• 鈴木梅太郎とビタミン


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20151129 vitamin_th


    生物の生存に必要な栄養素には、有機物と無機物があります。

    無機物の代表がミネラルです。
    有機物の代表が炭水化物・タンパク質・脂質で、これ以外の有機化合物を総称したものが「ビタミン」で、現在、ヒトに必要なビタミンとしては13種類が認められています。

    ビタミンという名称は、ポーランドの生化学者であるカシミール・フンクが命名です。
    フンクといえば、15人の子持ちの絶倫家としても有名ですが、それはまた別のお話。

    彼は脚気(かっけ)の原因を研究し、明治44(1911)年に、米ぬかに含まれる化学物質が欠乏すると脚気が起こることを発見します。
    そしてその物質には、アミンの性質があることから、それに「生命に必要なアミン」という意味で「ビタミン(vitamine)」という名称をつけています。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 小麦のお話


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20151128 麦畑_th


    この「小麦のお話」は、ねずブロの初出が2008年で、以後何回かブログにアップさせていただき、また『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』の第一巻にも掲載、偕行社の機関誌『偕行』にも、すこし切り口を変えたものを投稿させていただいたりしたお話です。
    いま日本は、小麦の大量輸入国です。
    けれどその小麦は、日本で生まれた小麦です。
    世界の人類がたった70年で、20億から70億に増えたのも、その小麦が原因です。
    そして本来、穀物の種子は国外持出し禁止のものです。
    また、昨日の高峰譲吉は、少なくとも生前は、富と名声に恵まれましたが、小麦の稲塚権次郎博士は、叙勲されたとはいえ、一介の研究人として生涯を終えています。
    日本人は威張らず、驕らず。
    ですが、蹂躙され、踏みつけられてばかりいるということであってはならないと思います。

    小麦は、米、トウモロコシと並ぶ世界三大穀物のひとつです。
    なかでもいちばん生産量(消費量)が大きいのが小麦です。
    パンやパスタが主食となる欧米では、小麦は、国家の食糧自給のための最重要品目です。

    小麦を主食とする国では、どこの国でも小麦の生産は国が管理しています。
    国民あっての政府だからです。
    何よりも自国民の食を最優先するのは、あたりまえのことです。
    国が管理し備蓄しなければ、万一の際に国民が飢えるのです。

    ですから国内で生産された小麦は、まず自国で消費備蓄する分を政府が優先して確保します。
    余った分だけが、輸出にまわされるのです。

    日本では、戦前には全国どでもみられた麦畑は、いまではほとんど見かけられなくなっています。
    戦前は、小麦は自給率が百パーセントだったのです。
    ところがいまでは年間消費量約600万トンの90割を輸入に頼っています。
    輸入先は、1位米国、2位カナダ、3位オーストラリアです。

    要するに日本は、大東亜戦争の戦勝国から小麦を買っています。
    ただし、ここが大事なのですが、我が国が連合国から小麦を買えているのは、彼らの国に余剰生産高があるからです。
    凶作となれば我が国に回される小麦はなくなります。
    その、日本が輸入している小麦は、実は日本生まれの小麦です。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 明治の天才 高峰譲吉


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20151127 日本酒


    だいぶ冷えるようになってきました。
    寒い夜はなんだか熱燗で一杯、キューといきたい気もします。
    そんな日本酒の製法が、実は、世界の医学にものすごい影響を与えたというお話です。

    アドレナリンといえば、一種の興奮剤として広く世界に知られている医薬品で、心停止時に用いられたり、敗血症に対する血管収縮薬、気管支喘息発作時の気管支拡張薬として用いられています。
    アドレナリンは、日本人が発見した物質です。
    発見者は、高峰譲吉(たかみねじょうきち)です。

    高峰譲吉は、他にもタカ・ジアスターゼを発見しています。
    タカ・ジアスターゼは、これまた胃腸薬、消化剤として世界に普及しています。
    日本では、新三共胃腸薬の主成分が、このタカ・ジアスターゼです。
    高峰譲吉は、古くから餅を食べるとき大根おろしをつけて食べると胃がもたれないということがヒントとなって、このタカ・ジアスターゼの発見に至ったと言われています。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • CGSに関するお知らせ2件


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20151126 CGS


    CGSとは、チャンネルグランドストラテジーの頭文字で、ストラテジーとは日本語で「大戦略」「国策」という意味です。
    代表は、龍馬プロジェクトの代表で、もと吹田市議会副議長の神谷宗幣さんです。

    CGSは、これまでに約800本の動画を制作し、Youtubeにアップしています。
    動画はどれも無料でご視聴いただくことができるものです。
    昨年来、私も「ねずさんとふたりごと」という番組で出演させていただき、また今年に入ってからは「目からウロコの日本の歴史」という連続ものの特別番組を組ませていただいています。

    そのCGSが、発足3年目を記念して、次の2つの取組みを行います。
    1)CGS3周年記念講演会の開催
    2)CGS版『古事記紙芝居』刊行



    【CGS ねずさん】第34話 肉体が消えても、魂は残る
    〜根の堅洲国の真意とは?〜



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 日本の統一


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20151122 富士山


    終戦は、昭和20年8月15日ですが、これは昭和天皇の玉音放送によって、日本が「自発的に戦いを終わらせた日」です。
    ですからこの日を「終戦記念日」と呼びます。

    9月2日を終戦日と呼ぶ人もいますが間違いです。
    9月2日の戦艦ミズーリでの調印は、休戦であって戦争の終期ではありません。
    時系列で流れを追ってみると、次のようになっています。

    8月14日 帝国政府、ポツダム宣言受諾を連合国側に通告
         (終戦の詔書の日付も8月14日です)
    8月15日 玉音放送
    8月16日 大本営、停戦命令を発令
    8月30日 マッカーサー厚着飛行場に上陸
    9月2日  戦艦ミズーリ上で休戦条約に調印

    つまり、自発的な戦闘行為終了が決定したのが8月14日。
    それを天皇の名によって内外に告知したのが8月15日。
    休戦したのが9月2日です。

    戦争には始期と終期がありますが、大東亜戦争の条約上の終期は、昭和27年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効の日になります。
    そのサンフランシスコ講和条約には、次のように書かれています。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 古事記に学ぶ日本の間違い


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    古事記


    古事記の解説本は、来年2月に出る予定ですが、その古事記に学ぶ日本の3つの間違いを書いてみたいと思います。
    ほんとうは、もっともっとたくさんの学びが古事記にはあります。
    そのなかのほんのサワリになります。

    今日書くのは、次の3つです。
    1 単独で戦う間違い
    2 日韓関係の間違い
    3 人事権の間違い

    以上の3つは、おそらく国政の問題としてではなく、日常の会社の経営や、あるいは部門の統率に際してもいくらでも応用がきくことではないかと思いますので、ご紹介してみたいと思います。
    ちょっとおもしろいかもです。
    ここでは、要点だけです。
    なぜ古事記の原文との照合等については、後日本になりますので、そちらをご欄いただければと思います。


    古事記から読み解く 経営の真髄 小名木善行



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 靖国神社トイレ爆破事件のこと


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20151123 靖国神社トイレ爆破事件_th


    昨日の午前10時頃、靖国神社(東京・千代田区)の南門付近のトイレが爆発音とともに焼け、現場からは時限式の発火装置に使われることがある乾電池やリード線などなどが見つかりました。
    幸い怪我人はいなかったものの、大きな爆発音が鳴り響き、トイレの天井には縦横30センチほどの穴が開きました。
    これまでの調べで、事件の前に紙袋のような物を持った男がトイレから立ち去る姿が現場の防犯カメラに写っていたことが確認されています。

    犯人は、徹底的に捜査し、厳罰に処していただきたいものですが、この事件を、単なる器物損壊事件としてしか扱えないようなら、日本はさらなる被害の発生を招く危険があることを指摘しておきたいと思います。
    これは、単なる爆発物による器物損壊事件ではなく、大規模な国際テロ活動の一環である可能性を否定できない、ということです。

    昔、オウムのサリンバラマキ事件がありましたが、あの事件も単なる無差別殺人事件ではなく、そもそもが東京中にサリンガスを上空からばらまいて、都民を大量殺戮するための準備として計画し、実行された事件でした。
    つまり、サリン事件はテロ事件であって、秋葉原で刃物を持った男が、通行中の人を刺殺した事件のようないわゆる単発の事件とは、まったく目的性も、その背後にある事件の規模も異なるものでした。

    同様に、今回の靖国事件も、単なるトイレにおける小規模な器物損壊事件と考えたら、大きな間違いを犯すことになります。
    すでに靖国神社では、一昨年に韓国人の男が無断で侵入し、シンナーが入ったペットボトルやライターを持って火をつけようとして放火予備などの罪に問われて逮捕されています。
    また、同じ年の5月には、韓国人が靖国神社の神池で放尿し、それを写真付きでネットで自慢したという事件がありました。
    4年前の平成23年には、灯油のようなものがまかれて、神社の境内の門の一部が放火されています。
    さらに靖国神社の本殿脇には、世界中の全ての戦没者の御霊を祀る「鎮霊社」がありますが、そこも放火されています。

    また、冒頭の爆発が起きた前日には、菊まつりで賑わう明治神宮境内内で、神官に対して「靖国なんか潰せばいいじゃねーか!」とバチ当たりな暴言を吐く韓国系と思われる男が騒ぎを起こしています。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク