• 慰安婦の持参と現地調達


    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    兵士のあとから河を渡る慰安婦
    兵士のあとから明るく楽しそうに
    笑いながら川を渡る慰安婦
    このどこが強制連行なのだろうか。


    5月27日のことです。
    次の報道が世界に流れました。
    ご紹介します。

    ==========
    「解放者」米兵、ノルマンディー住民にとっては「女性に飢えた荒くれ者」
    2013年05月27日 14:38 発信地:ワシントンD.C./米
    http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2946474/10810152

    【5月27日 AFP】(一部更新)
    第2次世界大戦(World War II)中の仏ノルマンディー(Normandy)上陸作戦に参加した米軍兵士たちは、フランスをナチスドイツ(Nazi)から解放した勇敢な英雄として描かれてきた。
    そうした「若いハンサムな米兵さん」のイメージに隠された負の側面を明らかにした研究書が来月、米国で出版される。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • すごい日本 〜誇るべき日本の世界一位


    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    早朝の利根川3


    今日のねずブロは、とっても短いです(笑)
    1年ほど前のものですが、見たらきっと幸せな気持ちになれます。

    是非、↓をクリックしてご覧下さい。
    ============
    すごい日本 〜誇るべき日本の世界一位〜
    http://matome.naver.jp/odai/2135561634492553701?&page=1
    ============

    大切なことは、自虐史観ではありません。
    日本人が日本人としての自信と誇りを取り戻すことだと思います。

    それは決して、どこぞの国のように他国を見下したり冒涜したり高ピーになることではありません。
    そもそもピーは、どういう意味なのか先日書きました。

    過去にも未来にも現在も、地面に足をつけて明るくしっかりと歩み続ける。
    それが日本人だと、私は思います。

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    励みになります。

    安倍晋三総理が国家安全保障の設立を宣言!
    「日本は世界一を目指す」


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 5月29日アッツ島玉砕


    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    アッツ桜
    アッツザクラ


    5月29日は、昭和18(1943)年に、アッツ島守備隊が玉砕した日です。
    上の写真にある花は「アッツ桜」です。
    ちょうど今頃の季節に咲く花です。

    この花の本当の名前はロードヒポキシスというのだそうです。
    原産地は南アフリカ共和国のドラケンスバーグ山脈周辺の高原です。
    北の外れのベーリング海峡に浮かぶ、アッツ島ではありません。
    名前の呼び方も、日本だけが「アッツ桜」と呼んでいます。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • カネを渡せばいいというものではない


    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    浜松城


    たいへん素晴らしいお話をいただきましたので、ご紹介します。友人からの転載です。

    =======
    昨日、研修で浜松市にある、ブラジル人学校に行ってきました。
    浜松市は、日系ブラジル人や日系ペルー人が多い地域なのですが、そこで日本の公立小学校と私設のブラジル人学校(各種学校)を見学してきました。

    内容はともかく、一番伝えたかったのは、朝会の様子です。
    朝会は講堂で行われるのですが、舞台の真ん中に日本国旗があり、その左にペルー国旗、右にブラジル国旗があり、それをみて日本にある学校だから日本国旗が中心にあるんだと、さすがと思っていたら、さらに、全員で国歌斉唱がありました。
    日本の公立小学校はきっとどこもしていないと思います。国旗掲揚すらしていませんから。
    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 倒壊する支那の高層建物


    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    倒壊し廃墟と化した集合住宅


    先日テレビで興味深い番組がありました。
    現代支那のことです。

    支那ではいま、次々と、立派そうな高層マンションや、大規模なショッピングセンターが建設されているのですが、そのために、もともとその土地で農業をしていた人たちが追い出され、貧困生活を余儀なくされているというのです。

    最初の用地買収の話が来た時には、田畑を失ってもちゃんと仕事を斡旋するから大丈夫という話だったらしいのです。
    ところが実際に家を立ち退いて、工事が始まると、そこに住んでいた農民達は飯場みたいな粗末な家に押込まれ、与えられる仕事も、まる一日働いても数百円にしかならないようなものでしかないというのです。

    そしてたまらずその飯場を抜け出して、橋の下などにテントを張って、そこでまるで乞食のような生活を余儀なくされている、というわけです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 慰安婦の「レンガ」


    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    《お知らせ》
    画面左側の「拡散用原稿(印刷用)」の尼港事件を全文書き直しました。配布用等にご活用下さい。
    https://docs.google.com/file/d/0B9Dh1-gISO9CVmNCci1penVvalk/edit?usp=sharing



    札束レンガ


    従軍慰安婦問題に関して、日本主婦連合会の東瀬幸枝会長が、きわめて適切な意見を表明されましたので、今日はこれをご紹介したいと思います。

    ======
    日本主婦連合会 会長 東瀬 幸枝氏
    2013/05/17 17:50

    戦後進駐軍が今里新地に徘徊していた頃、私たち大阪の主婦は命がけで働いていました。
    しかし怠惰な各国人女性達は、米兵と夜な夜な遊び狂い、せしめた物品を高額な金額で売りさばき遊興していました。

    戦時中も戦後も、生きるために、お金を得る方法はいろいろでした。表向きの理由は別にしても。
    戦時中も戦後も、各国、米国も日本国も、すべてが異常な状況にありました。
    それが戦争です。
    だから事実を直視して、各国女性も米国も、真摯な反省で、戦争回避の道をさがす事が大切なのではないでしょうか?
    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 義烈空挺隊


    ■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
    http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    米軍読谷飛行場に突入した義烈空挺隊の乗った陸軍97式重爆撃機
    義烈空挺隊03


    一日遅れになってしまいましたが、5月24日は尼港事件があった日であるとともに、帝国陸軍の奥山道郎大尉以下の義烈空挺隊の勇士が、沖縄北と中飛行場を強襲し、散華された日です。

    昨今の沖縄では、戦時中の沖縄戦において、本土は沖縄を見捨てたのだとか、あまりにも理不尽なデタラメのプロパガンタが横行していると聞きます。
    ならば、戦艦大和はどこに向かおうとして沈んだのか。
    特攻隊はどこを守ろうとして、敵艦ひしめく海に散ったのか。

    今回の韓国からわざわざやってきた元慰安婦などもそうですが、こういうデタラメというのは、発言の端から次々に馬脚が出てきます。
    嘘はほころびるのです。あたりまえのことです。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク