書泉ブックタワーでの出版記念会のお知らせ



日本史検定講座第四期生募集中
ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

菜の花とハナミズキ


秋葉原での「書泉ブックタワー」9Fでの出版記念会、いよいよ明日の開催となりました。
なにせ大手書店さんの企画イベントなので、もう緊張しまくりです(泣)。

まだ席に余裕があるようですので、是非、みなさまお越しいただきたいと思います。

参加費はかかりません。
ただ入場権として、書泉さんでねず本(1巻2巻どちらでも可)を1冊お求めいただく必要があります。

当日は、本を出した経緯、思い、内容のこぼれ話などを行う予定です。

夕方6時半から8時までですので、お時間の許す方は、是非、ご参集ください。

詳細は↓コチラにあります。
 ↓ ↓ ↓
http://www.shosen.co.jp/event/entry_2450/</u>">http://www.shosen.co.jp/event/entry_2450/



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ポッポ

No title
読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」4月20日放送分に、安倍首相が出演されました。
番組の中の話で印象に残ったことは、日本への外国人1000万人移住計画には賛同しないとのことでした。

良かったです。
労働力が不足するだろうとしてその不足分を海外に求めた場合、その移住者の労働力を考えるのではなく、移住者が呼び寄せる家族への負担が、後年日本国民の負担として跳ね返ってきます。
また、短期間労働者ならば影響はないと考える場合でも、これをかいくぐる方法は不法渡航者として残留したり(発覚後は、人権問題にすり替えられる。)、短期労働を繰り返し、結果として長期にすることも考えられます。かの国には日本のような戸籍はないので、受け入れることは無理です。(戸籍に変わる書類は、捏造、改竄の可能性を考えなければならないと思います。)
日本で納税する場合にも、扶養家族をともかく増やして無理矢理控除する例が見られることからも、日本の法律を正しく守ることはないと、考えなければなりません。
これが首相一人だけでなく、自民党全体の考え方になることを願います。



国会図書館の古書コンテンツがAmazon.co.jpの「プリント・オン・デマンドプログラム」を通じて販売されました。
アマゾンで販売する場合、多分消費税は含まれないことになると思います。日本の国会図書館由来の書籍を複製販売するのに、税金が納められないことに、国民として腑に落ちない部分があります。
恐らくは、販売権をアマゾンが落札したのでしょうけれども、国はこのような場合には、落札の金額だけでなく、その販売数に応じて消費税を納めることを入札条件に加えなければならないと思います。

ひろし

今回の韓国の観光船事故は、いかに韓国という国家が危機管理もなく、公務に就く高官連中は国に尽くす真もない三流国家の側面がモロに出てしまったと想います。こんな事で北朝鮮が国境を越えて進撃してきたら本当に韓国軍は統制の取れた軍事行動が取れるのか?韓国国民を守れるのか、北朝鮮の肩を持つわけではありませんが、本当危ういと想います。
船長が高校生の未成年を残して真っ先に逃げるとは、日本ではあり得ないし、海の男としても失格ですよ。 他界された方達が本当に可哀想です。 ご冥福をお祈り申し上げます。

にっぽんじん

朝日新聞の正体
朝日新聞の反日報道の姿勢に対して多くの批判が増えています。何故反日報道を行うのでしょうか。理由は「日本の企業」ではないからです。入社式の写真がありました。このメールでは写真を送れませんので文章で紹介します。

入社式の式典の掲示は「2014年度○○○・・」とハングル文字です。○○○○・・はハングルなので私には読めません。

そして国旗です。真ん中に朝日新聞社の社旗を掲げ、その右側に韓国の国旗、左側に中国の国旗です。日の丸はありません。

朝日新聞社は隣国の新聞社なのです。日本の国民はこの事実を知る必要があります。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク