小沢代表公設第一秘書逮捕の裏の裏



小沢代表公設秘書逮捕関連の政治討論番組がテレビを賑わせています。

要するに東京地検特捜部が政府の命を受けて、民主党大勝利疑いなしの次期選挙を前に代表者の政治献金疑惑をすっぱ抜き、民主党の勢いを削いだといいたいのだろうと思います。

しかし、選挙選挙と言っているのは民主党の側であり、麻生陣営からは選挙についてはひとこともない。
いいかえれば、選挙を前にしての謀略だというけれど、「選挙を前にして」という前提自体が、民主党の自作自演であるにほかならない。

東京地検特捜部が、政府の命を受けて捜査を行い、小沢公設秘書逮捕をする・・・もしそれが自民党を利するという「目的」をもって行われたとするならば、二階氏等、自民党代議士に関する問題がすっぱ抜かれることもない。これではやぶへびです。

それに麻生政権にとって、景気対策関連法案をなにがなんでもやらねばならないというこの大事な時に、国会や予算委員会が、献金疑惑で混乱し空転し、肝心の予算に関する議論がどっかに飛んで行ってしまうという事態は、決して好ましいものとはいえない。

つまり、麻生政権にとって、西松建設献金問題について、国策捜査を命じるなんてことは、なんの利益もない。意味がないのです。

従って、民主党や左傾主義者、あるいはメディアのいう国策捜査という議論は、まるで「的外れなものである」と断じることができようかと思います。

麻生政権という枠組みではなく、一部には、外圧によって行われた捜査であるという議論もあります。これは田中角栄氏のロッキード疑惑のときと同様、米国から東京地検特捜部が何らかの情報を得て、これによって特捜部が内偵捜査を開始し、今回の逮捕に至ったという説です。ねずきちは、もしかしたら、これはありかな?と思っています。

小沢民主党が中韓寄りに特化し、日本を独立国というより、中国の属国化しようとする動きに至っていたことは、これまで再々指摘してきたとおりです。
中国海軍は、すでに日本を属国とする防衛戦略を引いている。

(参考)中国海軍の近海防衛戦略ライン・・・すでに日本は中国属国扱い?!
tyuugokukaigunboueirain


最大の問題は、東シナ海、尖閣諸島海域における埋蔵石油資源です。
サウジに匹敵する埋蔵量を誇るとされている尖閣領域における石油・天然ガスの採掘に関し、その所属をめぐっては、あきらかに日本の領海でありまがら、中国が一方的に自国領を宣言。日本は外交交渉によってなんとか中国による採掘を阻止しようと互いに号絵文書まで取り交わしたけれど、中国はこれを一方的に破棄し、盗掘を開始し、あたりには海軍船舶まで配置した。

一方、政権奪取を狙う日本の民○党は、選挙で大量の候補者を立てるために、莫大な費用がかかる。新設政党だけに、応援団体等の基盤がなく、日本の法律では政治資金規制法で国内企業からの献金も禁じられている。

そこで、将来政権を取ったときの中韓への多額の政府資金提供を前提に、選挙資金等の援助を要請。海外の銀行の個人口座に、莫大な経費を振り込んでもらったとか。これを実現するために、国立国会図書館法を改正し、日本の正史に、大東亜戦争における日本の大陸での戦争犯罪を書き加える法案を提出したり、日本の景気対策の足を引っ張ることとした。

日本の景気回復の足を引っ張ると、国内企業が元気をなくし、テレビCM等は、このご時世でカネを出せる企業・・・パチンコ・サラ金が突出してくることになる。本来こうした風俗関連CMは、放送協会が、深夜の時間帯枠しか許可してこなかったが、いまや堂々とゴールデンタイムにCMが流れるようになっている。

日本の景気が悪くなり、GDPも▲12%などという先進国の中でも落ち込みが激しいという状況になると、中国のプラス6%という成長が、世界の中でも抜群の評価となってくる。

日本が深刻な不況に陥ると、GDPとの比例配分で定まる国防予算も縮小する(中国は相変わらず2桁成長)。
日本の政府の税収も減り、ますます国防費が縮小に向かう。

これに加えて在日米軍の基地再編によって、もし、沖縄米軍基地が撤退し、米軍が横須賀の第七艦隊だけという状況になると、日本は完全に沖縄の先にある尖閣領海における権益を失う。つまり、そこにある石油・天然ガスも失う。
誰のものになるかというと、いうまでもなく、中国です。

逆に日米関係が強化され、日本がシェル石油や、ゼネ石など、米国外資系石油資本と一体化して尖閣領海内の石油の採掘を始めると、中国はその海域における権益を失い、米石油資本が潤うとともに、資源のない日本は、資源大国ともなっていけれる可能性が出てくる。

加えて、海洋汚染問題についてまるで無関心な中国が、世界一きれいな海といわれる東シナ海で、海洋を汚染しながら石油の盗掘をすることを許すことと、日本が米国とともに、海洋の自然を保護しながら石油を採掘するのとでは、まるで意味合いが違う。

そうした中で、これ以上、中華マネーや韓流マネーに汚染されることを、いくら海外口座で日本の法律が及ばないからといって、放置していて良いのか。
そういう資料を、仮に、東京地検特捜部が、たとえばCIAなどから突き付けられたとするならば、東京地検特捜部は、やはり事態を重く見て、国内法で立件できる範囲で内偵捜査を実施。十分な証拠が固まった段階で、時期など選ばずに逮捕者を出すという行動に出た。。。。。。

民○党からすれば、こうした背景を察すれば、当然「国策捜査」という言葉が出てくる。
しかし、その内容まで詳細に語れば、自分の党の資金源の問題にまで波及し、どこの国を利するための政治か、などの問題が生じる。だから、それ以上は語れない。

なるほど、そんな背景があったといえるのかもしれません。
まぁ、そうしてみると、民○党のいう「国策捜査」って言葉は、「屁は嗅ぎだしがもと」という言葉を連想させるのですが・・・

日本の政治家も、日本の政党も、本来は、私たちの国、日本のためにある。

いま日本という国で、何が一番の問題かといえば、やはり景気対策です。

同時に、未来に向けては、資源エネルギーの確保・・・北方領土の問題の解決(北方領土に産出する天然ガス資源の開発)。そして尖閣領海内の石油・天然ガス資源の確保が大きな課題といえます。

それについて、なんだかんだいって、麻生内閣は結論を出してきている。

北方領土については、ロシアと共同開発で天然ガスの採掘を平和的に開始したし、領土そのものの返還についても、時限を定めた解決の糸口を出している。

尖閣領海に関しても、戦争の危険回避からむずがる米国に対し、その領海内における他国の侵攻については、日米安保が適用されるとの具体的回答を米国から引き出した。

景気対策についても、個人消費の振興と、法人保護を図る一次補正、二次補正とも、衆参逆転現象という非常に難しい政局の中で、なんだかんだといって、その実現を果たしている。

国民から見て、総理大臣という職に必要なことは、漢字が読める読めないの問題ではなくて、国家国民のために、何をしてくれる人かということではないかと思うのです。

その意味で、日本のために、日本人のために、日本に住むわれわれ庶民のために、バカにされながらも、笑顔で頑張り抜く麻生総理って、なんだかんだいって、偉いと思うなぁ・・・・

日米安全保障条約「尖閣諸島にも適用」米国務省公式見解【2009年3月5日】


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

そる

連投スイマセン
ついでに国家反逆罪もほしいな…

そる

どこまで行くのか?
いつもブログ拝見させていただいています
ねずきちさんの言う通りに特定の意思のある海外から献金があるのでしたら今回の事件から「小沢氏逮捕→他の怪しい献金も調査→海外の団体(国)からの資金ハッケン→今までの小沢氏、二階氏の行動を国民が知る→国益を守る必要があるという世論浮上→スパイ防止法制定」、、とかなるといいなぁと思いながら毎日のニュース、情報収集をしています

-

初コメントです
逮捕された側を、ひたすら一方的に擁護しているマスコミはやっぱりおかしいですね。
コメンテーターが、雰囲気だけで話してるのが、気持ち悪いです。
周りの人は、マスコミの異常さを説明しても、その時どまりな感じです。一応理解はしても、ネットで自分で調べない太刀の人は、再びマスコミに流されていってる感じです。

以下、コピペですみませんが、
みなさん興味ありそうな内容なので、
貼らせてください。


麻生太郎首相の本購入イベント
買うもの:麻生太郎の書いた本(580円から出ています)
決行予定日:3月10日
場所:近所の本屋 手に入らなければネットでもおk
※10日がムリな人は10日(火)以降の15日(日)までによろしくね!
http://www40.atwiki.jp/asoushien/

自分は、とてつもない日本を買う予定です。
先日、はじめの数ページを立ち読みしたら、
その場で買いたくなったけど我慢しました。

OOIDOYA

日本には米軍が必要ですね
 わたしのブログにも書いたのですが最近「戦争経済に突入する日本」副島隆彦著というトンでもない本を読みました。
 ようするに日本は上手く立ち回らないととんでもないことになるよという話です。米軍を大切にしてグァムになど移転させては駄目ですね。軍隊というのは存在するだけで抑止力になります。
 麻生総理は最高ですね。どこの国にも怯まない。まさにサムライです。

ナポレオン・ソロ

日本民主党の是から
 戦後体制下で日本の政治に一番影響力のある既得権者が誰かと考ええれば、日米安保のパートナーで、実質的に日本の防衛主体を委任されている米国で有ることは、残念ながら否めない事実でしょう。

 是を覆そうと試みるのなら、日米安保を無効化される畏れが先ず浮上します、自衛隊の戦力、火力は、世界有数ではありますが、その保持すべき戦闘能力維持期間とは、「米国が救援に来るまで」なのですから、世界第二位の経済大国にして、自国軍隊を国防の主力と想定していないと言うことになりますから、大変に危険な言動と云う他はないでしょう。

 其れを、小沢代表はやってしまったワケです、実際の処、ヒラリーが何を伝えに来たのか判りませんが、その後の民主党米国の日本への態度を看るに、亦、小沢民主党の言動を看るに、その後顕れたベクトルは、米国が決して日本で民主党が政権党と成る事を望んで居るとは思えません、そのベクトルを決定的にした言辞が、小沢代表の「第七艦隊だけで十分」と言う発言でしょう。

詰まり、日本にある米軍基地は、日本の立場ダケで云えば「必要ない」と言う事で、極東に於ける米国の影響力の必要性を根底から否定して見せたワケです。

その裏付けとして、民主党は是まで、沖縄で旧日本軍を悪者にして来た米国を擁護して、殊更に日本軍の悪業を言い立ててきました、処が、その一方で、駐留する米軍をも悪者にして追い出しに懸った上、シナに対する媚態を示している訳です、それらの運動を推進しているのが、嘗て、反米親ソで、その過激な行動で日本中否、世界中を騒がせた旧革マル派や中核派と言った連中が、民主党の支持母体である日教組や市民団体と言う名称の反国家団体に身を隠しての事である事を知れば、それを補強するのに十二分です。

日本の第一野党が、反国家勢力で占められていると言うのが日本の現実で、米国のさじ加減如何では、その売国政党に、同盟国日本が奪われてしまう事が小沢代表の発言で確定したわけです。

 この情況を俯瞰するに、米国としては看過できないでしょう、小沢代表の発言と併せれば、結果、日本の国防は、否、極東の政治主権は、東アジア共同体集団防衛体制に移行し、日米安保を解消に導き、将来、米国を敵とする意向を示した事に成るからです、小沢降ろし、民主党叩きに成るのは宜成るかな。

 茲まで考えて看るに、戦後日本での最大の既得権者の代弁者であるヒラリー国務長官は、小沢代表に当分の麻生政権支持を伝えに来たのだと思います。

 処が小沢代表は自身の健康状態の由からか、この通達に我慢出来なかった様で、先の発言となったのだと思います。

 勿論、自身の総理大臣へのラストチャンスであるこの時期に、現政権を支持されたのでは、総理大臣になる夢を赫ら様に否定されたワケですから怒るのは当然ですが、米国も経済問題では、この先日本の最大限の協力を要請せざるを得ない状況下では、現政権を支持する他は途がない、米国に日本の民主党政権を急ぐ理由は皆無なわけですから。

 彼の持ち味である、「急場での強気発言」が、今回、度を超していたし相手が悪かったと言うことでしょう、先の発言が彼の致命傷と成った可能性は高いと思います。

 それにしても、民主党には、急坂を転がり墜ちる様な観が出て来ると思いますね、

bb

ねずきちさん、こんばんは。
外圧による云々はありかなと思ってました。ロッキードの検証を読んでいると結構真実味ありますね。

しかし今日の報道番組、小沢さんには優しいなと思いました。中川さんのときのような悪意を感じないのです。少なくとも中川さんは失態ではありましたが、犯罪ではないですよね。どちらが罪深いか明らかなのに、バカにされているような気がして気分悪かったです。検察関係者や弁護士はさすがにスタンスが違っていて、正論でしたが。とにかく特捜に頑張ってもらって、巨悪を見逃さないで頂きたいものです。

 ミヤビ

私もそう感じていました
私も小沢さんの不正疑惑が持ち上がった当初、アメリカの謀略かな・・・と感じました。
なにしろ、都市伝説でアメリカに逆らう議員は罪を暴かれて失脚すると書かれてあったのを読んだばかりでしたから。
とてもナイーブなところで、アメリカと中国の信頼感が揺らぎ、中国に侵略される前に、対日関係を密接にしなければいけないとオバマ政権は考えたように思います。
それもこれも麻生さんががんばって首相を続けられたことや田母神さんの発言力の大きさが影響していると思います。
アメリカに侵略されるのは嫌だけど、中国、韓国、ロシアに乗っ取られるよりは、まだいいです。
尖閣諸島の利権をすべて奪われるよりも、アメリカと一緒に利権を分け合ったほうがまだましです。
今の防衛では、日本はアメリカの庇護が世界の脅威から身をまもるためには必要ですのでしかたないですね。田母神さんが仰るような強い外交ができる日本になるまで、謀略だろうとなんだろうとアメリカに期待するしかないと思います。

ミミ

いつも面白く読ましていただいています。今日の記事の中にもありましたが麻生総理の漢字の読み違いの事ですが、検索していて面白いエピソードを見つけました。ご存じとは思いますが小沢氏の父親は小沢左重喜(さえき)といい吉田茂内閣の元で逓信大臣、建設大臣を務めました。その大臣の認証式、陛下の前で、吉田総理、”逓信大臣 おざわさじゅうき”と言ったもので陛下が”それは間違いでは?”とおっしゃったとか・・・。その孫の麻生総理のこと考えると血は争えないと言うか、おかしくなって1人で笑ってしまいました。その頃はこんなくだらないことで時の総理をおとしめるマスコミがいなかっただけ幸運でしたね。(もっとも記者におこってのコップの水をかけた話あったかも)でも、もしかすると、ここまで似てるとすれば、麻生総理も吉田総理のような歴史に残る大総理になる可能性があるのかも。いやいや、あの打たれ強さは、お祖父さんを超えている可能性もあります。大いに期待したいです。

風子

初めまして、ねずきちさんのブログ、いつも拝見しています。
>その意味で、日本のために、日本人のために、日本に住むわれわれ庶民のために、バカにされながらも、笑顔で頑張り抜く麻生総理って、なんだかんだいって、偉いと思うなぁ・・・・

私も麻生総理偉いと思います。
お坊ちゃま育ちなのに、マスコミなんかに散々バカにされながら、ぐっと耐えて、日本のために何を為すべきかを考えていると思います。

私は、日本を愛するねずきちさんとほぼ同じ考えです。
頑張ってください。応援しています。

うーーん・・・・

小沢、沖縄、創価学会 日本三大タブー
これは昨年9月4日の番組の録画映像です。
既にこの中で、小沢問題は指摘されていました。
更にそれより以前に、週刊現代等が取材を試みており、かなり古くから知られた問題であった事は事実のようです。
検察のでっち上げだとか、小さな事件を大きくしているという事では全く無いと思うのです。

疑惑まみれの小沢一郎(民主党)
http://www.youtube.com/watch?v=xqcDAzxSRd4

lark

お疲れ様です。
僕としましては、民主マスコミの発言がこれほど空虚な一件も無いなと考えます。例えば、

・「国策操作だ!民主を貶めるために!」という発言

今まで「漢字」「カップめん」「ホッケ」と不当な非難を浴びせてきた輩が良く口にできるなと・・・・。漢字>>>>>犯罪なんでしょうかね。発言を切り貼りして流して、報道でも完全に中立を外れて世論操作してきたグループが「国策操作だ!」と言ってもねぇ・・・・。
今回の一件で一番被害を被っているのは麻生総理であると考えます。本当に国会ストップしてますし・・・・。

・「何故この時期に?」

この発言で、僕は「民主マスコミは完全に自爆したな」と考えました。「それそろ選挙」という図式を作り上げるために結託してきた、という風に推測せざるを得ないん。この発言は因果関係が逆で、「小沢が捕まる」&「マスコミピンチ」→「選挙やろうぜ!」のようにも見えます。
(ちなみにマスコミピンチについて、こんなの見つけました。どうなんでしょうね。
http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/52183625.html

普段にもまして今回は、情報量が余りにも多いせいなのか、民主マスコミの発言が矛盾しまくりです。「ブレ」なんてレベルではないし、「ブーメラン」どころの騒ぎでもない。自分の足元に手榴弾を投げている感じで。無事なのは言葉を発したその一瞬だけ。
もう何を言ってもひっかかってしまい、動けなくなってますよ彼ら。

漆間官房副長官の発言ですが、あれはそんなに騒ぐほどの発言なんですかね?一応内閣の一員だったわけですし、「自民は綺麗ですよ」って言っとくのは当たり前だと思うんですけど。自分から「うちも捜査されるくらい汚いですよ」って言わないでしょうし。(ちなみに漆間さんは、検察を動かせるほどの権力はお持ちでないらしいです。笑)

アメリカの関与は・・・・郵政かなぁとも思ったりします。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク