• 日本人はネアンデルタール系種族の生き残り?


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    なんだか大上段に振りかぶったようなタイトルになってしまいましたが、要するに言いたいのは、「7万年前からが現生人類」というのは「白人種視点での人類史」だということです。
    有色人種視点で考えると、特に日本人などは25万年前に生まれた新人類種(ネアンデルタール系)の生き残りからの進化と考えなければ、遺跡の辻褄が合わなくなるのです。


    20170830 地球史年表
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    猿人が出現したのがおよそ600万年前、ネアンデルタール系等の新人類種が出現したのが、およそ25万年前といわれています。
    この時代の人類は、火や石器を使うネアンデルタール種を筆頭に、猿人から現在の人類に近いものまで、かなり多様な種族があったようです。

    ところがおよそ7万年〜7万5千年前に、インドネシアのスマトラ島にある「トバ火山」が大噴火を起こします。
    この噴火は地球史上に残る大噴火で、噴煙は世界に広がって、地球気温は年平均で5℃も低下しました。

    年平均気温というのは、1℃違うだけで、鹿児島と仙台の気象が入れ替わります。
    それが5℃違うということは、日本がアラスカのような気候になり、赤道直下の気候が北海道から樺太にかけての気候になるということです。
    これはものすごい変化です。

    当然影響はすさまじくて、このとき地球上の人口は、およそ1,000〜10,000人程度にまで減少したといわれています。
    地球はひとつの生命体に例えられますが、その地球が怒ると本当に怖いです。
    そしてこの大災害を生き残ったごくわずかな人類が進化して、現代人になったとされています。
    これを「ボトルネック効果」といいます。
    多様な進化を遂げていた種が、急激な個体数の減少によって遺伝的な多様性を失ない、わずかに生き残った種が、その後繁栄して現代の種になっているわけです。

    このことは比較的近いこの千年ほどの時代の中にあって、民族的特徴が極めて似通って細目、エラ、耳などの身体的特徴が極めて似通った民族があることでも理解いただけると思います。
    こちらは一国の中における社会体制が原因ですが、トパの噴火のときには、これが地球的な規模で起きたわけです。

    おもしろいことに、このときのトパ噴火後、ヒトに寄生するシラミもまた、この時期に変種が生まれています。
    毛髪に寄宿する毛ジラミと、衣服に寄宿する衣ジラミで、近年の遺伝子の研究によって、この2種が分化したのも、およそ7万年前とわかりました。
    このことは、トバの噴火後、急速に寒冷化した地球を生き残るために、人類が衣服を着用するようになったことを示しています。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 古事記のすゝめ


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    日本文化というのは、間口が広くて奥行きが深いのが特徴です。
    たとえば茶道。お茶を飲むだけなら幼児にもできます。しかし道を極めようとすれば一生かけても追いつかない。
    剣術もそうです。ただの棒振りなら子供にもできます。しかし道を極めようとすれば一生かけても追いつかない。
    古事記も同じです。子供向けにはウサギさんを助けた物語でも良いのです。しかし大人が読むのに子供と同じレベルでは古事記が泣きます。
    古事記はこれからの日本人の必読書です。
    大人が読む古事記。
    それこそが現代日本人に求められる書であると思います。


    古事記


    あたりまえのことですが、神話と童話は違います。
    神話は神様の物語ですが、童話はただの子供向けのお伽噺(とぎばなし)です。

    その神様の物語も、童話と古事記では意味が異なります。
    古事記は、7世紀に我が国の統一史書として編纂されたもので、そこに書かれているのは「根拠のないつくり話(=英語のMyth)」ではなくて、神語(かむかたり)です。

    神語(かむかたり)というのは、私たちの共通のご祖先の物語です。
    いまを生きている1人が生まれるためには、父母の2名が必要ですが、その父母が生まれるためには4人の祖父母が必要です。
    これをずっとさかのぼっていくと、いま、ひとりが生まれるためには700年前の1億3千万人のご先祖が必要になってしまいます。
    しかもいまの1人が生まれるために1億3千万人ですから、いまの2人のためにはその倍、3人のためにはその3倍の人口が計算上は必要になってしまいます。

    けれど700年前というと鎌倉時代ですが、当時の人口は699万人です。
    つまりご先祖の数が足りません。
    これが何を意味しているかというと、ご先祖がかぶっている、ということです。
    つまり700年(昔の日本の人口なら500年)以上、時代をさかのぼったら、そこに登場する昔の人々は、○○家のご先祖ではなくて、日本列島に住むみんなの共通のご先祖ということになります。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 小町園の悲劇


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    今日のお話は「18禁」です。
    終戦後、日本国内に国営の特殊慰安婦施設が置かれたことがあります。
    国内向けにはその施設の名称は「RAA」といいました。
    「Recreation and Amusement Association」の略です。
    直訳すれば「レクリエーションとお楽しみ協会」です。
    けれども日本に駐屯した外国人兵向けには、そこは「Sex House」と英訳されました。
    そこで米兵の相手をする女性たちは「Serving Ladies(奉仕する淑女)」と呼ばれました。

    第一号店が開設されたのは、マッカーサーが厚木飛行場に降り立った日より2日早い、昭和20(1945)年8月28日のことです。
    指定されたのは東京・品川の大森海岸の駅前の老舗料理屋であった「小町園」です。


    大森海岸
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    【お知らせ】
     9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
     9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
     9月21日(木)13:00 埼玉縣護國神社奉納揮毫
    10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
    10月15日(日)13:30 古事記に学ぶ25の経営学
    10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
    11月 3日(金・文化の日)第2回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
     *****


    「小町園の悲劇」は、この時期に毎年掲載しています。
    今回が8度目の掲載になります。
    これからも毎年掲載します。

    この物語は、安田武、福島鋳郎著『ドキュメント 昭和二十年八月十五日―占領下の日本人』に収蔵された実話です。
    原文は文語体です。
    読みやすいように、いつものねず式で現代語訳しています。
    原文には書いた人の記名がありますが、ここでは割愛しています。
    あまりにかわいそうだからです。

    「戦争反対、世界を平和に」等々、おおいに結構な話だと思います。
    けれど、それゆえに勇敢に戦い散って行かれた先人たち、国を守るためにその時点で真剣に悩み考え行動した先輩や父祖たちを、あとになって、ただ「負けたから」と貶め、冷静に日本を見つめなおそうとする人たちに「右翼」とか「差別主義者」とかレッテル貼りし、声高に非難し貶める行為は違うと思います。
    そのようないたずらに対立を煽る行為の極地が、争いであり、戦争であると思うからです。

    戦後生まれの私たちは昭和20年8月15日を終戦記念日と呼びます。
    終戦とは「戦争が終わった」ことを意味しますが、これは実はとんでもない歴史の捏造です。
    この日は日本が戦闘行為を自主的に停止した日であって、戦争が終わったわけではありません。
    現にその後の日本は占領されています。占領というのは戦争行為の一部です。
    つまり戦争は「終わった」のではなく、「続いていた」のです。

    ですから形式的な終戦は、昭和27年4月28日のサンフランシスコ条約発効の日です。
    形式的というのは、書面上はそうだということです。
    実質的には、いまだ日本には米軍基地があり、実質的な占領状態が継続しています。
    良い悪いではなくて、それが事実です。

    だから米軍出て行け!も違うと思います。
    いまの東亜情勢の中では、中共の軍事的横暴をかろうじて抑えているのが東亜に展開された米軍基地だからです。
    このため米軍基地のある東亜の各国では、中共のスパイたちがさかんに「米軍基地出て行け」と煽っています。
    日本もそのなかのひとつです。

    いたずらに対立を煽る。
    実は、このことこそ、戦争や虐殺や悲惨を招く最大の工作です。
    そして現実に戦争が起こり、そこで負ければ何が起きるのか。
    女性など、もっとも弱い者にそのシワ寄せが行きます。

    小町園の悲劇は、そのことのもたらす現実を、私たちに語りかけてくれます。
    戦争は、ドンパチしているときよりも、負けたときにより大きな悲惨が振りかかるのだということです。





    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    『ねずさんと語る古事記・弐』
      まだお求めでない方は、お早めにどうぞ。

    ↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
    20170526 古事記弐


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 祖国遙か 青葉慈蔵尊物語


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    今日のお話は、いつもの3倍、約2万字あります。
    読了まで約40分です。
    もう8年になります。
    この時期、毎年掲載しているお話です。
    すでに本編をお読みになられている方は、前段のまえがきだけでもお読みいただけたらと思います。
    また、まだこの物語をお読みになられたことのない方は、文字数的には1冊の本の5分の1の文字数で、しかも小説仕立てにしてあるので、読みやすいかと思います。
    是非一度お読みいただきたいと思います。


    20170828 芙蓉
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    【お知らせ】
     9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
     9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
     9月21日(木)13:00 埼玉縣護國神社奉納揮毫
    10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
    10月15日(日)13:30 古事記に学ぶ25の経営学
    10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
    11月 3日(金・文化の日)第2回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
     *****


    このお話を最初にこのブログでご紹介したのは、平成21(2009)年のことでしたが、当時、この物語をご紹介するやいなや、「ねずがまた嘘を書いている」どころか、「ねずが書いていることだから嘘に違いない」などと他のサイトでずいぶんと書き立てられたものです。

    本当のことであっても、私が文章にすることで、それが事実ではないと言われる。
    自分が中傷されたり、悪口を書かれたりすることは、自分の不徳ですし、日本はそれこそ言論の自由の国ですから、いろいろな意見があってしかるべきだし、それは良いのです。
    相手にする値打ちもない。

    けれど、お亡くなりになられた英霊のみなさまや、辛い日々を送って最後に自決までされたうら若き女性たちまでも自分がそれを文章にしたことでかえって貶められる。
    そのことを、当時は、果たして私が書くことが、亡くなられた彼女たちへの冒涜になりはしないかと、とても悲しく感じたことを覚えています。

    けれど少し考えたらわかることですが、私の小さな感情以上に、まさに血の涙を流すほどの悔しさ、悲しさ、つらさを、20歳前後の若い女性たちや、その親、祖父母たちが味わったという歴史があるのです。
    この物語にあることは、敗戦という事実の前に、ここに登場する女性たちだけではなく、満蒙や半島にいた多くの日本人女性たちが、現実に味わったことです。
    その事実の前に、私自身のちっぽけな感情など、歯牙にも値しない。

    このことに気づいて、以後、毎年、この記事を年に一度は必ず掲載させていただいています。

    ちなみに、全然話は変わるのですが、最近、アニメ映画の「君の名は」がDVDになりました。
    映画館には行けなかったのでレンタルで観たのですが、もうボロボロになって泣いてしまいました。
    あまりに感動したことをある先生にお話しましたら、その先生もとても感動されて、ある著名な方にその感動を話されたのだそうです。
    するとその著名な方いわく、
    「あの映画のどこが面白いのか、まったくわからない・・・」

    世の中には、そういう感覚の方がおいでになることをあらためて知りました。
    優秀で勉強もできるし弁も立つけれど、感動したり、涙することができない。
    人としての愛や喜びや幸せや美しさを受け入れることができない。

    ものごとをどのように感じるかは人それぞれです。
    しかしすくなくとも自分は、そういう人にはなりたくないと思いました。





    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    『ねずさんと語る古事記・弐』
      まだお求めでない方は、お早めにどうぞ。

    ↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
    20170526 古事記弐


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • インパールの戦いと日本の若い兵士たちから学ぶべきこと


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    「放送すべきこと」ということがあると思います。
    先日聞いた話しですが、8月15日の終戦特集でNHKが、インパールの戦いの特番を組んだのだそうです。
    相変わらず、糧食を持たない戦いだったとか、自軍兵をただ闇雲に殺した無謀な戦いだったとかいう切り口の酷い放送内容だったそうです。
    なるほど負け戦だったことは史実ですが、敗けたからといって、ただ卑屈になったり、一軍の将の悪口を並べ立てることは、それはただの評価の押し売りであって、歴史ではありません。
    歴史と史実は違います。
    学ぶものが合理的に説明されて、はじめて歴史です。
    その意味で、ただ貶めるためだけの放送は、評価の押し売りのために史実を並べただけのものであって、歴史の名に値しません。
    このような履き違えは、日本人の感性にはもともとなかったものです。
    いったいどこの国の人が番組をつくっているのでしょうか。
    日本語を話していたら日本人ではありません。


    20170825 インパールへの道
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    インパールの戦いは、我々が敗れた戦いであり、戦いに敗れれば将たる者は、世間からボロカスに非難されるのは世の習いです。
    このことは、どんなアホでも、事業に成功すれば成功者、お金持ちの大社長として世間からチヤホヤされ、どんなに誠実で一生懸命だった社長でも、会社が倒産すれば、蛇蝎のごとく悪口雑言を浴びなければならないことと同じです。
    しかしだからといって、公共放送たる者が、あからさまな悪意をもって嘘話まで加えてボロカス番組を編成することは、もはや常軌を逸していると私は思います。

    実弾の飛んでこないはるか遠くの内地にあって、しかも結果のわかっているはるか未来から、あれこれと批判や批評をしたりすることは、卑怯者や卑劣な人モドキがすることです。
    そして人類社会の常識は、そうした卑怯者や卑劣な人モドキは、これはどこの国においても、もっとも嫌われます。
    ゴキブリは排除されるべきものです。

    戦後の日本では、全員教育の義務教育が標準化されたために、なんでもかんでもいっしょくたにして養うことが平等とされていますが、これは間違いです。
    童子教にあります。
    「悪しき者を養えば、師弟ともに地獄に落ちるべし」です。
    それを排除しないできたらか、蛇蝎のような卑怯者や卑劣な人モドキの天下になっているのが、いまの日本です。

    そもそも歴史は学ぶためにあります。
    過去に学ぶことで、現在を見返し、未来を築くのです。
    では、インパールから私たちが学ぶべきこととは、いったいどのようなことでしょうか。

    以下は、拙著『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』に収録した、インパールに関するひとつの見方です。
    ご参考になれば幸いに思います。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • ハラとムラと国家戦略(下)


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    今日の記事内容は、いささか過激です。
    ですが、あえてそのような書き方をさせていただきました。


    20170823 日本アニメ
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    【お知らせ】
     9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
     9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
     9月21日(木)13:00 埼玉縣護國神社奉納揮毫
    10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
    10月15日(日)13:30 古事記に学ぶ25の経営学
    10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
    11月 3日(金・文化の日)第2回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
     *****


    23日の記事で、ChinaやKoreaが、国家戦略としてソフト分野の売り込みに注力していることを指摘させていただきました。
    そして「まったく国がこうした工作に配慮しないのは、日本くらいなもの」と書かせていただきました。
    今日はその続きです。

    明治から大正期にかけての日本は、日本という国のもつ文化が、決して失われてはいけないものだということを、様々な媒体を通じて世界に向けて情報発信していました。
    そのひとつが、新渡戸稲造博士が英文で書いた「武士道」であり、長岡藩の家老の娘である杉本鉞子がやはり英文で書いた「武士の娘」でした。
    これらはいまでも、外国の人が日本を知ろうとするときの教科書になっているほどの本ですが、不思議な事に日本ではあまり知られていないし、読んだ人も少ないといわれています。

    これら文学を通じての、あるいは国家外交を通じて国費を投じた日本文化の宣伝は、明治のはじめには国策として行われました(日本人の海外派遣など)し、明治の終わりから大正期にかけては、政府全体の動きは乏しかったものの、軍によって世界への日本の文化性の情報発信がなされていました。

    ところがその日本は、なまじ真面目であったがために、11カ国で共同出兵したChinaにおいて、きわめて善良な善政を敷きました。
    このことは、当時のChinaの人々にとっては、まさに救いとなったし、日本軍が駐屯しているエリアでの治安は、きわめて優れたものであったと、これは客観的証拠がいくらでもあることです。

    同様のことは、イラクのサマーワに進出した自衛隊が、現地の人たちから高く評価され、自衛隊帰らないでくれデモが起こるという、世界の常識では考えられないような出来事が起こったりしています。
    まさに歴史は繰り返すなのです。

    ところが、Chinaというのは複雑な国です。
    日本軍が善政を敷くことで多くのChineseたちが豊かで安心して安全な暮らしができるようになります。
    しかしChinaは、古来、収奪社会です。
    社会のあらゆる階層・産業が収奪構造を持った国です。
    これはあらゆる階層で、上前がはねられる構造になっているということですが、日本で言ったら、これは暴力団によるみかじめ料の徴収によく似ています。

    ですから治安が安定し、日本人が真面目に社会の底辺の人たちが安心して暮らせるようにするということは、それまで収奪をしていた人たち・・・つまり裏社会を牛耳っていた人たちにとっては、大迷惑なことでもあったわけです。
    なかでもアヘンの密売などで大儲けをしていた一家にとっては、日本軍の進出は、地域に平和をもたらしていること自体が、ナワバリに対する「侵略」に見えたわけです。
    正義からみれば邪であっても、邪から見たら、正義こそ邪です。





    ◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

    ◆youtubeの動画サイトをはじめました。
    ↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
    20170513 バナー _th
    ↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
    新しい動画がアップされました!


    『ねずさんと語る古事記・弐』
      まだお求めでない方は、お早めにどうぞ。

    ↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
    20170526 古事記弐


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

  • 常識化と宣伝戦


    人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

    宣伝戦というのは、いかにして「常識を作るか」ということです。

    20170824 情報操作
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


    日華事変、大東亜戦争、そして現代における慰安婦問題や南京虐殺、あるいは731部隊の嘘など、現代の世界で、かつての日本についての大嘘がまかり通っています。
    これらの問題について、多くの論客の方が、様々な切り口で、これらの情報の嘘を理論的に暴いているのですが、残念なことに、世界の動きは日本人(軍)悪玉論がまかり通っているのが実情です。

    誰しも騙されるなどしたくもないのに、ではどうして嘘がまかり通るのかと言えば、嘘が「常識化」しているからです。
    ここに情報戦の要があります。

    現代の西側諸国は、基本的に民主主義を標榜しています。
    ですから大統領も議員も、すべて選挙によって選ばれます。
    選挙に選ばれるためには、有権者もつ常識に答える必要があります。
    選挙に受かるためには、より多くの有権者の期待に答えなければなりません。
    その期待の最大公約数が、得票数になるからです。
    従って、現代の西側世界において、政治家は世間の常識に答える人でなければならないことになります。

    そこで、工作をする人たちは、世間の常識を演出します。
    これは実際に世間がどのように思っているかは関係ないことです。
    政治家に、それを「世間の常識」と思わせる(誤認させる)ことが大事になります。

    そのために工作をする人たちは、メディアや、影響力のある芸能人、あるいはお金がほしい言論人などを動員して、嘘を、あたかもそれが世間の常識であるかのように演出します。
    そしてひとたび、この「常識」が出来上がると、これにいくらいわゆる正論を持って対抗しようとしても、打ち寄せる波に木刀で向かうようなもので、まったく歯が立ちません。

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク