諱(き)のお話



「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める署名
日本史検定講座第四期生募集中
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識』
2014/04/12 発売予定ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版

ねず本のご注文書はコチラ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
ねず本・第二巻のご案内はコチラにあります。

孔子
孔子0330


「諱(き)」というのは、仁義礼智信孝忠悌などとともに、儒教に出てくる概念で、「かくす」という意味を持つ孔子様の思想です。
孔子様の思想は、我が国でもたいへん好まれ、江戸時代にもいわゆる「儒学」は盛んに行われましたが、ところが不思議なことに、この「諱(き)」という概念だけは、日本では、まるでそもそも存在さえしていないかのように、まったく伝わっていません。

「諱(き)」は、孔子の論語で、次のようなエピソードとして語られているものです。
~~~~~~~
ある人が孔子に言います。
「私の村にはとても正直な人物がいます。その正直な人物は、自分の父親が他人の羊を盗んだ時に、それを告発しました。」
孔子は答えます。
「その人物を、正直者とはいいません。父は子のために隠し、子は父のために隠す、これが本当の正直というものです」と答えました。
~~~~~~~

=======

書店さんでのご注文には
コチラの注文用紙をご利用ください。
ご注文情報はコチラです。
=======


要するに「諱(き)」というのは、尊者の為には恥を諱(かく)し、賢者の為には過(あやまち)を諱(かく)し、親者の為には疾(あしきこと)を諱(かく)すこととされているものです。
これを現代語にすると、偉大な人物についてはその人物の不面目な事柄は隠し、優れた人物についてはその人物の過失を隠し、自分の血の繋がった親族については欠点を隠すという意味になります。

つまり「諱(き)」の本質は、偉い人のためには、その恥を隠すし、それもただ隠すだけでなく、隠すためには、嘘をついても構わないし、むしろ積極的に嘘をつくべきだと教えているわけです。

現代Chinaでいえば、国家首席やChina共産党幹部などは、それぞれがいわば偉大な人物にあたります。
ですから中共国家の恥になること、あるいは中共政府の過ち、あるいは中共政府の要人の乱行などを隠すことは、Chineseにとって「諱(き)」であり、常識となります。

このことはさらに発展して、国家の威信を護るためなら、嘘をついたりデマを飛ばすことさえも正義だ、となります。
南京虐殺や百人斬りなどのでっちあげは、ですからChineseにとっては、「諱(き)」なのです。
それが彼らの「道徳」です。

このことは、逆にいえば、立証的あるいは弁証法的な真理の探究を基礎とする「科学」は、Chineseの概念では発達しない、ということです。
なにせChineseにとっては、真実より「諱(き)」が大事だからです。

こうした考えは、伝統的な日本人の考え方からは、非常に異質なものです。
日本古来の文化は、人の和であり、人と人とが協同する結(ゆ)いにあるからです。
そして結いのためには、人は正直であること、嘘より真実を大事します。
それが神代の昔から続く、日本人の民族的思想です。

ですから日本は、「諱(き)」が、いくらありがたい孔子様の教えであったとしても、これを受け入れませんでした。
受け入れるものと、受け入れないものが、こうして取捨選択されているわけです。

これが何を意味しているかというと、日本は、Chinaの文明を受け入れる以前から、日本的道徳観をしっかりと保持していたということです。
そして日本的道徳観、価値観においては、「諱(き)」という概念は受け入れられなかったし、だからこそ、まるで儒教に、そのような思想が存在しないと思われるほどにまで、日本では完全否定してきたのです。

=======

書店さんでのご注文には
コチラの注文用紙をご利用ください。
ご注文情報はコチラです。
=======


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

丹次郎

ねずさんの来台講演動画うpされました。
ねずさん来台講演 その1 日台両語
140330-11a-天皇与日本人-小名木善行-台灣(民)政府第27屆高級行政參議班:  youtu.be/n0SKtz5CF9M
ねずさん来台講演 その2 日台両語
140330-11b-天皇与日本人-小名木善行-台灣(民)政府第27屆高級行政參議班: http://youtu.be/BPUdmnhpR90
Now playing -> #台灣民政府 影片 channel
http://videct.net/a/?c=UCGBgIxeXGrJFZVhfWanoixQ

-

面白い。
すごく勉強になります

Pin

日本国政府の反論
そのでっちあげ「南京大虐殺」ですが習近平国家主席がドイツ、ベルリンでの講演で「旧日本軍による侵略戦争で3,500万人を超す軍人、民間人の死傷者を出し、南京事件では30万人以上が殺害された」などと世界に向けての世論工作を行なっています。

ここで思うのは仮にこのドイツにしてもフランスにしても経済的な繋がりや中国市場を魅力と感じていることがドイツ、フランス、その他の国々が中国を嫌っていてもそれを凌駕し、次第に中国の主張が「ウソも100回言えば本当になる」という様に常套的な戦略に事実が顔を引っ込めてしまうのではないかと危惧します。

しかしこれについて菅官房長官は中国に対して「日本政府は南京において旧日本軍が、殺傷を行ったことは※否定しないが人数等はさまざまな意見が分かれており断定していない」という反論を述べています。

確かに諸説ありますが、こういう言い方というのは「南京事件で旧日本軍は殺傷行為を行なった」と肯定をしたわけであり中国に揚げ足を取らるのではないかと思います。
そもそも殺傷にしても南京城内の投降兵や一般人に対して行なったわけではなく便衣兵などが対象であったということとごっちゃなことになるのではないでしょうか。

最近は韓国や中国が世界各地で反日毀損プロパガンダを活発化させているだけに日本国政府は早急にしっかりした反論や批判を効果的に行なって頂きたいものです。

junn

No title
アメリカ共和党のジョーンズ氏『南京大虐殺もヒトラーの数百万人も嘘だ』
http://blogs.yahoo.co.jp/zone0358/12199342.html

小坂

シェアしました
いつも分かりやすい説明ありがとうございます。
神道の心を伝えるでもシェアしましたね。

愛信

香港の台湾応援デモに外国人がいく【iPhone生中継】
香港の台湾応援デモに外国人がいく【iPhone生中継】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv174381068

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

MT

No title
 中国主席が独で南京30万人の虐殺を講演しています。
 正に、国家の威信を護るための大嘘です。

 中国・韓国は大嘘でできている国民だと思います。
 日本人とは全く異質の存在です。

 しかし、沈黙はダメです。直ちに抗議すべきです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク