水師営の会見と戦艦ミズーリ



■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm
■日本史検定講座の第二期募集がはじまりました
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1825.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



写真を二つご紹介します。
ひとつが水師営の会見、もうひとつが戦艦ミズーリ号上での降伏文書調印のときの写真です。
どちらも有名なものなので、ご覧になられた方も多いかと思います。

水師営の会見
水師営の会見0426


はじめの写真は、水師営の会見です。
この写真は、日露戦争中の明治38(1905)年1月15日に撮られたもので、旅順要塞近くの民家で日露両軍の将軍が会見したときのものです。

写真の中列左から二番目に写っているのが、日本陸軍、第三軍司令官の乃木希典(のびまれすけ)大将、左から三番目に写っているのが、ロシア側旅順要塞司令官のアナトーリイ・ステッセル将軍
です。
そしてのその両側にいるのが、右端が日本側伊地知参謀長、左端がレイス参謀長、前列が津野田大尉と、ネペルスコーユ参謀です。

実はこの写真で、世界の戦争の常識では「あり得ないこと」が起きいます。
何でしょうか。

答えは、日本側ももちろんですが、敗れたロシア側の将校たちもが「帯刀している」ということです。
戦争で、あるいは戦闘で、敗れた側は武装解除します。
つまり一切の武装を解きます。
なぜそうするかといえば、敵を無力化しなければ、危なくってしょうがないからです。

言い方はきついかもしれませんが、戦闘というのは、命の奪い合いをしているわけです。
「勝負あった!」とみえても、たとえばこの水師営の会見の席上で、いきなりステッセル将軍側が乃木大将に斬りかかって殺害する、などということも、ありえないことではないのです。

ですから当然のことながら、負けた方は、たとえ将軍といえども武装は厳禁、というのが世界の常識です。
ひどいのになると、終戦後に武装解除した日本の兵隊さんたちが、そのものズバリの丸裸、要するにフ◯チンにさせられて、行軍させられるなどという恥ずかしめを受けたりもしています。

ところが水師営の会見において、乃木大将は、ご自身の息子さんを戦いで失うという悲劇を経ていながら、そしてまた幾万の部下たちを死なせるという厳しい状況を経ながら、それでもロシアの将軍に対してきちんとした礼をとり、敵将の名誉を削がないように気を遣ったわけです。
会見の場において、双方ともに礼服に身を包み、帯刀して会見に臨む。
武人の名誉を尊重したわけです。

ですからこの写真は、まさに日本武士道の象徴として、当時、世界中で絶賛を浴びています。

一方、次の写真は、大東亜戦争終戦時後の昭和20(1945)年9月2日に、戦艦ミズーリ号上で行われた降伏文書調印式の模様です。

戦艦ミズーリ上の調印式


画面右側に写っているのが、日本側代表団、後ろに見えているのが、米軍の将校たちです。
軍人たちの服装は、双方とも、略式の戦闘服です。礼服ではありません。銃も剣も所持していません。
完全な礼服に身を包んでいるのは、重光葵全権以下の外務省の役人たちだけです。

どういうことでしょうか。

まず、重光全権と外務省の代表は、モーニング姿の大礼服です。
これは理由は明確で、彼らは、畏れ多いことですが、天皇陛下の名代として艦上に立っているからです。
ですから相手の服装がどうのという問題ではありません。
陛下の名代である以上、きちんとした服装をするのはあたりまえのことです。

では、梅津大将以下日本の陸海軍の代表たちは、どうでしょうか。
服装は通常の軍装(防暑衣)、帽子に至っては戦闘帽です。(正装するときは、堅いツバ付きの帽子をかぶります)
なぜでしょうか。

これまた当然のことです。
調印式が済むまでは、国としての戦闘状態は継続しているのです。
武装こそしていませんが、降伏文書調印式では、どこの国でも、あたりまえのことです。
ですから、日米双方とも、軍装(略式の軽装)でいます。

つまり、あたりまえのことがあたりまえに行われた、ということです。
逆にいえば、水師営の会見にあったような、武士道精神を、国家として発揮したのは、かつての日本だけだ、ということです。

水師営の会見が行われた日露の戦いの時代は、私の年代からすると4代前、いまの若い世代の人たちからみたら5代前、未成年の方なら6代前、ご高齢の諸先輩方ならわずか三代前のできごとです。
ミズーリの調印式なら、それぞれもう一代ずつ若くなります。

親日国として知られるフィンランドは、かつてソ連に100万の兵で攻め込まれました。
けれどフィンランドは、わずか20万の兵力で果敢に戦い、ソ連を撃退しました(冬戦争)。
その後、昭和16年に再びソ連に攻め込まれた時は、ドイツによってスエーデン側を封鎖されていたために、連合国側の支援さえなく、孤立無縁の状態でソ連と戦いました。
やむなくフィンランドはドイツと手を結び、このため終戦時には日独伊側とみなされ、ソ連には方外な賠償金を支払い、さらにソ連によって東側諸国に従属国として巻き込まれてしまいました。

けれどフィンランドは、そこまで追いつめられてなお独立自存をあきらめず、国をあげてソ連に抵抗する姿勢を持ち続けました。
この結果フィンランドは、ソ連側の一員となりながらも、国の体制は共産主義国とならずにいまに至っています。

寡兵であっても、小国であっても、窮鼠猫を噛む状態であったとしても、国として戦う姿勢をどこまでも貫き通すこと。戦後日本の混乱は、終戦後のGHQによる軍隊解体によってもたらされたと言っても過言ではありません。
そして、たいへん面白いことに、その日本軍を否定したGHQが、後年になって逆に積極的に日本軍を名目だけは自衛隊として「作らざるを得なかった」という事実です。

日本は、誇り高い武士道の国です。
その武士道の国が、主権を回復するということは、ひとことでいえば自前の正規軍(武士団)を持つということです。
牙のない動物は、すべて「餌」にしかならないからです。

下にあるのは、フィンランドの子供達が書いた日本のイメージです。
かつての日本の勇気は、いまでも世界の多くの国々に、勇気と独立自存の誇りを与えているのです。

駐日フィンランド大使館が公開した、フィンランドの子どもたちが描いた日本の国土擬人化キャラ「ヤパニネイト」のひとつ。
pic.twitter.com/2W0VzE8BA6
フィンランドの14歳の子供の絵



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

水師営の会見


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

バレッタ

オスマントルコとロードス騎士団の戦いで騎士団が降伏開城したとき、オスマントルコのスルタンであるスレイマン大帝は、開城してロードス島を去る騎士団に帯剣を許してましたよ。

別に水師営みたいなことをするのは日本だけというわけでもないですよ。

でもいいですよね。戦いのあとにそういう精神があるというのは。

000

No title
【速報】 アノニマス、朝鮮総連の会員5000人をハッキングして公開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!
http://blog.livedoor.jp/seihinmatome/archives/27382599.html
【民主の置き土産】『被災地食い物に』 中国系メガソーラー、続々と東北進出
http://dontena.doorblog.jp/archives/26351919.html

ぷれっくす

No title
やはり、現代の日本は外国から見ると女性的なイメージで捉えられるんですね。
戦前の日本は、世界中の誰が見ても男として映ったんじゃないでしょうか。

名無し

No title
リンク先の画像ですが 北方領土と沖縄がないのが 残念ですね。

モンモン

No title
フィンランドの子供達が書いた日本のイメージが素晴らしかった
ので転載させていただきました。
これからも本ブログ応援してますのでがんばってください。

ツイッター

育成
【熱狂マネジメント】について
アスリートが急にすごい成績を出してしまった時、世の中の注目が一気に集まり、熱狂が起きる事がある。僕も小さい規模だけれどそれを体験した事があって、いろんな人が寄ってくるし、自分自身もふわっとした感じで浮き足立ったのを覚えている。

どんなスピードで成長していくかなんてコントロールするのは難しい。行ける時は行ってしまいたいのがアスリートだし、そうなると当然ある日突然世界が変わるような事もある。そして難しい所はそれを体験した人は相当に少なくアドバイスできる人があまりいない。

若い選手であればそっとしておいてあげてほしいと思う時もあるけれど、スポーツ界が思っているほどメディアはのほほんとはしていない。面白い話題があれば飛びつくしそうでなければ離れる。それを責める人もいるけれど、それはある意味で世論にも近いんだと思う。

僕自身の性格として世間に流されやすかったからどうやって世の中と距離をとるかというのはとても重要だった。みんなが燃えている時ほど冷めて、冷めている時ほど燃える。そしてメディアとは距離を置くのではなくて共闘する。

人間は社会的な生き物で、だからが故に応援されると力がでるし人の為にも頑張れる。けれどもそれと同じものが選手の言動や考えを揺らす時もある。社会性が無ければ緊張はしない。社会は変えられない。社会との関係をどうマネージするか。

【終わり】いい子の要素が強ければ強いほど、熱狂に弱い。いかにしたたかに世の中を渡っていくか。そもそも世の中とはどういう性質を持っているのか。本当にタフな選手になるには、そういう能力も持っていないと巻き込まれて競技が自分の手から離れていってしまう。

↑為末さんのツイッター5月1日
ーーーー
以下武井壮さんのツイッター

19の時に陸上はじめて100を選んだけど、ハタチの時に朝原宣治と国体に行って10"19を目の前で出されて、あと二年で同じタイムは出せないと感じたから大学三年から日本一になれると感じた十種競技に転向した。。100は魅力的だが、20代全てをかけて勝負するほど惹かれていなかった。。

クボタ

日本的精神は今も・・・
東日本大震災における被災された方々の秩序ある行動。
状況は違いますが、敗軍の将の心情さえ重んじる他者への思いやりという点では通じるものがあるのではないでしょうか?
しかし、忍耐強く不満を言わない国民性が利用され、国内では移民政策が幅を効かせ、在日による日本侵略が進んでいます。
政府も経団連やマスコミなどの第三次産業のトップ、一部の富裕層にだけ有利な円安誘導、株価上昇といった国政しか進めようとしません。
この状況を打開するには、日本人が大東亜戦争まで持ち続けていたダメなものはダメと叫ぶ決意・攘夷の精神を取り戻すしかないのかもしれません。
この攘夷という言葉さえ、戦後の歪んだ教育では、差別的で偏狭な排外主義と捉えられがちですが・・・
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク