アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


シコロの木

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

キハダの木(別名シコロの木)
シコロの木


キハダという木(ミカン科)があります。
日本全土で、どこでもみることができる木です。

樹高は10m~15m程度で、20m以上になるものもあります。

樹皮からコルク質を取り除いて乾燥させると、生薬の黄檗(おうばく、黄柏)になります。
黄柏にはベルベリンを始めとする薬用成分が含まれ、強い抗菌作用があります。
主に健胃整腸剤として用いられますが、強い苦味のため、眠気覚ましとしても用いられるそうです。

これは、薬用のほか染料の材料としても用いられます。
キハダは黄檗色(きはだいろ)ともよばれる鮮やかな黄色の染料で、黄色に染め上げる以外に赤や緑色の下染めにも利用されます。

なかでも、紅花を用いた染物の下染めに用いられるのが代表的で、紅花特有の鮮紅色を一層引き立てるのに役立つのだそうです。

キハダは木目がはっきりしているため、家具材などにも使用されます。

つまり、キハダは、とっても役に立つ“木”です。

そのキハダの木のことを、アイヌ語で“シケレペニ(sikerpeni)”といいます。
北海道に住むようになった人々は、これを日本語流に“シコロの木”と呼びました。

このシコロの木が、とても多くの人々の人命を救助したことがありました。


明治45(1912)年3月19日のことです。

北海道の札幌市の西側、積丹半島の東側にある古平町で、衝撃的な海難事故が起きました。

前日からの激しい風と大波で、古平湾に避難していた第二出羽丸(500トン)のいかり網が切れ、強風にあおられて厳島神社下の浅瀬に乗り上げてしまったのです。

船には、漁師や乗組員合わせて180人が乗っていました。

警察や消防を始め、町の人々が駆けつけ全力で救助にあたりますが、激しい風雨と大波で、船体は傾き、寒さのなかで乗員の生命も危険な状態になってしまいます。

そこで救助隊は、陸と船の間にロープを張り渡してかごをつるし、それを使って乗員を船から助けようとします。
 
船からロープを結んだ木樽を岸に流して、これを陸で受け取る。

しかし木樽は、波に洗われ、なかなか岸に届きません。

時間だけが、刻々と過ぎてゆく。

乗員の生命は、ますます危険な状況に晒されます。

もはや一刻の猶予もならない。

すると、そのときです。

カネコの一郎というひとりの若者が海に飛び込みます。

一郎は、荒れる海を泳いで、ロープを拾い上げた。

岸辺のみんなは、さっそく拾い上げたロープに、さらに太いロープを結び付け、船と裏山の崖っぷちに生えていたシコロの大木との間に張ることに成功しました。

そしてロープに竹かごをつり下げ、人を乗せて船に乗っていた人を次々と救助したのです。

途中で波にたたかれて振り落とされるということもありました。

雪どけの冷たい海、激しい波のなかでの勇敢な救助活動と懸命な看護。

乗員は、全員、無事に救出されます。

ロープにかごをつり乗員を救助する
シコロの木02


このニュースは海に生きる者の勇気を示す美談として広く報道されました。

当時の報道は、こうした美談も積極的に報道したのですね。(現代とは大違い?)

やがて時が移り、昭和59(1984)年12月。

古平町の港町町内会に、函館に住む佐藤亀治さんという人から、1通の手紙が届きます。

佐藤さんは、第二出羽丸海難のときに自分の母親も無事救助されたということで、町内会を通じて神社に何回も寄付金を送ってくれていたのです。
そして手紙は、記念碑建設についての依頼でした。

海難当時、母親のツルさんは二十歳でした。
ツルさんは、町民の必死の救助活動により九死に一生を得て、懸命の看護をによって一命をとりとめたことをつねに家族に語り、感謝の気持ちを終生忘れなかったそうです。

「その母も今は亡くなり、自分も役所(函館港湾事務所)を退職するので、この際せめてもの恩返しをしたい」

それが佐藤さんの手紙でした。

港町町内会では、横川幸男神社委員長を中心にこの計画を進めることになりました。
建てる場所は、海を見渡せる事故とゆかりのある厳島神社境内とし、記念碑の形なども協議して決められました。

記念碑は遭難者救出の主役となったシコロの木にちなんで、「シコロの碑」と命名されました。

題字は小樽海上保安部の伊美克巳部長が揮毫されました。

除幕式は、昭和60(1985)年9月16日。
厳島神社例祭の前日に畑澤町長や港町町内会、その他関係者多数が出席して行われ、その席上で佐藤亀治さんは

「今は亡き母親の供養と、73年前、必死に救助にあたっていただいた古平町民に感謝します」とご挨拶されました。

ところで、シコロの木はその後どうなったのでしょう。シコロの木について沢江町の山条カズさんが、幼い頃の思い出を次のように話しています。

「子どものころ、そのシコロの木のあたりで遊んだことがありましたが、その木は倒れてしまって、根は腐ったまま残っていました。
ふた抱えくらいもある大きな木でした。
また磯の掘割りに死体が上がったそうで、そこでは泳ぐな、と父にいわれた記憶があります」

実は、遭難事故のあった後、シコロの大木の木肌をけずり「人命救助の木」と書き入れられていましたが、そこから腐れが入って倒れてしまったのです。

しばらくはそのままでしたが、昭和50年ごろになって由緒あるこの木を、このまま腐らせてしまうのはしのびないということで、残っていた根元を掘り起こし、厳島神社のなかに保存しておいたそうですが、残念ながら痛みがひどくなって処分されてしまい、今は何も残っていません。

その後、「二代目シコロの木を植えては・・・」という話が持ち上がり、平成5年に記念碑の後に植えられたのが現在のシコロの木なのだそうです。
(以上、出典北海道古平町ホームページより)


キハダ(シコロ)はとっても、人々の役にたつ木です。

そして多くの人命を救ったシコロの木は、倒れてしまいました。

しかし、人々の心の中にあった感謝の思いは、二代目シコロの木となって、いまでもみんなの心の支えとなっています。

人種差別撤廃を主張し、世界を相手に戦った日本は倒れてしまったけれど、人々の心の中に、正しく堂々と生きようとする気持ちがある限り、日はかならず、また昇る、とねずきちは思っています。

ちょうどシコロの木のように。

日本ていいね♪と思った方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

日本の台湾統治の真実


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪

*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
リンク2
スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさん(小名木善行)著書
↓最新刊↓


↓好評発売中↓








ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
関連サイト
祝日には国旗掲揚を!
御国旗セット
¥2,190

大型御国旗セット
[ステンレス製3mポール付き]
¥4,800

御国旗伸縮ポールセット【大サイズ】
¥3,000

御国旗セット L
[ マンション設置用 Lタイプ テトロン 国旗 ]

台灣民政府
台湾民政府
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権は連合国に提供しましたが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。私は台湾民政府を支持します。
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
最新トラックバック
AdSense
コメントをくださる皆様へのお願い
いつもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
ほんとうに皆様のコメントが、とっても嬉しく、かつありがたく拝読させていただいています。

議論というものは、すくなくともこのブログのコメント欄が、国政や地方自治、あるいは組織内の意思決定の場でなく、自由な意見交換の場であるという趣旨からすると、互いに互譲の精神を持ち、相手を尊敬する姿勢、ならびに互いに学びあうという姿勢が肝要であると存じます。

私は、相手に対する尊敬の念を持たず、互譲の精神も、相手から学ぼうとする姿勢も持ち合わせない議論は、単なる空論でしかなく、簡単に言ってしまえば、単なる揶揄、いいがかりに他ならないものであると断じます。

ましてや、自分で質問を発したものについて、それぞれお忙しい皆様が、時間を割いて丁寧にご回答くださった者に対し、見下したような論調で応対するならば、それは他のコメントされる皆様、あるいは、それをお読みになる皆様にとって、非常に不愉快極まりないものとなります。

従いまして、謙譲・互譲・感謝、そして学ぶという姿勢のない連続投稿、粘着投稿に類する投稿をされた方については、以後のコメント書き込みを、管理人である私の判断で投稿の禁止措置をとらせていただきますので、あしからずご了承ください。
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
amazon
通州事件の真実
通州事件を実際に体験された女性の手記です。
クリックするとテキストファイルが開きます。
https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CZERHN2oxempSeEk/edit
ねずブロの拡散・転載について
当ブログの日本の心を伝えるための適法かつ前向きな拡散はおおいに歓迎です。 ただし適法な引用でないと、著作権侵害で処罰されることがありますのでご注意ください。
RSSリンクの表示
FC2ブックマーク

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
スポンサードリンク