• 日本海軍の誇り・・・佐久間勉艦長


    人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

    在りし日の第六潜水艇
    佐久間艦長と第六潜水艇


    明治43(1910)年4月15日のことです。
    第六潜水艇と呼ばれる小型潜水艇が、ガソリン潜航実験の訓練などを行うため岩国を出航し、広島湾へ向かいました。
    ガソリン潜航というのは、ガソリンエンジンの煙突を海面上に突き出して潜航運転するものです。原理的には、シュノーケルで潜水するものに近い。

    第六潜水艇は、午前10時ごろから訓練を開始しました。
    ところが10時45分ごろ、何らかの理由で煙突の長さ以上に艇体が潜航してしまいます。
    このため、艦内に浸水が起こる。
    さらに浸水を防ぐための閉鎖機構が故障してしまいます。
    乗組員は、手動で閉鎖しようと努力したけれど、潜水艇は17メートルの海底に着底してしまいました。

    長時間たっても浮上しないことに気づいた監視船が、ただちに呉在泊の艦船に遭難を報告しました。
    救難作業をしたけれど、艇長の佐久間勉大尉以下、乗組員14人の死亡が確認されました。

    佐久間勉大尉
    佐久間艦長の遺書


    実は、この事故より先に、イタリア海軍で似たような事故がありました。
    イタリア潜水艦では、乗組員が脱出用のハッチに折り重なり、他人より先に脱出しようとして乱闘をしたまま死んでいたのです。
    佐久間以下の乗組員も醜態をさらしてしまっているのではないか。

    帝国海軍関係者一同が固唾を呑んで見守る中、艦内の調査が行われました。

    乗組員が発見されました。
    乗員14名のうち、12名は、整然と持ち場に就いたまま姿で亡くなっていました。

    しかし、2名いません。



    どこだ!?


    2人は本来の部署にはいませんでした。
    2人がいたところは、ガソリンパイプの破損場所でした。
    彼ら2人は、最後の最後まで、懸命に破損の修理に尽力した姿のままで亡くなっていたのです。


    この事件について、イギリスの新聞グローブ紙は、

    「この事件でわかることは、日本人は体力上勇敢であるばかりか、道徳上、精神上も、また勇敢であるということを証明している。今も昔もこのようなことは前例がない」
    と惜しみない賛辞の声でした。

    各国の駐在武官も、詳細な報告を本国に伝え、海軍省をおとずれ弔意を表明しました。
    それらは通常の外交儀礼を超えたものでした。

    明治天皇から遺族に見舞金が届けられるという特別のはからいが行われました。

    当時の朝日新聞によって集められた義援金には、現在の価格なら億単位となる5万6千円ものお金が全国から寄せられました。

    この事件は、世界中に伝えられ、日本人の勇敢さを示したのです。

    戦前の日本では、このお話が「潜水艦乗組員かくあるべし」「沈勇」ということで、修身の教科書に取り上げられていました。
    残念なことに、いまの日本の教科書にはまったく取り上げられていません。


    この事故で亡くなられた佐久間艇長は、空気が乏しくなって、薄れる空気の中で、死の直前まで書き続けたメモを残しています。
    このメモは、当時、アメリカ合衆国議会議事堂に写しが陳列されたりもしました。
    以下、そのメモを口語訳して掲載します。

    佐久間艦長のメモ
    佐久間艦長の遺書2


    私の不注意によって陛下の艇を沈め、部下を殺すこと、誠に申し訳ありません。
    乗員一同、死に至るまで、皆よくその職を守り、沈着に事を処置しました。

    私たちは、国家のため職に倒れ、死にます。

    しかし、ただただ、私たちが遺憾とするところは、私たちのこの誤りが、将来、天下の士の潜水艇の発展に打撃をあたえはしないだろうか、にあります。

    願わくば諸君、益々勉励もってこの誤解なく、将来潜水艇の発展研究に全力を尽くされん事を。
     
    さすれば
    我れら、ひとつも
    遺憾とするところなし。

    (中略)

    浸水のため、乗員たちの衣が濡れ、寒冷を感じた。

    私は、「常に潜水艇員は、沈着細心の注意を要する。大胆に行動せざれば、その発展を望むべからず。細心の余り畏縮するな」と戒めた。

    世の中の人は、この失敗をあるいは嘲笑するかもしれない。
    しかし、私は前言の誤りのないことを確信しています。

    ・公けの遺言

    謹んで陛下に白します。
    我が部下の遺族をして、窮する者のないよう、お取りはからいください。
    私の念頭にあるのは、これあるのみです。

    以下の諸君によろしく(順序不順)
    斎藤大臣、島村中將、藤井中將、名和中將、山下少將一、成田少將


    (気圧高まり、鼓膜が破られるような感じがある) 


    小栗大佐、井手大佐、松村中佐、松村大佐、


    松村小佐(自分の兄です)


    船越大佐、成田綱太郎先生、生田小金次先生


    12時30分、呼吸、非常にくるしい。
    ガソリンをブローアウトしたつもりだけれども、ガソリンに酔うた。


    一、中野大佐

    12時40分なり・・・

    -------------------------------------
    佐久間艦長のメモは、ここで終わっています。
    艦長は、このあと、息絶えた。

    上の文の(中略)のところね、そこには、艦内の様子、各機器の状況などが詳細に記されています。

    専門用語が並ぶので、ここでは中略としたのでが、佐久間艦長は、薄れていく意識と闇、悪ガスが充満し、体が冷え、手が震える状況の中で、艦の状況を仔細に報告している。

    そして末尾に、ひとりひとり世話になった恩人に別れを告げています。
    学校で教わった先生にも、よろしくって、伝えてるんです。

    戦後サヨクは、日本から徳育教育を奪うことに汲々とした。
    社会党村山富一が総理大臣になったとき、ゆとり教育と称して子供たちの学力を極端に低下させた。
    日教組は、日本の先人達の素晴らしい歴史と伝統を、ことごとく消し去ろうとした。

    でもね、現代教育の中で、いざ自分が「死ぬ」ってなったとき、恩師である先生に別れを告げる、そんな心は育成されているのか?

    日教組教育は、死を前にした子供たちに、○○先生って呼んでもらえるのか?

    下の写真は、遺書の最後の部分


    日本の過去の歴史を誇りに思うという方
    ↓クリックを↓
    人気ブログランキング

    凛として愛(1/3)


    凛として愛(2/3)


    凛として愛(3/3)


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク