼らは自分だけ助かろうとはしなかった。

    地上の生命・安全を守りきって、彼らは逝った。もしこんな時代でなければ彼らは〈神〉であった。

    事実、台湾の「飛虎将軍廟」に神として祀られた帝国海軍のパイロットがいる。

    彼は昭和19年10月、台南上空で米軍機と戦闘中に猛攻を受け墜落しかけるが、 地上の集落への被害を避けるため脱出せず、必死で機体を上昇させるや無人の場所まで飛び続け、ために敵
    弾に散った。

    その一部始終を見ていた台湾住民たちは、身を捨てて村を守ったパイロットを「飛虎将軍」として崇め、現在も朝は「君が代」、夕には「海ゆかば」を歌ってお祀りしている。

    また昭和5年には、英国留学中の帝国海軍パイロットは、ロンドン上空を操縦中、空中火災事故にあって全身火だるまの重傷を負いながらも脱出しなかった。

    ロンドン市街に被害を出さないよう機体を捨てず郊外まで飛行を続けたのである。

    このニュースは英国中を感動させ、英国人子弟の道徳教育にも資された。

    これが日本人の武士道であり、尊ぶべき歴史なのだ。

    歴史を奪われなかった台湾の人々はいまも彼を敬い、
    一方の日本では、自衛隊機の墜落がいかに民間に迷惑をかけたか、こぞって報道した。

    何かおかしくはないか?

    「何かが絶たれてゐる。豊かな音色が溢れないのは、どこかで断弦の時があつたからだ」

    三島由紀夫の『文化防衛論』の冒頭の一節に、強く共感する。

    我々が讃えるべき英雄、そして彼らが守り伝えてきた我々の歴史が断絶している。
    これを我らの手で取り戻し、彼らの列に連なりたいと思う。
    《自由主義史観研究会広報 「歴史と教育」編集長 飯嶋七生》


    ≪scarlettさんの返信≫

    あきちゃさん

    狭山の自衛隊の件知っています。
    ご紹介有り難うございます。

    今は引っ越しましたが、その当時、私は狭山に住んでいましたから・・・。

    結構停電長かったです。何でかしら?と最初は不安でした。

    そして、その墜落した場所も後で見に行った記憶があります。

    彼らを批判した住民はいたかも知れませんが、私の周りでは、彼らが命をかけて住民を守ったことを、感謝し、感動していました。
    こちらの人が多かったのではと思います。


    ≪腹ぺこさんの返信≫

    私も狭山市民です。

    あの事故の時は、突然の停電。いったい何が原因かわからず、信号も何もかも消えてしまいました。

    しばらくすると付近の方が

    『狭山で自衛隊の飛行機が墜落した』
    と聞き、自衛隊に勤める先輩に確認の電話をしたところ、

    『本当だ!忙しいから切るぞ』と言われました。

    当時の彼女のお父さんは自衛官で、仕事を終えた私は彼女に電話をし、

    『亡くなった二人のパイロットの事を、地域に住む者として忘れない。日本の自衛隊を誇りに思ってます。と伝えてくれ。』
    と彼女に話しました。

    彼女は泣いていました。

    テレビでは非難一色で、頭にきていたみたいで。

    でもちゃんとわかってくれる人がいるんだと。

    その時はまだ左よりの私でさえ、

    『自らの身は顧みず』

    の行動に心を揺すぶられました。

    狭山では非難の声より、感謝というか、讃える声のほうが多かったと思います。

    ---------------------------------

    以前、通州事件についての記事を書いたとき、ボクは次のような記事を書きました。


    通州事件というのは、北京市の東約12kmにあった通県で昭和12(1937)年に起きた事件です。

    このとき、約3000人の中国人が、日本軍留守部隊約110名と、婦女子を含む日本人居留民約420名を襲撃し、約230名が虐殺された。
    →詳細はコチラ
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-535.html

    その虐殺の最中、ある日本人が、便槽に隠れていると、外で日本人の男性の声がした。
    その声は、日本語でこう怒鳴っていた。

    「日本人は隠れろ!!日本人は誰も出てくるな!!日本人は逃げろ~~っ!」

    必死の叫び声だったそうです。

    そして、ズドンという銃声。
    以降、その声は聞こえなくなった。

    そのシナ兵に引きずられながら、その日本人男性は、最後の瞬間まで、自分のことではなく、他の日本人の心配をしていた。

    だから、「たすけてくれ~!」じゃなかった。

    「日本人は逃げろ~~!」だった。


    この記事に、かぐやひめさんが、次のようなコメントを書いてくれています。

    「ねずきちさん、日本人は、今も昔も変わっていないのですよ。
    あの阪神淡路大震災の時、
    あの惨劇を予想した人も、心準備した人も一人もいません。

    いつものように、いつもの朝が明けると、露疑わず眠ったのに、早朝、世界がひっくりかえるような大揺れでがれきの中に閉じ込められた・・・

    そこへ、火の手が迫った時、
    「自分は、いいから、逃げてくれ!!」と、どれだけの人が、叫んだか・・・

    熱くて熱くて焼かれようとする、その時にも
    「助けてくれ、待ってくれ」と言った人は、ひとりもいませんでした。
    「いいから、あなたたちは逃げて!」

    通州で放たれた声は、今も・・・

    力およばず、目の前で愛する人が炎に包まれた人には、語ることなどできないから、私に語らせてください。
    日本人は今も尊厳をもっていると。


    日本人の本質は、いまも昔も変わらないと思うのです。

    特攻隊の兵士たちが、身を捨ててまで祖国を守ろうとしたこと。
    硫黄島やアッツ島、サイパン、沖縄などの各地で、日本人が必死で戦い散っていったこと。

    なにやら、過去の日本、あるいは過去の日本兵は、侵略者だと悪玉扱いされる論調が目立つけれど、散って行かれた当時の日本の将兵も、いまの日本人も、同じ血を持つ日本人です。
    他人じゃない。いま、この時代を生きている日本人と同じ血を分けた者同士です。

    特アや無責任なメディアから、いろんなことを言われるけれど、じゃあ、自分ならそのときどうするか、って考えたら、やっぱり多くの日本人は、

    「自分はいいから、あなたは助かってください」

    突発的に、覚悟もないまま、そう言い、そう行動する。
    それが日本人だと思うんです。

    その日本の心がある限り、 ボクたちは、また勝つ。必ず勝つ。
    ひとりひとりが石垣になり城になることができる。 日本は再生する。


    最後に、せくれとさんが書いてくださった小噺を2つ。


    <海外から見た日本の印象>


    日本に来た外国人に、日本を表現する単語は何かと聞いてみた。

    アニメファンのアメリカ人からは「ファンタジー」と言われた。
    日本人は「いえいえ、SF発祥の地であるあなたの国の方が上です」と答えた。

    トヨタの工場見学をしたドイツ人からは「テクノロジー」と言われた。
    日本人は「初めて液体ロケットを実用化したあなたの国の方が上です」と答えた。

    東京の電車網に驚いたフランス人からは「エコロジー」と言われた。
    日本人は「トラム(路面電車)が発達しているあなたの国の方が上です」と答えた。

    このやり取りを見ていた韓国人は皮肉たっぷりに「クレイジー」と言った。
    その場にいたアメリカ人、ドイツ人、フランス人は声を揃えて韓国人にこう言った。

    「それはあなたの国が一番です」


    <小ばなし:豊臣秀吉>

    A「何故、豊臣秀吉が朝鮮に攻め込んだのか知っているかい?」
    B「朝鮮から中国へ攻め込みたかったんだろ?」

    A「いや、実は他の理由があったんだ」
    B「どんな理由?」

    A「彼は当時、老人で、既に頭が正常ではなくなっていたんだ」
    B「なるほど。だから意味も無く攻め込んだんだな」

    A「でも、本当に怖いのは、これからだぜ」
    B「何故だ?」

    A「今、日本は高齢化社会になってきているからさ」


    やっぱ日本て、素敵だなと思われた方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    JSDF-2009-日本国自衛隊

    これ観てたらね、ねずきちはなんだか涙が出てきました。
    日本はまだまだ死んでない! 絶対に生き返ることができる!って思えてきました。


    日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
    登録無料!! ご入会は、
    ①ハンドルネーム
    ②お住まいの都道府県
    ③メールアドレス

    の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク