第五回 倭塾/日心会公開合同講座開催のお知らせ



ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!第二巻「和」と「結い」の心と対等意識
2014/04/12発売 ISBN: 978-4-434-18995-1 Cコード:C0021 本体価格:1350円+税 判型:四六 著者:小名木善行 出版社:彩雲出版 注文書はコチラをクリックしてください。
ねず本第二巻の「立ち読み版」が公開されました。
(本の画像の下の「立ち読み」というところをクリックしてください。)

新刊ラジオでも紹介されています。ねずさん本人も出演しています。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

さつき0429


第五回 倭塾/日心会公開合同講座開催のお知らせ

この講座は、どなたでもご参加いただくことができます。
第五回も、前回、前々回と好評だった神田山緑師匠の講談を行います。
みなさまのご参加をお待ち申し上げます。

【概要】第五回 倭塾/日心会合同講座

1 日時 平成26年5月11日(日)
     開場 17時30分
     開演 18時
     終了 20時00分

2 場所 すみだ産業会館
     東京都墨⽥区江東橋3丁目9番10号
     JR錦糸町南口改札正面
     「丸井」の9階です。

3 プログラム
(1) 講談 神田山緑先生 
(2) 講演 日本の心を取り戻す
      講師小名木善行(倭塾塾長)

4 参加費 2000円
 (割引券をお持ちの方は500円引きになります)

5 懇親会
  会議終了後、懇親会があります。
  懇親会参加費は最大3,500円以内です。

6 その他
(1) Facebookをご利用の方は、イベントページで参加表明いただくことができます。
 https://www.facebook.com/events/237034739818786/
(2) 当日、ねず本第一巻、第二巻の展示販売も行います。
(3) 当日、次回以降の割引券を差し上げます。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

おかざき

No title
殉国七士の墓に参詣してきました
地元の駐日新聞には三ヶ根山の話が載る事はないですね
多くの戦地の慰霊塔がありましたよ
頭を垂れてきました

越智富夫

日本人の勇気の根底には、優しさがある。
武士の勇気、日本兵の勇気、自衛隊員の勇気。その根底には日本人としての優しさがあると思います。

通州事件の時、自分は殺されようとしているのに、「日本人は出てくるな~!隠れていろ~!」と叫んだ人がいました。

阪神大震災の時、自分を救助してもらうよりも他人の救助を優先するように言ったたくさんの人々がいました。自分の身体が燃えているのに、家族に「自分はいいから、お前たちは逃げろ!」と言った人まで…。

これが日本人です。これが日本人の性分なのです。
特亜の人間には分かるまい。

この私ですら、そうでしたから。尿管結石になり、運ばれた救急病院で七転八倒するような痛みを堪え、ほかに緊急を要する患者さん(入浴中に意識不明になり、湯船に沈んでいたらしい)を優先する心配りが出来ました。救急のスタッフは全員そちらにかかりっきり。私は大声を上げたいのを必死で堪えました。カーテン一枚で仕切られただけでしたので。
その患者さんが意識を取り戻されたので、やっと私を見てもらう番になりました。「痛み止めを打ちます」と言われていたものの、その患者さんの緊急搬送の連絡が入ったために、ずっと忘れられたままでした。
痛み止め一本目、効かず。二本目も、効かず。三本目打っても効かず。「これ以上打ってはまずいので、やめときます」。そんな殺生な。
どれほどの痛みだったか、お分かりでしょう。

やはり、私の身体の中にも、日本人の血が流れているのでしょう!

日本人は「個」ではなく、「集団」で考える民族なのですね!

制服(仕事着)を着ている時も脱いでいる時も、恥ずかしくない自分でありたい。制服でなくて顔で、裸一貫で勝負できる人間になりたい!

何より大事なのは、仕事を通じて「人様のお命をお預かりしているのだ」という気持ちを心の何処かに持っていよう!一旦ことあれば、すぐに行動できる気構えも!

ポッポ

No title
韓国のセウォル号の沈没事件について、船長が制服を脱ぎ捨てて始めに来た救助船に救出されました。
これは、制服を着ていると船長だとばれるためにこれを脱いで、下着姿になったと推測します。そして、もくろみ通りに救助されました。

これを聞いて思い出したのが、宗主国の南京事件でした。
日本軍の総攻撃前に、日本軍を見ただけで国民党軍は逃げだそうとして、軍服を着ていると兵隊に見えるから、これを脱ぎ捨て民間人を装って逃亡したり、民間人の服を着て便衣兵としての活動を図ったのです。
そして、南京の住人を徴兵してトーチカ内部に鎖で縛り付け、逃げられなくしました。
表面的には全く異なる事件ですが、本質では似通った部分があると思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク