• アンガウルの戦い


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

    新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。
    5月11日夜第五回倭塾日心会合同公開講座が錦糸町で開催されます。

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    舩坂弘さん(後列左)と三島由紀夫(前列左)
    舩坂弘さんと三島由紀夫さん


    舩坂弘(ふなさかひろし)さんという方がおいでになりました。戦後、渋谷で小さな書店を開き、そこから出発して渋谷に全フロアが書店という「書店ビル」を、日本で初めて開かれた方です。すでにお亡くなりになっていますが、渋谷がいまも若者たちが安心して集える街でいられるのも、実はその舩坂さんの貢献があったからだともいわれています。

    その船坂さんは戦時中、パラオのアンガウル島に軍曹として、赴任しておいでになりました。この島は、ペリュリュー島の隣にある小さな島で、そこで舩坂さんは、わずか千二百名の仲間たちとともに、約二万二千名の米陸軍第八十一歩兵師団を迎え討っています。

    米軍の第八十一歩兵師団というのは、「山猫部隊(ワイルドキャッツ)」と異名を持っているハワイで特別上陸訓練を受けた米軍選りすぐりの強固な軍団です。兵だけではありません。米軍はこの小さな島と、隣のペリュリュー島を攻略するために、マーク・A・ミッチャー中将率いる米軍第三十八機動部隊、通称「快速空母群」を派遣しています。それは航空母艦十一隻、戦艦二隻、巡洋艦十数隻、駆逐艦三十五隻という大部隊でした。

    そのような大軍を前に、アンガウルの日本軍は、島を一ヶ月以上も持ちこたえて、最後、玉砕しました。大怪我のために偶然に生残った舩坂さんは、敵に一矢報いようと米軍の本部にたったひとりで突貫攻撃をしかけ、そこで銃弾を受けて意識を失ったところを、助けられています。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 第五回 倭塾/日心会公開合同講座開催のお知らせ


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

    新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    さつき0429


    第五回 倭塾/日心会公開合同講座開催のお知らせ

    この講座は、どなたでもご参加いただくことができます。
    第五回も、前回、前々回と好評だった神田山緑師匠の講談を行います。
    みなさまのご参加をお待ち申し上げます。

    【概要】第五回 倭塾/日心会合同講座

    1 日時 平成26年5月11日(日)
         開場 17時30分
         開演 18時
         終了 20時00分

    2 場所 すみだ産業会館
         東京都墨⽥区江東橋3丁目9番10号
         JR錦糸町南口改札正面
         「丸井」の9階です。

    3 プログラム
    (1) 講談 神田山緑先生 
    (2) 講演 日本の心を取り戻す
          講師小名木善行(倭塾塾長)

    4 参加費 2000円
     (割引券をお持ちの方は500円引きになります)

    5 懇親会
      会議終了後、懇親会があります。
      懇親会参加費は最大3,500円以内です。

    6 その他
    (1) Facebookをご利用の方は、イベントページで参加表明いただくことができます。
     https://www.facebook.com/events/237034739818786/
    (2) 当日、ねず本第一巻、第二巻の展示販売も行います。
    (3) 当日、次回以降の割引券を差し上げます。



    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 胸に抱く誇り


    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    江戸日本橋


    「人のものを盗むな」、「人の悪口を言うな」などといった常識は、戦前の日本人にとっては、ごくあたりまえの常識にすぎなかったし、すくなくとも昭和30年代くらいまでは、一般的社会風潮として、日本社会に色濃く残っていたように思います。

    うちの実家は市内の街中にありましたが、クルマ好きで自営業を営む父が、家族全員を連れて泊りがけで社員旅行に出かけるときも、家の玄関に鍵などかけなかったし、そもそもその鍵というもの自体が、玄関についていませんでした。

    それが昭和40年代になって、なんとわが家にも一人前に泥棒が入り、警察官がやってきて「家の玄関に鍵をかけない方が悪い」などといわれ、そこで初めて「家の鍵」などという立派なもの(笑)が着きました。
    もっともその鍵を持ち歩くという習慣さえもなかったから、その鍵は玄関のかもいの上に置きっぱなし。
    子供でも手が届くところですから、大人が見れば、ちょうど目の高さくらいに堂々とその鍵が置かれていたわけで、いま思えば、「あれはいったい何だったのだろうか」と、思わず笑えてきます。

    もっとも、入った泥棒さんのほうも家内に侵入したは良いけれど、盗むものが何もなくて(本当に家の中には何もなかった)、盗まれたのは壁にかけてあった木製の般若のお面だけ(結構高価なものでしたが)という具合でした。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 変わるChina、変わらないKorea


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

    新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    上海0427


    少し考えたらわかることですが、地方の田畑ばかりで何もない寒村に、ある日突然、大手のたとえばパナソニックやトヨタなどの大工場ができる。
    当然、そこに大量の雇用が発生し、被雇用者たちがたくさんの給料をもらいはじめる。
    するとその工場の周囲に、ホテルや商店、銀行などもできはじめる。
    何もない野原の一本道だった道路は、産業道路となり、新築の民家が建ち並び始める。
    20年もすると、そこは立派な町となる。

    さらにこれに政府から、村の年間予算の何十倍もの開発補助金が支払われ、道路や橋、鉄道や、果ては飛行場の建設まで行われるようになると、もうそこはあっという間に巨大なCityとなるし、各種産業も発展して、村のGDPは、最初に工場が出てきたときの数百倍の規模になることでしょう。

    いま「村のGDP」と書きましたが、実は、これと同じことを、戦後の日本は東亜の諸国に行い続けてきました。
    東亜諸国は、つい戦前までは、欧米列強の植民地であり、貧しい国々でした。
    日本は戦後、日本も貧しかったけれど、巨額の投資を行い、企業もさかんに工場を出したり、あるいは土木建築のための技術者や資材を派遣し続けました。
    また、工場の進出にあたっては、現地の教育にも力を入れ、当該地に数多くの学校の建設を行いました。
    何十年か前、たった50万円でひとつの小学校が建設できるからと、私もなけなしの貯金から寄付をしたことがあります。

    とりわけ日本が高度成長期を迎えると、こうした東亜諸国向け投資は加速度的に増大していきました。
    その結果あるのが、いまの東亜諸国の経済の大発展です。

    なかでも、日本人によるこうした投資は、China、Koreaに対しては、最大規模と言ってもよいくらいのものでした。
    おかげで、ChinaもKoreaも世界有数の経済大国にまで発展していっています。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • オバマ大統領訪日と二つの日本


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

    新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    聯合艦隊20120201


    ロサンジェルスに住む友人から、たいへん面白いことを伺いました。

    「日本人は、世代毎に価値観が異なるのではなくて、いつ頃ロスにやってきたかによって、考え方や価値観がまるで異なる。同じ日本人とは思えないくらい異なる」というのです。

    いまから2〜30年以上前にやってきた日本人は、いまでも日本人としての自覚があり、近隣との関係を大切にし、日本人コミュニティ内での人間関係を大切に育もうとするだけでなく、白人や黒人、あるいはアジア系の人、ヒスパニック系の人たちなどとも、分け隔てなくつき合い、思いやりもある。

    ところが10〜20年くらい前にやってきた日本人は、どちらかというと自分のことで精一杯で、気持ちに余裕がない。
    日本人コミュニティも、ただ困ったときに利用するだけで、自ら率先してその一員になろうという気持ちがあまりみられない。
    それでも、たとえばお店をやっていたり仕事上で、相手が日本人とわかると、特別に親しみをもって接しようとするけれど、外の人たち、つまり白人や黒人、アジア系、ヒスパニック系の人たちと、積極的に交流しようとする気持ちがやや乏しい。

    それが最近、この10年の間にロスにやってきて住むようになった日本人は、非常に閉鎖的で自分のことしか考えない。
    おもいやりに乏しく、日本人コミュニティにも、関与しようとする気持ちがほとんどない。
    それどころか、日本人と出会うと露骨に嫌な顔をする。
    日本人を見下すそぶりが見られ、また白人や黒人、アジア系、ヒスパニック系の人たちに対しても、きわめて閉鎖的で、まったく新たな人間関係をそこで構築しようとする意識がない。
    しかも自分が日本人であることを恥じていて、日本人であることさえも否定しようとする傾向がある、
    のだそうです。

    そしてそうした傾向は、渡米して米国に住むようになった日本人の、年齢や世代とは全然関係なくて、いつ米国にやってきたかによるのだといいます。
    つまり、渡米した時点での日本を、そのまま引きずっているわけです。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 日本は日本文化を主張せよ


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)


    ※本日、宮崎日日新聞にねず本2の広告が掲載されます。

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    国際連盟(League of Nations)本部(スイス)
    国際連盟


    他人からあらぬ中傷を受けたり、非道を受けたりしたとき、どのように対処されるでしょうか。
    殴られたら殴り返すなんて勇ましい方もおいでになるやもしれませんし、抗議するという方もあろうかと思います。
    そこで今日は、この「どう対処するか」について考えてみたいと思います。

    実は、日本人と諸外国の人々では、こうしたときの対応の考え方が、まるで違っているのです。

    世界標準と申しますか、世界の一般的な考え方では、他人や他国からあらぬ中傷を受けたり、非道を受けたりしたとき、つまりこれは「挑発を受けて紛争になったとき」ということになるのですが、まず「話し合い」をします。

    「話し合い」が不調に終わったならば、周囲や権威(この場合の権威には列国や司法委員などといった第三者やその集合体が含まれます)に、間に立ってもらって、白黒つけようとします。
    ようするに「争う」わけです。
    裁判する、戦う、いずれも争って白黒つけるためのものです。

    話し合ってダメなら、争って決着をつける。
    これは、いってみれば「喧嘩」です。
    その喧嘩の最終形が、「戦争」です。
    個人なら殴り合いです。
    それが国家なら「戦争」です。

    話し合ってだめだったのです。
    平和に話し合おうとして決着がつかないのなら、実力行使して決着をつける。
    そうでなければ、問題は解決しない。
    だから「手を出し」ます。

    このとき重要なのは、先に「挑発」を受けて手を出すことは、「侵略」にあたらないとされているということです。
    これは「自己の防衛のための正当な行為」となるからです。
    ですから、とにもかくにも、相手に先に手を出させようとする。
    そのために、先に口喧嘩をしかけます。
    あることないこと中傷し、相手が「手を出さざるを得ない」ところまで、追い込むわけです。
    経済封鎖も同じです。

    告げ口も、その最たるものです。
    そうやって相手を追い込んで、ちょっとでも抵抗してきたら、「挑発」を受けたと大騒ぎして周囲を巻き込み、戦争するわけです。
    これが世界標準の考え方です。

    そしてこれには続きがあります。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 愛のかたち・・・快心隊隊長藤井一少佐


    ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
    2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
    ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
    (本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)


    ※本日、日刊ゲンダイにねず本2の広告が掲載されます。

    人気ブログランキング
     ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    愛のかたち・・・快心隊隊長藤井一少佐


    上にある動画は、このブログを読んで感動した高校生がおつくりになられた動画です。
    快心隊隊長藤井一少佐のお話です。

    この記事を配信したのは、2010年04月04日のことです。
    それがまわりまわって、こうして世の中に広がってくれる。
    とても良いことだと思います。

    是非、上の動画をご覧いただければと思います。

    通勤途中などで、動画の再生ができない方のために、下に過去記事のコピペを貼ります。

    ===========
    愛のかたち・・・快心隊隊長藤井一少佐

    熊谷・荒川土手の桜
    熊谷・荒川土手の桜


    埼玉県熊谷市を流れる荒川に、若い母親と晴れ着を着た二人の女の子の遺体が上がりました。
    ご遺体は、藤井ふく子さん(24歳)と長女一子さん(3歳)、次女千恵子さん(1歳)の、親子三人でした。

    なにがあったのでしょうか。
    事件のあらましを追ってみたいと思います。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク