• 「キャプテン翼」大作戦


    人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

    イラク・サマーワ・キャプテン翼・給水車


    平成16年12月のことです。

    在サマーワ外務省事務所に派遣された外務省の江端康行さんは、到着したサマーワに町に「殺風景な町だなぁ」と感じたそうです。

    ユーフラテス川を挟んで南北に伸びる町並みは全体が土色で、町の中心に陣取る巨大な貯水タンク・・・しかも故障中・・・が目を惹くくらいで、ワクワクするようなものは、なにもない。

    江端さんの担当は、経済協力なのですが、折角やるのなら、何か楽しいこと、面白いこと、そして、血が通った活動ができないだろうかと思ったそうです。

    そんな中で、彼は4つのキーワードに気づきます。

    まず、「子供たち」。

    毎日、宿営地からサマーワ市内や地方に出かけると、日本の車が通るたびに、現地の子供たちが必ず一斉に手を振ってくれる。

    子供たちは一生懸命に手を振り、車を追いかけてくる。

    サッカーしている子供たちでさえ足を止め、手を振ってくれる。


    二つ目が「サッカー」。

    イラクは子供からお年寄りまで誰もがサッカー好き。

    イラク国民はサッカーを誇りにしている。

    子供たちは気温が50度を超える炎天下の中でも、元気に砂漠の中でボールを蹴っている。

    因みに、陸上自衛隊と外務省によるサッカーチームが結成され、サマーワの少年チームとの定期戦も行っているそうです。


    三つ目が、給水車。

    給水車は、サマーワの隅々まで回って水を配る。動く広告塔のようなものです。

    日本も12台の給水車を供与しているのだけど、どうも目立ってない(笑)

    一方で、オランダ軍が供与した給水車にはでかでかと「WATER」の文字とオランダ国旗。
    嫌でも目に付く。

    しかも、その給水車の中身は日本の宿営地で陸上自衛隊の皆さんが作っている、
    「おいしい日本の水」・・・


    そして4つ目が、「キャプテン・マージド」。

    人々から神様のように慕われているヒーロー「キャプテン・マージド」。

    なんとそれは日本の「キャプテン翼」だった!!

    しかも、イラク人の大多数は翼君が日本人であることを知らない!!
    アラブのマージド君だと思っている!


    この4つの点が一つの線で繋がった。

    「給水車に子供たちの憧れるサッカー選手「キャプテン翼」を乗せたらどうだ?」


    江端さんは、「これはいける!」と思わず膝を叩いたそうです。

    丁度、日本のODAで給水車26台が新たに供与されることが決まっていたので、その給水車にキャプテン翼をペイントして走らせれば、どんなに子供たちは喜ぶだろうか。

    早速、企画書を作り東京に打電します。


    ところが、企画に立ちはだかったのが「キャラクター肖像権」です。

    漫画やアニメのキャラクターには肖像権があり、権利を持っている人や会社の了承なしには勝手に使うことは出来ません。

    イラクの子供たちが喜ぶのなら、きっと出版社も二つ返事で引き受けてくれるだろう、そう思ってお願いをしたら、大間違いだったそうです。

    イラクへの陸上自衛隊の派遣に、キャプテン翼を協力させていると見られるのではないかと、社内が大激論となったのだそうです。

    そして、1週間。

    出版社の担当の方から、「高橋先生の意見も伺って相談した結果、お受けしたいと思います」との返事がきた。

    最終的に、イラクの子供達やサッカー交流のためにODAに協力することは良いことではないか、との判断があったようです。

    左傾化したイデオロギーに日本人としての良心が勝った瞬間なのでしょうね。


    肖像権の許可がでると、次の問題はどのように給水車にキャプテン翼をペイントするかとなった。

    まさか、マンガ家の高橋陽一さんにイラクに行って描いてもらうことなど不可能です。
    そもそも現状では一般の民間人がイラクに入ることすら出来ない。

    悩む江端さんが、ふと山手線を見上げたとき、気がついた。

    日頃、目にする山手線なのだけど、最近は車体にカラフルな塗装がなされている。

    実はあれ、ペイントではなく、塗装ステッカー。

    そこで、塗装ステッカーの会社を当たってみた。

    しかし、気温が50度以上にもなるサマーワですから、日本では考えられないような強度が必要となります。
    しかも給水車は縦2m×横6mという巨大なもの。

    色々な会社に連絡をし、いくつもの会社に断られ、条件を満たしても価格が折り合わない。

    そして、ようやく引き受けてくれる印刷会社が見つかります。


    ステッカーの大きさは縦1.5m×横2mという大きさです。

    それを貼るのは普通、職人さんです。
    しかし、職人さんにイラクへ行ってもらうことは出来ない。

    結局、江端さん自身が貼り方を覚え、サマーワの陸上自衛隊と協力して貼ることとなったそうです。

    しかも、印刷会社の方々は非常に親身で、十人くらいのスタッフで、素人にも貼り易い方法を一から研究してくれたそうです。

    大きなステッカーを張るのは、想像以上にむつかしい。
    空気が入ってしまうのです。
    どうしたら空気を入れないように簡単に貼れるのか・・・
    改良に改良が加えられて、ようやく「サマーワ式」貼付方法が完成したといいます。

    こんなところにも、たいへんなご苦労があったんですね。


    9月末。

    苦心の末にようやくステッカーが完成した。

    白地に堂々たる翼君。
    その横には、若林君、岬君、石崎君等南葛FCの面々・・・

    素晴らしい仕上がりです。

    これならイラクの子供たちにも胸を張って見せられる。

    江端さんは、ステッカーを作るために力を貸してくださった多くの方々に感謝しつつ、日本を後にします。


    サマーワの宿営地に着いた江端さんは、陸上自衛隊に協力をお願いします。

    陸上自衛隊では、塗装ステッカー貼付のための特別チームを編成してくださった。

    名前は「チーム翼」。

    早速、ミーティングを行い、貼付方法の説明を行った。

    チームの皆さんはとても真剣に説明に耳を傾けてくれたといいます。

    現地の水道局に給水車を引き渡す日取りも決まり、準備万端と行きたい・・・というところが、肝心の給水車がなかなか到着しない。

    ようやく給水車3台が到着したのが、供与式の5日前。

    時間がありません。

    急いでステッカーを貼らねばいけません。

    しかし、給水車の表面は長旅のせいか土埃で汚れきっている。

    まずは、みんなで、巨大な20tタンカー3台を洗わなければなりません。

    これが本当にやっかいな仕事で、腰痛持ちの江端さんは、腰が痛くてたまらなかったそうです。まさか、この年になって20tタンカーの洗車をするとは(笑)

    しかし、苦労の甲斐もあって、給水車はピカピカに!

    いよいよ貼付作業です。
    4時間程で作業は完了。

    真っ白な給水車にキャプテン翼が浮き上がった。

    丁度、日が沈みかけている時で、夕日に染まる翼君の勇姿に、江端さんは、何か込み上げてくるものを感じたそうです。


    10月22日。

    キャプテン翼の給水車を供与する式典が行われた。

    この給水車を真っ先に子供たちに見せてあげたかったので、サマーワの少年サッカー・チームを招待します。

    宿営地に設けられた会場には大きな布で覆われた給水車が一台。

    序幕式を待っている。

    除幕式に使う大きな布は、前日に他の所員とシーツをホチキスで張り合わせて間に合わたものだったそうです。

    仕上がりは上々。

    あいにく、その日は朝からの強風で、幕は急遽ロープで繋ぎ止められ、吹き飛ぶのを必至で堪えなければならない。


    いよいよ除幕式の開始。

    少年チームの代表アリ君が日本語とアラビア語を混ぜて、「3、2、1、アルファ(開け)!」と掛け声をかけます。

    白い布がスルスルと落ちる。

    キャプテン翼が現れます。


    時間が止まる。


    瞬間、子供たちの顔が一斉に輝きます。

    会場が歓声で包まれた。


    江端さんはその声を聞きながら、あぁ、良かったなぁと何ともいえない充実感を覚えたそうです。


    式のあと、陸自と江端さんたちと、少年チームとのサッカー試合が行われます。

    結果は4対4の引き分けだった。

    という非常に良い結果で無事全ての行事が終わりました。


    いま、給水車26台全てにキャプテン翼が施されています。

    給水車は、ムサンナー県全域に水を配る。

    給水車は、ムサンナー県の人々に水を届けるだけでなく、キャプテン翼を通じて、子供たちに夢や希望を運んでくれる。

    多くの子供たちを励まし、元気づける。

    ねずきちも、一日も早くイラクが復興すること、イラク中の子供たちに笑顔が戻ること、そして、その子供たちが素晴らしいイラクの将来を担ってくれることを祈ります。


    このお話は、外務省のホームページに、

    サマーワ「キャプテン翼」大作戦
    -給水車が配る夢と希望-

    という題で掲載されています。
    URL=http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iraq/renraku_j_0412a.html

    ねずきちは、日本のこころを守る会のメーリングリストで、このお話を、木守り柿さんの投稿で知りました。

    木守り柿さんは、以下のように書いておられます。

    ---------------------------------

    こういう事・・・・

    頼まれもしていないのに、相手を喜ばしたいとの気持ちだけで、行動できるのが日本人だなぁと思いました。シャイだけど優しいんですよね。

    いろいろと叩かれるれることも多い外務省職員ですが、こんな危険地域に派遣されるだけあって、気骨ある日本男児だと思いました。

    Good job!です。

    ---------------------------------

    日本て、いいね♪ と思った方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    イラクで放映された陸上自衛隊CM 1


    日本の心を伝える会 日心会
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク