• 月末なので本のご紹介


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    20161129 読書
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    よく、どんな本を読んでいるのですかと聞かれるのですが、乱読です(笑)。
    特に特定の分野を決めて読んでいるわけではありません。
    サラリーマンの頃は、月に最低でも20冊は読んでいたのですが、最近は、読書の数は激減しました。
    それでも、何かを得ることができる本に出会うと、やはりそこには喜びがあるものです。
    そこで、これから月末には毎月、その月のまとめとして、当月に読ませていただいた本のうち、感動のあった本を、ご紹介していこうと思います。
    今月は三冊です。

    1 『人を動かすリーダーの条件』岩渕秀樹著、KKロングセラーズ
    2 『群青の墓標』横家伸一著、文芸社
    3 『自由と愛国のマーチ』山口采希著、かざひの文庫

     ***

    『人を動かすリーダーの条件』
    岩渕秀樹著、KKロングセラーズ


    海上自衛隊の海将補を勤められた岩渕秀樹さんのご著書です。
    岩渕さんは、護衛艦隊旗艦艦長やイージス艦などの指揮官を勤められた経験を活かし、定年退官後は企業などにおける人材教育のための会社の役員として、あるいは子供の未来を拓く塾の運営などをされながら、活躍されている人です。

    その岩渕さんは、昨今の日本の民間企業の組織の荒廃ぶりに警鐘を発します。
    たとえば、日本の企業で、部下が定時になると、
    「お先に失礼します」
    と言ってさっさと帰る。

    もしこれが米国の会社であれば、その部下は、
    「I’ll go back first ! 」
    とボスに言うのでしょうか。
    そのように言えば、ボスは間違いなく、
    「明日から仕事に来なくて良い」
    と言います。

    上司から業務を与えられているのです。
    仕事が終われば、
    「本日の業務はここまで終わりました。
     これにて退社してよろしいでしょうか」
    と、その日の業務報告を上司に行い、そのうえで上司から
    「おつかれさん」と許可を得て、
    「ありがとうございます。
     それではお先に失礼します」
    と挨拶して帰る。

    その一連の流れが確立されて、はじめて、組織が機能していくということを書いておいでになります。
    そうでなければ、ただの時間給奴隷です。
    時間になった。帰る。「お先に〜」
    昨今の日本では、よくみかける光景です。
    けれど、仕事はどこに行ったのでしょうか?

    20161026 倭塾バナー


    【倭塾】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

    【百人一首塾】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第 9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 天祐は常に身を律して待つべし


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    20161129 和の風景
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    長瀬富郎(ながせとみろう)は、花王の創業者です。
    小学校を出ただけで世に出て働いて、若くして支店長にまで大抜擢されながら、妙なプライドを持ったがゆえに失敗して、丸裸になってしまう。
    そこから立ち上がり、身を律して生きることを学び、国産初の高給石鹸という新しいジャンルを切り開き、世界に冠たる花王を築き上げた人です。

    その長瀬富郎が、亡くなる前に残した言葉があります。
    それが、次の言葉です。

     人ハ幸運ナラザレバ
     非常ノ立身ハ至難ト知ルベシ
     運ハ即チ天祐ナリ
     天祐ハ常ニ道ヲ正シテ待ツベシ

    現代語に訳すと、
     人は幸運でなければ、立身は困難である。
     幸運とは、天のたすけである。
     天のたすけを得るには、
     常に身を律して待ちなさい。
    となります。

    実は、最近のドラマや邦画などで、どうしても許せないのが、ここです。
    天佑というのは、天の助けのことを言いますが、その点の助けを得るには、やはり、どこまでも「道ヲ正シテ待ツベシ」だと思うのです。
    ところが、最近のドラマや邦画でよくあるのは、身を律して厳しく精進した結果、勝利を得たり何かに成功するのではなく、いってみれば集団性のない不良が成功を得るという物語の展開が、ゴリ押しされているように思えます。
    これは「ありえないこと」です。

    20161026 倭塾バナー


    【倭塾】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

    【百人一首塾】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第 9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 日本的武道にあるもの


    20161124 剣術
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    日本は古代から現代にいたるまで、ずっと天皇を中心とした治政の国家です。
    ですから、鎌倉幕府も足利幕府も織豊時代も徳川時代も、それらはいわゆる政権交替であって、日本の国のカタチは変わっていません。

    そうはいっても、たとえば江戸時代は、諸藩のことを「国」とよんでいました。
    国という字は、日本国という意味と、上野国、下総国というように、諸藩やそれぞれの地域という意味の、両方に使われていましたが、これは「国」という字が、ある程度の独立した行政単位を示す意味で用いられていたからです。

    武家政権となってから以降は、各「家」が、これを統治していました。
    その「家」の最大のものが徳川家で、日本列島のだいたい3分の1くらいを領土として所有し、圧倒的軍事力と経済力、そして政治的影響力を行使していました。
    これが江戸幕藩体制です。

    徳川家の幕藩体制構築にあたっての最大の理念は、兎にも角にもこの国から「いくさ」をなくすことでした。
    ですからそのために、全国の諸大名の配置も変えたし、大名には江戸に人質を置くことを強制したし、参勤交代を義務づけて諸大名の財力と抵抗力を削ぐということも行いました。

    ちなみに「参勤交代」は、秀吉の朝鮮征伐の際に、全国の大名がいくさ仕度で九州にまで狩り出されたことを変形させたものです。
    家康は、なによりも「いくさ」のない世の中を希求し、そしてそれを完全に実現したわけです。
    こうして徳川の政治体制によって、日本の民衆は、いくさのない、江戸270年の太平の世をすごすことができました。

    それにしても、徳川家の平和への願いは徹底していました。


    20161026 倭塾バナー


    【倭塾】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

    【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第 9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 近世まで水車小屋を造ることができなかったのはどこの国?


    20161123 水車小屋
    (画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    田園風景に水車小屋。
    最近ではあまり見かけなくなった風景ですが、少し前までは水車小屋は、全国どこでも見かける
    ごくありふれた光景でした。

    水車小屋というのは、川などの水流の力で回転エネルギーを得て、その力で水のくみ上げをしたり、杵(きね)付きをしたり、あるいは脱穀や製粉、製糸などへと幅広く活用されたものです。

    この水車が世界のどこで生まれたのか、一説によれば紀元前2世紀頃のトルコという説もありますが、なるほどトルコの風景に水車小屋はよく似合いそうではありますけれど、実際には、よくわかていません。
    生まれはわからないけれど、自然のエネルギーの活用という意味において、古代には、世界中にまたたく間に広がり、ヨーロッパでも中東でもChinaでも世界中で幅広く使われていたものです。

    ちなみに日本には推古18(610)年に高句麗からやって来た僧の曇徴(どんちょう)が、水車の技術を伝えたという説がありますが、これは大きな間違いで、曇徴が伝えたのは、石臼にすぎません。
    逆にいえば、曇徴以前に日本では水車小屋が普通に普及していたということです。

    では、その日本では、いったいいつごろから水車小屋が作られるようになったのか。
    これはもう、「わからないくらい古い昔から」としか言いようがありません。

    そもそも高句麗の曇徴が日本に水車小屋をつくる技術を伝えたという論説には、明らかな無理があります。
    どういうことかというと、朝鮮半島では、近世(日本でいう幕末まで)に至るまで水車が造られていなかったからです。
    というか、作る技術が無かったのです。

    実は、このことは「悪韓論」の著者の室谷克実先生から教わった話なのですが、思わず大爆笑してしまいました。


    20161026 倭塾バナー


    【倭塾】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

    【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第 9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室
    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 戦後の日本が平和を満喫できた本当の理由とは


    ペリリュー島
    20161123 ペリリュー島
    (画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    すこし日が過ぎてしまいましたが、11月24日は、昭和19年に、パラオ・ペリリュー島の守備隊が玉砕した日です。
    このことは、何度となく当ブログで採り上げ、また拙著『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人・第三巻』でも、ご紹介をしています。
    けれど、何度でも、毎年この時期には、繰り返し書こうと思っています。
    それだけ大事なことだと思うからです。
    そしてこのことが、戦後の日本が平和を満喫できた本当の理由を知る手がかりになることでもあるからです。

     ***

    『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人・第三巻』より
     勇気とやさしさ「パラオ・ペリリュー島の戦い」(一部抜粋)

    パラオは、南太平洋に浮かぶ、大小さまざまな島からなる共和国です。
    そのパラオは、戦前まで日本の「委任統治領」でした。
    「委任統治領」というのは、国際連盟規約第22条に基づいて、国際連盟の指定を受けた国が一定の非独立地域を統治する制度です。
    もともとは、白人諸国が有色人種諸国を統治する、というより植民地として支配する、国際法的正当性を与えるために作られたものです。

    だから、パラオは日本の植民地だった、と言う人がいます。
    しかし、それは違います。
    パラオは、あくまで国連からの正式な委任によって、日本が統治したものです。
    そして日本は、パラオから収奪するどころか、教育、文化、行政、法制度、都市インフラにいたる、あらゆる援助を提供しています。

    けれどそんなことよりも、もっとはるかに大きなものを、日本はパラオに残しました。
    そしてそのことを、パラオの人々は、いまも大切にしてくれています。
    それが、これからお話しする、勇気と愛の物語です。

    20161026 倭塾バナー


    【倭塾】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

    【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第 9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 天皇の四方拝のありがたさ


    四方拝(宮内庁書陵部蔵)
    20160828 四方拝
    (画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    四方拝については、今年8月に一度書いていますが、いまいちどリニューアルしたいと思います。
    大事なことなので、新年にもう一度やります。

    四方拝(しほうはい、よほうはい)というのは、毎年元旦に天皇が行われる行事です。
    戦前戦中までは、四方節(よほうせつ)と呼ばれていました。
    まだ夜が明けない早朝、天皇が特別の建物に入られ、四方の神々をお招きして、そこで祈りを捧げられる神事です。

    どのような祈りかといいますと、天皇が神々をお招きされ、
    「(国家国民の)ありとあらゆる厄災は、
     すべて私に先にお与えください」
    と祈られるのです。

    ▼シラス

    少し詳しく述べます。
    まず、日本は天皇の「シラス国」です。
    「シラス」は漢字で書いたら「知国」です。
    これは『古事記』にそのように書かれています。

    ということは、「知」という漢字の持つ意味と、大和言葉の「シラス」の意味は一致しているということです。
    その「知」ですが、現代人の私たちはこの漢字を、ものごとを知ること、知識を得ることといった意味にしか使いません。
    ところが、この漢字のもともとの意味(字源)は、すこし意味が違います。

    「知」は、「矢+口」で成り立っています。
    ここでいう「口」は、唇の「口」ではなくて、神棚に捧げる器を意味します。
    その器は、お酒を入れるおチョコのようなものであったり、あるいは、秘伝を入れた器であったりと、様々な解釈があるようです。
    とにかく、神棚に矢と器を置きます。
    そして、そこに神様に降りてきていただき、祈りや感謝を捧げたり、ご神託を得たりするわけです。


    20161026 倭塾バナー


    【倭塾】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第35回 2016/12/24(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第36回 2017/1/14(土)13:30〜16:30 第4/5研修室
    第37回 2017/2/26(日)13:30〜16:30 第4/5研修室

    【ねずさんと学ぶ百人一首】(江東区文化センター)
    〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
    第 9回 2016/11/24(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第10回 2016/12/8(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第11回 2017/1/19(木)18:30〜20:30 第三研修室
    第12回 2017/2/ 9(木)18:30〜20:30 第三研修室

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 「津波てんでんこ」が意味するもの


    20161124 津波
    (画像はクリックすると当該画像の元ページに飛ぶようにしています)

    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    今月15日、東日本を襲った地震と津波は、国民に大きな衝撃をもたらしました。
    一部には、悠仁親王殿下が交通事故に遭われたことに、何も改善をしないと答えた宮内庁への天の警鐘だという説もあります。
    私もそのように思いますが、現実に被害に遭う側としては、これではたまったものではありません。

    いささかツマラナイことを申しますが、2010年1月に、小泉八雲の『稲むらの火』をご紹介し、海岸で潮が大きく引いた後には、津波が来るから注意が必要と書かせていただいたことがあります。

    この物語について、タイでスマトラ地震と大津波が発生した際に、当時の小泉首相がタイを訪れると、「日本では小学校の教科書で津波の際には引波があるということを教えているそうですね」と言われ、一同、何のことかわからなかったという逸話があります。
    実は、このお話は戦前は、国民学校の教科書に載っていたのですが、戦後は削除されたままになっているものです。残念なことだと思います。

    この『稲むらの火』をご紹介した当時、当ブログについての批判として、「引波があったからといって、必ずしも津波が来るとは限らないのに、ねずは嘘を書いている」などという指摘が多数されました。
    ところが今回の東北の津波についても、現に、引波が起きているわけです。
    注意警戒をして、何もなければ御の字です。
    逆に、知らずに被害に巻き込まれることのほうが、よほど恐ろしいことだと思います。

    さて、津波といえば、2011年3月11日に発生した東日本大震災では、死者1万5524人、行方不明者7130人、計2万2654人(2011年7月2日警察庁発表)の尊い命が人失われましたが、当時、その厳しい状況の中で、岩手県釜石市では、津波の直撃を受けながら、小中学生全員が命を守られました。

    そでは、いったい何が起きていたのか。
    このお話は、2012年3月に掲載したお話ですが、あらためてご紹介し、再考してみたいと思います。
    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク