最後の海軍大将 井上成美

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

井上成美
井上成美


几帳面で謹厳実直、まじめ一筋。けれど全力で生きてきた。

誰よりも努力した。
勉強もした。
世界の情勢に通じ、時代を確実に見通す眼も持った。
だからこそ、長いものに巻かれない生一本を貫いた。

遊ぶこともしなかった。
ただ音楽が好きで、たまにギターを弾いた。

開戦には、断固反対した。
けれど、国家は開戦への道を進み、そして終戦。
多くの部下も失った。

だからこそ戦後は人前に出ず、贅沢とはほど遠い、極貧生活を送った。
毎年8月15日には、一日中、緑茶以外は摂らずに絶食して、軍帽を被って一日端座して遠い海を眺め、戦死した仲間たちの冥福を祈った。

そんな「最後の海軍提督」のお話をしてみようと思います。


その人は、井上成美(いのうえしげよし)です。
彼は、大東亜戦争終戦時、海軍大将でした。

井上成美は、明治22(1889)年、宮城県仙台市で生まれています。
そうです。いま、東日本大震災の被災地となっているところです。

その仙台の、仙台二中(現:宮城県立仙台第二高等学校)を優秀な成績で卒業し、江田島の海軍兵学校に学んでいます。

海軍兵学校の入学時の成績は、180名中8番といいますから、優秀です。
そして卒業時の成績は、2番です。
トップ集団の中で、さらに成績順位が上がったということは、井上が並はずれた努力家であったということです。

兵学校を卒業した井上は、練習艦「宗谷」乗り組みます。
このときのメンバーが豪勢です。
艦長が、後に終戦時の内閣総理大臣を務めた鈴木貫太郎です。
第一分隊長が山本五十六、指導官が後の連合艦隊司令長官でフィリピンで殉職した古賀峯一だった。

大正4(1915)年に、新造艦であった戦艦「扶桑」に分隊長として乗り込んだ井上は、翌大正5年に、海軍大学に進学します。

その後、イタリア駐在武官(昭和2)、海軍大学教官(昭和5)などを勤め、昭和7年には、海軍省の軍務局第一課長に就任します。

その頃のエピソードがあります。
ちょうどこのころ、海軍軍令部では「軍令部令及び省部互渉規定改正案」を作ろうとしていた。

詳しい内容は省きますが、第一課長の井上が、この案に真っ向から反対しているというので、海軍大学で一期上の南雲忠一(後の海軍大将)が、井上のもとに説得にやってきます。
そして大激論となった。

論戦の果てに、南雲は激昂します。
そして、「お前のような奴は殺してやる!」とにすごんだ。

このとき井上は、あらかじめ用意していた遺書を南雲に見せ、
「やるならやれ。死んでも俺の意志は変わらん!」と応じています。

たとえ尊敬する先輩からの説得であっても、イケナイものはイケナイ。
それは、先輩後輩という「私」よりも、職務という「公」を優先するということです。
だからこそ、争うべき時には、命がけで争う。

日本人は、ウエットな民族だとよくいわれます。
極端な論争は好まない。
けれど、「公」を背負ったとき、争うべきときは断固争う。
同時に、どんなに争っても、根底には相手に対する礼と尊敬の念が必ずある。
それが日本人です。


昭和8(1933)年11月、井上は練習戦艦「比叡」の艦長に就任します。
このとき井上は、部下に次のような訓示をしています。

~~~~~~~~~~~
軍人が平素でも刀剣を帯びるのを許されており、吾々またその服装を誇りにしておるのは、一朝事ある時、その武器で敵を斬り、国を守るという極めて国家的な職分を果たすからである。

国家の命令があって初めて軍人は武器を使用できる。
手元に武器があるからと言って自分勝手に人を殺せば、どんな思想信条であろうとただの人殺しである。
~~~~~~~~~~~

昭和11(1936)年、井上は、正月に催された横須賀陸海軍の親睦会に出席します。
このとき、一緒に呑んでいた憲兵隊長林少佐が、井上に「貴公、貴公」と話しかけた。
これのとき、井上が激昂した、というお話がいまに伝わっています。

井上は、
「君は少佐ではないか。私は少将である。少佐のくせに少将を呼ぶのに貴公とは無礼である。海軍では、軍艦で士官が酒に酔って後甲板でくだをまいても、艦長の姿が見えれば、ちゃんと立って敬礼をする。これが軍隊の正しい姿である。君のような礼をわきまえない人間とは酒は飲まん!」

直後に別の部屋でお茶漬けを食べていたところ、芸者からその憲兵隊長と付き添いの荒木貞亮・柴山昌生両少将がケンカをしている報告を聞いた井上は、
「どっちが勝っているか」と質問し、
「憲兵隊長が袋叩きにされています」と聞くと、「それならほっとけ」とだけ言ったそうです。

翌日憲兵隊長が謝罪に訪れた。
このとき井上は、
「あとで謝るなら最初からするな!」と強く戒めた。

少佐が上席者である少将に対して貴公と呼ぶのは怪しからんというのは、権威主義者だ、などといってはいけません。
酒に酔っても、最低限の礼節を守る。
それが軍人です。

身に刀剣を帯びる軍人が、酔ったからといって節度を忘れるようでは、危険極まりない。
そういう意味で自己に対するどこまでも厳しさを忘れない。
それでこそ武士であり、帝国軍人です。

林少佐も偉い。
彼は、そのことにあとで気が付いた。
だからこそ謝罪に行っています。

井上は、最初からすなっ!と言ったけれど、その段階で心の中で林少佐を許している。
それが男と男の信頼関係になっていく。

そういう、相手の良心を忖度して互いに人間として成長していこうという姿勢が、両当事者にあったからこそ、こうしたエピソードが活きてくる。
そんなふうに思います。


昭和10年、井上が横須賀鎮守府の参謀長だった頃のことです。
ある艦艇の艦長が、乗員に上陸禁止令を出した。
ところが自分は上陸して水交社で飯を食っていたのだそうです。

食堂に、参謀長の井上が現れます。
彼は艦長に向かってこう言った。
「貴艦には上陸禁止令が出ていたはずだが?」

当然艦長は、それを認めます。

すると、「それは艦長命令で出したのか?」

艦長「はい、艦長命令で出しました」

すると井上の眼がみるみるうちに吊りあがり、
「自分が出した命令を自分で破ってどうする。すぐに戻れ!」と激怒した。

艦長は、まるくなってあわてて自艦に戻ります。
すると艦長室の前には、大量の糞尿が置かれていたのだとか。
これは乗組員たちの、ささやかな抵抗です。

上に立つ者こそ、規律を守らなければならない。
でなければ、組織は成り立たない。

共産主義の人治主義のもとでは、上に立つ者にはありとあらゆる自由が保証され、下の者は、銃を突きつけられて無理やり言うことをきかせられる。
これでは、人として、組織として、人は育たない。

学校で、先生が生徒に規律を守れ!というなら、まずは先生が率先して規律を守らなきゃならない。
会社で上司が部下に規律を守れ!というなら、まずは上司が率先して手本を示さなければならない。
それは上杉鷹山の師匠だった細井平洲の生涯の教えでもあります。


昭和12(1937)年、日本は、日独伊三国同盟を締結します。
これに対し、当時軍務局長だった井上は、米内光政海軍大臣、山本五十六海軍次官、永野修身軍令部総長らとともに、猛烈と反対しました。

昭和12年とえいば、日華事変の最中です。
そして日華事変を背後で操っているのは、米英です。
けれど、だからといって、この時代にドイツと手を結ぶということは、米国と頭から対峙する、ということになる。
それは、戦争を意味することです。
だから井上は、猛然と、この同盟に反対した。

当時の新聞などの論調は「日独伊三国同盟は集団防衛であり、我が国の国益に適う」というものです。

けれど井上は、
「集団防衛というけれど、日本にドイツからどれだけの援助があるのか。またできるのか。
強い国と仲良くしていかなけりゃならんのに、アメリカとも仲が悪くなるし、イギリスとも悪くなる。
一方で、ドイツからは何等の恩恵もこうむらない。
日本にとって何のメリットもなく、得するのはドイツだけです」と述べています。

いまの時代に振り返ってみれば、井上の先見性の方があたっているのは、誰にでもわかることです。

けれど当時、三国同盟に反対する井上のもとには、「斬奸状」「宣言」などの奉書が送りつけられ、まさに国賊扱いされた。
いまならさしづめ、マスコミから総攻撃を受け、ネットで悪口やら誹謗中傷やらをめいっぱい受けるようなものです。

それでも井上は、断固として自説を曲げなかった。
三国同盟に反対する米内、山本、井上は、「海軍左派の三羽烏」とまで揶揄されています。

称された。容認され、一方で力の暴力は、たとえ袖が触れ合う程度ですら悪とされるという風潮は、いかがなものかと思います。

昭和15(1940)年、China方面艦隊参謀長兼第三艦隊参謀長となっていた井上に、事件が起こります。

上海の共同租界で私服の日本人憲兵が、中国人の強盗に襲われ、殺害された。
陸軍はこれを口実に国際法規を無視して、一個大隊を租界に進入させようとします。

これに対し井上は、
「強引に租界に入ろうとする者は、たとえ日本陸軍でも敵とみなして撃滅せよ」という厳命を発する。

上海海軍特別陸戦隊は、陸軍の行進と対峙し、押し問答の末、陸軍が引き下がっています。

結果からみれば、ボクはこのとき、むしろ上海租界内に陸軍が入り込み、Chinaの便衣兵を徹底的に叩くべきであったと思っています。

外国人一人を殺害したら、Chinese1万人が報復攻撃される、くらいの行為があって、はじめてChina社会では「侮れない相手国」と看做されるというのが、悲しい現実です。
Chinaに駐屯していた欧米白人諸国は、ぜんぶそうやって自国民の安全を図ってきた。
おかげで、いまだにChinese社会では、現実に植民地支配をしていた欧米に対しては、なんら苦情の申し立てをしていません。

けれど、規則を守る、規則によって動くのが「軍」です。
「軍」は軍の都合で動くものではなく、国家の方針のもとに動く。それが本来の姿です。

ちなみにいまの日本のように、反日政府が誕生し、国軍たる自衛隊を粗略にするような国家にまで、この考え方が適用されるべきか否かは、議論のあるところだとも思っています。


昭和16(1941)年12月8日、ハワイ真珠湾攻撃の日の出来事です。

この日、井上はカロリン諸島のトラック島で第四艦隊旗艦「鹿島」艦上にいました。
そして艦の無線で、「トラトラトラ」を傍受した。

通信参謀だった飯田秀雄中佐が井上に、「おめでとうございます」と言って電報を届けたのだけれど、そのとき井上は、
「何がめでたいだバカヤロー!」と物凄い剣幕で怒鳴ったといいます。

飯田中佐は、そのときは何故自分が怒鳴られたのかわからなかったけれど、本土に帰還し、焼け野原となった東京を見たときはじめて、井上の「バカヤロー」の意味を理解したといいます。

戦争が終わった時、戦前の海軍省は、第二復員省という名称になって、外地からの兵士の復員を専門に扱う省庁となっていました。

この復員省に、ある日、井上が自宅があった三浦半島の名物のミカンを大量に手土産に持ってやってきたそうです。
そして、
「田舎にはこんなものしかありませんが、みんなで食べてください」と、旧部下に心づかいを見せたという。

この当時は、食べ物もなかなか入手できない困窮の時代です。
その時代に、ミカンは非常に貴重な果物だった。

それを井上は、自身も後日、貧困のため栄養失調と胃潰瘍で入院を余儀なくされるほどの生活を送っていながら、貴重なミカンを机に山が出来るくらい、たくさん持参しています。

当時復員局員だった中山定義は、「元の大将中将で、復員局を訪れてかつての部下を労ってくれたのはそれまで一人もいなかった」と述べています。

そして井上は、昭和50(1975)年に86歳でお亡くなりになるまで、横須賀で隠棲して暮らします。

近所の子供達や、軍人時代に懇意にしていた横須賀の料亭の芸者や仲居達に英語を教えていたけれど、謝礼を受け取らず、無収入で生活は困窮を極めた。

軍人恩給の給付が一時凍結されていた際、井上家の経済的な窮状を察した関係者が旧海軍省次官の経歴で文官恩給の給付を受けられるよう取り計ろうとしたけれど、これも「自分は軍人である」と拒否しています。

さらに、海上自衛隊が発足した当時、海自の練習艦隊壮行会で、嶋田繁太郎が出席して乾杯の音頭をとったと聞いたとき、
「恥知らずにも程がある。人様の前へ顔が出せる立場だと思っているのか」と周囲が青ざめるほどに激怒したといいます。

島田繁太郎という人は、大東亜戦争開戦時の海軍大臣だった人です。

要するに井上は、自分が軍人として、将官の立場にありながら、多くの部下や民間人を犠牲にした。
そのことと真正面から向き合って残りの人生を過ごしたのです。

そして冒頭に記したように、毎年8月15日には一日絶食し、端座して遠い海を眺めることを常とした。

会社が倒産したとき、その会社の幹部が、多くの社員を犠牲にしたことを恥じ、隠棲生活をした、という話は、あまり聞きません。

井上は、開戦当時、第四艦隊司令長官であったけれど、それは大東亜戦争そのものの開戦責任を負うような立場ではありません。
けれど、彼は、多くの若者を犠牲にしたことと、生涯真正面から向き合って過ごした。

それは、とても辛いことです。
けれど、それをやりとおしたのが、井上成美という人物だった。

そういう人物が、この日本に、いたということを、私たちは忘れてはならないのだと思います。

 ↓クリックを↓
人気ブログランキング

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

遠藤

No title
 歩三の安藤大尉殿

 確かにその通りですね。第四艦隊の航海参謀をしていた祖父の従兄弟が井上提督をあまり評価していなかったのですが、その理由がわかりました。
 

環境大学新聞

GHQが確認したルターの手紙
明治から平氏や藤原氏に閑院宮などの氏士族と本百姓に

群がって五月蠅く憑纏った族が行った略奪と強姦の歴史と

文化破壊の歴史の真相を100条委員会で追及する活動をしませんか。

そばちゃ

益々興味が湧きました
はじめまして。
ブログを読ましてもらい胸が熱くなる思いでした。井上成美に興味を持った切っ掛けなんですが、内の妻が井上成美海軍大将の子孫にあたり、どんな人物でどんな人生だったのかと探るうち、こちらを見つけました。
今の日本を引っ張る人たちにこんな世界視野で物事を見つめ、義を重んじる指導者がいるんだろうかと考えさせられました。海軍大将としては戦の上手い下手で計れば色々あるでしょうが、彼の生き様こそ今失われつつある日本人らしさだと感じました。彼の存在をもっともっと日本人に知ってもらいたいですね。

歩三の安藤大尉

井上は戦に弱いな
・・・と昭和天皇は言われたそうです。また、「またも負けたか四艦隊」という標語もあったようです。
どんなに人格高潔でも、戦いに負ければ、軍人としては失格です。戦後の暮らしぶりも一見立派に見えますが、私はそこに、井上の人を見下す、ある「高慢」を感じてしまうのです。

愛信

特亜::混乱の大陸にて::立ち退き(大)混乱始まるよ★
特亜::混乱の大陸にて::立ち退き(大)混乱始まるよ★
http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jap/society/2011-04-22/014715463354.html
(動画付き)
提供は新唐人TVでした中共が、”義(利益の事、利)”に弱い人民を
爆釣りしつつ逃げ切れるか、気がついた人民に袋叩きにされて崩壊
するのか。
何やら中東経由でジャスミン革命に飛び火した薮たんの”世界民主
か”構想

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

谷 豊

No title
●統一地方選挙

 統一標語
 「気を付けよう、その無所属は民主かも!」

 ※「民主党=落選」というのが常態になって来ています。
  そこで、本当は民主党でありながら、無所属という
  通名(詐欺・ゴマカシの名前)で立候補する者が
  増えています。気を付けましょう!

 ※管理人さんへ
  統一地方選挙後半戦も最終段階となり、しつこいようで
  すが何回も投稿させて頂きます。すみません。

ちび・むぎ・みみ・はな

井上成美大将については複雑です.
ねずきち様,

井上成美大将については複雑です.
「海軍反省会」(戸高一成編, 現在2巻迄出ている)
にある証言によれば, 井上大将は能吏であったが
戦う人ではなかったという評価の様です. 海軍の
方々はミクロに見ると立派な人が多いですが,
それでなぜ負けてばかりだったのかと考えると
マクロでは戦場に相応しい人達ではなかったと
いうのが結論です. 山本五十六を頂点とした
立派な人達が西太平洋を支え切れなかったことが
何百万と言う人達が無駄に亡くなった原因です.
その様なことを考えると, 戦時における軍人は
戦場において評価すべきだと思います.

一所懸命

反日自虐史観洗脳装置粉砕
私は本日、本会議場において連邦政府の名において宣言したいと思います。
われわれは皆、気高き軍人の伝統の名において、陸・海・空で名誉ある戦いを
繰り広げたわが民族のすべての兵士の功績を承認します。
われわれは近年のあらゆる誹謗中傷にもかかわらず、ドイツ軍人の名声と偉大な功績が
いまなおわが民族のもとで命脈を保ち、今後も生き続けることを確信します。

こう述べたアデナウアーは2003年ZDAによる視聴者投票で「ドイツ最高の偉人」に選ばれている。
ドイツが「反省」(これも上に書いたように「したふり」だが)をしているのはホロコーストのみ。

【国会】自民「日独決議」で40人退席 執行部の大きな失態 [4/22]

 日独交流開始150周年の決議に反対、退席した主な議員(敬称略)

 【自民党】麻生太郎、安倍晋三、阿部俊子、石田真敏、伊東良孝、伊吹文明、小里泰弘、小渕優子、
加藤勝信、岸田文雄、小泉進次郎、後藤田正純、近藤三津枝、斎藤健、塩谷立、下村博文、新藤義孝、
平将明、高市早苗、中谷元、永岡桂子、平沢勝栄、福田康夫、古川禎久、古屋圭司、松浪健太、松本純、森喜朗、山口俊一

 【たちあがれ日本】園田博之、平沼赳夫

 【無所属】城内実

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110423-00000099-san-pol

(・o・) 「侵略戦犯国」史観を許すな!

記事とは関係ないんですが。。

政府の横暴
原発20キロ圏封鎖へ!ペットレスキューの方々も締め出されてしまいます。拡散してください!

拡散のご依頼がありました

確かに政府のやってることは、後手後手で。。

宮崎のときもそうでしたが、民主党政権は被災者の「心の苦悩」を

考えているのか・・疑問です。

・・・・・・・・・・人間だって、大変なとき、

ペットのことまで手が回らない。。

ペットをつれて避難所には入れないなど、言う意見が多く、

仕方ない問題だとあきらめている人は

多いと思います、、自分も含めて。。

デモ、飼い主だって、政府だって、

自分のできるかぎりのことを、精一杯してあげたのだ。。

ということがあって

あきらめるにしても、くいのない思いで、

彼らを見送ることだってできるし、

それは、自分の心を救うことにも、なるんではないのでしょうか。。



一番気にしていた部分の動画だったもので、

大変ショックを受けています。



まだできることはないだろうか・・・私は、

自分のブログすべてと、ツイッターなどで

拡散することで、政府の横暴を訴えて行きたいと思います。

これはあくまで、私の意志ですので、

協賛される方は拡散されてください。

なお、動画は、見れる方だけご覧ください。辛くなるかも、、

(´;ω;`)sakuya


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

拡散してください!
原発20キロ圏封鎖へ!

ペットレスキューの方々も締め出されてしまいます。
もうペット達は死ぬしかありません!!!!!!!!

青山繁晴さんが福島原発正門前で計った数値は、短時間であるなら、
人体にそれほど多大な影響はない数値なんですよ。

このままではペットも家畜も皆死んでしまいます。

人間だけが命がある訳ではないですよね。
放置するなんて許されません!!!!!

避難した方は皆さん、少しの間だと思っていました。
だから家にペットを残して出てしまいました(泣)
そのようなペットは死んでしまいました(大泣)
首輪を放した犬達も痩せ細っています。
家畜は次々と死んでいます。

このままにするのは許せません。

福島第一原発20キロ圏内の動物たち(2011/4/8)
http://www.youtube.com/watch?v=XnUeAZE29Fc

福島原子力発電所立入禁止区域内の家畜達(豚さん編)
http://www.youtube.com/watch?v=DvXofBre7dk&feature=related

福島原子力発電所立入禁止区域内の家畜達(牛さん編)
http://www.youtube.com/watch?v=bcvzxmINZLY&NR=1

助け合おう日本 原発20㎞圏内のペットを救え
http://www.youtube.com/watch?v=P-aFn8g09Aw

福島第一原発20km圏内に残された動物たち
http://www.youtube.com/watch?v=DNl_vEFG4Zw

◆農林水産省への嘆願はこちらから
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html






(´;ω;`)








非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク