• 目からウロコのDVD


    20160720 日本史検定7期

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160728 目からウロコの日本の歴史


    神谷宗幣さんと行っているCGS(Channel Grand Strategy)の『目からウロコの日本の歴史・シリーズ』は、述べ再生回数が100万回を超えるマンモス番組となりました。

    そしてこの度、このシリーズの「第一章 文明のあけぼの〜第8章 幕府政治の展開」までが、8枚組のDVDになりました。
    このDVDの各章には、YouTubeで配信していない「非公開の番外編」も含まれまています。

    一本が、だいたい15分程度ですので、各種集会などで活用したり、ご自宅でお子様やお孫さんとご一緒に観られ、互いに感想を言い合ったりしたら、きっとお子様、お孫さんの成長は目覚ましいものとなるものと思います。

    詳細は↓です。
    http://www.gstrategy.jp/nihonrekishi/</u>">http://www.gstrategy.jp/nihonrekishi/



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 盧溝橋事件から通州事件まで


    20160720 日本史検定7期

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (それぞれの画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    通州事件の新聞報道
    (クリックすると大きくなります)


    昨日ご紹介した「通州事件(つうしゅうじけん)」は、Chinaで一夜のうちに日本人居留民二百名余がおよそ人類史上類例のない残虐な方法で殺害されたという、とてもつらい事件です。
    しかし日本人に限らず世界中が知っておかなければならない事件です。

    ところがこの事件、被害者となって殺害された人の数がはっきりしません。
    以下、WIKIから抜粋しますと、次のようになっています。

    陸軍大学作成「日華事変初期ニ於ケル北支作戦史要」(1939年刊)
    死者 223名
    陸軍省の調査では、1937年8月5日現在で発見できた死者184名
    在天津日本総領事館北平警察署通州分署の調査記録
    (1937年7月29日~8月5日) 死者225名
    China駐屯軍司令官香月清司中将著『日華事変回想録摘記』212名

    日本という国は、全国民の戸籍が整っており、いつの時代にあっても被害者の数を正確に把握し記録します。
    にも関わらず、この通州事件に関しては被害者の数が二百名以上ということはわかるのですが、具体的に何人となると諸説出てしまっているのです。
    なぜでしょうか。

    答えは、China駐屯軍司令官香月清司中将の『日華事変回想録摘記』にあります。
    これは昭和15(1940)年2月に刊行されたもので、通州事件の被害状況を次のように記しています。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • コラボ講演会のお知らせ


    20160720 日本史検定7期


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160723 庄子さんイベント


    ベストセラー『おかげさまで生きる』の著者、矢作直樹先生、
    美生アカデミーの庄子みどり先生、
    それと私、
    三者でのコラボ講演会の開催が行われます。

    テーマは「美しく生きる」
    三者三様の視点からお話です。
    矢作先生は、東大救急病院を作った東大教授で医師で、現東大名誉教授です。
    今上陛下の治療にもあたられた我が国最高峰の医師であり、大学教授であり、シラス国の意味と凄みを拡散されている方です。
    http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%A2%E4%BD%9C-%E7%9B%B4%E6%A8%B9/e/B00J26DAY6</u>">http://www.amazon.co.jp/%E7%9F%A2%E4%BD%9C-%E7%9B%B4%E6%A8%B9/e/B00J26DAY6

    庄子先生は、統合医療術(チャクラ整体)で、インドで行われた国際大会で国際賞を受賞し、自身も美生アカデミーを運営する気功の先生です。
    http://midori-ss.co.jp/index.html</u>">http://midori-ss.co.jp/index.html

    私は御存知の通りの国史啓蒙家です。

    この三者でのコラボ講演会ですが、実はこの日、午前中からはじまって、午後の部、夜の部まで、たいへんな長時間コラボ講演会が行われます。(一般の参加者は午後の分のみ)

    参加費は5千円(当日払い6千円)と少々お高いですが、ご関心のある方は、ぜひお越しください。
    会場が比較的小さいですので、相当密なコミュニケーションが行われるものと思います。






    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 8月15日 靖國神社昇殿参拝の件


    20160720 日本史検定7期

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    20150612 靖国神社


    毎年恒例になりました、ねずさん主催の「日本の心をつたえる会」靖国神社昇殿参拝を今年もまた行います。
    みなさまとともに、英霊への感謝を捧げたいと思います。

    当日の靖國神社はたいへんな混雑が予想されます。
    本来は昇殿参拝は礼装が基本ですが、当日は猛暑が予想されます。
    毎年そうですが、皆様には軽装でお越しくださいますよう、お願いします。

    1 日  時 8月15日(月)
           受付 14:30〜14:55
           参拝 15:00〜
           終了 15:40頃
    2 場 所  靖國神社
           〒102-8246
           東京都千代田区九段北3丁目1−1
    3 受付場所 靖國神社・参集殿入り口前
    4 玉串料  2,000円
          (全員の分をまとめて奉納します)
    5 お申込み 
     (1)Facebookご利用の方は、↓で参加表明をしてください。
      https://www.facebook.com/events/1391623777602458/</u>">https://www.facebook.com/events/1391623777602458/
     (2)それ以外の方は、当日会場に直接お越しください。
    6 主催 日本の心をつたえる会(略称:日心会)
         会長 田沼喜一
         代表 小名木善行
    7 諸注意
     (1) 当日は猛暑が予想されますので軽装でお越しください。
     (2) 先に参集殿前で受付を済ませてください。
       神社の境内に参集殿という大きな建物があります。
      (本殿の右隣です)
       その参集殿の入口前に、
       14:30から、
      「日本の心をつたえる会」で受付カウンターを設置します。
      「のぼり」を立てますのですぐにわかると思います。
       ご来場された方はそこで受付を先に済ませてください。
       14時55分頃、みなさまと一斉に参集殿内に入場します。
     (3) 終了後、神社からのお礼の品があります。
       出口付近でお渡しします。
       受け取ってから、下足に進むようにお願いします。
       混雑が予想されますので、終了後はできるだけすみやかに
       参集殿からお下がりください。
     (4) 今年は参拝後の懇親会は予定していません。

    20151208 倭塾・動画配信サービス2


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 通州事件の惨劇「Sさんの体験談」


    20160720 日本史検定7期

    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    美しい雲


    はじめにお知らせです。
    29日、東京新宿区角筈において、新しい歴史教科書をつくる会主催の「通州事件アーカイブズ設立基金発足記念シンポジウム」が開催されます。

    つくる会では「歴史戦」の重要な取り組みの一つとして、虚構の「南京事件」を否定する諸々の活動と併せて、本当にあった「通州事件」の存在を世の中に広める活動を展開しています。
    そしてつくる会は、この「通州事件」を「ユネスコ記憶遺産」に登録申請し、関係資料の調査・研究、保存、普及を継続的に推進するため、本年5月25日に「通州事件アーカイブズ設立基金」を立ち上げています。

    現在、来場者数の確保に苦労している情況です。
    ご都合の付く方には、是非ともご参集いただければと思います。
    私も行きます。

    詳細は↓です。
    http://www.tsukurukai.com/ftmj0729/ftmj0729.html#280729</u>">http://www.tsukurukai.com/ftmj0729/ftmj0729.html#280729
    20160724 通州事件


    通州事件のお話は、毎年この時期にアップさせていただいているものです。
    調寛雅著『天皇さまが泣いてござった』に所蔵された「Sさんの悲劇」の転載です。
    これは実際に通州事件を体験なさった日本人女性の目撃談であり体験談で、最初にブログ「徳島の保守」さんが文字起こしをしてくださったものです。

    文中に出てくるSさんは、日本にいたときにChinese男性の妻となり「Chineseとして」通州で働いていた女性です。
    そのSさんの目の前で事件は起こりました。
    この文は、そのSさんの実体験を綴ったものです。
    文中に記載はありませんが、旦那のChineseは、もともとChinaのスパイであったといわれています。

    事件後陸軍は、取調べ後、佐賀の因通寺のご住職である調寛雅(しらべかんが)氏に、Sさんを託しました。
    そこでご住職が彼女が語った内容を本にまとめたのが、この記事の内容です。

    本からの転載にあたっては、徳島の保守さんが、因通寺のご許可をいただいて文字起こしをされ、私もご一緒にこの拡散に努めているものです。
    私が通州事件を最初にとりあげたのは2009年のことですが、この頃はまだ通州事件はほとんど知られていず、またあっても日本軍の起こした自作自演の情報宣伝活動であったなどとささやかれていました。
    私も、ずいぶんと「デマ」だと誹(そし)られたものですが、ほんとうに、事実を巧妙に歪曲したり隠したり、彼らの手口は、事実よりも「いまを乗り切ることができさえすれば良い」というもので、毎度毎度、呆れさせられます。

    なおこの記事は、18禁とさせていただいています。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 今日は広安門事件があった日


    20160720 日本史検定7期


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20160723 広安門事件


    79年前の今日、つまり昭和12(1937)年7月26日に北京で起きたのが「広安門事件(こうあんもんじけん)です。
    昨日の廊坊事件は、26日の朝には鎮圧されるのですが、続いてこの事件が起きました。

    この日北京にいた日本人居留民の保護のために、日本陸軍のChina駐屯歩兵第二連隊第二大隊(約千名)が、26台のトラックに分乗して、北京城内の日本軍の兵営に向かいました。

    このときも廊坊事件同様、事前に松井特務機関長が、部隊が北京城の広安門を通過することを国民党の政務委員会に連絡し、秦徳純市長の承諾をちゃんと得ています。

    すこし補足します。
    本来なら日本は国際条約である北京議定書に基づいて駐屯しているのですから、China側に通告する義務はありません。
    当時のChinaに中央政府と呼べる責任ある政府がなく、世界各国(11カ国)がChinaの治安維持のために軍を派遣していたのです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 今日は廊坊事件があった日


    20160720 日本史検定7期


    ねずブロのタイトルを変えました。
    「小名木善行 ねずさんのひとりごと」
      ↓
    「ねずさんと学ぶシラス国」
    に変更です。

    ブログランキングの登録カテゴリーも、政治から哲学に変更しました。

    調べてみましたら、
    「ねずさんのひとりごと」ですと、これは悪評が立つ凶運数・・(たしかに(笑))
    「小名木善行 ねずさんのひとりごと」ですと、艱難苦難の末に事業を再建するという運命数なのですが、先に艱難辛苦があるのだそうで、これもちと困る(笑)

    「ねずさんと学ぶシラス国」は、あまり深く考えたわけではないのですが、発展を示す吉運数なのだそうです。(うれしい名前です(笑))

    これに伴い、人気ブログランキングの登録カテゴリーも、政治から哲学に変更しました。
    実際、ねずブロは、なぜ政治にいるのかわからないほど、政治のことをほとんど語っていません。
    語っているのは、シラス国という視点から見た日本の歴史であり、和歌や古事記などに代表される文化であり、日本人が忘れてしまっている日本の古くからの知恵です。

    人気ブログランキングの登録カテゴリーは、三千くらいあるらしいのですが、そういう視点のカテゴリーはないので、とりあえず、人文分野の哲学に登録してみました。
    これからも、ご贔屓のほど、よろしくお願いします。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。
    (画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    20150725 廊坊駅


    79年前の今日、つまり昭和12(1937)年7月25日の深夜に起きたのが「廊坊事件」です。
    日華事変のきっかけのひとつになった事件です。
    翌26日には「広安門事件」が起こり、29日には「通州事件」が起こりました。

    最近では、「日華事変」のことを「日中戦争」と呼ぶ人があるようです。
    まだ私などが中高生の頃は、「支  那 事 変、日華事変」だったのですが(支  那 事 変が正しい)、最近では学校の教科書も「日中戦争」と書いているそうです。
    これは中共政府の「日中戦争こそ、日本によるChinaへの侵略の証であり、中共政府軍は侵略者日本と勇敢に戦った抗日の英雄でだ、だから人民解放軍なのだ」という一方的なトンデモ史観に由来します。

    日本の教科書は、近隣諸国に配慮することになってしまっているので、そうしたトンデモ史観がどれだけ荒唐無稽なものであっても、それが他所の国で国家として認証されたものなら、それに配慮します。
    このことは、韓国のトンデモ史観も同じで、こうなるとそれらをヨイショするインチキ学者の地位が向上し、まともな真実を語ると学会から排除されてしまうという、摩訶不思議な現象が日本国内で起こったりします。

    <学会>と聞くと、多くの方は宗教団体を思い浮かべるでしょうが、大学の<学会>が、まさにある意味で宗教団体になってしまっているわけです。
    なんとか、大学教育の正常化を図っていく必要があると思います。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク