日本を世界最強国に



■ オーディオブック■
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第二巻: 「和」と「結い」の心と対等意識』
ねずさんの百人一首本は平成27年3月下旬発売予定です。
【チャンネルAJER】国連秩序と日本①
【CGS ねずさん】第8話 アメリカ人の本音とは

 

毎週平日の月曜日は「ねずさんのメールマガジン」の発行日です。初月無料です。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

自衛隊0209


先日「大東亜戦争から私達が学ぶことはなにか」というご質問をいただきました。
「我慢だけでは解決しないこと」とお答えしました。

大東亜戦争の開戦前、日本はたいへんな我慢をし続けたのです。
ありとあらゆる誹謗を受け、中傷され、通州で223名もの居留民を殺され、石油の日本への輸出をストップされ、それでも「戦争はしちゃいけない。戦争にだけはならないようにしよう」と我慢し続けました。

その結果何が起こったかといえば、外務官僚の怠慢と戦争への突入です。
昭和天皇の、絶対に戦争は避けたいというご意向があったのに、結果として、戦争を防ぐために日本が最大限の努力ができていたのかといえば、答えはNOです。
そして戦争は、こちらが仕掛けなくても、相手が自国民の命を犠牲にしてまで、あらゆる手を使って誘ってくるものであるということも、先の大戦から、わたしたち日本が学んだことであるはずです。

そうであれば、私達日本人は、絶対に戦争の惨禍を招かないために、絶対に攻められない、戦争に呼び込まれないために、できるすべての努力を傾け、それが可能な国づくりをしていかなければならないと思います。

ではそのために何が必要なのでしょうか。


まず第一に必要なことは、二度と戦争の惨禍に巻き込まれてはいけないという国家的決意です。
そしてこれを実現するために日本は、あらゆる面で世界最強の国家とならなければならないと思います。

世界最強であるということは、軍事力だけのことを申し上げているのではありません。
そもそも軍隊が出撃するような事態になってからでは遅いのです。
戦争を未然に防ぐ。
そのためには、軍事力が世界最強であるだけでなく、諜報力、情報力、外交力、政治力を抜本的に強化していく必要があると思います。

そもそも国外、つまり日本の法律が適用されない外国で、外国相手の折衝をする外務省が、日本のお役所の住民票発行係と同様、日本の法律の適用範囲内でしか活動も行動もとれず、責任も取れないというようなことでは、日本は戦争を防げないのです。
戦争の惨禍を二度と招きたくないなら、戦争をしないで済むように、日頃から完璧な体制を築いておかなければならないはずです。

イスラムの二人の日本人事件に関しても、事件が起きてから「外務省といたしましては、危険地帯に行かないようにと警告はしていました」というお役所的対応をしていたところで、外務省の責任逃れはできるかもしれないけれど、同様の事件を防ぐことはできないのです。

むしろ、事件が発生しそうな紛争地帯であり、行方不明になって1ヶ月以上も、日本国政府が何もしない、何もできないでいたということが問題なのです。
火事と同じです。
発生した火災を鎮火することは、とても大切なことです。
けれど、火災そのものが発生しないようにすることは、もっとたいせつなことです。

日本は、過去にたいへんな戦争を経験しました。
その戦争は、火事どころではない、たいへんな惨禍がありました。
そこまで経験していながら、その後の日本が、「憲法9条を信仰し、9条を唱えていさえすれば戦争は起こらない」と本気で信じ込んでいるのなら、それ自体がカルトです。

二度と酷い目に遭いたくないなら、二度とそういうことが起きないように、むしろ積極的に戦禍に巻き込まれない、紛争に巻き込まれないための盛んな情報伝達が必要なはずです。
そもそも日本は「シラス(知らす)」国なのです。

にも関わらず、たとえばお隣の半島国に観光旅行した日本人女性が次々と行方不明になる。性的暴行を受けるという事実が現実にありながら、外務省からはHPにさえ、渡航への注意喚起はありません。
何をしているのでしょうか。

日本が強くなるためには、日本人が日本という国に誇りと自信を誰もが抱いていることがなによりも重要です。
ところがどうでしょう。
教育現場では、国旗も国歌も教えず、日本人で入ることが恥ずかしくなるような教育が堂々となされています。
ということは、日本がどこかの国によって滅ぼされることを、教育者たちは希望しているということなのでしょうか。
教え子たちが、外国人によって蹂躙され、強制労働させられるような未来を希望しているということなのでしょうか。そんな人は、教育者でもなんでもない、卑劣な極悪人です。

そういう人たちを、わたしたちは教育界にいつまで放置するのでしょうか。
極端な話、それは強姦魔を女子校の教諭にするようなものです。
公職追放すべきなのではないでしょうか。

新聞やメディアも同じです。
戦前戦中の取材をし、事実を知りながら、その事実を秘匿して、どこかの国に都合のよい報道を、すでにそれが間違いとわかっていながら、30年以上も、ウソの情報を流し続ける。
たとえばそういう新聞社が、いまなお堂々と国会内に取材に入れるということ自体が、異常な出来事です。
世界中どこの国であっても、営業停止処分くらいはあたりまえだし、さもなくばホワイトハウスでの記者会見席から除外するくらいのことは、当然に行われることです。
そしてそのことは、言論統制でもなんでもありません。
国家としての当然の、あたりまえの責務です。

ところがいまの日本では、それができない。
犯罪的報道が野放しにされ、子供たちの未来を奪う教育が正しい教育とされています。

これは国の歪みです。
そしてその歪みを正すのは、国会でもなければ、内閣でもありません。
日本人一人一人が目覚めること。
そこにつきると思います。

1 世界最強の軍事力を持つこと。
2 世界最強の諜報力を持つこと。
3 世界最強の外交力を持つこと。
4 世界最強の政治力を持つこと。
5 世界最強の国体を持つこと。
6 世界最強の知性を持つこと。
7 世界最強の経済力を持つこと。

少し考えたらわかることです。




人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

『憲法九条と日本①』小名木善行 AJER2015.2.3(1)


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
 ↓  ↓
ねずブロメルマガ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
世界最強の愛国心と
世界最強の文化力
も付け加え希望。
軍事などがハードパワーなら
文化はソフト・パワー
畜生の中韓その他の国を圧倒するには
ソフト・パワーでも圧倒したいものです。

よこたん

No title
世界一強く、明るく、美しく、そして世界をしらす国でありたいです。

-

No title
おっしゃる通りだと思います。
私たちはもっと強くならなければならないと思います。

反原発団体に所属している友人は、
安倍首相に対して酷く毒を吐いており、
先のISIS事件も安倍首相の責任だと言っておりました。

公約したことをやらずにやらなくていいことをしているとのことです。
私は具体的にどんなことをした?と質問した所それに対する返答はなく、
政治的な書き込みに返事をする必要はない旨書き込まれました。

これはメーリング内での話なのですが、
あまりに偏った意見だったので他の友人たちが冷静な判断を出来るように、
反対の意見を敢えて書き込むようにしただけなのですが...。
私の意見に対し逆に偏ったサイトしか見ていないと指摘された訳でw

今回の首相の中東訪問と人道支援は、あくまでも原油の安定的供給のための認識を持っていましたし、安定供給が絶たれたら原発再開は必至なのにいいのか?の質問にも答えては貰えず、首相に対する嫌悪の文章が書き込まれるだけでした。
その内容も三流週刊誌ごときで...。

あまりにも人格が反原発団体に入る前と違ってしまっているので、
何か洗脳されているのでは?と友人が心配です。
東日本大震災でかなりのショックを受けていたのは分かったいたのである程度放置していたのですが...。

彼女の話から彼女の団体のトップは在日のようで、
私たち友人との会食の後は呼び出されているようです。
ネットを見ることは洗脳されるからと規制され、それを守っているようです。
時々行き過ぎた発言の書き込みがあった後は、
ソース付で反論しているのですが、
それに対する彼女の反論のソースはヤフー知恵袋やツイッターの書き込みで、
如何にも工作が出来るものばかり...。

しかも中核派や革マル派を擁護する人たちなのでうさん臭さ倍増です。

安倍首相はほぼぶれずに公約通り執務を行っていると思います。
日本を取り戻すには必要なことを粛々と行っていると思うのです。
在日の帰国事業が完了すれば彼女は救われるのでは?と思っていたのですが、
もう、遅いような...。
中帰連に通じるものがあるようでゾッとします。

気持ち悪いのが、彼らの主張が判を押したように同じことです。
普通同じような主張をしてても、違う部分が多少あるものなのに、
そっくり同じで違和感ありまくりなのです。

渡辺

感無量ですね。

おかざき

No title
紅茶が名産でインド洋に浮かぶ島嶼で…セイロンだ。

junn

No title
漫画で分かる在日特権 「外国人は年収1000万円あっても税金をタダにできる」
http://blog.esuteru.com/archives/7915450.html

雷蔵

まさに正論!

maatun

①と②は、、、?
軍事力の定義が定かではありませんが、経済力と科学技術がセットなのは言うまでもありません。

経済を強くする、その目的を提唱されているのですか?あるべき姿、理想としてはよくわかりますし、強く賛同致しますが、どうすればそうなれるのか?具体的で現実的な方策をそろそろ議論すべき時期に差し掛かっていると思います。

むーちゃん

No title
これからの事を考えると先ずは教育改革です。
日教組は、廃止すべきです。そして教師の資格に国籍条項を盛り込むべきです。

現状を変えるには、インターネットをやる人はある程度公平な情報を得ることは出来ますが、やらない人は情報を新聞、テレビ等のマスコミからの情報です。

ですから、マスコミに携わっている人たちは純粋の日本人であるべきです。
せめて視聴料を取っているNHKの職員は全員日本人にすべきです。

愛信

またも出てくる村山談話の亡霊。
またも出てくる村山談話の亡霊。
http://blog.goo.ne.jp/furunokawamasanohiro2014_2014_/e/483fcef83433905f5f0fa67392bf2c11

 河野談合を撤回しようとしない安倍首相が村
山談話やこの記事に掲載されている反日売国
政治家達と同じであるか、或いは日本民族の復
興の政治家として歴史に名を残す首相となる
か、其れはこの夏に発表する「戦後70年談
話」の内容で判断できる。
 大東亜戦争を戦った70年前の英霊達の遺言
で100年後の日本の復興を信じて特攻機で
敵艦に突っ込んで行き、そして日本を救ってく
れた靖国の御霊に心からの感謝の気持で報告
できる「戦後70年談話」であると信じてやま
ない。

詳細は
【愛信情報市場逆アクセス・ランキング】
http://aixin.jp/garnk.cgi
記事番号ー1 【マスコミ隠蔽の掲示板】

硫黄島

こんにちは
ある方の講演で、『皮肉だが、欧州がしっかり植民地経営をしていれば、日米戦争は回避できた』というのを伺いました。

なるほど、ナチスドイツの快進撃で風前の灯だった欧州各国は、もはや米国を頼る外ないが、その米国には西進の野望があり、目下西進の最大の邪魔者である日本を叩くこと、そのために米国にすがり付く欧州を利用して日本を経済封鎖する。

特にオランダですね。インドネシアの石油を持っていたオランダですが、米国からの圧力で日本に対して質の悪い石油しか輸出しなくなり、最終的には一切の輸出はまかりならんということになった。

もちろん、石油だけでなく、マレーシアのゴム、南米の錫など、親日国の多かった南米もまた米国からの圧力で日本に対して鉱物を輸出しなくなるわけですが、これらも必要不可欠な資源ですから、必ずしも石油だけが原因というわけではない。

しかしながら、欧州各国が米国の“言いなり”にならなければ、ひょっとしたら南米諸国は米国からの圧力を跳ね返したかもしれない。

そういった当時の世界情勢を俯瞰してみると、日独伊三国同盟は日本の国益に反していたという意見もさもありなん。


しなしながら、だとすればアジア解放など遠い未来の話になるし、ナチスでなければいったいどこの国が当時、共産主義と戦ったのか、そういった視点も踏まえると、当時の世界情勢は日本を立ち上がらせるために仕組まれた「神の意思」だったのではないかと、私にはそう思えてしまいます。

吉田松陰先生は、日本の未来について悲観的になることは、天壤無窮の神勅を疑うことであり大罪であるとおっしゃいました。

楠木正成は敗者でありますが、楠木公が敗者だからといって何を反省するというのでしょうか。

日本が戦争しないで済むならそれに越したことはないし、異論もございません。

しかし、負けたから反省だとか、負けたからあの戦争そのものを「しないで済んだ戦争」ということにしようとか、ある種の「敗戦病」に日本全体が蝕まれているのは、私はとても残念に思ってしまうのです。

不躾ながら個人的な見解を一方的に申し上げまして、失礼しました。

りさ

No title
私は高校の授業で初めて「従軍慰安婦」という言葉を社会科の先生に教わりました。高校の修学旅行が広島ということもあって事前授業のために原爆のことや沖縄戦の話をビデオを見ながら授業を受けました。
その先生は生徒たちにも人気があり「信頼できる良い先生」というイメージだったこともあり私たちはその先生の言葉を真剣に受け止め「日本はなんてひどいことを過去にしてきたんだ」という気持ちになり修学旅行で訪れた原爆ドームの碑の前に立ち「過ちはくりかえしませんから」という言葉に深く感銘しました・・当時は、です。

しかしこうしていま、様々な真実がわかってくると私がふと思うのはあの時の社会科の先生がした授業と、碑に刻まれたあの言葉です。

先日私は靖国を参拝し、遊就館にも行ってきました。国を護りたいと立派に戦った英霊の方たちの手紙を読むと涙があふれてきます。
こういう方たちに私たち日本人は護られてきたからこそこの国があるのではないでしょうか・・・
なぜ「あやまち」なのでしょうか

もっとこの事実を多くの方に知ってもらい間違った教育をいまこそ正すべきと思います

にっぽんじん

自作自演
日本には多くの在日外国人が住んでいます。外国人だけでなく帰化した日本人も沢山います。日本の不幸はこれらの人の中には「反日」を生きがいにしている人たちがいることです。

帰化して日本人になっても母国となった日本を貶める行為を繰り返しています。ヘイトスピーチを非難して、ヘイトスピーチ禁止法を求める人達の行動に気を付けて下さい。

ヘイトスピーチを非難している「人」がヘイトスピーチを意図的に繰り返しています。自作自演です。ヘイトスピーチを繰り返すことで「ヘイトスピーチ禁止法」を成立させる目的です。

ヘイトスピーチを繰り返す人達の活動の動画を証拠として残しておいて下さい。誰がヘイトスピーチを繰り返しているのか明らかにする必要があります。

自作自演の最先端を行くのが朝日新聞や毎日新聞です。自分で火をつけて煽ります。これほど卑劣なことはありません。

はっちょもん

危機意識に欠ける
拝見しました。
外務省は国民を守ることを放棄していますね。
憲法9条がある限り自分たちの職務を怠慢していても非難を浴びなくてすむ。
これにどっぷりと浸かって公務を免れているエリート?集団ですね。

北朝鮮に拉致された人がいるということだけでも宣戦布告されていることを国民に認識させなくてはならないのに。

憲法9条がある限り今回のような人質問題がふりかかっても何も救済出来ない。

中国は今回の日本の対応を確認し、着々と戦略を練っているはずだ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク