帝國海軍は断じて同胞を救ふ



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

聯合艦隊20120201


ネットで拾ったお話をご紹介させていただきます。
「ひうらさんの思ひ出」というものです。

ご存知の方もおおいと思います。

~~~~~~~~~~~
【ひうらさんの思ひ出】
(帝國海軍は断じて同胞を救ふ)

日本海軍は北洋警備、北洋漁業保護のために、旧式駆逐艦を以て編成する駆逐隊の一隊(定数四隻 司令は大佐または古参の中佐)を毎シーズン派遣していました。

国民性なのでしょうか。
ソ連は昔から露骨な国で、我が駆逐隊が漁業海域に到達し、警備任務に就くやいなや、日頃横暴なソ連艦艇が途端に猫のようにおとなしくなりました。

だから駆逐隊は、毎度漁民から熱狂的大歓迎を受けたものです。
必要に応じて、戦隊もしくは艦隊を迅速に派遣することも行はれたようです。

父の友人に「ひうらさん」という越後の人がいました。
生きておられれば、ゆうに百歳を超えましょう。

明治時代に雪の越後をあとにして、刻苦勉励、あまたの辛酸をなめ、戦後は小金持になって、銭湯など経営して世を終えられた方です。

この御仁が、大正の末か昭和の初め、蟹工船に乗組んで北洋漁業に従事していた時のことです。

氷濤の中、果敢に操業していたある日、突然ソ連の警備艦艇に、いわれなく拿捕され、乗組員一同、ウラジオストックに連行され、抑留されてしまったのです。

取調べは惨たらしいものでした。
生きて再び日の目を拝めるかと思った程だそうです。
ありもせぬ犯罪事實の自白を強要され、半殺し状態で朝を迎え、再び鉄格子の中から引き出されました。

いよいよ殺されるかと半ば覚悟した途端、何故か赤魔官憲の態度が手のひらを返す如くに豹変しました。
捜査は打切り、無罪放免。

ロシア紅茶まで振舞われて、にこやかに釈放するではありませんか。

解き放たれたひうらさん達は、警察署だか獄舎だかの外へ出ました。
天然の港町なら、たいがい地形的に港へ向って傾斜し、海側の眺望が開けています。
半信半疑のまま、ともかくも港に向かおうと、ふらつく脚を海へ向けました。

その瞬間、何故、助かったかがわかりました。
沖には、日本海軍の大艦隊が間近く展開し、旗艦たる巡洋艦以下、各艦砲身を陸に向け、砲門を開き、その強大な攻撃力は毎分幾百幾千発ぞ、陛下の赤子にかすり傷だに負はせなば、ウラジオストックそのものを消滅させんばかりの圧倒的武威を以て、ソ連を威圧してくれていたのです。

旭日の軍艦旗の何と美しく、浮かべる城の何と頼もしかったことでしょう。
皆、感泣しました。
鋼鉄の艦体に頬ずりしたい思いで・・・

ひうらさんは無事、日本に帰りました。
取るにも足らぬ漁舟の、僅かな人数の乗組員の為に、大国相手の戦争をも辞せず、瞬く間に艦隊を繰り出して救出してくれた祖国日本の親心にむくいるためにも、なお一層仕事に励み、三代の御代を生き抜き、東京都江戸川区小岩の自邸で、四半世紀ほど前に大往生を遂げられました。

勤倹貯蓄、関東大震災の前の歳に買ったという革靴を、靴底だけ張替え張替えして、生涯穿き続けました。

「ぜいたくをする金があったら、海軍に献金でもせい!」
~~~~~~~~~

いかがでしたか?

ボクは、このお話を読んで、たいへん感動しました。
これこそが国軍というものであり、君民ともに生きる日本の在り方なのではないかとさえ思った。

軍事をないがしろにし、個人の贅沢ばかりを追求する戦後日本というのは、どこか根本的なところで間違っている。
そう思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

出征兵士を送る歌 歌詞あり


【メルマガ会員募集中】
ねずブロのメルマガを購読し、ご一緒に日本の良い話を拡散しませんか?
購読のお申込は↓コチラ↓から。
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

鬼女ですが

No title
一人の国民の為に日本の海軍が動くなんて事がかつてあったんですね
びっくりし感動しました
ひうらさんの思い出、で検索ワードとしてあったのでうっかり検索したらねずさんにたどり着きました(笑)
北朝鮮に拉致されても全く動けない今の日本とは大違いです
国とはこうで無くてはいけないのでしょうね

ねこちん

大変素晴らしい話ですが、この話は作り話ですよ。

jugem

No title
色付きの文字みのが機会あるごとに何回も言うものだからTBSへ注進した。共産党一党独裁政権の人民解放軍を有する中国に対し集団的防衛権もない日本が抑制力として最後の砦になるのがF35戦闘機だ。国家の防衛という認識に甘いノー天気野郎がテレビでほざくのは許せない。

遠藤

百人斬り授業
 百人斬り授業 いかに中華人民共和国が嘘を並べて日本バッシングをしているかということを世界に示す教材として使用していただくとよかったのではないでしょうか。
 
 嘘も重ねていけば真実になるということの恐ろしさを身をもって感じる教材にしていくべきです。
 
 教師がだめなのではなく、このような教材を総合で扱う場合に明確な指針を示さない、国家、文部科学省、教育委員会の問題でしょう。一教師の首を切ってどうにかなる問題ではない。本質を間違わないように。元が腐っているのにトカゲの尻尾切りよろしく現場の教師を切っても根本的な解決にはならない。指揮官がなってない部隊の兵を入れ替えてもどうにもならない。が、指揮官を変えれば末端の兵は変わる。

amotoyamatotake

No title
百人斬り授業は総合の時間でした教育だそうだが、自ら考えるという総合の時間の基調さえ守られていない。教師が提示した百人斬りの資料でいきなりの結論である。各自が考えるためには各自が調べることが必要。ネットで検索させるだけでも考える機会になった。

教材研究もまともにできない、生徒に考える機会も与えないダメ教師は首しかないです。ダメ教師を放置している長崎県に抗議を!!

抗議先はURLへ。

通りすがりの者

No title
【TPP断固阻止】ホワイトハウス宛署名サイト
http://jump.cx/whitehouse
ホワイトハウスの署名ページURL
http://wh.gov/kWa

突然のメールで申し訳ありません。2月1日14:00からTPP反対署名を
行っております。1ヶ月以内に25000人の署名を集めるとホワイトハウスから
正式な回答が得られます。
フリーメールOK、住所不要。
やり方は上の署名説明サイトにあります。簡単に署名が出来ます。
アカウントを作って返送されたメールにあるurlから飛んでボタン押すだけ。
1ヶ月以内に2万5千集まればホワイトハウスから正式な回答が来ます。
署名と他の方への周知等をお願い致します。ご協力のほど宜しくお願い致します。

-

No title
この逸話が出回った当時、話題にもなったので良く覚えています。
個人的には胸のすくような話ではあるのですが、
話の内容自体は所謂軍オタの諸氏などを中心に信憑性が大いに疑がわれていた記憶があります。

流石にソ連の一大重要拠点港であり、厳重な機密下にあるウラジオストックに、帝国海軍の駆逐艦隊が漁民保護を理由に入っていけるとも思えない等々。

ソースや当時の話のまとめを取っておかなかったので詳しいことは失念してしまいましたが。

-

国家のあるべき姿
まさに国民の生命財産を守る為の国家。
この話は私が大好きな話の一つです。これだから帝国日本に惚れたんだ。 今の日本もこうあればイイのにといつも思います。

谷 豊

No title
同感です!

数十人~数百人も拉致されたというのに
いっこうに動かない日本政府!
悔しい限りです。

ましてや、そのヤクザ国家にすり寄り
×を書いた日本国旗の前で反日を叫ぶ元大臣、
ヤクザ国家のスパイ養成学校無償化に努力した前総理など
目も当てられない「腐った日本」になりつつあります。

northernbear2009

No title
拉致問題解決に通じるものだと思います。
話し合いなどで解決できるものではないことを戦前の日本人は理解していたのでしょう。
国家主権(国民の主権)が侵犯された場合は、それ相応の代償を相手に支払わせる、このような気概なくしては拉致問題など解決できるはずがありません。
国防問題を正面から取り組まない政治家そのものが現在の国民そのものなのです。

遠藤

No title
 小林多喜二の有名な小説に『蟹工船』というのがあるのはご存じと思いますが、その中に「俺達の後ろには帝國海軍がついているんだぞ。」といセリフがあります。不穏が動きを見せる労働者たちに元締めが言った言葉なのですが、北方漁場の治安維持に帝國海軍が派遣されていたのは紛れもない事実です。
 
 ここで書かれているような事件が発生した場合、外交ルートではなく、軍艦の艦長が自己判断で交渉に当たるわけですが、一つ間違えば国際紛争にもなりかねない中で交渉に当たる艦長の責務は多大なものがあります。

 戦後は憲法、自衛隊法の規定と文民統制の中で、借りてきた猫常態の海軍は警備責任を放棄していますが、その結果数多くの漁船が拿捕され、漁民が拉致されています。国際紛争回避のため軍事力を行使しないということでしょうが、国家の姿勢として余りにも無責任ではないでしょうか。被害を被るのは一般国民ではたまったものではありません。
 
 、戦後は労働法、工場法の改正によりこの様な洋上で加工をする「蟹工船」の存在はなくなり、小説に描かれたような不当労働は少なくなったようです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク