スエズ運河を造った男たち・・・五洋建設



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

スエズ運河
スエズ運河


「101回目のプロポーズ」といえば、武田鉄矢と浅野温子主演で、フジテレビで放送された(1991年)番組です。

それまでに99回ものお見合いに失敗した42歳の建設会社万年係長星野達郎(武田鉄矢)が、オーケストラのチェリスト矢吹薫(30)に出会い、恋をする。

番組のラストで、別れを言いだした薫の前で、トラックの前に突如飛び出して数センチの所で止まった後に、武田鉄矢が
「僕は死にましぇん。あなたが好きだから…」と叫ぶ。

名シーンであり、「僕は死にましぇん」は、その年の流行語大賞を受賞。

番組の主題歌はCHAGE&ASKAの「SAY YES」で、こちらもオリコンシングルチャートで13週連続1位を獲得しました。

じつは、このシーンの撮影が行われたのが、大手ゼネコンの五洋建設本社前でした。

五洋建設という会社は、海洋土木工事の大手です。

もとの社名を水野組といい、明治29(1896)年、広島県呉市に誕生しました。
そして大正6年頃から呉や佐世保などの海軍の工事に携わり“水の土木の水野組”の評判が高まった。

昭和33(1958)年の第2次岸内閣のときのことです。

港湾・河川・運河などの底面を浚(さら)って土砂などを取り去る土木工事業界各社(浚渫:しゅんせつぎょうかい)に、日本政府から、エジプトに調査団を派遣してくれないか、との依頼が飛び込みます。

当時の高碕達之助通産大臣を団長とする一行が、エジプトを訪問した際に、エジプト政府から、スエズ運河改修の国際入札に日本から参加してもらいたいという要望があったというのです。

このとき、水野組は、他社との合同でスエズ運河改修計画調査団にメンバーを派遣するとともに、エジプトとアラブ連合共和国に関する資料の調査を始めます。

スエズ運河は、地中海と紅海を結ぶ運河です。
砂漠と湖沼からなる平地で、紀元前1300年ごろには、地中海と紅海とを連絡する小規模な運河があったそうです。紀元前13世紀といえば、エジプトでラムセス2世や、モーゼがイスラムの民をひきつれて、エジプトを脱出した時代にあたります。
しかしその小規模運河は、古代エジプトの衰退とともに砂漠に埋没し、運河も忘れ去られてしまった。

近代に入って、ナポレオンが東方への進出を夢見てスエズに大規模運河を計画します。
10年がかりの大工事で、スエズ運河は明治2(1869)年に開通するけれど、このときの工事では、150万人のエジプト人が動員され、うち12万5000人ものエジプト人労働者が、炎天下の過酷な使役で倒れたといわれています。

しかしこの運河は水深が7.9Mと浅く、このため、バルチック艦隊や、戦艦三笠などは、相変わらずアフリカの南端の喜望峰を回らざるを得なかった。

開通後は、運河は、フランスとエジプトの共同所有とされます。
しかし、莫大な対外債務を抱えたエジプトは運河管理会社の株を英国に売却する。
ちなみに、このとき英国に運河購入資金を融通したのは、ロスチャイルドでした。

明治15(1882)年、エジプト国内で民族運動の機運が高まり民間の反乱運動が起こります。
英国は、その鎮圧と運河の保護を目的に、運河を占領。そして昭和31(1956)年まで、スエズ運河を支配します。

スエズ運河は、地中海とインド洋を直接結ぶ要衝です。
その通行料収入は、巨額の利益をもたらす。
当然、エジプトにとっても、この運河の権益は重要な柱です。

エジプトは民族解放・独立達成・スエズの権益確保のため、なんどもなんども英国
と戦います。

そしてようやく昭和27(1952)年7月、ナセルの革命が成功し、昭和29(1954)年10月、運河から英国軍を撤退させるべくイギリス・エジプト条約を結びます。

こうしてエジプト・ナセル政権がスエズ運河の国有化を断行。アラブ連合共和国のスエズ運河庁が運河を管理するようになります。

しかし、現代の船舶の大型化に伴い、推進7.9Mの運河では、どうにもならない。

エジプト大統領ナセルは、この運河の水深を深くし、大型の貨物船でも通れるように、スエズ運河の大改修計画を発表します。

計画は、昭和35(1960)年を初年度として工期10か年の大計画です。
運河の全長162km。
最大級のタンカーが通行できるようにするためには、灼熱の中で、水深を14.5Mにまで深めなければなりません。
スエズ運河浚渫(しゅんせつ)計画は、世界初の巨大で未知の工事だったのです。

水野組は、この冒険に闘志を燃やします。
第1回の国際入札は、日本側の応札は時間がとれず見送りとなったけれど、第2回の入札ならまだ間に合う。水野組は準備をすすめます。

水野哲太郎社長
水野哲太郎


ところが実際に工事を請け負うとなると、難題が目白押しです。

まず、このような巨大工事には、これまでにない大型ポンプ船が必要となる。
石川島播磨重工業のおよその見積もりではタービンポンプ式5000馬力で、建造費が軽く10億円を越えるだろうとのこと。

しかもそのポンプ船を現地に回航する曳航費も、億単位です。

また水野組は、国際入札も未経験だった。
ヨーロッパ諸国の業者にしても、日本からの応札を知れば、予想外の低価格で応札してくることも考えられる。
もし落札できなかったら、新造船のポートサイドまでの曳航費はもとより、かけた費用は全額回収不能です。会社は潰れるしかない。

当時の水野哲太郎社長は、熟慮します。
そしてリスクを冒してでも、この巨大工事に挑戦しようと腹を決めた。

業務課に見積書の作成作業を指示するとともに、5000馬力の超大型新造船の建造準備に入った。

水野社長は後に、次のように語っています。

「国際入札に負ければ、またスゴスゴと船を日本まで引っ張って帰らなければならない。
そのみじめさもさることながら、失敗したら会社をつぶすことになるかもしれないと思った。
しかし、考えぬいたすえに、失敗してゼロになったら、またゼロからスタートすればいいさと考え始めた」
(「中国新聞」昭和49年10月17日、「この人」の欄)

水野社長は、大型ポンプ船を、石川島播磨重工業に発注します。
もう後戻りできない。

こうして、昭和36(1961)年1月31日、5000馬力のタービンポンプ式浚渫(しゅんせつ)船「スエズ」が誕生します。

浚渫船「スエズ」
浚渫船「スエズ」


5月22日、「スエズ」無事ポートサイドに到着。

昭和36(1961)年6月5日、水野組は、第2回目の国際入札に参加します。

入札前に浚渫船(しゅんせつせん)を用意したのみならず、億を超える曳航費を負担して現地まで回航したなんてのは、国際的にみても異例中の異例です。

国際入札には、アメリカやヨーロッパの世界的有名業者が参加していた。

その中で、水野組は、見事、一番札で、工事を落札します。
落札価格は当時の邦貨換算で約15億6000万円。これが、日本の建設技術が本格的に海外進出した第一号でした。

水野組の落札価格は、これまでヨーロッパの有力業者に独占されていたエジプト側の関係者にショックを与えます。
地元の新聞は「日本のカミカゼ」とまで書いた。
スエズ運河庁や住民たちも、大型新造船を曳航して入札前に先乗りした水野組の積極的な姿勢を高く評価した。

スエズ出張所の初代所長に就任した水野組の今中時雄は、調印式に先立ち、同年7月10日にカイロに到着します。
この年のカイロは57~58℃という酷暑。しかも1週間ほどかけて作業現場を調査して愕然とします。まさに難工事だった。工期も、どうみても2年はかかるのに、水野社長は1年3か月で見積りしている。受注額も最低です。

しかし今中氏は思います。
これほどの難工事は、かつて水野組では誰も経験したことがない。
利益もない。
だが、この大事業に成功すれば、水野組は、世界に知られる一大企業に飛躍できる。
社長の心意気を肝に銘じて、なんとしてもこの事業を成功させよう。

工事は、8月下旬から開始されます。

スエズ運河の地層には、堅固な岩盤があります。
スエズ運河の創設者レセップスの記録にも、それは書いてある。
今中は、レセップスが掘った土砂を綿密に調査し、硬い岩盤の調査結果をただちに本社に報告し、岩盤の硬度の分析・調査、ならびに掘削に適したカッターを製作して輸送するよう依頼します。

新規製作のカッターを船便で輸送するには3か月はかかる。

今中は、カッター到着の遅れを見込んで、地盤の柔らかい場所を探しあてては、そこから作業を開始した。

すると、運河庁の役人が「契約どおりの仕事をしない」とクレームをつけてきた。
約束を守らない。即時運河庁に出頭せよ、という。

今中は、調査記録をもとに、丁寧に作業手順を説明します。
しかし、かたくなに“違約”を主張する貿易局長も、最後には折れ、今中に全幅の信頼を置くようになります。

ようやくカッターが到着します。
しかし、当時の最新鋭のカッターですら、炎暑の中で、焼きつき、容易に掘削がはかどらない。

岩盤に阻まれて水野組が悪戦苦闘しているという噂が日本に伝わると、同業他社からは「水野はもうオシマイだ」と取り沙汰され、金融筋からも、水野組の経営破たんを懸念して再三、問い合わせがはいった。

水野組に話をもちこんだ通産省内にも不安の声が広がった。

再度エジプトを訪れた高碕達之助(元通産大臣)は工事中の現場に立ち寄り、その進捗状況を見て今中にこう言ったそうです。

 「水野さんも、よくこんなことをやったものだなあ。
私だったら、こんな思いきったことはようやらんわい。
あの人は度胸があるというか・・・」

エジプトのスエズ運河庁も、水野組がコストを割って契約をしたことはわかっていました。
もしかすると日本の水野組は工事半ばでギブアップして撤退するのではないかと、危倶の声をあげた。予想外の硬い岩盤が出たということは撤退の口実にもなり得るのです。

しかし、現場視察に行った運河庁の役人は、声をそろえて言った。
水野は、ぜんぜんあきらめてない。
水野の社員は、じつに粘り強く誠実に岩盤と闘っている。

少しずつ掘削を終えた部位が、運河として完成していきます。
工事の出来映えは、実によく整い、予想以上の緻密さになっている。
運河庁の役人たちは、水野の誠実な工事に驚くとともに感嘆します。

高性能のポンプを装備した「スエズ」はエンジンの音を響かせながら、運河浚渫(しゅんせつ)の難工事に挑戦します。

強靭な特殊カッターはきわめて硬い海底岩盤を次々に掘削していきます。

こうして、スエズ運河の第1期工事は1年6か月で完成します。

第一期工事の見事な仕上がりに、水野組は、続く第二期、第三期の工事も相次いで随契で受注します。工事の受注金額の合計は36億800万円にのぼるものとなった。

昭和42年6月5日、第四期工事の国際入札がカイロで行われることになりました。

社長の水野哲太郎氏、内林達一専務、初代スエズ出張所長の今中時雄(のちに副社長)ほか技術者など数名は、前日の深夜過ぎまでホテルの部屋で缶詰めになって見積りの細部を調整。
3台の車に分乗して、カイロのヒルトンホテルから運河庁のあるイスマイリアヘ向かった。

距離にして約120km、約2時間の行程です、

車がイスマイリアにあと20分ほどの距離に迫ったころのことです。

運転手が不意にスピードを落とした。
やがてタイヤが地表から持ちあがるような衝撃が続いた。地震ではない。
地面がなにかの震動で大きく揺れた。
タイヤがバウンドした。行く手はるかには黒煙が上がった。

運転手が車を止めます。

まもなく、頭上を戦闘機が飛んだ。
だれかが「イスラエルのマークがついている」と叫んだ。

飛来したジェット戦闘機は、前方の黒煙の上がるあたりに急降下し、その都度、大きな黒煙があがり、振動が襲った。

戦争が始まったのだと、だれもが感じた。

「頭上ではイスラエル機とエジプト機が、超音速の空中戦を演じている最中だ。
二機が交差したと思ったつぎの瞬間、片方の機が煙を吐いて失速し、落下していく光景を目撃した。
わずかに土堤のかげに身を潜めているものの、敵機に発見されれば逃げ場はない。
雲ひとつない空を背景に、空中戦はますます激しさを加えてくる」

第3次中東戦争が勃発したのです。

入札をどうするのか。
今カイロに戻っても、市街地はどうなっているのだろうか。
目的地のイスマイリアも激戦地になっているかもしれない。

このとき水野社長は、にっこり笑うと、みんなにこう言った。

「行っても爆弾。引き返しても爆弾。
 なら、入札に行こう!」

このひと言で衆議一決した一行は、イスマイリアに向かいます。

途中の道のゲートでは、再三、自動小銃を持った兵隊に押しとどめられた。

彼らはその都度、「スエズ運河庁総裁から呼ばれている」と粘って通してもらった。

ようやく一行は運河庁に到着します。
入札期限ギリギリの時間だった。

ところが肝心の担当官が見当たらない。

一行が焦る気持ちをもてあましていると、連絡を受けた担当官がようやく姿を現した。

自分たちでさえ、戦争がはじまって避難しているのに、入札があるからと約束の時間をたがえずやってきた日本人に、彼らは驚嘆します。

しかも他の国の業者は、なんと事前に戦争の情報を入手していて、前日に大使館を通じて入札書を運河庁に渡していたという。

見積り調整でニュースに目もくれず、戦争がはじまったことすら知らずに入札会場に入ったのは、なんと水野組だけだった。

運河庁に到着して入札会場で役人に会ったときの情景を、後日今中氏は次のように語っています。

「向こうの人が喜んだのなんの。
オランダやアメリカそのほか、ぜんぶおそれをなしたのに、日本人だけは敵中突破という感じで、約束通りにもってきたんですから。

イスラエルとの戦争なんか一日で終わる。
むろんわが軍の大勝利だ。ありがとう、なんていって受け取ってくれました。

戦争のほうは逆に負け戦さでしたけどね。

いま思えば、水野哲太郎社長のあのひと言が、天下分け目の決断になったんです。」

こうして第四期工事の入札も、水野組が落札します。

しかし、戦争のためにスエズ運河は閉鎖され、工事は宙に浮いてしまいます。
仕事がなくなった水野組は、全員がやむなく帰国の途についた。

7年の歳月が流れます。

平和を取り戻したエジプトは、昭和49(1974)年10月に、超大型のスエズ運河拡幅増深工事を発注します。受注額506億円というビックプロジェクトです。

三期にわたる誠実な改修工事の実績、そして戦火のなかを入札に駆けつけた熱意が、エジプトに高く評価されたのはもちろんのとでした。

この工事費の3分の2にあたる380億円は、前年末に特使としてエジプトを訪問した三木武夫総理が約束した円借款でまかなわれることになった。

スエズ運河庁のマシュール総裁は訪問した日本政府関係者に、運河再開計画として、4月20日からすでに始めている沈船の引き揚げ、機雷爆破などの掃海作業は6か月間で完了する見通しであると述べた。

500億円を超える工事受注の報が国内に伝わると、大きな話題となった。
日本の建設会社が海外で受注した大型工事で100億円を超える例はあった。
しかし、500億円を超える工事はこれまでに例がなく、当時の日本の建設業界では戦後最大の海外工事でした。

拡張計画は、7万トン級の船舶しか航行できないスエズ運河を、25万トン級の船舶が航行できるようにするものでした。

いま、スエズ運河の通行料はエジプト政府の主要な外貨収入のひとつとなっています。
2007年には約46億ドルの収益を上げています。

ちなみにスエズ運河は、泳いで横断しても通行料がかかる。

しかし料金を払って「僕は死にましぇん」と船の前に飛びだしたら、たぶん危険です(笑)。

危険といえば、近年、スエズ運河の先にあるアデン湾に、ソマリア海賊が跋扈して、通行する貨物船の安全を脅かしています。

運河を利用する世界中の国々が、海域の安全を守るため、警備のために軍隊を派遣し、日本も自衛隊を派遣しました。

スエズの安全は、日本とエジプトの国交の柱でもあるのです。

その自衛隊派遣に、なんと日本国内で反対する政党がある。
しかもその心ない政党が、いまや日本の与党となってしまった。

でもね、ねずきちは信じているのです。
世界の安全と平和、そして世界の人々の豊かな暮らしのために、いつの日か、日本の艦隊が胸を張って人々を守る、そんな時代がくることを。

99回失敗したっていいじゃないか。
いつか必ず心を得られるのさ!と思った方

↓クリックを↓
人気ブログランキング

スエズ運河の朝


※本文には五洋建設のスエズ運河改修プロジェクトを参考にさせていただきました。

~~~~~~~~~~~~
みなさまへ

11月17日から27日まで、入院のためブログの更新ができません。
そこで期間中、過去のエントリーの中の昔のオススメ記事を、若干の加筆修正をして再掲しています。

本日の記事は、↓の記事をもとに、若干の原稿の稿正をしたものです。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-682.html

~~~~~~~~~~~~

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

No title
日本の若者よ、もっとしっかりせよ。このままでは日本は中国に占領される。

船井幸雄の今知らせたいこと 

http://www.funaiyukio.com/funa_ima/
このままなら某国に完全に占領されそうです。その時は日本語は禁止され、日本人のエリートは、みんな殺されるでしょう。そして日本は日本で無くなり、地球も銀河系もつぶれます。どうしても、これは阻止してもらわねばならないです。よろしく」と。

全文は上記のアドレス(船井氏のHP)でお願いします。

お邪魔します。
あまりにひどい中国人向け華字新聞の広告内容を中心にお伝えしています。

日本人が華字新聞を読まないことをいいことに、もうめちゃくちゃですよ。
堕胎の広告、違法を合法にするという行政書士の広告、永住滞在資格取得までカバーする保証人代行の広告、不法滞在者を募集する結婚紹介所。

広告内容については動画の後半になりますので、どうぞご覧ください
http://www.youtube.com/watch?v=vI8QaPj42rk


元警視庁通訳捜査官、坂東忠信の公式ブログです。
http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1230944

愛信

電池式ロボット「エボルタ」、東海道500キロゴール
電池式ロボット「エボルタ」、東海道500キロゴール
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101122/biz1011222305034-n1.htm
この日は、大津市を午前7時20分に出発。
小雨の降る中、約12・3キロを走り、午後3時半すぎ、
関係者や通行人ら約300人が見守る中、
三条大橋にゴールし、東海道を踏破した。
【旅の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/tabi/tabi.cgi
【旅タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

おれんじ

No title
ねずきちさん、お体お大事に!

素晴らしい記事有難うございました。

空き缶粉砕

「2ちゃんねる」より
150 :本当にあった怖い名無し
十年近く前だろうか、東南アジアの海域で、海賊に襲われかけてた日本のタンカーを、
旭日旗をはためかせた、古い型の軍艦が近づいて来て、海賊を威嚇するように航行し、
追い払って助けてくれたって話なら聞いた事がある。

当時、その海域に海上自衛隊の艦船がいるはずもなく、
しかも感謝の無線を発しても何の反応も返って無いその軍艦を見て、
乗組員は不思議がったが、太平洋戦争中、多くの日本艦船がこの海域で米軍と戦い、
沈んでいったという事を船長さんが知っていて、安心したかの様に再び遠くへ過ぎ去るその軍艦に対して、
感謝と冥福を祈り、乗組員全員で黙祷を捧げたという。


    ∧__∧
    ( *イ∀)  心に滲みるな!
   .ノ^ yヽ、
   ヽ,,ノ==l ノ
    /  l |
"""~""""""~"""~"""~"

-

おい仙谷 北朝鮮と 自衛隊を 一緒にするな
北朝鮮
 存在自体が
  暴力装置

Tacky

No title
ねずきちさん、こんにちは。
いつも勉強させていただいております。有難うございます。
お体はいかがですか?

一日も早いご回復をお祈りしております。

共通一次世代

今、現実の中で戦っている国会議員は自民党議員です。
大和ミュージアムも五洋建設さんが作ったんですよね。

上長が現場の中に入り、現場を知り、部下を信頼し、共に歩む。会社もそうですが、政治も同じだと思います。

マスコミが官僚叩きを徹底的にする中、麻生さんは官僚の完全否定などせず、「官僚を使いこなす」と、確か党首討論でも言っていました。正論だと思います。

田母神さんも自身のHPで仰っています。
↓【『 官僚叩きの愚 』 2010-05-11 (田母神俊雄オフィシャルブログ「志は高く、熱く燃える」)】 より
http://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-10531827561.html

=======(一部抜粋)
最近、ブームになっている官僚叩きも改革症候群の一つの症状である。日本の官僚制度が、世界一の無駄を出しているような報道が多いが、世界と比べてそんなことはない。

私が知っているアメリカの軍人たちが、退官後どのような再就職をしているかを見ても、日本だけがそんなにひどいとは思えない。どんな制度にも無駄や遊びは必要なのだ。これをゼロにしようとすると、組織は硬直化して仕事の能率は低下するだけである。

政治主導と言われ官僚叩きが絶対正義のように言われているが、戦後日本の復興を支えてきたのは官僚制度である。官僚たちが、高い志を持って仕事に向かってくれることが国家を強くする。

今の我が国の政治は官僚のやる気を失わせるために全力を傾注しているようだ。一部の官僚が悪いことをしたからと言って官僚の手足を縛っては、もっと大きな損失が待っているだけである。

アメリカや中国が、日本を弱体化するために、官僚制度を弱体化すればいいと考えているかもしれない。官僚叩きが始まった以降、日本は経済戦争に負けている。

政治家はもっと官僚を有効活用することを考えるべきである。日本が駄目になり始めたのは政治主導といわれるようになってからである。
=======(以上)

マスコミの煽りに影響されて、さも自分は政治のことがわかっていると国民は錯覚しています。でも実際は何も分かっていない。煽りに便乗しているだけ。

誰が総理をやっても一緒、などと今だに言っている人が多いですが、そんなはずはありません。その判断基準さえマスコミの言うがままで、ろくに真実を見ていない。しかし、いまの内閣の異常性の中で、マスコミはまだそんな印象操作をしています。それしかもう方法がないからです。

真実を知ってほしいと心から思います。それは、国民が徹底的に馬鹿にし侮辱した、安倍さんや麻生さん、中川さんたちこそが国を守る政治家であるという認識を持ってもらうことです。


【神登壇 佐藤隊長 VS 紙答弁 菅ガンス 1/6 】(2010年06月15日)
http://www.youtube.com/watch?v=zXaXUv_94AU&feature=related
現場を知り現場の汗を大切にするヒゲの隊長こと佐藤正久議員が菅直人に向けて放つこの言葉が真実です。↓

「日本国の国会議員としてあるまじき軽薄な政治姿勢と、許しがたい行動に恥じるところはありませんか!?天に恥じるところはありませんか!?」

自民党は普天間問題も地元を無視して進めるようなことはしてこなかった。長い年月をかけて地元と膝を交えて話し合ってきた。
民主党とは絶対に違う。民主党も自民党も同じだなんて絶対にありえません!

テレビの中での討論は議事録に残らないが,国会での討論は議事録に残ります。国会での頑張りがこの国を左右する。テレビが写さない国会での自民党の議員の頑張りを国民に知ってほしいです!現実の中で戦う自民党議員を見て欲しいです!

愛信

はやぶさカプセル「すごい」 広島・呉で一般公開 親子連れ賑わう
はやぶさカプセル「すごい」 広島・呉で一般公開 親子連れ賑わう
http://sankei.jp.msn.com/region/chugoku/hiroshima/101121/hrs1011210232002-n1.htm
約60億キロにおよぶ7年間の宇宙の旅を経て地球に帰
還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが20日、広島
県呉市の大和ミュージアムで一般公開され、一目見よう
と、大勢の親子連れらが訪れた。
関連情報
【はやぶさ帰還、宇宙探査に新領域 より遠い天体へ道開
く】
【旅の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/tabi/tabi.cgi
【旅タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク