ロシアは「漕ぐ人」

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

魔法使いのおばあさん


わたしたち戦後の日本人が日本史について、おかしな自虐的階級闘争史観を植え込まれているという話は、もはや誰もが知る事実となってきていますが、実は、日本史だけでなく、世界史についても、戦後のわたしたちは大事なことをまるで教わっていません。

たとえば、ロシアという国名のの語源となっている「Russ」は、「漕ぐ人」という意味です。
内陸部にあるロシアが、なぜ「漕ぐ人」なのでしょうか。

まだ中学生だった頃のことですが、お茶の木箱に、親父や叔父貴の学生時代の宝物のようなものが入れられてあったのを見つけたことがあります。
その中には、模型のエンジンや、木製のバワーボートの模型、あるいは本や昔の教科書などがはいっていて、へえ〜なんて思いながら、読んでびっくりしたことがあります。

というのは、当時の世界史の、たしか副読本だったと思うのですが、ぜんぜん知らないことが書いてある。
どのようなことが書いてあったかというと、それがヨーロッパの支配の歴史なのです。

ヨーロッパの支配の歴史と聞けば、多くの人は、絶対王朝による民衆の支配とか、植民地などを思い浮かべることと思います。
けれど、そこに書いてあったことは、そんな生易しいものではありませんでした。

=======

書店さんでのご注文情報はコチラ

=======


何十年も昔のことなので、細かなことはだいぶ忘れてしまっているのですが、ところが先般、行われた第三回日本史検定講座で、山本茂先生が、それに関する面白いお話をしてくださり、あ!そういえば!と、実は、大感動してしまいました。

山本先生の講義は、遣唐使と国風文化の講義でしたから、以下のお話は、そこから脱線したお話として出てきたもので、以下にする話は、その山本先生のお話に、さらに私の記憶を相当付加して、私なりに書いたものです。
ただ、間違いなく戦前は、こうしたことを中学生くらいになると、子供たちが教わっていたということを、わたしたちは思い出すべきなのではないかとあらためて、思います。

では具体的にどういう歴史なのかというと、たとえば帝政ロシア時代のロマノフ王朝です。
なんとなく、多くの方は、もともとロシアにあった華麗な王朝といったイメージを持たれていることと思います。
なるほど、チャイコフスキーや、文豪トルストイなどを生んだ、たいへん立派な王朝でもあります。

ところがこのロマノフ王朝は、実は外来王朝であるということを、戦後の教育を受けてきた日本人の中で、果たしてどれだけの人がご存知なのでしょうか。

もともとロシア地方に住んでいたのは、スラブ族です。
ところがある日、その地にノルウェーのバイキングたちがやってきて、勝手に征服王朝を築きます。
これがロマノフ王朝です。

冒頭に申し上げたロシアの国の「Russ」が「漕ぐ人」という意味は、実は、かつて大西洋を荒し回っていたバイキングたちを意味する言葉からきています。
そのバイキングが、内陸部にいるスラブ人たちの住むエリアを征服し、そこに「漕ぐ人王朝」を建てたというのが、実は帝政ロシアなのです。

しかも帝政ロシアの公用語は、スラブ語ではありません。ロシア語でもありません。
フランス語です。
時代とともにフランス語とスラブ語が合体し、いまのようなロシア語に変化しました。

つまり、ロシアにいたスラブ人達は、外国人であり、別な言語を話す一族によって征服され、外国語を公用語とされた挙げ句、国名まで、外国の名前にされてしまった、というのが歴史の流れです。

そのロマノフ王朝は、結婚するときにもスラブ系民族と血が混じることを嫌いました。
わざわざフランスやドイツから女性を招いて結婚したのです。
そして民であるスラブ人に対しては、たいへんな苛烈な支配と収奪をしました。

ご存知の通り、帝政ロシア(ロマノフ王朝)は、ロシア革命で倒れます。
倒したのが、共産主義者のレーニンです。
そのレーニンは、スラブとモンゴルとユダヤの合いの子です。
ですから、彼は民族的復讐の意図をもって、ロシア、ロマノフ王朝の貴族や王族を片端から虐殺しました。
なぜ、そこまで酷い殺戮ができたのかといえば、それはロマノフ王朝の貴族たちは、異なる民族の人々だったからです。

このことはイギリスも同じです。
イギリスはもともとケルト人の住むエリアです。
ケルト人というのは、映画「指輪物語」や、「ハリーポッター・シリーズ」に出て来る、妖精信仰の多神教者たちです。

ケルト女性の典型的な姿が、黒い着衣にとんがり帽子をかぶった魔法使いのおばあさんで、これはケルト人の呪術師の女性の一般的な服装です。
呪術師と聞くと、なにやらいかがわしく感じますが、いまで言ったら、お医者さんと看護婦さんと薬剤師さんを合体させたような存在です。
たいへんにケルトの人々から尊敬されていた人たちで、薬草などを処置して病気や怪我を直していました。
それが、恐ろしい魔法使い扱いされて、片端から殺害されたのです。

法律というのはおもしろいもので、これまた山本先生からの受け売りですが、イギリスではいまでも、ケルト人が夜、町を歩いているのを見かけたら、弓で射殺して良いなどというとんでもない法律が残っています。
すでに死法となってはいますが、現実にこうした法律が、ついこの間までは、執行されていたのです。
つまり、ケルト人は、「人」とさえみなされていなかったということです。

そのケルトの民の住むエリアに、ある日、ノルウエーのバイキングを始祖とするフランスのノルマンディ侯が上陸し、そこに勝手に王朝を作りました。
これがノルマンディ侯のエリザベス王朝です。
ノルマンディというのは、ノルウエーの人という意味です。

ですからイギリスも他民族によって、苛斂徴求が行われたところで、そのためにいまでも、アイルランドに住むアイルランド人(ケルト人)たちは、イギリスからの独立を求めて、たびたび争いを起こしています。

ちなみに、新大陸であるアメリカ大陸に渡ったイギリス人の多くは、このケルト人たちで、マッカーサーとか、マックイーンとか、風と共に去りぬに出て来る「スカーレット・オハラ」のオハラ姓などは、ケルト系の名前です。

そのイギリスに上陸したノルマンディ侯は、フランス貴族ですが、そのフランスも、もともとはケルト人が住む土地でした。
古代ローマの人たちは、その地をガリアと読んでいたことから、有名なカエサルのガリア戦記などという本が書かれたりしています。

そのガリアに、ラテン系のローマ人たちが入り込んで血が混じったところに、ゲルマン民族のフランク一族が侵攻、そして大西洋の沿岸部には、バイキングたちが入り込んで、血が混じりあってできたのが、フランスです。

やはり征服王朝であり、もともとのケルトの人々は、そこで迫害と収奪を受け、18世紀の終わり頃までは、フランスに住む一般民衆としてのケルト人たちの平均寿命は、わずか24歳であったと伝えられています。
どれだけ厳しいや苛斂誅求や収奪が行われていたかということです。

民族の違いというのは、たいへんな厳しさを持ったものといえます。
欧米による植民地支配は有名ですが、最近でも、Chinaによるチベットやウイグルの支配が問題になっています。
実はそれだけではなく、Chinaも朝鮮半島も、同じく、ずっと異民族による支配を受け続けた国です。

たとえばChinaの歴代王朝で、漢民族が築いた王朝というのは、漢王朝くらいなものです。
Chinaを最初に統一した隋も、これに続く唐も、トルコ、モンゴル系の遊牧民である鮮卑族(せんぴぞく)によって形成された王朝です。宋も元も明も清も、外来王朝です。
その外来王朝の支配の時代、漢族がどのような支配を受け続けたか。
彼らは、人というよりも、ただの家畜や食べ物としてしか認識されていなかったというのが、実際のところです。

朝鮮半島も同じです。
朝鮮半島の政権は、ずっとChinaの支配下にありました。
ですから、朝鮮族は、そもそも人として扱われず、女たちはただの性の道具とされていたのは、歴史に明らかな通りです。

わたしたち日本人は、民族が異なっても、いい人はいるし、と普通に相手を人間として扱うし、人間として接しようとします。
それは日本がこれまでの長い歴史において、異民族による支配を受けたことがないという世界史的にみれば、きわめて幸せなことによります。

ねず本にも書いた秀吉の朝鮮出兵など、まさに日本人としての民族の純潔を保つための行動であったと知ることができます。
もし、日本が中世に、外国人による支配地となっていたとしたならば、絶対に平安時代の国風文化や、江戸時代の武家文化、町人文化などは、誕生していなかったろうし、歌舞伎も能も、落語や浪曲、講談や文楽も、おそらく今の時代に伝承されることはなかったことでしょう。

そしてその日本が、2700年という長きにわたって、日本人としての文化、もっというなら、縄文時代から面々と続く平和を愛する和の文化を形成してこれた理由は、天皇というわが国最高の御存在が、政治権力者ではなく、それを選ぶお立場にあり、そして民衆が政治権力者の民ではなく、それよりも偉い天皇の民とされてきたことによります。

そういうことを、あたりまえに認めてみれば、日本の歴史はまさにわたしたちの前に輝きをもって次々に素晴らしい事実を教えてくれるし、あるいは世界史の根っこにある民族問題や人種問題というものの底の深さも理解できるようになるわけです。

けれど残念なことに、戦後の教育は天皇を否定し、世界の民族紛争を隠して、歴史を単なる階級闘争として捉えようとしています。
階級闘争などというものの考え方は、そもそもマルクスの生きた19世紀以降に誕生した理屈でしかありません。
そんな底の浅い歴史感で、日本は絶対に計れないし、世界の歴史も、何千年と続いた民族の相克の歴史を正確に捉えることなど、絶対にできません。

昔の人は、ヤクザ者のことを「斜めの人」と言いました。
斜めの人からみたら、真っ直ぐなものが曲がって見え、曲がっているものが真っ直ぐに見えるからです。
わたしたち戦後の日本人は、まさにその「斜めの人」になってしまっているのかもしれません。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

松さん

自分なりのフィルター
人としての学びの場所は、書物やNETだけではありません。
何よりも確かな学びは、自ら行動して体験することだと思います。
何を体験したのか
どう行動したのか
どう解釈したのか
どう判断したのか
何かを学んだのか
行動と体験からは、自分なりのフィルターが生まれます。
しかし、折角のフィルターも、常に更新しなければ、リテラシーが高まることはありませんね。
(どんな論客の教えも、自分なりのフィルターを通すことが肝要)

世間様から後ろ指をさされる者
一族祖先に恥ずかしい不道徳者
そういう者になってはいけない
誰もがそんな育て方をされたと思いますけどね。
(近頃は、何でも可でも後ろ指をさしまくる者共がいます)

それにしても、生まれて数十年で、いつの間にか「斜めの人」になってしまう世相があります。
身を滅ぼす政治家と彼等を選ぶ国民の存在など、例題は沢山あります。
ねずブロの説論が長年変わらないのは何故か?
今こそ良く考えねばなりません。

歳を重ねると体力も気力も低下し、簡単に諦めてしまいがちです。
止むを得ないかも知れません。
しかし、継続力の劣化を何よりも恐れている今日この頃です。

たかタカ

バイキング、スラブ、ケルト…以前から気になっていましたが、このようなことや流れがあったのですね。
さて、今上陛下が上皇に、皇太子が天皇陛下に、という変わり目にいる現在ですが、本当に皇室を軽視する輩が多いというか。私の子供時代には(私は現在40代半ばになります)私の祖母が昭和天皇皇后の肖像画を仏間に飾り、天照大神に見立てた掛け軸を毎日拝んでいた様子を見て育ちましたので、現在の報道をはじめとする様子には異様な意識を感じてしまいます。国技である相撲界もその通りですね。
ここは日本なのに⁉︎ その日本国と日本人が虐げられるという異常事態が当たり前のように延々と繰り返されている現状です。疑問です。NO!ですね。

とても
勉強になりました。
知らなかった事ばかりです。ありがとうございました。

(^o^)風顛老人爺

在日留学生。
拝啓、管理人さんお久しぶりです。
日々の更新お疲れ様です、寒さ深まる中ご自愛下さい。
ロシア、ロマノフ王朝が外来とは知っていましたが
纏まらないロシア国内統治の為に、
もともとのロシア人が北欧から請うて依頼し支配者を呼び寄せたと捉えていました。


宣伝、長文ご容赦下さい。
TVタックルに出ていた朱建栄氏がチャイナ国内で拘束されました。

関連し、 大磯正義氏サイトで、
確か「 侵食される日本の知的基盤 」http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column175.html

大学、専門学校の在日チャイニーズ留学生、教員の実態が載っています。

マクロ水準のチャイナ分析が、

「 自滅する中国 」
エドワード・ルトワック 奥山真司 芙蓉書房

「 全ての富を中国が独占する 」

ダンビサ・モヨ
朝倉慶
奥山真司
ビジネス社
より
敬称略

在日外国人犯罪に詳しい
元北京語通訳捜査官
坂東忠信氏の新刊
「 静かなる日本戦区 」
青林社よりネット上で注目されています勿論本屋でもです。

ご高覧下さい。
。m(_ _)m乱文にて 敬具。









とき

ハリーポッターと出雲大社
 ハリーポッターで、人間に対して憎しみを持つ魔法使い達は、迫害されてきたケルト族を象徴しているのですかね。そう考えると、ヴォルデモートの言い分にも一理ありますね。

 日本も出雲大社は、ヤマト朝廷によって支配された人達の名残のようですが、それでも神として敬意を払っているので、そこがヨーロッパと違います。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Sadao

ロシアの音楽家
冒頭に紹介しています、ロシアの音楽家!
「バッハ」ではなく、「チャイコフスキー」か「ムソルグスキー」
あるいは「ルービンシュタイン」ではないでしょうか??
「バッハ」はドイツの音楽家です。
ロシアは「ルーシー」と呼ばれたこともあるようです。
記憶違いかもしれませんが!

simakei

No title
いまさらですが…(#^.^#) 私たちの魂の欲求が“知りたい!”という姿勢にある時はつまり、真実を知らない、知らされていないからなのだと思う今日この頃です。
白人支配の真実とユダヤの大いなる野望が全ての人々に明らかになる時、お花畑に住んでいる日本人の意識はどう変化していくのでしょう?
語弊を承知で言えば、“許す”ことができるのでしょうか?
歴史の真実を知ることが互いを認め合い、共生と友愛の心を育むステップになることを願います。
何が起きても無心に生きていく“日本人の気高さ”を示していきたいものです。
―自戒を込めて

はおこ

No title
こんにちは。
世界史は、私も大学に入ってから、今回のようなことを教わりました。魔女裁判のことを切り口に、お話される教授でしたので、残虐なことに関して驚いたのです。
そののち、ヨーロッパに旅行した時も、拷問道具を見たり、当時の文献を見たりしました。
そこを起点に前に後ろに世界史を学び直しました。
つまりは、高校までしか、勉強してないと、正しい世界史も知らないままということです。
正しい認識を、中学までに教えてもらえる教科書と、教師が必要ですよね。
各国にとんだ、ハプスブルグ家の最後も、それぞれで、これも、血統を気にしすぎた結果ですね。ロマノフ王朝と同じ。しみじみ、もう一度復習しようと思いました。

おれんじ

No title
まさに目から鱗のお話でした。欧州は大好きで良く旅行に行きましたがまさかこれ程の厳しい歴史と混血が続いてきたとは。ロマノフ王朝がまさか異民族による支配だったとは。ビックリすることだらけです。本当に有難うございます。

-

いつも教えてくださってありがとうございます。
海外の民族のことを、もっと良く知りたいです。
これからもよろしくお願いします。
m(__)m

団塊の世代の後輩

No title
誠によいお話、ありがとうございました。売国奴どもには絶対理解されない内容でしたが、自国に対し誇りを持とうとしない輩は絶対に我が国の大衆からは見放されると思います。私が武道を通して事実上の“地域の自警団”となるべき人材を養成しようとする“動機付け”も誇り高き日本を守りたい一心からきております。・・いささか老骨にてガタがきておりますが・・
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク