• 超簡単・3分でわかるヲシテ文字の一音ごとの意味


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20150802 神代文字


    昨日の記事で、大和言葉には、一音一音に意味があり、その組み合わせによって単語が生まれ、言葉ができているということを申し上げました。
    実は、その意味の元とさせていただいたのがヲシテ文字です。

    ヲシテは、いまの歴史学会は「江戸時代に創作された神代文字のひとつにすぎない」とされています。
    理由は、日本の古代には母音が8つあったけれど、ヲシテには5母音しかない、あるいは7世紀に書かれた隋書倭国伝に「無文字 唯刻木結繩 敬佛法」とされていることなどを根拠としているようです。

    ところが一方には、古代から母音は5つであったと見る向きもあり、また隋書の「無文字」の記述も、単に漢字が使われていなかったことを示しているにすぎないという説もあります。
    「唯刻木結繩(ただ木に縄を結んで刻む)」とありますが、だから紐文字(紐の結び目で意味を表す符号)のようなものであったと読む方もおいでになりますが、「木に縄を結んだような文字を用いている」と読み取ることもできるわけです。
    縄文式土器には、縄目のような模様がありますが、その模様は数列をなしているという発見もあり、もしかするといま私達が縄文土器のただの模様と考えているものは、実は文字なのかもしれない。

    「日本に独自の文字が存在したならば、数百年かけて漢字を輸入し仮名を創作する必要はなかった」という説もあるようですが、私はそうは思いません。
    なぜなら漢字に訓読みがあり、ひらがなやカタカナを日本人は用いているからです。
    すくなくとも、漢字に訓読みがあるということは、漢字輸入以前に日本語がちゃんと成立していたからであるし、それを表記するための五十音のカナ(神代文字)があったからと考えたほうが、どうみても合理的です。

    それに、そもそも日本には西暦57年、つまり1世紀に金印が贈られているわけです。
    印は、古今東西、文書に押すものです。
    古墳などの大規模な構造物を建設する(大規模な土地の開墾をする)に際しても、その計画や実施の示達には文書は必携で、漢字渡来とされる6世紀よりもはるかに古い時代に、文書に押す金印が送られているという事実からして、漢字伝来以前に日本にオリジナルの文字文化があったと考えるのが自然なことです。

    百歩譲って、ヲシテなどの神代文字が仮に6世紀以降の成立であったとしても、記紀の研究と並んでむしろヲシテなどの神代文字から学ぶことができる太古の日本の思想等を謙虚に研究してみることは、とても大切なことであると思います。
    むしろ一方的に「なかった」と決め付けて思考停止に陥ることのほうこそ、学問的な態度とはいえないといえるのではないかと思います。
    すくなくとも、大昔の日本人が、一音一音の大和言葉に込めた思いを学ぶことで、私達はそこから大切な何かを学ぶことができると思えるのです。

    谷村新司はかつてロンドン交響楽団をバックに歌った時、日本語の美しさをものすごく感じたそうです。
    そういえば「アナと雪の女王」の主題歌を世界の各国語で歌われたもの(下に貼ります)でも、日本語がダントツで美しいと世界中で評判になりました。
    私達は、もっと日本語を大切にしなければならないのではと思うのです。

    そこで、誰にでもわかるヲシテ文字として、ものすごく簡単にわかるヲシテの解説を、ねずさん流でやってみたいと思います。
    これだけでも、ものすごく勉強になります。
    ヲシテの研究者の方から見ると、「そんな単純なものじゃない」とお叱りを受けるかもしれませんが、まずは、わかりやすさを優先する、ということでご勘弁いただければと思います。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク